PR

フォートレスサガで知っておきたい「状態異常・バフ・デバフ」

フォートレスサガのバフ・デバフや状態異常などの効果を知ることで少しでも育成・高難易度クエストをストレスなく進行していこうと思います。

リセマラに関する情報や、課金に関する情報も発信していますので、こちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク
閑話休題、おすすめゲームの話

こちらは広告です。

今は特に紹介したいものはないので崩壊スターレイルのリンクを置いておきます。

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

フォートレスサガの覚えておきたいステータス効果

まずは、フォートレスサガに2023/12/16時点で実装されているステータス効果についてまとめていこうと思います。

フォートレスサガのバフ効果一覧

フォートレスサガのバフ効果についてまとめます。

バフ:攻撃力アップ

キャラクターや装備が提供する攻撃力向上のバフ。攻撃力の増加は、キャラクターのダメージ出力を大幅に強化します。

バフを利用するキャラ/装備
  • ラビア:範囲攻撃と一定時間継続の追加ダメージ付与。
  • ルインガラド:攻撃しながら味方に攻撃バフを付与、様々な編成で採用される。
  • ソバ:搭乗時に味方全体に高倍率の攻撃バフ付与。

バフ:防御力アップ

キャラクターや装備による防御力の向上。キャラクターの耐久性を高め、長期戦において有利に働きます。

バフを利用するキャラ/装備
  • ソラム:盾を展開して自身のHPと防御力を増加。
  • クイーンスライム:味方全体の防御バフにより耐久力を高める。

バフ:HP回復

キャラクターや装備によるHPの回復効果。戦闘中の耐久力を維持し、継続的な戦闘能力を提供します。

バフを利用するキャラ/装備
  • エルロンド:HP回復と増加に特化したヒーラー。
  • スティリア:HP回復とシールドを味方に付与。

バフ:経験値増加

戦闘勝利時に得られる経験値の増加をもたらすバフ。効率的なキャラクター育成を促進します。

バフを利用するキャラ/装備
  • ウィンター:戦闘勝利時に得られる経験値を増やせる。
  • エルロンド:戦闘勝利時の経験値増加効果。

これらのバフは、フォートレスサガにおいて重要な役割を果たします。各キャラクターや装備のバフを適切に利用して、戦闘での有利性を高めましょう。

フォートレスサガのデバフ効果一覧

フォートレスサガのデバフ効果についてまとめます。

デバフ:防御力デバフ

敵の防御力を下げる効果。このデバフは、敵の耐久力を減少させ、味方の攻撃効果を高めることができます。

デバフを利用するキャラ/装備
  • ベルンハルト:範囲攻撃を行いながら敵の防御力を下げる能力を持ち、タンク役としても活躍可能。

フォートレスサガの状態異常効果一覧

フォートレスサガの状態異常効果についてまとめます。

状態異常:スタン

スタンは敵を一時的に行動不能にする効果です。この状態では敵は攻撃や移動ができなくなります。

状態異常を利用するキャラ/装備
  • エリザベス:敵にスタン可能な糸を出し、巣にかかった敵に追加ダメージを与えられる。
  • ゼロス:敵を足止めする効果としてスタンを使用し、自己治癒効果を持つ。

状態異常:毒

毒は敵に持続ダメージを与える効果です。時間が経過するにつれて敵のHPを減らします。

状態異常を利用するキャラ/装備
  • オス:敵に毒を付与し、持続ダメージを与える。パッシブで毒を複数の敵に拡散できる。

状態異常:魅惑

魅惑は一定時間、敵を味方に変える効果です。魅惑された敵は味方として行動します。

状態異常を利用するキャラ/装備
  • リリース:敵を一定時間味方に変える魅惑スキルを持ち、魅惑から解放された敵に追加ダメージを与える。

これらの状態異常効果は、フォートレスサガの戦闘において重要な役割を果たします。各キャラクターの特性を理解し、戦略的に利用してゲームを有利に進めましょう。

スポンサーリンク

フォートレスサガのバトル攻略方法

フォートレスサガのバトル・戦闘で役立つバフ/デバフや状態異常を実際にどのように活用するかについて考えてみます。

どのステータスが重要か

フォートレスサガでのステータスを強化する上で、バフ効果やデバフ効果を有効に活用できるように情報をまとめていきたいと思います。

ステータスに関しては育成関連情報にまとめましたので、そちらを参考にしてみてください。

バフ・デバフの効果的な使い方

ここまで解説したバフ/デバフ効果をもとに、パーティー編成やキャラ活用においてどのように活用するべきかを考えてみました。

役割ごとに考えたい、バフ/デバフ効果

フォートレスサガのバフ/デバフは、キャラクターの役割に応じて効果的に使用することが重要です。それぞれの役割において、どのバフ/デバフが最適かを見ていきましょう。

アタッカーとバフ/デバフ

アタッカーは高いダメージ出力が求められるため、攻撃力を増加させるバフや敵の防御力を低下させるデバフが有効です。例えば、ルインガラドやソバが持つ攻撃力アップのバフを活用します。

ヒーラーとバフ/デバフ

ヒーラーは味方の生存率を高める役割を持ちます。HP回復や防御力アップのバフを持つエルロンドやスティリアなどが効果的です。

タンクとバフ/デバフ

タンクは敵の攻撃を引きつけることが大切です。挑発効果を持つベルンハルトや自己治癒効果のあるゼロスが適しています。

サポートとバフ/デバフ

サポート役は味方の能力を高めることに特化しています。ルインガラドのように味方に攻撃バフを付与するキャラクターや、ソバのようにパッシブで攻撃力を上げるキャラクターが有効です。

パーティー編成とバフ/デバフ

効果的にバフ/デバフスキルを使うには、キャラクターの能力を理解し、それぞれの役割に適したキャラクターを選ぶことが重要です。例えば、序盤ではアニーのような昇級しやすいキャラクターや、高火力のルインガラドやソバを編成することが推奨されます。また、増築3段階目以降では、ジブリルやロキシア、ギルドンを編成し、低レアキャラでも昇級させることで高いステータスを得ることができます。

  • 序盤はアニー、ソバなど昇級しやすいキャラを中心に編成。
  • ルインガラドやジブリルを使った高火力編成で攻撃力を最大化。
  • 低レアキャラでも育成し、昇級で高いステータスを獲得する戦略を取る。

このようにバフ/デバフを効果的に活用し、状況に応じた最適なパーティー編成を目指しましょう。

状態異常/ステータス異常の効果的な使い方

ここまで解説した状態異常/ステータス異常をもとに、パーティー編成やキャラ活用においてどのように活用するべきかを考えてみました。

状態異常を活用すべきシーン

状態異常を利用できるシーンは、主に敵の攻撃を中断させるか、味方へのダメージを軽減させる場面です。特に、強力なボスや敵グループに対して状態異常を適用することで、攻撃のチャンスを作り出すことができます。スタンや氷結などで敵を行動不能にし、攻撃可能な時間を伸ばすのが効果的です。ただし、一部のボスには効果がない場合もあるため、その際は攻撃力を上げるなどの別の戦略を考える必要があります。

スタンの活用
  • エリザベス:スタンを利用して敵を行動不能にし、追加ダメージの機会を作る。
  • ゼロス:スタンで敵を足止めし、自身の生存率を高める自己治癒効果を活かす。
毒の活用
  • オス:毒で敵に持続ダメージを与え、複数の敵に拡散させることで効果範囲を広げる。
魅惑の活用
  • リリース:魅惑を使って一時的に敵を味方に変え、数的優位を得る。

状態異常やステータス異常の効果的な使い方を理解し、戦闘での有利な状況を作り出すことが重要です。敵の特性や戦況を見極め、適切なタイミングでこれらの能力を発揮させましょう。

スポンサーリンク

バフ・デバフと状態異常

基本的なバフとデバフ、状態異常の考え方についてまとめました。

バフとデバフ

バフやデバフは、ステータスのパラメータに干渉して、プラス/マイナスに作用することで戦闘を有利/不利に進めるための効果になります。

バフとは

バフは、ステータスのパラメータを増強する効果のことを言います。

「バフ」という言葉は、英語では「buff」と表記されます。buffには「革製品」のような意味もありますが、由来としては「buffer(緩衝材)」という言葉から取られているそうです。

デバフとは

デバフは、ステータスのパラメータを減弱する効果のことを言います。

「デバフ」という言葉は、英語では「debuff」と表記します。deは打ち消しの意味になるので、単純にバフの反意語となります。

状態異常とは

状態異常は、ステータスの数値を上昇・下降させるものではない、ステータスの異常のことを指します。いわゆる、毒や、麻痺といった、「HPを継続的に下げる」ものであったり「一時的に行動不能にする」といった効果のことを指します。

デバフと状態異常の違い

バフ・デバフはステータスのパラメータに関与するもので、ステータスを上げるものを「バフ」、ステータスを下げるものを「デバフ」と言います。

攻撃力や防御力だけではなく、持続回復や最大体力向上、移動などに関するパラメータに関してもバフに含める場合もある。また、そのような役割を担うキャラをバッファー呼んだり、エンチャンターと呼んだりします。

今月のおすすめゲームを紹介

そろそろ、復帰してみる?

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

ゲーム
スポンサーリンク
課金方法、工夫しない?

一番お得な課金は、コスパで言えば「課金しないこと」が一番です。とはいえ、ゲームは最大効率でプレイしたい。なんだったら、無課金を一掃するくらいのPowerが、欲しい。

そんなあなたに朗報です。もうみんな知っている情報ですが、安定して課金がお得なのは「ポイント還元サイト」でも「キャリア決済還元」でも「ストア系課金カードのキャッシュバック」でもなく、方法はただひとつ。

ぶちくま
ぶちくま

Amazonコインが、無難でお得!

大した情報ではないのですが、あまりにも普段から課金で損をしている方が多いので、一度情報共有しておきます。

しろくまさん
しろくまさん

タブレット端末としてもAmazon Fire HDは優秀。課金効率も最大級、この機会に、一度Amazonコインについて調べてみてはいかがでしょうか。

Amazonセールでポイントアップ!セール対象商品です!

Amazonコインについてもう少し知りたい!

シェアする
ぶちくまをフォローする
ぶちくま創作ベース

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「グループ スポーツ コナミ」に関する最新情報です。

    コナミグループが東京都中央区銀座にeスポーツCAFe&BAR『STROPSe』をオープンし、eスポーツプレーヤーをイメージしたオリジナルドリンク『推~OSHI~』を提供します。店内はモダンなテイストとデジタル表現を融合した空間で、eスポーツ配信やイベントも楽しめます。また、スマドリ株式会社が開発したオリジナルドリンクメニューも展開され、アルコール分0%と3%を選択できるシグネチャーカクテル『STROPSe』も提供されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001163.000016166.html

  2. buchikuma-info より:

    「グループ 日立 日立 グループ」に関する最新情報です。

    日立グループは、2023年12月に「Hitachi Academy Open Day 2023」というイベントを開催しました。このイベントは、著名人の講演や対談を通じて参加者に新たな知識や視点を提供し、より良い未来に向けた一歩を踏み出すことを目的としています。日立グループは、Center of Excellence(CoE)として、事業起点の人財育成と個人の成長意欲に基づく学びの加速を目指し、多様な角度から刺激し、視座を高めるための学びの場づくりを推進しています。イベントのテーマは、「人間に残されたフロンティアを語る:AIは「魂」を宿すのか」です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9zdG9yeS9kZXRhaWwvclA2bGpraW5EekLSAQA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「グループ 日立 日立 グループ」に関する最新情報です。

    日立グループは、2023年12月に「Hitachi Academy Open Day 2023」というイベントを開催しました。このイベントでは、各界の著名人が講演や対談を通じて参加者に新たな知識や視点を提供し、より良い未来に向けた一歩を踏み出すことを目的としています。日立グループの人財育成を担うCenter of Excellence(CoE)は、「事業起点の人財育成」と「個人の成長意欲に基づく学び」の加速を目指し、多様な角度から刺激し、視座を高めるための「学びの場」づくりを推進しています。イベント当日は、「AIと人類の共存」をテーマに、国内外の多彩なスピーカーが参加し、多くの示唆をいただきました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9zdG9yeS9kZXRhaWwvQnE0emtSdHkyQWLSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「日立 グループ 日立 グループ」に関する最新情報です。

    「生成AI」に関する注目が高まっており、日立Generative AIセンターと電通デジタルが新たなサービスを生み出す取り組みを紹介している。生成AIの活用拡大にはディープフェイクの問題があるため、リスクを抑えながら開発を進める必要がある。日立Generative AIセンターでは、従業員のナレッジを活用してコンサルティングや環境構築を提供しており、ソフトウェア開発の生産性向上にも取り組んでいる。生成AIを使用することで、日本語で要求や画面イメージを入力するだけでソースコードを自動生成し、検索機能を簡単に追加することができる。また、日立グループ向けのイベント「Hitachi Academy Open Day 2023」も開催され、参加者は新たな知識や視点を得て、より良い未来に向けた一歩を踏み出すことを目指している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9zdG9yeS9kZXRhaWwvQmRObDF6QzJuR3LSAQA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「養老 グループ 養老 グループ」に関する最新情報です。

    セガは、人気ゲーム『龍が如く8』と養老乃瀧グループとのコラボレーションキャンペーンを開催する。2024年2月9日から2月20日までの期間限定で、養老乃瀧グループの対象店舗で『龍が如く8』コラボセットを販売し、注文ごとに『龍が如く8』ステッカーをプレゼントする。また、Twitterのフォロー&リポストキャンペーンも行われ、抽選で8名にPlayStation®4版『龍が如く8』と『養老乃牛丼の具10食セット』がプレゼントされる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005642.000005397.html

  6. buchikuma-info より:

    「ai ai 活用 webex」に関する最新情報です。

    シスコはAIを活用した「Webex」のアップデートを紹介し、ハイブリッドワークのイノベーションを促進する取り組みを行っている。Webexプラットフォームには、帯域幅が狭い状況でも音声をクリアにする技術や、ネットワーク状況が悪い場合に映像を高画質に再スケーリングする技術などが含まれている。シスコはWebexプラットフォームを通じて、働き方の再構築、ワークスペースの再構築、顧客体験の再構築という3つの課題解決に取り組んでおり、AIによる言語、音声、ビデオのインテリジェンスを強化している。シスコはホームオフィス、リモートワーク、次世代オフィスに必要なコミュニケーションおよびコラボレーションの機能を提供し、日本のハイブリッドワークのイノベーションを促進することを目指している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vY2xvdWQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2NjU1Ny5odG1s0gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「ai ai 活用 nttコムウェア」に関する最新情報です。

    NTTコムウェアと日本IBMは、データセンターの環境負荷低減を目指し、AIを活用したデータセンターソリューションの共同開発と提供に合意した。NTTコムウェアは、機械学習モデルを使用して消費電力とCO2排出量を推定し、可視化する技術を開発し、日本IBMはIT機器の管理データ提供と設備管理・運用保守のノウハウを提供する。実証実験の結果、排気熱の温度データから消費電力量を推定し、CO2排出量を算出することが可能であることが確認された。この技術を活用することで、ハードウェアやソフトウェアの変更が不要であり、既存のサーバーにも容易に適用できる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vY2xvdWQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2NjcxMC5odG1s0gEA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「鳥取県 活用 データ」に関する最新情報です。

