Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!

サイトの表示速度を高速にする方法まとめ

サイトの表示速度を高速にするために行った施策や、関連する情報などをまとめています。

ブログ運営に関するおすすめ記事

ブログ運営に関わる情報について書いた記事をリストアップしておきます。気になる情報があれば、ブックマークなどしてゆっくり楽しんでみてください。

サイト高速化の方法

サイトの表示速度は、様々な要因が関連しています。

なぜ、表示速度が遅くなるのか

表示速度が遅くなる原因は様々です。

  • 使用しているサーバー負荷
  • ユーザー側のデバイススペック
  • ユーザー側のブラウザスペック
  • ユーザー側の回線速度(下り)
  • ページの情報量(テキスト、画像、動画など)

回線速度を上げる対策一例

原因をあげたらキリがないのですが、情報を提供する側としてできることはそれほど多くはありません。

  • 情報はなるべくコンパクトに
  • サーバーに情報をキャッシュしておく
  • サーバーの回線・処理速度を上げる(グレードアップ)

ぶっちゃけた話、普通にシンプルで優秀なブログテーマと、一般的なサーバーを使用していれば問題はないのですが、広告が多いと著しく表示速度が遅くなります。

広告自体の容量

サイト高速化

Headをすっきりさせて読み込みを早くするお勧めのWPプラグイン

「レンダリングをブロックする JavaScript を除去」「CSS 配信を最適化」の処理に手を焼いているようでれば解決策として考えられるのがhead部分をきれいにすること。PageSpeed Insightsの得点をあげる奥の手としてプラグインを使って簡単に解決した方法をまとめています。
2018.08.06
サイト高速化

エックスサーバー利用者なら簡単にサイト高速化ができる方法を伝授!

サイトを高速化するために、エックスサーバーのmod_pagespeedの設定をONにしました。2クリックでできる、最も簡単な方法だと思います。画像を多用してわかりやすいように解説しています。効果としてはPageSpeed Insightsの点数がだいたい5点くらい上がるようなイメージです。
2018.08.06
サイト高速化

キャッシュ最適化のためにWP Fastest Cacheを導入

ページキャッシュをつくると、サイトの表示速度が改善されます。プラグインを導入するだけで簡単にできるので初心者の方にお勧めの方法です。Googleのサイト速度評価「PageSpeed Insights」でも10点ほど上がる効果がみられました。ただし、キャッシュ導入は一歩間違えると大きなエラーが起きるので注意が必要です。
2018.08.06
サイト高速化

Cocoonを高速化する際に必須の画像最適化方法|WPプラグイン

画像最適化すればほとんどのサイトでページ表示を高速化できます。「Compress JPEG & PNG images」プラグインで簡単にできます。設定は簡単で、APIキーを取得して一括最適化をお願いするだけ。ただし、枚数制限があるので有料となるので、無料でできるお得な方法もまとめています。
2018.08.06
サイト高速化

CDN導入のためにJetpackとCloudflareを使った感想

CDNを導入すべくJetpackとCloudflareを使ってみました。使用感でいうとJetpackはとにかく簡単で安定感あり。Cloudflareはかなり暴れ馬でめちゃくちゃ速くなったけどいろいろエラーは吐き出している。サーバーが落ちる可能性も考えると、どちらがいいかしっかりと考える必要がありそうです。
サイト高速化

ブログ高速化のためにやった5つの方法|WordPressテーマはCocoon

サイト高速化のためにやることはシンプルです。要は、画像を減らして圧縮する。これだけでほぼ解決します。体感速度はまったくトラブルなし。ただ、それでもPageSpeed Insightsの評価は残酷なものです。なんとか、コードやカスタマイズ不要で高得点を出した記録を公開します。
2018.08.06
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました