Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!(ここをクリックするとTwitterへ)

カオスソルジャー宵闇の使者を何とか実践レベルにしてみた|デュエルリンクス

どうも、ぶちくまです。

カオスソルジャー宵闇の使者がカードトレーダーに並び始めましたので、
早速デッキに昇華させてみました。
専用デッキを組めば特殊召喚条件は容易にクリアできますが、
やはり環境相手には一歩及ばずです。
聖戦士が強いのでおともに引き連れています。
スポンサーリンク

宵闇の使者は結局お供に聖戦士も引き連れてみましたデッキ

宵闇の使者デッキ

モンスターカード

レア度枚数カード名
UR2カオスソルジャー宵闇の使者
UR2聖戦士カオスソルジャー
SR2D-HEROディアボリックガイ
SR3忍者マスターSASUKE
SR1不死武士
R1A/Dチェンジャー

魔法カード

レア度枚数カード名
UR3使者の手向け
SR1戦士の生還

罠カード

レア度枚数カード名
SR2分断の壁
R3天地開闢

エクストラデッキ:5枚まで

レア度枚数カード名

スキル:戦力補充

カオスソルジャー 宵闇の使者

効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターの数が同じ場合に、
その内のどちらかの属性を全て除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの属性は「光」としても扱う。
このカードが特殊召喚に成功した時、
特殊召喚するために除外したモンスターの属性により、以下の効果を発動できる。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
●光:フィールド上のモンスター1体を選択して除外する。
●闇:相手の手札をランダムに1枚選び、相手のエンドフェイズ時まで裏側表示で除外する。

これが使いづらくて仕方がないんですね。
特殊召喚条件自体は、専用に構築すればそれほど大変ではない。
ただ、実際に使ってみると、こいつを召喚しても、
効果を使用すると攻撃できないんですよね。
それで結局何かしらの方法で墓地に送られて負けるパターン多し。
ただね、圧倒的にかっこいいよね。
使いたいよね。
2枚とったよね。

聖戦士カオスソルジャー

効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻3000/守2500
「聖戦士カオス・ソルジャー」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
除外されている自分の光属性または闇属性のモンスター1体と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その自分のカードを墓地に戻し、その相手のカードを除外する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、
自分の墓地のレベル7以下の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

環境を取りそうで取らないカオスソルジャーの、デュエルリンクスでは比較的優秀なカード。
除去効果は強力。
一時期、「創造主」と組み合わせるデッキがぶちくまの中で流行っていました。

聖戦士カオス・ソルジャーで相手を翻弄しワンキル狙うデッキ

 

さてさて。

今回は、この2体をなるべく速攻で展開して、
除去効果でアド取りながら高打点で一気に叩く、
という力技デッキとなりました。

スポンサーリンク

展開方法

まずはキーカードである「天地開闢」を手に入れるところから始まります。
ん、引けなかったって?
その場合は、何とかサスケで戦い抜いてくれ。
ちなみに、「開闢」はぶちくまは読めなかったね。

今回はわかりやすいようにカオスソルジャー計4枚、
天地開闢を3枚フル投入しました。
もう少し事故率を下げたいところですが、
そのあたりの采配は皆さんに任せます。

また、うっかりD-HEROディアボリックガイを手札に引いてしまった時のために、
使者の手向けを3枚投入しましたが、これは2枚でもいいし、
とにかく墓地に送れるカードがあればいいです。
ライトロードとも組み合わせていいよ、ってネットの人が言ってた。
最初は「暗黒界の取引」なんかもデッキに入れてみました。
初心に戻って、バルーンなんかでもいいと思うし。
この辺りは好みになります。

あとは、いかに天地開闢でバランスを取りながら手札にカオスソルジャーを引き込むか、
が頭の使いどころです。

まず、手札に「聖戦士」も「天地開闢」もある場合。
これはかなり胸熱な展開で、
天地開闢で「不死武士」と「ディアボリックガイ」を墓地に送れば、
次のターンに9割方「聖戦士」が召喚できます。
ディアボリックガイの特殊効果により、除外もできるので、
「聖戦士」の除去効果も使用できるので、
この展開は勝ち筋濃いめですね。

んで、聖戦士がない場合が結構大変

要は、「不死武士」や「ADチェンジャー」なんかで除去したり墓地を肥やしたりして、
微調整しながら宵闇の使者の特殊召喚を狙っていくのです。
宵闇が特殊召喚なので、さらに聖戦士を通常召喚するという荒技も使ったりすると、
結構一気に除去できます。
今回はA/Dチェンジャーの効果で横向きにしてサスケで殴る、
というシンプルな戦い方で粘ろうと思って採用しましたが、
「ライトレイグレファー」なんかで光の方も調整かけてもいいですしね。

環境相手はどうなのか

まぁ、そもそも環境相手になる程強いカードだったら、
もっとカオスソルジャーに出会っててもいいと思うの。
やはり攻撃制限食らうのが痛いのと、
まだいまいち計算に失敗することが多いのが難点ですね。
手札が揃った時はほぼ勝てますが、
「聖戦士」と「天地開闢」を同時で引くのを期待するのはやはり確率論としては弱い。
ただ、展開方法が決まると結構楽しいです。
負けてもいいから使ってみる、と言ったところです。

コメント

  1. […] カオスソルジャー宵闇の使者を何とか実践レベルにしてみた […]