    JAXA認定の宇宙ベンチャー、株式会社天地人が鳥取県の衛星データ活用サービス実証事業に採択されました。この事業では、鳥取県の課題解決のために新製品・サービスの開発を行い、衛星データを活用した宇宙産業のモデルを創出することが目的です。天地人は、農業プロジェクトである「月面アスパラガス」の知見を活かし、鳥取砂丘でのアスパラガス栽培方法の検討を行います。鳥取県は、宇宙産業の創出を目指しており、衛星データの活用や鳥取砂丘の月面化プロジェクトに注力しています。天地人のプロジェクトでは、衛星データを活用して砂丘でのアスパラガス栽培技術を確立するために農地環境の考察を行う予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000102.000045963.html

  9. buchikuma-info より:

    「lgwan サービス 活用」に関する最新情報です。

    株式会社レコモットは、自治体向けの総合行政ネットワークであるLGWANを利用する自治体向けの「moconavi LGWAN クラウドゲートウェイサービス」に、日本マイクロソフトのAzure OpenAI Serviceとの連携を開始したことを発表しました。LGWAN環境ではセキュリティの制限があるため、パブリッククラウド上の生成AIサービスを利用することができないが、この連携により、LGWAN環境内での生成AI活用が可能になり、地方自治体の業務効率化に貢献することができるとしています。また、日本マイクロソフトもこの連携を歓迎し、自治体の環境でもAzure OpenAI Serviceを利用しやすくなると述べています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwOTEuMDAwMDE4NzY4Lmh0bWzSAQA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「ai ai 活用 kddi」に関する最新情報です。

    KDDIは、LTEのモバイルコアネットワークでAIを活用した障害検知システムの運用を開始したと発表しました。これまでの障害検知システムでは固定しきい値を設定していましたが、時間帯や平日・休日の違いで値が変動するパターンでは固定しきい値を設定することが難しく、障害検知が課題でした。新しいシステムでは、時間帯や属性を考慮したパフォーマンスデータの分析を行い、予測値を生成することができるようになりました。これにより、異常を検知できる可能性が大幅に高まり、障害の大規模化を予防することができます。KDDIは今後も障害検知システムの高度化を進め、ネットワーク品質の向上に取り組んでいくとしています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vY2xvdWQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2MzY5My5odG1s0gEA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「アメフラシ 回復 スプラトゥーン」に関する最新情報です。

    『スプラトゥーン3』の最新アップデートで、アメフラシに「体力回復効果」が追加されることが発表されました。これにより、アメフラシは味方の体力を回復するスペシャルウェポンとなります。これまでのスプラトゥーンシリーズでは体力を回復するスペシャルは存在せず、アメフラシが初めての試みとなります。アメフラシを使うことで、戦闘や前線の押し上げがより容易になると期待されています。また、苦戦している味方に向けて投げたり、戦闘の直前に準備したりすることで、体力を回復しながら戦闘を継続することも可能です。アメフラシを持つブキの活用がより広がることが予想されます。さらに、アップデートではステージ「ナメロウ金属」の地形も変更される予定です。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240124-279934/

  12. buchikuma-info より:

    「ai ai 活用 ビントロ」に関する最新情報です。

    東海大学と富士通は、人工知能(AI)を活用してビンナガマグロの脂のりを判定する技術を開発しました。この技術は超音波の波形や評価、判定を機械学習させることで、現在主流の「尾切り選別」と同程度以上の精度で脂ののり具合を見分けることができます。この判別方法は魚体を傷つけないため、2024年度中に実用化を目指しています。具体的には、3段階のAIを用いた波形分析が行われます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lm5pa2tlaS5jb20vYXJ0aWNsZS9ER1haUU9DQzE1OEtJMFYxMEMyNEExMDAwMDAwL9IBAA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「増加 ビーバー 汚染水」に関する最新情報です。

