Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!(ここをクリックするとTwitterへ)

Cocoon

カスタマイズ

Amazonと楽天商品リンクモバイル表示をカスタマイズ|Cocoon

Cocoonの商品リンクが素敵にアップデートされたので、モバイル版の形式だけ少しカスタマイズしてみました。Yahooのリンクだけ少し大きいなと感じたので、それぞれ同じ大きさにして、あまりみない丸いボタン風にしてみました。簡単なコードにしたので、さらにカスタマイズを深めてください。
カスタマイズ

怪しさMAXのリンクユニット風箇条書きリスト|読者を困惑させてもメリットなし

リンクユニット風の箇条書きリストをつくってみました。作成者の自分でも間違えてリンクユニット踏むレベルです。需要の有無よりもリンクユニット のカラー設定についての考察が役に立つと思われます。CSSコピペOKです。ご活用ください。
サイト高速化

CDN導入のためにJetpackとCloudflareを使った感想

CDNを導入すべくJetpackとCloudflareを使ってみました。使用感でいうとJetpackはとにかく簡単で安定感あり。Cloudflareはかなり暴れ馬でめちゃくちゃ速くなったけどいろいろエラーは吐き出している。サーバーが落ちる可能性も考えると、どちらがいいかしっかりと考える必要がありそうです。
サイト高速化

ブログ高速化のためにやった5つの方法|WordPressテーマはCocoon

サイト高速化のためにやることはシンプルです。要は、画像を減らして圧縮する。これだけでほぼ解決します。体感速度はまったくトラブルなし。ただ、それでもPageSpeed Insightsの評価は残酷なものです。なんとか、コードやカスタマイズ不要で高得点を出した記録を公開します。
サイト高速化

Cocoonを高速化する際に必須の画像最適化方法|WPプラグイン

画像最適化すればほとんどのサイトでページ表示を高速化できます。「Compress JPEG & PNG images」プラグインで簡単にできます。設定は簡単で、APIキーを取得して一括最適化をお願いするだけ。ただし、枚数制限があるので有料となるので、無料でできるお得な方法もまとめています。
サイト高速化

キャッシュ最適化のためにWP Fastest Cacheを導入

ページキャッシュをつくると、サイトの表示速度が改善されます。プラグインを導入するだけで簡単にできるので初心者の方にお勧めの方法です。Googleのサイト速度評価「PageSpeed Insights」でも10点ほど上がる効果がみられました。ただし、キャッシュ導入は一歩間違えると大きなエラーが起きるので注意が必要です。
サイト高速化

エックスサーバー利用者なら簡単にサイト高速化ができる方法を伝授!

サイトを高速化するために、エックスサーバーのmod_pagespeedの設定をONにしました。2クリックでできる、最も簡単な方法だと思います。画像を多用してわかりやすいように解説しています。効果としてはPageSpeed Insightsの点数がだいたい5点くらい上がるようなイメージです。
サイト高速化

Headをすっきりさせて読み込みを早くするお勧めのWPプラグイン

「レンダリングをブロックする JavaScript を除去」「CSS 配信を最適化」の処理に手を焼いているようでれば解決策として考えられるのがhead部分をきれいにすること。PageSpeed Insightsの得点をあげる奥の手としてプラグインを使って簡単に解決した方法をまとめています。
Cocoon

どうせ読まれないサイドバーを有効活用する方法|Cocoon改造

サイドバーはまったく読まれてないコンテンツになるわけですが、 これを少し目立たせて存在アピールするカスタマイズを行いましたので共有投稿します。 Cocoonのモバイルスライドインメニューボタンの改造記事になります。 「サイドバー」のアイコンと文字を変えて、別の要素に切り替えて内容を示すというカスタマイズです。
スポンサーリンク