Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!(ここをクリックするとTwitterへ)

ハンドレッドソウルのパンドラ情報【装備おすすめ】

ガチャがないスマホゲーム、というのはもうだいたい形を変えてガチャ要素があるのだけど、今回は装備入手方法が、これ結局ガチャじゃないの、と思ったので情報をまとめていくことにします。

スポンサーリンク

装備について

キャラクターは6種類装備することができます。

主人公の装備6項目

  • メイン武器
  • サブ武器
  • 防具
  • ベルト
  • 指輪
  • アクセサリー

セット効果のある防具

パンドラをしこたまやってると、レアのふりした「セット」という防具を手に入れることがあります。

なんだか「レア」じゃないので損した気持ちになりますが、セット装備を身に付けることでなかなか上げづらいDOWN値を補正することができるので、なんやかんやお得だったりします。

ぶちくま
ぶちくま

しかも、手に入れやすい【レア】限界突破石で強化できるので、育成しやすさも考慮すると無凸伝説防具より断然使いやすかったりします。

装備の強さを表すステータス

武器ステータス、パラメータには以下の要素があります。ややこしいステータス要素については、ノヴァストーンの効果にもパラメーター解説があるので、こちらも参考にしてみてください。

ノヴァストーンについての解説【ハンドレッドソウル】
ハンドレッドソウルの「ノヴァストーン」についての情報をまとめました。強化優先順位や、配置する際の注意点など。

一番大事なのは「状態異常」

まず、武器を選定する上で大事なステータスは「状態異常」となります。なんだったら、攻撃力とかどうでもいいんで(良くない)、状態異常の相性だけを気にしておけば間違いはありません。

おすすめの状態異常
  1. STUN
  2. AIR
  3. BLEED
  4. DOWN

レア装備は「属性」に注意

レア装備は、ノーマルと違って「属性」によってさらに細かく分類されています。正直、面倒だなと思うのですが、属性ダメージはバカにできないので、どうせならしっかり集めて持続ダメで削ると攻略の幅が広がります。

レア武器に付与される属性
スポンサーリンク

装備の育成

限界突破について

所持できる装備の種類は1つまでとなっています。

ぶちくま
ぶちくま

装備がパンドラガチャで被ったらどうなるの?

手に入れた装備がすでに所持しているものだった場合は、限界突破素材に変換されます。あえて狙って限界突破を目指す場合には武器を被らせる必要があります。

限界突破による変化

限界突破することで、武器の基礎能力が上昇します。固定値ではなく、割合が変化するので、多くの場合はかなりのステータス補正がかかるようになります。

プラス値

装備の育成では、まずはプラス値を強化していきます。装備の強化では、装備のレベル・レアリティにあったものが概ねストーリーに沿って進めていくことで手に入るようになっています。

よめくま
よめくま

つまり、強い武器を手に入れても、育成素材が手に入らないってことがあるわけね

装備の進化

プラス値が9までいくと、装備を進化させることができるようになります。

進化させる方法

装備の進化に必要なアイテムは、ボス戦でドロップするアイテムになるので、「討伐」を繰り返すことでアイテム収集していく必要があります。

進化するとティアが上昇

装備の前に「T1」などの表示がありますが、これは「ティア」と言われるもので、装備進化の段階を表しています。

スポンサーリンク

パンドラ工房のやり方

パンドラ工房の概要について解説
パンドラの目が死んでる(そういうキャラ)

パンドラ工房を利用する方法

エリア3で開放

ストーリーを進めていくと、ちょこちょこと「パンドラ」が姿を見せはじめます。エリア3まで進めることで、パンドラ工房が利用できるようになります。

パンドラ「時空召喚」の手引き

  1. 素材を収集する
  2. 素材の組み合わせで装備種を決める(確率)
  3. レアリティが確定し製作完了を待つ
  4. 30分は無料で製作時間短縮ができる
  5. 待てなければ有償エメラルドで短縮可能

パンドラ工房を利用する際の注意点

パンドラ工房を利用する際の注意書きです。

利用枠は広げるべきか

パンドラ工房の枠は序盤で広げる必要はありません。

ぶちくま
ぶちくま

どうせ、素材が足りなくなるからね

エメラルド1000は大きいので、早急に枠を最大にする必要はないので「溜まったエメラルドを活用したい」場合は英雄購入か、「ノヴァストーン投入」が無駄の少ない消費方法となります。

必要になる素材(アイテム)

以下のアイテムが必要になるので、入手方法などを記載しておきます。

時空の精髄

入手方法が限られるので、回りくどい方法ではありますが、実質はガチャみたいなものです。普通に進めていればそれなりには手に入るので、パンドラを成長させるためにも回せるだけは回しておきましょう。

鉱山

鉱山から入手できる素材は以下の3点。これらの素材を組み合わせて装備品を作っていきます。

  • 不変の硫黄
  • 無限の水銀
  • 永遠の塩

装備生成のための素材表

あくまでも「確率の高さ」ですが、素材による組み合わせで、出現しやすい装備種をまとめておきました。

素材装備
硫黄 ネックレス
水銀 ベルト
リング
硫黄+水銀 防具
水銀+塩 メイン武器
塩+硫黄 サブ武器

素材のおすすめ投与量

なんとか3回目のレジェンド装備を引き当てることができたので、序盤から効率よく装備を強化できるパンドラ工房の素材投与量を検討していきたいと思います。

序盤はせっせとノーマル武器作成

序盤においては、レアリティよりは「パンドラ工房のレベル」を上げることを念頭に置いて、とにかく少ない投与量で狙ったノーマル装備を限界突破していくのがおすすめです。

しろくまさん
しろくまさん

単素材に30投与で稼いでもいいですし、30ずつ投与してばらけさせると、意外とレアや伝説チャンスも出てくるので、序盤はまったり装備ガチャを楽しみましょう!

狙ったノーマル装備を手に入れるなら

まずはノーマル装備を凸らせたい、という場合は61:30:0が一番効率的、とされています。武器を作る場合は、塩を61、水銀を30にすると、他の装備が出づらくなります。

ぶちくま
ぶちくま

あくまでもパンドラのコメントと後ろで輝く装備種の大きさで判断しているだけですが

コツをつかんだら、レアの確率を上げていく

塩がある限りは武器を作り、塩がないときは防具のレアリティを上げながらパンドラを嗜んでおります。

レア狙いの場合

レア狙いの場合は、上記だとほぼでないので、他の素材を足しながらレアリティが出る確率を上げていきます。同様に、自分が狙っている装備の輝きを見ながら、可能な限り素材を投入することで、レアが手に入る確率は上がります。

レジェンド(伝説)狙いの場合

私はまだレジェンドにお目にかかれていないのですが、MAX投入(現在のところ131ずつで良いとのこと)でレジェンド出現、およびレアの確率も高いという書き込みがありました。

ぶちくま
ぶちくま

バランスを見ながら、どれくらい投与できるか、でレアリティをあげる。ただ、節約のために「最低限、どれくらい投じるか」のラインを探っていく作業になりそうです

スポンサーリンク

未知の工房

パンドラ工房の時空召喚を繰り返すことで、工房自体のレベルを上げることができます。20回程度の召喚が必要ですが、召喚を繰り返すことで未知の工房が解放されます。

未知の工房もレベルアップ可能

未知の工房も使い込むことでレベルが上がります。レベルが上がることで、伝説武器など高レアリティの装備も作成することができるようになります。

分解

未知の工房では選んだ装備を作成することができるのですが、「分解」を繰り返し行う必要があります。

分解可能回数

1日6回の制限があります。分解には動力ギアとエメラルドが必要になります。

分解に必要なアイテム
  • 1回目:動力ギア1個とエメラルド50個
  • 2回目:動力ギア1個とエメラルド100個
  • 3回目:動力ギア1個とエメラルド150個
  • 4回目:動力ギア1個とクラウン3個
ぶちくま
ぶちくま

クラウンがないのでできませんでした。。。

未知の工房の使い方

これはほとんど図鑑埋めに使用していきたいところですが、高レアリティの未所持の武器でも確実に手に入ります。ただ、エメラルドの使用個数を考えると、時間をかけて少しずつ分解していく作業が求められます。

スポンサーリンク

メイン武器のおすすめ

あくまでも、私のゲームスタンスでのおすすめになります。

武器ランキングの評価基準

  • ストーリーをスムーズに進める
  • 課金はしない
  • 急いで強くなる必要はない

というわけで、まったりプレイおすすめ、ということで。

レア選択で手に入れたい武器

2019年8月20日に追記しました。

ぶちくま
ぶちくま

武器は状態異常で選ぶべし

便宜上、「状態異常」というワードを使ってきましたが、「STUN」「AIR」「DOWN」のいずれかの属性値を高めて、いかに高倍率の攻撃スキルをぶちかますか、が攻略のポイントになっています。

デミルーン

というわけで、今までは自分が使っていたボーンクラッシャーをおすすめしてきましたし、間違いではないのですが、少し訂正しておきます。

しろくまさん
しろくまさん

どうやらSTUNが使いやすい

というわけで、アクションスキルでSTUNにしやすいデミルーンを1番のおすすめにしておきます。

STUN値が大事な理由

これは、英雄との関連性にあります。私はボーンクラッシャーをひたすら育成していますが、ふと気づいたのが「アクションスキルでDOWNがつけられない」ということでした。

ぶちくま
ぶちくま

スマイトでDOWNにはできるものの、中盤に入ると「あと少しでダウンできない」ことが多くなってきます。もうひと押ししたいところですが、英雄でダウンがつけられるのは課金兵しかおらんのです。。。

一方、STUNに関しては、ストーリー進行で加入する英雄で賄うことができます。

STUNにできる英雄
  • ナズリエル
  • カレン

ウィンドスレイヤー

同様に、AIRに関しても「ギガンティック」で簡単に取れる上に、自分から空を飛びたがる敵もいるくらいなので有用です。そのため、対空戦に特化した「ウィンドスレイヤー」があれば、AIR状態に関しては悩む必要はなくなるわけです。

AIR付与できる英雄
  • ナズリエル
  • ギガンティック

ボーンクラッシャー

私が普段使用しているのはボーンクラッシャーです。レア選択権で手に入れて強引にスキル値を捻じ上げて使用しています。

伝説は剣がほしい

私のような脳内までファンタジーが汚染しているような輩ですと、「主人公は剣」の固定観念は強い。将来的には「クラッシュ」系の英雄と小技で動き回る主人公、の像を想像しているので、伝説が撮れるチャンスが来たら剣を取りたい。

なので序盤におすすしたい武器として、どんな敵でも一瞬で藻屑にしてくれるボーンクラッシャーをおすすめします。

範囲攻撃が使いやすい

武器を振り回すだけという脳筋武器ですが、オート操作で横目でなんか苦戦してるなと思ったらスキル発動しとけば勝てるという使い勝手の良さがあります。

追い討ちがえげつない

ボス戦では、やや距離を保ちつつ、隙を見て飛びかかる「スマイト」が優秀です。また、DOWN状態にした後に追撃で「ヘビープレス」を使えるので、ダメージを稼ぎつつ速攻で倒したい討伐でも役に立ちます。

DOWNが取れないと使いづらくなる

少し追記しておきますが、DOWNは取りづらいので、長期プレイを見越せなかったり、課金せずにやり過ごす場合にはあまりおすすめできないです。

ぶちくま
ぶちくま

でも、長くやっていればDOWN超特化のトゥメナントスが手に入るので、結局のところ組み合わせの問題でしかないんですけどね

デュエリスト

ボーンクラッシャーを装備していると、ハンドレッドソウルが楽しめてない気持ちになるので、攻撃回数の多いデュエリストもおすすめしておきます。

AIRダメージ特化

AIRダメージの倍率が恐ろしく高いので、サブ武器と英雄を工夫する必要がありますが、連携を極めてダメージを稼ぐ場合にはデュエリストを鍛えておくといいと思います。

ぶちくま
ぶちくま

何より、空中で追撃しているのが一番ハンドレッドソウルしてる感じが強いよね

英雄は誰を育てるかにもよりますが、AIR状態を長くキープできるスキルを能動的に使うことができるギガンティックと合わせて使いたいところです。

本当の魅力は会心にあり

追記しておきます。

ボンクラは選定ミス感がありましたが、幸いにしてデュエリストに関しては当たり武器です。これまで、「状態異常がー」とか言ってきましたが、今後の展開を考えるに「ただひたすら殴る」のが最強になる未来が見えています。

ぶちくま
ぶちくま

その際に、大事なのは「会心率」と「会心ダメージ」、加えて「貫通」の項目になります。

コレクションリスト、ミッションボーナスなども考慮すると、確実にダメージソースとなる「バックアタック」や「クリティカルダメージ」に補正が入り、しかも手数がいれられるデュエリストはいずれ評価の見直される武器になると思います。

しろくまさん
しろくまさん

とはいえ、全てはアップデート次第、ではあるんですけどね。。。

ハンドレッドソウル
9月オススメのゲーム

Twitterでも精力的に告知されており、話題沸騰中の超美麗3DRPG「ブレイドエクスロード

群像系にストーリーを展開していくのか、とにかく魅力的なキャラクターで溢れかえるを人気声優を贅沢に配して魅力存分に引き出してくれている期待の新作です!

ぶちくま
ぶちくま

、、、であると思うのですが、いかんせん、まだ予約を受け付けたばかりなので。。。とにかく、期待値は高い!

ブレイドエクスロード

ブレイドエクスロード

Applibot Inc.posted withアプリーチ

公式Twitterなどの情報が公式HPにまとまっています。画像だけでも眺めてみてください。期待値の高さくらいは伝わるかと。

ぶちくまをフォローする
ぶちくま創作ベース

コメント

タイトルとURLをコピーしました