    ポーランドのゲームスタジオMechanistryは、ビーバー街づくりシミュレーションゲーム『Timberborn』の大型アップデート「Update 5 – 汚水」を配信しました。このアップデートでは、汚染水に関連するシステムが追加され、さまざまな変更や調整も行われました。アップデートにより、同時接続プレイヤー数も大幅に増加し、ピーク時の記録に迫る数字となりました。『Timberborn』は、ビーバーたちを率いて都市を建設するゲームであり、治水が重要な要素となっています。このゲームは高い評価を受けており、Steamレビューでは95%の好評を獲得しています。今後のアップデートにも期待が寄せられています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240122-279741/

  14. buchikuma-info より:

    「24 回復 パソコン」に関する最新情報です。

    PC市場は、2023年に2億5180万台の出荷台数を記録した後、2年連続で2桁減少しました。しかし、2024年には3.4%増加すると予測されています。この回復には、以下の3つの要因が寄与しています。まず第一に、買い替えサイクルの終わりに近づいているため、古いパソコンの需要が高まっています。特に法人向けのパソコンの大量稼働やWindows 11への移行が重なり、買い替えが進むと予想されています。第二に、AIパソコンの需要が増加しています。AI機能が統合されたパソコンは、特定の業務分野向けに投入され、ユースケースが多様化しています。これにより、コスト削減や効率化のニーズが広がっています。最後に、消費者の需要の継続的な利用台数の増加も回復に寄与しています。AIパソコンの普及や上述した要因の総合的な影響により、2024年の世界の出荷台数は前年比で3.4%増加すると予測されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vamJwcmVzcy5pc21lZGlhLmpwL2FydGljbGVzLy0vNzg4NjLSAQA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「募金 活用 義援金 活用」に関する最新情報です。

    能登半島地震の募金受け付けが開始され、復旧活動や義援金に活用されることが発表されました。募金は、パルシステム連合会が主催し、1口300円または1,000円で申し込むことができます。申し込み期間は2月10日までです。募金は被災地の復旧活動や支援団体の活動費、被災メーカーや産地の支払いなどに活用される予定です。また、募金に応じてポイントが付与され、商品購入時に利用することもできます。詳細はパルシステムのホームページで報告される予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000370.000006976.html

  16. buchikuma-info より:

    「コマーシャル ai 活用」に関する最新情報です。

    KDDIは、生成AI「Stable Diffusion」を活用した新しいテレビコマーシャルを2024年1月1日から放送することを発表しました。このコマーシャルでは、俳優の松田翔太さんと桐谷健太さんが桃太郎や浦島太郎などのキャラクターに扮し、約160本のシーンを生成AIでアニメーション化しています。また、KDDIはRPG風のコマーシャルやTikTokクリエイターとのコラボなど、さまざまな表現のチャレンジを提案しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yMzEyLzI3L25ld3MxMTkuaHRtbNIBAA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「電力 ai ai 活用」に関する最新情報です。

    AIの活用によりネットワーク運用の省電力化が実現されました。O-RAN仕様に基づくマルチベンダー接続試験において、従来比20%以上の省電力効果が実証されました。接続試験は2023年11月に実施され、米国のVIAVI Solutions Incが関与しました。試験では、当社の通信トラフィック推定AI技術を搭載した省電力アプリケーションが使用されました。今後は、マルチベンダー対応のOpen RANエコシステムの形成と高度化が推進され、ネットワーク運用の維持費削減やカーボンニュートラルなネットワークの実現に貢献することが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLmh0dHBzOi8vcHIuZnVqaXRzdS5jb20vanAvbmV3cy8yMDIzLzEyLzE5Lmh0bWzSAQA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました