Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!

Pythonの基本的な構文「関数、引数、戻り値」

コード知らなくても簡単なツールくらいならChatGPTに聞けば作れるんじゃね、と思って始めた開発企画。

諦めてPythonの基本くらいは覚えることにしました。

しろくま
しろくま

やっぱり、基本くらいは知っておかないとおんなじところでずっとループして使用回数制限に引っかかっちゃうのは勿体無いなと感じたところで。

ChatGPTに生成してもらった基礎編:最初のページはこちら。

ChatGPT入門ガイド: これだけ知っておけばOK!
ChatGPT入門ガイドでは、AI会話エンジンの基本概念や使い方をわかりやすく解説。無料プランと有料プランの違いやAPI利用方法まで網羅。これであなたもChatGPTの達人へ!
スポンサーリンク

Pythonの基本構文

関数呼び出して引数と戻り値がどうこうで、とりあえずサンプルだけ教えるから後でうまいこと設定してくれ、みたいな無茶振りをChatGPTは多用するところがあるので、このあたりの言葉の意味くらいは押さえておきたいと思います。

Pythonの基本的な構文には、以下のようなものがあります。

  • 変数の定義: 変数名 = 値
  • 条件分岐: if 条件式:
  • 繰り返し: for 変数 in イテラブルオブジェクト:
  • 関数の定義: def 関数名(引数1, 引数2, ...):
  • クラスの定義: class クラス名:
  • 例外処理: try:

これらの構文を使うことで、Pythonで様々な処理を実現することができます。基本的な構文を理解した上で、より高度なプログラムを書くためには、Pythonの標準ライブラリや外部ライブラリの使用方法、関数の使い方なども学ぶ必要があります。

では、今回学ぶべきことも10個ほどChatGPTに選んでもらいました。以下はChatGPTによる授業です。

  1. 変数の定義方法
  2. 条件分岐の基本形
  3. 繰り返し処理の書き方
  4. 関数の定義と呼び出し方
  5. クラスの定義方法とインスタンス化
  6. リストとタプルの使い分け方
  7. 辞書型の使い方
  8. 例外処理の基本形
  9. ファイル入出力の方法
  10. モジュールのインポート方法

これらの見出しを使用することで、Pythonの基本的な構文についてまとめた記事を作成することができます。

変数の定義方法

変数とは、プログラム内で使用するデータを一時的に格納するための領域です。Pythonでは、変数の宣言と同時に値を代入することができます。変数の宣言には以下のように変数名に任意の名前を設定し、イコールを使って値を代入する方法が一般的です。

変数の宣言方法

python

変数名 = 値

例えば、以下のように、変数xに整数値1を代入するコードを示します。

python

x = 1

Pythonでは、変数に代入できるデータ型には、整数型、浮動小数点型、文字列型、真偽値型などがあります。変数名は、任意の英字、数字、アンダースコアの組み合わせで定義することができますが、数字から始まる変数名は定義できません。

変数の名前の付け方

Pythonの変数名には、英字、数字、アンダースコアの組み合わせを使用することができます。しかし、Pythonには予約語が存在するため、変数名に予約語を使用することはできません。予約語とは、Pythonの構文において特別な意味を持つ単語のことで、if、while、def、class、forなどが該当します。

また、変数名には意味のある名前をつけることが望ましいです。例えば、整数型の変数であれば、その変数が何を表しているかが分かるような名前を付けることが重要です。これにより、コードの読みやすさや保守性が向上します。

したがって、変数名には任意の名前をつけることができますが、わかりやすい名前をつけるように心がけるとよいでしょう。

変数のデータ型

変数のデータ型とは、変数が保持するデータの種類のことです。Pythonでは、以下のようなデータ型があります。

  • 数値型: 整数型(int)、浮動小数点型(float)、複素数型(complex)
  • 文字列型(str)
  • 真偽値型(bool)
  • シーケンス型: リスト(list)、タプル(tuple)、範囲(range)
  • 集合型(set)
  • マッピング型(dict)
  • バイナリ型(bytes, bytearray, memoryview)

変数に値を代入する際に、Pythonは自動的に適切なデータ型を判別して、変数に設定します。例えば、以下のように整数値を代入すると、変数xのデータ型は整数型(int)になります。

python

x = 10

また、明示的にデータ型を指定することもできます。以下の例では、xのデータ型を整数型(int)に明示的に指定しています。

python

x = int(10)

変数のデータ型によって、その変数に対して適用できる演算子や関数が異なります。したがって、プログラムを作成する際には、変数のデータ型について理解し、適切なデータ型を使用するように心がける必要があります。

