Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!(ここをクリックするとTwitterへ)

椎名林檎のトリビュートアルバムが豪華すぎ【the ウラシマ’s】

どうも、ぶちくまです。

スポンサーリンク

椎名林檎のトリビュートアルバムがAppleMusicに

はうあっ!?
最近のAppleMusic、というかサブスクリプション型の音楽配信サービスがすごい。
Mr.Childrenの参入が記憶に新しいのだけど、
椎名林檎のトリビュートアルバムまで拝聴できるように。
素晴らしい、素晴らしすぎるよ。
音楽を聴くことの自由度が、またひとつ上がった気がする。

サブスクリプション型は逆にフェアなのかもしれない

音楽を聴く権利はみんな平等にある
と同時に、音楽を創る人にも、同様に楽しませた分だけの対価を得る権利がある
そりゃ当然のことなのだけど、インターネットの出現によって、
だいぶ横着する輩が増えてきたのが事実でした。
YouTubeで垂れ流しにされるだけならまだしも(いや、だいぶ悪いけど)
それも簡単にMP3化できるので、
もう音楽聴くのにお金いらないじゃん」って感じになってましたよね。

スポンサーリンク

Radioheadのin rainbowsが「価格一任」したのが2007年の話

個人的に、Radioheadの中でも好きなアルバムなのが「in rainbows」なのだけど、

まぁ、ちょっとWikiをみてもらいたい。

1. リスナーが価格を自由に決定すること
2. レコード会社や流通の中間マージンが発生しない(インターネット上での売買という)形態でも販売が行われたこと

メンバーがこのリリース方法に至った理由として、
1. については…「全ての音楽の価値が一律である」事へ疑問を抱いたから
2. については…第一に、毎回のようにアルバムが発売前にネット上で世界中に違法リークされてしまうため、「どうせやられるならこっちからやってやろう」「他人に作品を預ける期間を極力減らして手早くやろう」と考えたから 第二に、一般リスナーがメディアと同時に同じ方法でアルバムを手にし、(業界人の評価など)メディアからの先入観を受けずに自らの耳で判断できるから(「全ての人が平等に扱われている」「バンドと一般リスナーを隔てる物は何も無い」「(今までの方法だと)レディオヘッドという足枷(業界人の評価)をはめられて…」等の発言から)
等と説明している。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%82%BA

もう、新時代は来ていたのだけども、
サブスクリプションという音楽との関わり方が出て来たのが、2015年のAppleMusic、、、
とするのはあまりにも雑な説明だ。

なんと日本では2013年にauからLISMOが定額で聴き放題になるというサービスがリリースされていた。
世界ではPandora Radioがラジオの進化系としてほぼ定額制と言える音楽配信サービスを開始していたし、
2011年には、現定額音楽配信をリードする(と言える)Spotifyが2011年にはサービスを開始。
ただし、やはり定額利用にはアーティストの参加が不可欠であり、
レコード会社やアーティストとの距離感の調整は必要不可欠となっている。
実際、批判も多い。主に利益配分。
本格加熱した2015年というのは一つのキーポイントとはなりそうである。

音楽に対して適切な料金を支払うことの重要性

いずれにせよ、「音楽に対して対価を払う」ことに対して、
当たり前のようにお金を払うシステムができたことはいいことである。
これは、将来的に音楽配信のためにレーベルや会社を介さずに、
個人で音楽を配信して、視聴されることによって対価を得る、
というシンプルな構造も可能となる日が来るのではないでしょうか。

、、、なんだ、このエセ音楽雑誌のインタビュー記事みたいなやつ。
スポンサーリンク

いいからトリビュートアルバムの話をしてくれ

わかりました。
さて、今回なんでわざわざ記事にしたのかというと、
アルバム試聴してたら、突然スピッツの草野マサムネの声が聞こえてきたからだ。

スポンサーリンク

The ウラシマ’sはとんでもバンドでVoはスピッツ草野マサムネ

4人からなるこのスペシャルバンド。The ウラシマS。スピッツの草野マサムネさん、
Mr.Childrenの鈴木英哉さん、そしてASIAN KUNG-FU GENERATIONの喜多建介さん、雨のパレードの是永亮祐さんと超豪華なバンドです。
http://xn--q9jbi2jxjxd2h2g9998blwk7l5f0qno5z.com/238.html

スピッツとMr.Children、奇跡のコラボ。
個人的にはそれを支える喜多氏と是永氏もすごいなぁとおもうのだけども。
そもそものプレッシャーも半端なかろう

正しい街がそもそも名曲すぎて何度も聞いて何度も泣いた

というか「無罪モラトリアム」が名盤すぎてね。
「正しい街」に関しては、というか椎名林檎全般そうなんだけども、
歌詞の解釈がかなり検索されておるようです。
歌詞って、解釈を考えると、突然ピースがハマったような、
背中がゾクゾクする感じ、あるよね。

「正しい街」歌詞の意味とは?椎名林檎の福岡の恋人との関係を解釈してみた
椎名林檎さんの名曲「正しい街」、シングルで発売された曲ではないものの、強烈な存在感を放つ1曲です。福岡や恋人への想いがぎゅっと凝縮されているような、濃い歌詞が特徴ですよね。また、草野マサムネさんボーカルのtheウラシマ'
椎名林檎「正しい街」歌詞の意味(解釈)とは? – Brilliant Magical Box

まぁこんな感じで記事が量産されてます。
ぜひ、お好きな解釈を一つ手に囮になってくださいましまし。

スポンサーリンク

宇多田ヒカルも「丸の内サディスティック」を歌う

これもヤバスですね。
しかも、アレンジがいい。最近の宇多田の物悲しさが全面に出てる。
出すぎて、なんだかつらくなってくる。
宇多田ヒカルについてここで語りすぎるのは良くないと思うけれども、
少なくともこの「丸の内サディスティック」は音楽を超えた、
何やらエモーショナルなインパクトを胸に響かせております。

スポンサーリンク

AppleMusicをご利用するなら

AndroidでもAppleMusicは使えます。

AppleMusicとGooglePlayMusicはどちらがお得か真剣に考えた結果

AppleMusicとGooglePlayMusicどちらが得か、真剣に考得てみたところ、
結論から言えば、Google Play Musicの方が汎用性があるね、ということになりました。

AppleユーザーでもGoogle Play Musicが最適解となり得る理由
今日も相変わらずぶちくまです。 AppleMusicとGoogle Play Musicの比較記事になります。…

とはいえ、一度登録してみて、どちらも試してみるのが一番いいと思います。

Apple Music

Apple Music

Apple無料posted withアプリーチ

AppleMusicを利用してみる
音楽記事は無限に書けるのだけど、とりとめなくなるので読者的にはつらかろう。
今日はこの辺りで。ではでは。

コメント