変数のスコープ

変数のスコープとは、変数がどの範囲で有効かを指します。Pythonでは、変数が定義されたブロック内でのみ有効であり、その外側のブロックでは参照できません。また、関数内で定義された変数は、関数の外側から参照することができません。

python

x = 10  # グローバル変数

def func():
    x = 20  # ローカル変数
    print(x)

func()      # 結果: 20
print(x)    # 結果: 10

このように、関数内で定義された変数は、関数外で定義された変数とは別物として扱われます。関数内で変数の値を変更した場合も、関数外で定義された変数の値は変更されません。

変数の命名規則

Pythonでは、変数名の命名規則があります。一般的に、変数名には英数字とアンダースコアの組み合わせを使用します。変数名の最初の文字には、数字は使用できません。また、Pythonには予約語が存在し、変数名には予約語を使うことはできません。以下は、変数名の命名規則の例です。

pythonCopy codename = 'John'   # OK
my_name = 'John'    # OK
myName = 'John'     # OK
123name = 'John'    # NG
class = 'English'   # NG
変数名の命名規則による予約語

Pythonには、予約語と呼ばれる特定のキーワードがあります。予約語とは、Pythonの文法で特別な意味を持つ単語であり、変数名や関数名などに使用することができません。Pythonの予約語には、以下のようなものがあります。

python

and       del       from      not       while
as        elif      global    or        with
assert    else      if        pass      yield
break     except    import    print
class     exec      in        raise
continue  finally   is        return
def       for       lambda    try

例えば、以下のようにifという予約語を変数名として使用することはできません。

python

if = 5  # これはエラーになる

このように、予約語を変数名や関数名として使用することはできないため、別の名前を付ける必要があります。

変数の再代入

Pythonでは、定義した変数に別の値を代入することができます。これを変数の再代入と呼びます。再代入する際には、単に変数名に新しい値を代入するだけです。以下は、変数の再代入の例です。

python

x = 10
print(x)    # 結果: 10

x = 20
print(x)    # 結果: 20

このように、変数の再代入は、値を上書きする形で実行されます。再代入した場合、元の値は上書きされ、以前の値にアクセスすることはできません。

まとめ

変数は、プログラム内で使用するデータを一時的に格納するための領域です。Pythonでは、変数の宣言と同時に値を代入することができます。

変数名には任意の英数字、アンダースコアの組み合わせを使用することができますが、数字から始まる変数名は定義できません。

変数のスコープは、変数が定義されたブロック内でのみ有効であり、その外側のブロックでは参照できません。

また、関数内で定義された変数は、関数の外側から参照することができません。変数の再代入には、変数名に新しい値を代入するだけです。

条件分岐の基本形

Pythonにおける条件分岐は、if文を用いて実現することができます。if文は、指定した条件が真である場合に、特定の処理を実行することができます。以下では、Pythonにおける条件分岐の基本形について解説します。

if文の構文

if文は、以下のような構文を持ちます。

python

if 条件式:
    処理1
else:
    処理2

if文は、条件式が真である場合に、処理1を実行します。条件式が偽である場合には、else句以下の処理2を実行します。

条件式

if文で用いられる条件式は、比較演算子や論理演算子を用いて記述することができます。比較演算子には、==(等しい)、!=(等しくない)、<(より小さい)、>(より大きい)、<=(以下である)、>=(以上である)などがあります。論理演算子には、and(かつ)、or(または)、not(でない)などがあります。

実例

以下の例では、if文を使用して、変数xが正か負かを判定しています。

python

x = -5
if x >= 0:
    print("xは正の数です")
else:
    print("xは負の数です")

この場合、変数xが負であるため、else句以下のprint("xは負の数です")が実行され、xは負の数ですという文字列が出力されます。

繰り返し処理の書き方

Pythonでは、for文やwhile文を用いて繰り返し処理を行うことができます。繰り返し処理は、同じ処理を複数回繰り返し実行するために使用されます。以下では、Pythonにおける繰り返し処理の書き方について解説します。

for文の書き方

for文は、リストやタプルなどのシーケンスオブジェクトや、文字列などのイテラブルオブジェクトを繰り返し処理するために使用されます。以下は、for文を使用して、リストfruitsの要素を順番に出力する例です。

python

fruits = ["apple", "orange", "banana"]

for fruit in fruits:
    print(fruit)

この場合、for文はリストfruitsの要素を順番に取り出し、変数fruitに代入しています。print(fruit)は、変数fruitに代入された値を出力するために使用されます。つまり、このプログラムは、リストfruitsの要素を順番に出力するための処理を実行しています。

while文の書き方

while文は、指定した条件が真である場合に、繰り返し処理を実行するために使用されます。以下は、while文を使用して、変数i0から4まで出力する例です。

python

i = 0

while i < 5:
    print(i)
    i += 1

この場合、while文は、変数i5未満である場合に、print(i)を実行しています。i += 1は、変数i1を加算するために使用されます。つまり、このプログラムは、変数i0から始まり、5未満である間に、変数iを出力して、変数i1を加算することを繰り返し実行しています。

range()関数の使用

range()関数は、指定した範囲内の数値を生成するために使用されます。range()関数は、for文やwhile文と組み合わせて使用されることが一般的です。以下は、range()関数を使用して、変数i0から4まで出力する例です。

python

for i in range(5):
    print(i)

この場合、range(5)は、0から4までの数値を順番に生成するイテレータオブジェクトを生成します。for文は、このイテレータオブジェクトから数値を取り出し、変数iに代入しています。print(i)は、変数iに代入された値を出力するために使用されます。つまり、このプログラムは、変数i0から始まり、4までの範囲内である間に、変数iを出力することを繰り返し実行しています。

繰り返し処理は、同じ処理を複数回繰り返し実行するために使用されます。Pythonでは、for文やwhile文を使用して繰り返し処理を行うことができます。for文は、シーケンスオブジェクトやイテラブルオブジェクトを繰り返し処理するために使用されます。while文は、指定した条件が真である場合に、繰り返し処理を実行するために使用されます。range()関数は、指定した範囲内の数値を生成するために使用されます。これらの繰り返し処理を使用することで、同じ処理を短いコードで実行することができます。

関数の定義と呼び出し方について

Pythonでは、関数を定義して、同じ処理を複数回実行することができます。関数を定義するには、defキーワードを使用します。関数の名前は、関数を識別するために使用されます。関数名に続いて、()が続き、引数を指定することができます。関数の本体は、コードブロックで構成されており、コードブロックはインデントで指定されます。

python

def hello():
    print("Hello, World!")

上記の例では、hello()という名前の関数が定義されています。この関数は、print("Hello, World!")という単一の文を実行します。関数の呼び出しは、関数名を指定して()を付けて実行します。

python

hello()

このコードを実行すると、関数hello()が呼び出され、Hello, World!という出力が表示されます。

関数に引数を渡すことができます。引数を受け取る関数は、関数定義の()内に引数名を指定します。関数内で引数にアクセスするには、関数内で引数名を使用します。引数は、関数の呼び出し時に指定されます。以下は、引数を使用した関数の例です。

python

def greet(name):
    print(f"Hello, {name}!")

greet("Alice")
greet("Bob")

この例では、greet()関数が定義されています。この関数は、引数nameを受け取り、Hello, name!という出力を行います。greet()関数が2回呼び出されており、それぞれ"Alice""Bob"という引数が渡されています。

関数は自作する場合とライブラリから使用する場合がある

関数は、自分で定義することができるだけでなく、Pythonが提供するライブラリや外部ライブラリにも含まれます。Pythonには、数多くの組み込み関数があり、Pythonプログラマはこれらの関数を自由に使用できます。たとえば、print()len()range()などがあります。

自分で定義する関数は、独自の処理を実行するために使用されます。これらの関数は、Pythonの組み込み関数と同じように使用できます。自分で定義した関数を呼び出すことで、同じ処理を繰り返し実行することができます。自分で定義した関数は、複雑な処理を単純化するために使用することができます。

一方、Pythonのライブラリや外部ライブラリに含まれる関数は、特定の機能を実行するために使用されます。たとえば、NumPyライブラリには、数値計算に必要な多くの関数が含まれています。このようなライブラリは、Pythonにない機能を提供することができます。外部ライブラリに含まれる関数は、import文を使用してインポートし、自分のコードで使用することができます。

定義defで使い方を指定する

関数を定義することで、その関数が呼び出されたときに特定の処理を実行することができます。関数を定義することで、同じ処理を繰り返し実行することができます。関数を呼び出すことで、その関数が定義されたときに記述された処理を実行することができます。

たとえば、以下のようなadd()関数を定義した場合、add()関数を呼び出すことで、2つの引数の和を計算することができます。

python

def add(a, b):
    c = a + b
    return c

result = add(2, 3)
print(result)

この場合、add()関数を呼び出すことで、引数abの和を計算して、変数cに代入しています。そして、cの値をreturn文で返します。関数の呼び出し時には、引数に値を渡して呼び出します。result変数には、add()関数を呼び出した結果が代入されています。print()関数を使用して、result変数の値を出力しています。

後で引数を入れて使う(こともある)

Pythonでは、関数を呼び出す際に引数を設定することができます。関数を定義する際に引数を指定し、その引数を使って処理を行います。そして、関数を呼び出す際に、引数に値を渡して関数を呼び出します。このように、引数を使用することで、関数を再利用できます。

関数を呼び出す際に、引数を指定するには、以下のように関数名の後ろに引数をカンマ区切りで指定します。

pythonCopy code# 関数の定義
def add(a, b):
    c = a + b
    return c

# 関数の呼び出し
result = add(2, 3)
print(result)  # 5

# 引数を変更して再度関数を呼び出し
result = add(4, 5)
print(result)  # 9

この例では、add()関数を定義しています。この関数は、2つの引数の和を計算し、結果を返します。次に、add()関数を2回呼び出しています。最初の呼び出しでは、引数として23を渡しています。2つの引数の和が計算され、変数resultに代入されます。そして、resultの値が出力されます。次に、引数として45を渡して再度関数を呼び出しています。この場合も、2つの引数の和が計算され、変数resultに代入されます。最後に、resultの値が出力されます。

クラスの定義方法とインスタンス化

クラスとは、Pythonにおいてオブジェクト指向プログラミングを行うために使用される機能の1つです。クラスは、オブジェクトの設計図とも言えます。クラスには属性やメソッドを定義することができ、オブジェクトはクラスから作成されます。このセクションでは、クラスの定義方法とインスタンス化について説明します。

クラスの定義方法

クラスの定義方法は以下のようになります。

python

class ClassName:
    def __init__(self, arg1, arg2):
        self.arg1 = arg1
        self.arg2 = arg2

    def method1(self):
        pass

    def method2(self):
        pass

この例では、ClassNameというクラスを定義しています。__init__というメソッドは、クラスのインスタンスを作成する際に呼び出される特殊なメソッドで、初期化のための引数を設定します。selfはインスタンス自身を指します。method1method2は、クラスに定義されたメソッドです。

インスタンス化

クラスからオブジェクトを作成するには、クラスのインスタンスを作成します。インスタンスは、クラスから作成されたオブジェクトのことを指します。インスタンスを作成するには、以下のようにします。

python

class_name = ClassName(arg1_value, arg2_value)

この例では、ClassNameというクラスからclass_nameというインスタンスを作成しています。arg1_valuearg2_valueは、クラスの__init__メソッドに渡される引数の値です。

インスタンス化後は、インスタンスに対して定義されたメソッドを呼び出したり、インスタンスに対して属性を設定したりできます。

python

class_name.method1()
class_name.arg1 = new_value

これらの方法で、クラスを定義し、インスタンスを作成することができます。オブジェクト指向プログラミングにおいては、クラスを使用することで再利用性が高く、メンテナンス性が向上するというメリットがあります。

クラス、インスタンス、オブジェクトの関係性

クラスはオブジェクトを作るための設計図のようなもので、オブジェクトはクラスから生成された実体です。インスタンスとオブジェクトは基本的に同じ意味で使用されます。

クラスは、同じ種類のオブジェクトを作成する際に利用され、そのオブジェクトが持つべき属性やメソッドを定義します。例えば、あるクラスが「人」を表す場合、そのクラスには「名前」と「年齢」という属性や、「話す」と「歩く」というメソッドが定義されます。

オブジェクトは、クラスから生成された実体であり、それぞれ異なる属性を持ちます。例えば、あるクラス「人」から生成されたオブジェクトAは「山田太郎(名前)」、「25歳(年齢)」という属性を持ちます。同じクラスから生成されたオブジェクトBは「田中花子(名前)」、「30歳(年齢)」という属性を持つことができます。

インスタンスという用語は、クラスから生成されたオブジェクトを指すために使われます。インスタンスは、クラスから生成されたオブジェクトの一つであるという意味を持ちます。例えば、「人」クラスから生成されたオブジェクトAは「人」クラスのインスタンスであるといえます。

クラスの基本的な構造

クラスの基本的な構造は以下のようになります。

python

class ClassName:
    def __init__(self, arg1, arg2, ...):
        self.attribute1 = arg1
        self.attribute2 = arg2
        ...
    
    def method1(self, ...):
        ...
    
    def method2(self, ...):
        ...

まず、クラスはclassキーワードを使って宣言します。クラス名はClassNameのようにアルファベットの大文字で始まる名前をつけます。

その後、クラス内で使用する属性やメソッドを定義します。属性は__init__メソッドで初期化され、メソッドは普通の関数のように定義します。クラス内で定義されたメソッドには必ずself引数を指定する必要があります。selfは、そのクラスから生成されたオブジェクト自身を指します。

例えば、以下のようなクラスを考えてみます。

python

class Person:
    def __init__(self, name, age):
        self.name = name
        self.age = age
    
    def say_hello(self):
        print(f"Hello, my name is {self.name}. I'm {self.age} years old.")

このクラスはPersonという名前で定義されています。__init__メソッドでnameageという属性が定義され、say_helloメソッドが定義されています。

このクラスからオブジェクトを生成するには、以下のようにします。

python

person1 = Person("Alice", 25)
person2 = Person("Bob", 30)

Personクラスからperson1というオブジェクトが生成され、name属性には"Alice"age属性には25が設定されます。同様にperson2オブジェクトも生成されます。

生成されたオブジェクトは、定義されたメソッドを呼び出すことができます。例えば、以下のようにsay_helloメソッドを呼び出すことができます。

python

person1.say_hello()  # Hello, my name is Alice. I'm 25 years old.
person2.say_hello()  # Hello, my name is Bob. I'm 30 years old.

このように、クラスを使ってオブジェクトを生成し、そのオブジェクトに対して定義されたメソッドを呼び出すことができます。

selfと __init__

self は、Pythonで定義された特殊な引数で、クラスのメソッド内で使用されるオブジェクト自身を参照します。クラスのインスタンス化が行われた際に、そのインスタンス自身が self として渡されます。

__init__ メソッドは、Pythonで特別なメソッドの一つで、クラスのインスタンスが作成されたときに呼び出されます。つまり、オブジェクトが生成されたときに、そのオブジェクトに対して初期化処理を行うために __init__ メソッドを定義します。self は、この初期化処理で設定する属性のために使用されます。

self は、クラス定義内のメソッドの第1引数に指定する必要がありますが、呼び出し時に引数として渡す必要はありません。Pythonでは、オブジェクトに対してメソッドを呼び出すときに、暗黙的にそのオブジェクトが self として渡されます。

しろくま
しろくま

この辺りでだいぶごちゃごちゃしてきています。個人的な勉強では、さらに「どういうこと?」「もっと例題ちょうだい」「こういう認識であってますか?」ってキャッチボールしまくって理解を深めます。暴投ばっかりしてるけど。

かめ
かめ

ある程度回答が決まっていて、ワンクエスチョン、ワンアンサーで終わるような会話の場合はGPT-3.5で十分、過去の内容も振り返って理解度も判断してもらう場合にはGPT-4.0がいいですね。

リストとタプルの使い分け方について

リストとタプルは、Pythonにおいて最も基本的なデータ構造のひとつで、複数の値をまとめて扱うことができます。しかし、リストとタプルは使い分けが重要であり、どちらを使うかによってコードの効率性や保守性が大きく変わってきます。

リスト

リストは、複数の要素を順序付けして格納することができます。リストは可変(mutable)なオブジェクトで、一度作成されたリストに対して要素の追加、削除、更新などを行うことができます。そのため、データの追加や削除が必要な場合はリストを使用すると良いでしょう。

例えば、以下のようにリストを定義して、要素を追加してみます。

scss

my_list = [1, 2, 3]
my_list.append(4)
print(my_list)  # [1, 2, 3, 4]

タプル

タプルは、複数の要素を順序付けして格納することができます。しかし、リストとは異なり、一度作成されたタプルに対して要素の追加、削除、更新などを行うことができません。そのため、データの変更が不要である場合や、不変(immutable)なオブジェクトが必要な場合はタプルを使用すると良いでしょう。

例えば、以下のようにタプルを定義して、要素の取得を行ってみます。

scss

my_tuple = (1, 2, 3)
print(my_tuple[0])  # 1

リストとタプルの使い分け事例

リストとタプルはどちらもPythonのデータ型で、複数の値をまとめて管理するために使用されます。しかし、リストとタプルには使い分けがあります。

リストは値を追加・削除することができる可変オブジェクトです。そのため、データの追加・変更・削除が頻繁に行われる場合や、データの順序が重要な場合に利用されます。例えば、アプリケーションのユーザーリストや、ToDoリストなどが該当します。

一方、タプルは値の追加・変更・削除ができないイミュータブルなオブジェクトです。そのため、一度作成されたデータを保持する必要がある場合や、安定したデータの管理が必要な場合に利用されます。例えば、座標など変更がないデータを保持する場合や、日時情報などの管理に使われることがあります。

実際の開発現場でも、このようにリストとタプルの違いを理解して、適切に使い分けることが求められます。例えば、Webアプリケーションでユーザーが作成したデータを管理する場合はリストを使用し、アプリケーションの設定情報などを管理する場合はタプルを使用することがあります。また、多次元のデータを管理する場合は、リストのリストを使って管理することが多いです。

まとめ

リストとタプルは、どちらも複数の値をまとめて扱うためのデータ構造であるが、使い分けが重要である。リストは可変なオブジェクトで、データの追加や削除が必要な場合に使用する。一方、タプルは不変なオブジェクトで、データの変更が必要でない場合や、不変なオブジェクトが必要な場合に使用すると良い。

辞書型の使い方

辞書型は、複数の値を一つのデータとして扱い、その値に対してキーを設定することができるPythonのデータ型です。リストやタプルと異なり、順序を持たず、インデックスではなくキーで要素にアクセスします。辞書型の基本的な使い方について解説します。

辞書型の基本的な構文

辞書型は中括弧({})を使って作成します。キーと値は「キー: 値」という形式で、コロンで区切ります。複数の要素を設定する場合にはカンマ(,)で区切ります。

pythonCopy code# 辞書型の作成
my_dict = {"apple": 100, "banana": 50, "orange": 80}

# 辞書型の要素にアクセス
print(my_dict["apple"])  # 100

辞書型のメソッド

辞書型には、要素の追加や削除、キーの取得などを行うためのメソッドが用意されています。

  • dict.get(key, default=None) : 指定したキーに対応する値を返します。キーが存在しない場合はデフォルト値を返します。
  • dict.keys() : 辞書型のキーをリストとして返します。
  • dict.values() : 辞書型の値をリストとして返します。
  • dict.items() : 辞書型のキーと値のペアをタプルのリストとして返します。
  • dict.pop(key) : 指定したキーに対応する要素を削除し、その値を返します。
pythonCopy code# キーの取得
print(my_dict.keys())  # dict_keys(['apple', 'banana', 'orange'])

# 値の取得
print(my_dict.values())  # dict_values([100, 50, 80])

# キーと値の取得
print(my_dict.items())  # dict_items([('apple', 100), ('banana', 50), ('orange', 80)])

# 要素の追加
my_dict["grape"] = 120
print(my_dict)  # {'apple': 100, 'banana': 50, 'orange': 80, 'grape': 120}

# 要素の削除
my_dict.pop("banana")
print(my_dict)  # {'apple': 100, 'orange': 80, 'grape': 120}

辞書型の使いどころ

辞書型は、キーと値を結びつけてデータを管理するため、プログラム中で頻繁に利用されます。

辞書型の使いどころとしては、以下のような場面が挙げられます。

  1. キーと値のペアのデータを管理する場合:例えば、ユーザーの情報を管理する場合、キーにはユーザーID、値にはユーザーの名前や住所などを格納することができます。
  2. データの検索を高速化する場合:リスト型やタプル型では、要素の検索に時間がかかりますが、辞書型ではキーを指定することで高速にデータの検索を行うことができます。
  3. 設定ファイルの管理に利用する場合:例えば、Webアプリケーションで利用される設定ファイルは、辞書型を用いることで簡単に管理することができます。

なお、Pythonの標準ライブラリには、辞書型をより高速に処理するための専用のデータ型である「OrderedDict」や「defaultdict」なども提供されています。

例外処理の基本形

例外処理は、プログラムがエラーに遭遇したときに、エラーをキャッチし、プログラムが停止することなく、続行できるようにするための仕組みです。Pythonにはtry-except文を使用して、例外を処理することができます。

try-except文の構造

try-except文は、以下のような構造を持っています。

python

try:
    # 例外が発生する可能性のあるコードをここに書く
except 例外の種類 as 変数:
    # 例外が発生した場合の処理をここに書く

tryブロック内には、例外が発生する可能性のあるコードを記述します。exceptブロックには、例外が発生した場合に実行される処理を記述します。exceptブロックには、発生した例外の種類を指定することができます。また、asキーワードを使用して、例外オブジェクトを変数に割り当てることができます。

例外処理の例

以下は、例外処理の例です。この例では、入力された値が数字でない場合に、エラーメッセージを表示します。

python

try:
    x = int(input("数字を入力してください: "))
except ValueError as e:
    print("エラー: 数字以外の値が入力されました。", e)

このコードでは、まずinput関数を使ってユーザーから値を入力します。その値をint関数で数値に変換します。もし値が数字でなかった場合、ValueErrorという例外が発生します。その場合、exceptブロックが実行され、エラーメッセージが表示されます。また、asキーワードを使用して、例外オブジェクトを変数eに割り当てています。

例外の種類

Pythonにおける例外の種類は多岐に渡りますが、代表的なものを以下に列挙します。

  • Exception:すべての例外の基底クラス。
  • TypeError:データ型が不適切である場合の例外。
  • ValueError:値が不適切である場合の例外。
  • NameError:未定義の変数を参照した場合の例外。
  • ZeroDivisionError:ゼロ除算が行われた場合の例外。
  • IndexError:範囲外のインデックスを使用した場合の例外。
  • KeyError:存在しないキーを参照した場合の例外。
  • AttributeError:存在しない属性を参照した場合の例外。
  • FileNotFoundError:存在しないファイルを開こうとした場合の例外。
  • IOError:入出力関連のエラーが発生した場合の例外。
  • KeyboardInterrupt:Ctrl+Cなどによる割り込みが発生した場合の例外。

他にも様々な例外が存在しますが、上記はよく使われるものの一部です。

ファイル入出力の方法

プログラミングでよく使用されるのが、ファイル入出力です。ファイルを開いたり、読み書きしたりすることができます。Pythonではファイルの操作に使用される組み込み関数やモジュールが提供されています。

ファイルのオープン

ファイルを読み書きするためには、ファイルをオープンする必要があります。Pythonでは組み込み関数のopen()を使って、ファイルをオープンします。open()はファイルを開くための様々なオプションを持っており、ファイルの読み書きモードやエンコーディングの指定などができます。

ファイルの読み書き

ファイルを開いたら、ファイルの読み書きができます。読み込みの場合は、ファイルを開いて、read()関数を使用します。書き込みの場合は、ファイルを開いて、write()関数を使用します。また、ファイルの内容を一行ずつ読み込むために、readline()関数を使用することもできます。

ファイルのクローズ

ファイルの読み書きが終わったら、必ずファイルをクローズする必要があります。ファイルをクローズするには、close()関数を使用します。ファイルをクローズすることで、ファイルへのアクセスを解除し、データの書き込みが確実に完了します。また、ファイルをクローズしないと、そのファイルを他のプログラムからアクセスできない可能性があります。

参考:ファイルのパス・ディレクトリの探し方

ファイルのパスとは、ファイルが保存されているディレクトリと、そのファイルの名前からなる、ファイルを一意に特定するためのアドレスのようなものです。

一般的に、パスは次のように記述されます。

/ディレクトリ名/サブディレクトリ名/ファイル名

Windowsでのパスの表記では、バックスラッシュ()が使われます。

\ディレクトリ名\サブディレクトリ名\ファイル名

パスの探し方については、大まかに2つの方法があります。

1つ目は、ファイルの保存場所を知っている場合には、それを直接指定する方法です。たとえば、Windowsの場合、エクスプローラでフォルダを開き、ファイルを右クリックして「プロパティ」を選択すると、ファイルのパスが表示されます。

2つ目は、ファイル名を使って検索する方法です。ファイル名を使って検索する場合、OSによって方法が異なりますが、Windowsの場合は、スタートメニューの検索バーにファイル名を入力することで、ファイルを検索することができます。

また、コマンドラインを使ってパスを特定することもできます。Windowsの場合は、コマンドプロンプトやPowerShellを開き、「cd」コマンドを使ってディレクトリを変更して、目的のファイルがある場所まで移動することができます。そして、「dir」コマンドを使って、そのディレクトリ内にあるファイルやフォルダの一覧を表示することができます。

モジュールのインポート方法について

モジュールとは

モジュールとは、Pythonプログラムで使用される機能をまとめたファイルのことを指します。Pythonには標準で使用できる多数のモジュールが存在し、自分で作成したモジュールをインポートして使用することもできます。

モジュールのインポート方法

モジュールのインポート方法には、「import文」、「from-import文」、「import-as文」などがあります。

「import文」は、モジュール全体をインポートするための方法です。使用方法は、「import モジュール名」とします。

「from-import文」は、モジュール内の特定の関数、クラス、変数のみをインポートするための方法です。使用方法は、「from モジュール名 import インポートする関数名/クラス名/変数名」とします。

「import-as文」は、インポートしたモジュールに別名をつけるための方法です。使用方法は、「import モジュール名 as 別名」とします。

実際の例

以下の例では、mathモジュールを使用するために、「import文」を用いてインポートしています。また、「from-import文」を用いて、モジュール内のsqrt関数を直接インポートしています。

python

import math
from math import sqrt

# mathモジュールを使用する
x = math.pi
print(x)

# mathモジュール内のsqrt関数を使用する
y = sqrt(4)
print(y)

また、「import-as文」を用いて、モジュール名に別名を付けることができます。以下の例では、「import文」を用いてrandomモジュールをインポートし、別名に「rdm」を設定しています。

python

import random as rdm

# randomモジュールを使用する
x = rdm.randint(1, 100)
print(x)

また、Pythonには標準ライブラリとして多くのモジュールが提供されており、それらのモジュールをインポートして利用することができます。例えば、mathモジュールを利用する場合は以下のように記述します。

python

import math

# mathモジュールの関数を利用
print(math.pi) # 3.141592653589793
print(math.sqrt(2)) # 1.4142135623730951

このように、モジュールをインポートして利用することで、同じような処理を自分で実装する必要がなくなり、開発効率が向上するというメリットがあります。

また、モジュールをインポートする際に、asキーワードを利用することで、モジュール名をエイリアスとして別名で利用することもできます。例えば、以下のように記述することで、mathモジュールをmという名前で利用することができます。

python

import math as m

# mをエイリアスとしてmathモジュールの関数を利用
print(m.pi) # 3.141592653589793
print(m.sqrt(2)) # 1.4142135623730951

このように、モジュールをインポートして利用することで、Pythonの標準ライブラリや外部ライブラリの豊富な機能を利用することができます。

利用頻度の多いモジュール

Pythonにおいて利用頻度の高いモジュールとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • os モジュール: ファイル操作やディレクトリ操作など、オペレーティングシステムの機能を利用するためのモジュールです。
  • datetime モジュール: 日付や時間に関するデータを扱うためのモジュールです。日付や時間の加算、減算、書式変換などを行うことができます。
  • random モジュール: 擬似乱数を生成するためのモジュールです。ランダムな数値の生成や、シャッフル、選択などを行うことができます。
  • math モジュール: 数学関数を提供するためのモジュールです。三角関数、指数関数、対数関数など、多くの数学関数が用意されています。
  • csv モジュール: CSV形式のファイルを扱うためのモジュールです。CSV形式のファイルの読み書き、整形、出力などを行うことができます。
  • json モジュール: JSON形式のファイルを扱うためのモジュールです。JSON形式のファイルの読み書き、整形、出力などを行うことができます。
  • datetime: 日時を扱うためのモジュール。日付や時刻の計算・フォーマット変換が可能。
  • re: 正規表現を扱うためのモジュール。文字列のパターンマッチングや置換を行うことができる。
  • os: OSとやり取りするためのモジュール。ディレクトリ操作やファイル操作、プロセスの起動・終了などが可能。
  • sys: Pythonインタプリタ自体とやり取りするためのモジュール。コマンドライン引数や環境変数、スクリプトの実行中に発生する例外の情報を取得できる。
  • math: 数学関数を提供するモジュール。三角関数や指数関数、対数関数などが利用できる。
  • random: 乱数を生成するためのモジュール。様々な分布から乱数を生成することができる。
  • json: JSON形式のデータを扱うためのモジュール。JSONのパースやシリアライズが可能。
  • csv: CSV形式のデータを扱うためのモジュール。CSVファイルの読み書きが可能。
  • unittest: ユニットテストを行うためのモジュール。テストケースの作成や実行、テスト結果の検証が可能。
  • logging: ログを出力するためのモジュール。ログレベルや出力先などを設定することができる。
スポンサーリンク

まとめ:「Pythonの基本的な構文」についての体験談

この項目はChatGPTの出力を待ちながら、考えたことや他の方の意見などを参考にしながら、いろいろなメモを書いておきます。

「Pythonの基本的な構文」できることメモ

これは本当のメモ。

  • わかったような、わからないような
  • 自分で「このためにこれをやる」は全く見えてこない
  • 今の目標はChatGPTに提示されたコードが読めるようになること
  • 事例をこなしていくしかないか。

今後やりたいことメモ

こちらもメモ。

  • APIを利用できるまでのPython基礎編
  • ブログ運営に役立ちそうなChatGPTの利用方法
  • 情報収集した内容を踏まえてブログ記事に投稿する手順
  • 正規表現を利用した有効な検索方法をChatGPTに生成させる
  • 毎日チェックすべき情報をまとめるツール作成(おそらくPython)
  • 毎日のやることをChatGPTに相談できる(秘書化)
  • WordPressの記事をデータベース化してユーザーに任意の情報を抽出・操作できるサイト構造を目指す
  • データ検索機能(キャラ名を入力するとデータテーブルがそれだけになる、的な)

「Pythonの基本的な構文」に関する口コミや評判

SNS情報のメモです。

Pythonの基本的な構文に関するTwitter情報

Twitter検索用のリンクはこちら。

「Pythonの基本的な構文」に関するよくある質問

「Pythonの基本的な構文」に関するFAQを5セット作成してください。

Q
Pythonの文法で「:」はどういう意味ですか?
A

「:」はコロンと呼ばれ、Pythonの文法で主に制御構文や関数定義の後に使用されます。コロンの後には改行し、その次の行からインデントが始まります。インデントされた範囲は、その制御構文のブロックや関数の本体として扱われます。

Q
Pythonの変数名にはどのような規則がありますか?
A

Pythonの変数名には、英数字とアンダースコアのみ使用できます。先頭はアルファベットかアンダースコアでなければなりません。また、大文字と小文字は区別されます。

Q
Pythonでコメントを書く方法はありますか?
A

Pythonでは、「#」を使ってコメントを書くことができます。#以降の文字列は無視され、プログラムに影響を与えません。また、複数行のコメントは三重引用符を使用して囲みます。

Q
Pythonでif文を書く方法はありますか?
A
  1. Pythonでは、if文は以下のような構文で書きます。
markdown
if 条件式:
    条件が真の場合に実行する文
Q
Pythonでfor文を書く方法はありますか?
A
  1. Pythonでは、for文は以下のような構文で書きます。
markdown

for 変数 in イテラブルオブジェクト:
    繰り返し実行する文

イテラブルオブジェクトには、リストやタプル、文字列などが使われます。変数には、イテラブルオブジェクトから取り出される要素が代入されます。

ChatGPTに関する記事リスト

当サイトでひたすらChatGPTに出力させて記事錬成しているリストはこちらになります。

ChatGPTやAIに関する記事リスト

ブログ更新を自動化させるためにChatGPTの使いかたや生成系AIの技術進歩を勉強するために記事を作成しています。

ChatGPT
スポンサーリンク
シェアする
ぶちくまをフォローする
ぶちくま創作ベース

コメント

タイトルとURLをコピーしました