PR

生成AIまとめ「これから使う人がとりあえず知っておくこと」

「生成AI」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「生成AI」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2023年の「生成AI」新着情報まとめ

生成AIについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

生成AIに関する新着ニュース

生成AIに関する新着ニュースをまとめています。

「NEC、最適化された生成AI「cotomi」をビジネス向けに2024年春提供へ」

2023年12月18日の、NECがビジネスに応じて最適化した生成AI「cotomi」の提供を2024年春から開始するというトピックに関する情報をお届けします。

  • NECは「NEC Innovation Day 2023」で生成AI「cotomi」を発表
  • 2024年春から、業種・業務ノウハウを活用した特化モデルを提供
  • 1000億パラメーターの大規模モデル開発中
  • cotomiは言葉を通して未来を示す、というコンセプト
  • NEC、500億円の売上目標を設定、ビジネスフェーズを複数段階に分けて展開
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • NECのAI戦略はビジネスの効率化と変革を加速する
  • 特化モデルの提供により、業種ごとのニーズに対応可能
  • 高度なAI技術の普及がさらなるイノベーションを促進
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • 大規模モデルの開発は高コストかつ技術的な挑戦を伴う
  • AIの普及による雇用への影響や倫理的な懸念
追加情報/補足
  • NECは研究開発と新規事業創出において、グローバルイノベーションビジネスユニットを設置
  • AIスーパーコンピュータの所有、AI研究を支援
  • NEC Innovation Day 2023では、生体認証や通信技術などの最新技術に関する発表もあり
  • NECの知財戦略や新事業の創出に関する情報も提供

MagicPodのAIテスト自動化クラウドサービス正式版リリース

2023年11月26日、日本のMagicPodがAIテスト自動化クラウドサービス「MagicPod」の正式版バージョン1.0をリリースしました。

  • 「MagicPod」はモバイルアプリテストとブラウザ(ウェブアプリ)テストの両方に対応
  • 多言語・多タイムゾーン対応のグローバル版
  • プログラミングなどの特別なスキルが不要で初心者でも直感的に使用可能
  • AIによる自動検出機能で日本語スクリプトの作成が容易
  • UI変更時のスクリプト自動修正機能により、メンテナンス作業が削減
  • クラウドサービスにより、インストール不要で即時テスト作成が可能
  • 主な機能:スクリプト共通化、データ駆動テスト、制御フロー、画像差分チェック
  • 対応ブラウザ:Chrome、Edge、Safari、Firefox、IE
  • 対応モバイルアプリ:Android、iOS、Flutter
  • 料金プラン:月額4万3780円(税込・年契約)または5万4780円(税込・月契約)
  • 2週間の無料トライアル、テスト自動化支援プランも提供
追加情報/補足

MagicPodは、ソフトウェア開発とリリースサイクルの高速化を支援するサービスです。初心者でも簡単にテスト自動化を始められる利便性と、プログラミング知識がなくても使用可能な直感的なインターフェイスが特徴です。また、クラウドベースのサービスなので、すぐにテストを開始できる点がメリットです。

Stability AIが動画生成AIモデル「Stable Video Diffusion」を発表

2023年11月23日の、Stability AIによる動画生成AIモデル「Stable Video Diffusion」の発表に関する情報をお届けします。

  • Stability AIが「Stable Video Diffusion」という動画生成AIモデルを発表。
  • このモデルは、既存の画像をアニメーション化して動画を生成する。
  • 「Stable Video Diffusion」は、現在「研究プレビュー」段階で、特定の利用規約に同意が必要。
  • SVDとSVD-XTの2つのモデルがあり、それぞれ14フレームと24フレームの動画を生成。
  • トレーニングデータの出所が明確でなく、著作権に関する法的・倫理的な課題が指摘されている。
追加情報:Stable Video Diffusionの将来展望と限界
  • Stability AIは、「Stable Video Diffusion」を基にテキストプロンプトを利用した「テキスト・トゥ・ビデオ」ツールの開発を予定。
  • このAIモデルは広告、教育、エンターテイメントなどの分野での応用が期待されている。
  • ただし、モデルには動きのないビデオや遅いカメラパンを生成することができないなどの限界がある。
  • Stability AIは資金調達に苦戦しており、最近では幹部陣の脱退や著作権に関する問題が発生している。

マクニカ、Weights & BiasesのAI開発者向けプラットフォーム提供を発表

2023年11月23日の、マクニカによるWeights & BiasesのAI開発者向けプラットフォーム提供に関する情報をお届けします。

  • マクニカ クラビス カンパニーが米Weights & Biasesと販売パートナー契約を締結。
  • Weights & Biasesプラットフォーム(WandB)は、GPUリソースのチーム間共有を実現するプラットフォーム。
  • WandBは、Kubernetesプラグインとして提供され、スケジューラーや一元管理UIの機能を追加可能。
  • WandBは、OpenAI、Stability AIなどに対してマーケットシェアを誇り、LLM開発や画像モデリング、創薬などに対応。
  • マクニカは、NVIDIAの正規代理店としてAI開発向けハードウェア・ソフトウェアの販売サポートを提供。
  • 新しいパートナーシップにより、エンタープライズグレードのMLOps、LLMOpsプラットフォームの実装を強化。
追加情報:サービスの特徴と利用可能性
  • マクニカの「AI TRY NOW PROGRAM」では、NVIDIA開発環境で最新AIソリューションを導入前に検証可能。
  • WandBのプラットフォームが追加され、動作検証と本番環境に近い試用が可能になる。

米Anthropicが「Claude 2.1」を発表、GPT-4 Turboを上回る

2023年11月23日の、米Anthropicによる「Claude 2.1」の発表に関する情報をお届けします。

  • 米Anthropicは2023年11月21日に、言語モデル「Claude 2.1」を発表した。
  • コンテキストウィンドウを10万トークンから20万トークンに拡大し、ハルシネーション率を半減。
  • 「Claude 2.1」はAPIで利用可能で、有料のClaude Proでは20万トークンのコンテキストウィンドウが使用可能。
  • コンテキストウィンドウの拡大により、より複雑な要約やQ&A、トレンド予測などが可能に。
  • Claude 2.1の20万トークンは約15万ワード、500ページ以上の資料に相当。
  • OpenAIの「GPT-4 Turbo」の12万8000トークンを上回る。
  • Claude 2.1の信頼性は従来モデルより高く、特に法的文書や財務報告書において顕著な改善。
追加情報:API Tool Useの機能と利用例

API Tool Useは、ユーザーの既存のプロセスや製品とClaudeを統合する機能である。これにより、例えば車のアドバイスを求める場合に、モデルが適切なデータベースを呼び出すなどの対応が可能。ユーザーの要求に応じて、必要なツールを選択し、適切なアクションを実行することができる。

ティム・クックCEO、AppleのAI戦略を明らかに

「2023年10月3日」の、Appleの人工知能(AI)開発に関する情報をお届けします。

  • ティム・クックCEOがAppleのAI開発について前向きな姿勢を英メディアに対して語った。
  • AppleのAI技術はすでに衝突検出機能やiOS17の自動修正機能などに採用されている。
  • 独自の対話型AIの開発や、音声アシスタント「Siri」の性能向上への期待が高まっている。
AI技術の現状と今後の展望
  • AIの開発はテック企業によって日々進化し続けており、Appleも例外ではない。
  • クックCEOが「AI分野での雇用を続け、投資を拡大する」との展望を示したことは、AppleのAI戦略の方向性を明確にしたと言える。
  • インタビュー中、クックCEOはAppleが生成AI技術を開発していることを公式に認め、その技術がすでに様々な機能に採用されていることを強調した。
Siriと独自の「Apple GPT」の噂
  • SiriへのAIの採用が最も現実的な選択とされる中、Apple社内でAIの位置づけについて意見が割れていることも報道されている。
  • 7月には「Apple GPT」という独自のAIチャットボットの開発情報がBloombergから報じられた。
  • Appleの元CDOジョナサン・アイブ氏がOpenAIとコラボレーションするとの情報もあり、近い将来、Appleから新しいAIサービスが登場する可能性が高い。

メタの元AI副社長、AI駆動の学習アプリ「Sizzle」を発表

2023年9月21日の、教育テクノロジーに関する情報をお届けします。

  • 元Meta AIの副社長、Jerome Pesentiが設立した「Sizzle」は、数学の方程式や単語の問題に対して段階的な答えを生成する無料のAI駆動学習アプリです。
  • Sizzleは、PhotomathやSymbolabのような数学ソルバープラットフォームと同様に機能しますが、物理学、化学、生物学などの科目の単語の問題も解決できます。
  • Sizzleは単なる解決策を提供するのではなく、チャットボットとして機能し、学生を各ステップを通じてガイドします。
追加情報/補足
  • Sizzleは、新機能として、採点機能、ステップの再生成機能、1つの問題に対して複数の答えを見るオプション、および課題の写真をアップロードする機能を導入しました。
  • Sizzleアプリは、OpenAIなどの第三者からの大規模な言語モデルを利用し、Pesentiによれば、AIの精度率は90%です。
  • 新機能の「Grade Your Homework」では、ユーザーは完了した宿題の写真をアップロードすると、アプリが各解決策について具体的なフィードバックを提供します。
  • すでに20,000回以上ダウンロードされ、App StoreとGoogle Playの両方での平均評価は現在4.6つ星です。
  • Sizzleは完全に無料で使用できますが、将来的にはプレミアムオファリングとアプリ内購入を追加したいと考えています。
  • Sizzleは最近、Owl Venturesを主導する形で、8VCとFrenchFoundersの参加を得て、シード資金750万ドルを確保しました。

Getty ImagesがAI駆動の画像生成ツールを発表

2023年9月26日の、画像生成ツールに関する情報をお届けします。

Getty Images launches an AI-powered image generator | TechCrunch
Getty Images, the stock image library, has launched a generative AI art tool trained on its vast content library.
  • Getty ImagesがNvidiaと提携して、大量のストックコンテンツを基に訓練した画像生成AIツールを発表
  • テキスト記述から画像を生成するが、公共の人物や特定のアーティストのスタイルでの生成は制限
  • 生成された画像にはAIによって生成されたという透かしが含まれる
付加情報:利用条件とライセンス
  • 顧客はGettyの標準ロイヤリティフリーライセンスを受け取る
  • このツールで生成されたコンテンツはGettyのコンテンツライブラリには追加されないが、これらの画像を使用してモデルの再訓練を行う権利を保持
  • Gettyの貢献者は、その作品がモデルの訓練に使用される場合に報酬を受け取る
付加情報:販売情報
  • ツールはGettyのウェブサイトまたはAPIを介して有効にすることができ、カスタマイズも可能
  • 価格はプロンプトのボリュームに基づいて別途設定される
付加情報:その他
  • Gettyは以前、Stability AIを訴え、その画像コンテンツライブラリの一部を使用して訓練されたStable Diffusionという製品に対して批判的であった
  • 他の企業も、より安全で倫理的なアプローチで生成AIツールを探求している

富士通のAI技術がLinux FoundationからOSSプロジェクトとして承認

2023年9月15日に、富士通が提案していたAI技術がLinux Foundationからオープンソースソフトウェア(OSS)プロジェクトとして承認されたというニュースをお伝えします。

  • 富士通が提案した自動機械学習技術「SapientML」とAI公平性技術「Intersectional Fairness」がOSSプロジェクトとして承認され、19日から「Open Source Summit Europe 2023」で活動が開始される。
  • 富士通は日本で最も多くのAI関連特許を保有しており、AIプラットフォーム「Fujitsu Kozuchi – Fujitsu AI Platform」も公開予定。
  • 富士通はこれらの技術を「Fujitsu AutoML」と「Fujitsu AI Ethics for Fairness」の名称でサービス提供していく予定であり、今後のOSSプロジェクトでの成果も反映させると発表。
SapientMLとIntersectional Fairnessプロジェクトの概要

SapientMLは、表データから説明付きの機械学習モデルのコードを高速に自動生成する技術をテーマにしています。データサイエンティストがこの技術を利用することで、高精度なモデルを迅速に作成できるとされています。

Intersectional Fairnessは、複数の属性(年齢、性別、国籍など)が特定条件で組み合わされる際の交差バイアスを検知・改善する技術をテーマにしています。この技術を利用することで、バイアスを緩和させつつ公平な結果を出力できるAIの開発が可能となります。

Google Cloudの新しい医療AIモデル: Med-PaLMの展望

2023年9月8日の、Google Cloudの医療分野でのAI活用に関する情報をお届けします。

  • Googleが開発した大規模言語モデル「Med-PaLM」とそのアップデート版「Med-PaLM 2」は医学論文から学習し、高精度な医学的回答を提供
  • 「Med-PaLM 2」は米国医師免許試験のベンチマークテスト「MultiMedQA」で86.5%の正答率を達成
  • Googleは今後数ヶ月でMed-PaLM 2を限られたユーザーにテスト提供予定、さらに言語以外の領域への拡張も計画
詳細な機能と評価
  • Med-PaLMは、医療関連の質問に対して瞬時に正確な長文回答を提供するAIシステム
  • 医師とMed-PaLM 2の回答を比較した際、多くの評価項目でMed-PaLM 2が優れた回答を提供
  • Med-PaLM 2の試験では、9つの評価軸のうち8つで人間の医師よりも優れた回答を提供と評価された
Google Cloudの他の医療向けサービス
  • Claims Acceleration Suite: 医療保険の事前承認や請求処理を効率化し、業務効率化とコスト削減を図る
  • Medical Imaging Suite: 医療画像の処理を支援し、データの効率的な検索や分析を可能にする
今後の展望
  • Med-PaLMとMed-PaLM 2は現在一般提供されていないが、厳格な品質評価とリスク軽減の研究が進められている
  • Googleは次世代の医療AIシステムの基盤を構築する計画で、さまざまなデータ源からの情報収集と組み合わせを探求している
  • 一般提供時期は未定だが、安全かつ責任ある提供方法を探求しており、テスト提供は数か月後を予定

詳細は、Med-PaLM公式サイトGoogle Cloudのブログで参照できます。

HENNGE OneとAIチャットボットHiTTOが連携、セキュリティと利便性を強化

2023年8月26日の、クラウドセキュリティとAIチャットボット連携に関する情報をお届けします。

  • HENNGE株式会社がクラウドセキュリティサービス「HENNGE One」とHiTTO株式会社のAIチャットボット「HiTTO」が連携すると発表
  • HENNGE Oneは、Microsoft 365、Google Workspace、BoxなどのクラウドサービスのID/パスワード統合と不正アクセス対策を提供
  • HiTTOは、社内での人事、労務、総務やITの定型的な質問に対応し、対応工数を削減するAIチャットボット
追加情報:連携の利点
  • 連携により、HENNGE Oneの利用企業はHiTTOへのシングルサインオン(SSO)が可能に
  • 複数のID、パスワードの管理から解放され、多要素認証によるアクセス制御も実施
  • 不正アクセスのリスクを防ぎながら、HiTTOを安心して利用できる

この連携によって、企業はセキュリティと効率の両面からメリットを享受できると考えられます。特に、多くのクラウドサービスを利用する企業にとっては、セキュリティ対策と効率化が一度に実現できる点が大きな利点です。

生成AIと教育: 敵か味方か?

2023.08.25の、教育分野における生成AIの影響に関する情報をお届けします。

  • 国や教育関係者からは生成AIの教育利用に対する懸念が示されているが、一方で生成AIを教育の効率化や個別最適化に生かすアイデアも出てきている。
  • 生成AIを活用することで、文献の要約や基礎的なデータのまとめなどの時間を節約し、その時間をより高次の活動に使うことが可能。
  • 個別の学習ニーズにも応じることができる生成AIは、学習者の個人的な先生の役割を果たすことが期待されている。
生成AIの教育分野での具体的な活用
  • 生成AIを使用して、長い論文や文献の要約を行うことで、学習者は多くの文献にアクセスし、的確な情報を得ることが可能に。
  • 関西学院大学の巳波弘佳氏は、学生がプログラムの部分的な作業をAIに任せることで、より大きなプログラムの開発に集中することができると証言。
  • 生成AIは学習者のニーズに対応する練習問題の作成や、文章の添削なども行うことができる。
生成AIの未来と教育の在り方
  • インターネットやスマートフォンと同様に、生成AIも社会に広まっていくことが予想されている。
  • 今後、生成AIを活用して生産性を上げる人材が求められる一方、AIレベルの作業しかできない人にとっては、仕事の機会が減少する可能性がある。
  • 東北大学大学院の堀田龍也氏や巳波氏は、現在の教育システムが変わらない限り、人々はAIの下で劣勢になる可能性があると指摘。AIを味方につけることの重要性と、教育の在り方の再考が求められている。

iPhoneと動画生成AI「RunwayML」で映画の予告編を製作

2023.8.25の、動画生成AI「RunwayML」を使用した映画の予告編制作に関する情報をお届けします。

  • 動画生成AI「RunwayML」を使って「ロメオとジュリエット」の予告風ムービーが制作された。
  • 一般的に、静止画生成AIの存在が認知され、先端的なAI企業は動画生成技術の完成度を高める取り組みを行っている。
  • RunwayMLは、WebやiOSアプリからアクセス可能で、テキスト、ビデオ、イメージを元に高品質の動画を生成できる。
RunwayMLの特徴と使用方法
  • RunwayMLは動画生成においてMidjourney AIのような位置付けであり、無料プランや有料プランにより異なるクレジットが付与される。
  • 生成1回あたりの動画の長さは最大4秒、ただし有料プランのVideo to Videoは最大15秒まで。
  • Gen-1のVideo to Video機能を使用すると、既存の動画のスタイルを変更できる。
  • Gen-2のText to Video機能では、テキストのみから動画を生成できる。
RunwayMLと他の画像生成AIの連携
  • RunwayMLのImage to Videoの変換機能を利用すると、外部の画像生成AIで作られた静止画に動きを付けることが可能。
  • Midjourney AIで生成した静止画を用いて、動画化し「ロミオとジュリエット」を想定した予告編風のムービー映像が制作された。
将来の展望
  • 近い将来、プロンプトを与えるだけで説得力のある映像が自動で生成される可能性がある。
  • AIによる映像生成は、ビジネスユースの映像制作に浸透していくことが予想される。

生成AIとフィンテックの融合による金融業界の変革

今日の日付の、生成AIとフィンテックの融合に関する情報をお届けします。

  • 金融業界はテクノロジー、特にAI技術の発展により大きな変革を受けている。
  • フィンテックは金融と技術の結合で、サービスの提供方法や顧客との関わり方を変えている。
  • 生成AIは新しい情報や知識を生成する能力を持ち、金融サービスに新しい価値を付加する。
  • 個別の顧客ニーズに応じたサービス提供が可能になり、金融機関のサービスのパーソナライゼーションが進む。
  • AI技術の導入は、高精度な予測、効率的な顧客対応、リスク管理の最適化などの利点をもたらすが、透明性の問題や適切なデータの取り扱い、人材の育成などの課題も存在する。
生成AIの具体的な貢献
  • 予測モデルの精度向上: 市場の動向や顧客の行動を正確に予測。
  • リスク管理の最適化: 金融取引のリスクを正確に評価し、対策を講じる。
  • 顧客対応の最適化: 顧客のニーズや要望を予測し、適切なサービスや商品を提案。
  • 新しいビジネスモデルの創出: 従来のサービスを超えた新しい価値を提供。
まとめ

生成AIの技術は金融業界に革命的な変化をもたらす可能性があり、その活用により多岐にわたる利点が期待される。しかし、その活用には適切な知識と理解が必要であり、業界全体の未来を形成するための今後の取り組みが重要である。

ChatGPTをビジネス活用の「基本のき」

「2023.08.25」の、「ChatGPTのビジネス活用」に関する情報をお届けします。

  • 新しい働き方の手段としてAIの活用が注目され、業務の効率化や働き方改革の実現が可能。
  • 生成AI「ChatGPT」は大きな注目を集めており、『ChatGPT最強の仕事術』の著者は、ChatGPTの効果を認めている。
  • ChatGPTによる効果例として、文章作成の効率が1.6倍に向上、カスタマーサポートの対応速度が1.3倍に向上、業務プロセスの生産性が3倍になる、などの成果がある。
  • 一方で、ChatGPTの活用方法や機能が十分に伝わっていないため、ネガティブな声も存在。
ChatGPTの概要
  • ChatGPTはOpenAIが開発したチャット型のAIツール。
  • OpenAIは、サム・アルトマン(OpenAI CEO)、イーロン・マスク、リード・ホフマンなどの世界的企業・起業家が出資して誕生。
  • ChatGPTは2022年11月末に公開され、2カ月で1億ユーザーを突破。
ChatGPTの主な活用シーン
  1. 調べる: ChatGPTは情報の検索と提供を効率的に行う。
  2. 考える: ChatGPTに対して追加の質問をすることで、深い理解を得ることができる。
  3. 文章をつくる: ChatGPTはユーザーの要望に基づいて自動的に文章を生成。
  4. プログラミングやExcel関数をつくる: ChatGPTは高い精度でプログラミングのソースコードを生成する。
結論

ChatGPTは多岐にわたる活用シーンを持ち、業務効率化の大きな手助けとなるツールである。しかし、その機能や活用方法を十分に理解することが重要。本書『ChatGPT最強の仕事術』を通じて、ChatGPTの現在の可能性や活用方法を深く知ることが推奨される。

生成AIの新サービス/製品情報

生成AIの新製品情報についてまとめています。

「BASEが3つのAI新機能を提供開始、ショップオーナーの作業負担軽減へ」

2023年12月9日の、BASEによる3つのAI新機能の提供開始に関する情報をお届けします。

  • BASE株式会社が運営する「BASE」で、AIによる「SNS投稿文の自動生成」、「問い合わせ返信文の自動提案」、「ショップデザインの自動提案」の3つの機能を提供開始
  • これらの機能はショップオーナーの作業負担を軽減し、クリエイティブな業務に専念する時間を創出することを目的としている
  • 以前から提供されていた「商品説明文の自動生成」機能は、利用したショップオーナーから作業時間の短縮や表現の幅拡大に対する好評を得ている
  • AI機能の総称として「BASE AI アシスタント」が提供されており、ショップオーナーの9割以上がAI機能の利用に関心を示している
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • AI機能の導入により、ショップオーナーは商品説明やSNS投稿などの時間を大幅に削減できる
  • マーケティングや商品開発など、より創造的な作業に集中できる環境が整備される
  • 自動提案機能は、オーナーの作業をサポートし、ビジネス運営の効率化を実現
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • AIによる自動生成や提案は、個々のショップの独自性やオリジナリティを損なう可能性がある
  • 自動化に頼りすぎると、オーナー自身のスキルや創造性が低下する恐れがある
追加情報/補足
  • AI機能の提供開始日は2023年12月6日
  • AI機能の活用に対するショップオーナーの反応は、BASEによるアンケート調査(2023年8月実施)に基づく
  • 「BASE」は今後も新機能の提供やアップデートを通じてショップオーナーの支援を続ける予定

出典元:PR TIMES

自立学習REDが8新教室を開校

「2023年9月7日」の、「株式会社スプリックスによる自立学習REDの新教室開校」に関する情報をお届けします。

  • 2023年夏に8新教室を開校し、全国で203教室を展開
  • 個別最適化された学習カリキュラムを提供するAIタブレットとプロの講師が特徴
  • 経済産業省から「日本サービス大賞 経済産業大臣賞」を受賞し、「未来の教室」にも採択
新教室の詳細と所在地

以下の8つの新教室が開校しました。

教室名住所ウェブサイトURL
自立学習RED 石巻大街道教室〒986-0857 宮城県石巻市築山1-10-34 2Fウェブサイト
自立学習RED 長町南駅前教室〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町7-24-53 2Fウェブサイト
自立学習RED 富山秋吉教室〒930-0953 富山県富山市秋吉164-17 1Fウェブサイト
自立学習RED 三河安城教室〒446-0073 愛知県安城市篠目町1-5-4 1Fウェブサイト
自立学習RED 山科教室〒607-8451 京都府京都市山科区厨子奥若林町60-1 3Fウェブサイト
自立学習RED 金剛教室〒589-0011 大阪府大阪狭山市半田1-672-2 2Fウェブサイト
自立学習RED 大和西大寺駅前教室〒631-0822 奈良県奈良市西大寺栄町3-23 4Fウェブサイト
自立学習RED イオンモール出雲教室〒693-0004 島根県出雲市渡橋町1066(イオンモール出雲) 3Fウェブサイト
自立学習REDの料金とキャンペーン

自立学習REDは月額4,450円(小学生コース)からのリーズナブルな料金設定を提供しており、入塾後1か月以内であれば全額返金保証があります。さらに、現在無料体験後のすぐの入塾で12,100円の入会金が無料となるキャンペーンを実施中です。

株式会社スプリックスの概要

株式会社スプリックスは、東京都豊島区に本社を置き、代表取締役社長は常石博之氏です。同社は学習塾や教育コンテンツを展開する総合教育企業であり、森塾や自立学習REDなど多くの学習塾を全国展開しています。詳しくは公式ウェブサイトで確認できます。

Naverが新しい生成型AIツール「HyperCLOVA X」を公開

2023年8月25日の、Naverとその新AIツール「HyperCLOVA X」に関する情報をお届けします。

  • Naverは、新しい生成型AIツール「HyperCLOVA X」を公開。このツールは、ChatGPTに似たAIチャットボット「CLOVA X」と、Microsoft Bingに匹敵する検索エンジン「Cue」を提供します。
  • 「CLOVA X」は8月24日に英語と韓国語でのベータサービスを開始し、「Cue」は11月にNaverの現在の検索エンジンに組み込まれる予定。
  • HyperCLOVA Xは、2021年に発売された韓国語の前バージョン「HyperCLOVA」のアップグレード版として、クリエイターや企業の顧客向けに提供されます。
NaverのAI専門家との取り組み
  • Naverは、500人以上のAI専門家を擁しており、1000億以上のパラメータを持つ大規模言語モデルを開発している5つの企業の1つです。
  • Naver Cloudは、テキストだけでなく、画像、動画、オーディオも分析・生成できる多モーダル言語モデルの開発を進めています。
Naverの今後の展望
  • Naverは、競合他社がまだカバーしていない地域に特化したAIアプリケーションを提供することを目指しています。
  • 11月には、韓国に600,000台のサーバーを持つデータセンター「GAK Sejong」を開設予定。
  • Samsungと協力して、超大規模AI用のAIチップの開発を進めています。

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「生成AI」の基礎知識

記事構成上、一応書いておいた方がいい「生成AIとは」的な内容になります。

おすすめの生成AI

現代のビジネスにおいて、生成AIはますます重要な位置を占めてきています。以下、主な生成AIサービスを取り上げ、その特徴や利点を詳しくご紹介します。

Microsoft 365 Copilot(コパイロット)

Microsoftのビジネス用オフィススイートに組み込まれた生成AIであり、Excel、Word、PowerPoint、Teams、Outlookなどの機能を生成AIで強化しています。具体的には、Excelではテキストの指示だけで図表やグラフの作成、PowerPointでは資料作成、Teamsでは自動議事録作成、Outlookではイベントの招待の自動生成が可能です。

  • Excelでの自動図表・グラフ作成
  • PowerPointでの自動資料作成
  • Teamsでの自動議事録作成

Bing(ビング)

Microsoftの検索エンジンであり、最新モデルのGPT-4が搭載されています。ユーザーはBingのチャット機能を使用して、ChatGPTのようにリクエストに応じたテキストの返答を得ることができます。

  • GPT-4搭載の高度な検索機能
  • 最新のWebサイト情報に基づく検索結果
  • 1日あたりの回答制限あり(300ターンまで)

Adobe Firefly(アドビ ファイアフライ)

Adobeが開発した生成AIで、PhotoshopやIllustratorなどのAdobe製品と統合されています。ユーザーはテキスト入力やスケッチからオリジナルのベクターや画像を生成することができます。

  • テキスト入力からの画像生成
  • 編集機能で画像のコンテンツを追加、拡張、削除
  • 動画編集や3Dモデリングにも今後対応予定

Google Bard(グーグルバード)

Googleが提供するテキストベースの生成AIサービスで、ChatGPTのGoogle版とも言えるサービスです。無料での利用が可能であり、ChatGPTの最新モデルであるGPT-4にはまだ及ばないものの、将来的な進化が期待されています。

  • ChatGPTのGoogle版としての位置づけ
  • 無料での利用が可能
  • 今後の進化が期待される

Perplexity(パープレクシティー) AI

チャット型の対話AIであり、GPT-3やGPT-4などのモデルを用いてインターネットからの情報検索と要約を行います。無料での利用が可能で、高い利便性が特徴です。

  • GPT-3、GPT-4などのモデルを使用
  • インターネットからの情報検索と要約
  • 無料での利用が可能

Notion(ノーション) AI

Notionのワークスペース上で利用できるAIアシスタントで、テキスト文書の作成、校正、要約、翻訳などの自動化をサポートします。2022年11月に招待制のプライベートアルファ版として提供が開始され、2023年2月に正式リリースされました。

  • Notionのワークスペースでの利用
  • テキスト文書の作成、校正、要約、翻訳の自動化
  • 2023年2月に正式リリース

生成AIの種類

生成AIは、データを入力することで新しいデータを自動生成するAI技術のことを指します。以下では、主要な生成AIの種類とそれぞれの特徴や用途について詳しく解説します。

テキスト生成系AI

テキスト生成系AIは、ユーザーがテキストボックスに質問や要望を入力することで、適切なテキストを自動生成します。特に近年では、「ChatGPT」のような高精度なモデルが注目を集めています。

  • テキストの入力に基づく答えや文章を生成
  • プログラミングのエラー箇所の指摘やアドバイスも可能
  • Web上の情報を学習しているため、正確さの確認が必要

画像生成系AI

画像生成系AIは、テキストや他の画像を入力として、新しい画像を生成します。特に「Stable Diffusion」のようなサービスが知られています。

  • テキスト入力に応じてオリジナルの画像を生成
  • 既存の画像を学習して新しい画像を生成
  • デザインやクリエイティブ業界での活用が期待されている

動画生成系AI

動画生成系AIは、テキストや既存の動画を入力として、新しい動画を生成します。「Gen-1」をベースとした「Make-a-Video」などが該当します。

  • テキスト入力に基づく動画の生成
  • 既存の映像を再構築して新しい動画を生成
  • 長い尺の動画生成への期待も

音声生成系AI

音声生成系AIは、音声データの入力をもとに新しい音声を生成します。例としてはMicrosoftの「VALL-E」などが挙げられます。

  • 人間の声を高精度で学習し再現
  • 感情に合わせた表現も可能
  • ナレーションなどのオペレーションでの活用が期待されている

生成モデルの基本

生成AIは、コンテンツを自動生成する技術として近年注目されています。その背後には、様々な生成モデルが存在しており、それぞれが異なる特性や用途を持っています。以下では、主要な生成モデルについて詳しく解説します。

VAE (変分オートエンコーダ)

VAEは、ディープラーニングを活用した生成モデルの一つで、学習用データの特徴を捉えて新しいコンテンツを生成することができます。

  • 学習用データから特徴を学習
  • 学習したデータの特徴を基に新しいコンテンツを生成
  • イラストや画家の作風に近い作品の生成、工業製品の異常検知などに適している

GAN (Generative Adversarial Networks)

GANは、2つのネットワーク構造、GeneratorとDiscriminatorを使用して高精度な画像を生成するモデルです。

  • Generatorでランダムに作成されたデータを生成
  • Discriminatorで正しいデータを用意し、Generatorのデータと比較
  • GeneratorとDiscriminatorを競わせて学習し、精度を高める
  • 高解像度の画像生成やテキストからの画像生成に利用

拡散モデル

拡散モデルは、Stable DiffusionやDALL-E2などの画像生成系AIで使用されるモデルで、ノイズを付加した学習用の画像から元の画像を復元する仕組みを持っています。

  • 学習用の画像にノイズを付加
  • ノイズが付加された画像からノイズを除去して元の画像を復元
  • GANの発展形ともいえるモデルで、更に高解像度な画像生成が可能

GPT-3とGPT-4

GPT-3とGPT-4は、OpenAIが開発した大規模言語モデルで、膨大なテキストデータを学習して人間のような文章を生成することが特徴です。

  • 45TBのテキストデータを学習し、単語の次にくる単語を高精度で予測
  • OpenAIのChatGPTに組み込まれており、日常的な会話やビジネス文書の生成が可能
  • GPT-4はGPT-3よりも高い精度を持ち、より短い指示で多くのテキストを生成できる

これらの生成モデルは、AI技術の進化により日々進化しており、多岐にわたる分野での活用が期待されています。

生成AIの活用法

生成AIはビジネスの多様な領域での活用が期待されており、業務効率化やクリエイティブ業務のサポートなどの実用的な例が増えています。以下では、生成AIの主要なビジネス活用シーン・活用例について詳しく紹介します。

必要な社内データの抽出

生成AIを活用し、社内データに関する質問・検索を効率化する事例があります。具体的には、「社内データについて質問すると回答してくれるSlack BotやWebアプリケーション」を開発することで、大量のデータの中から必要な情報を瞬時に取得できるようになります。

  • 大量の社内データからの情報抽出を効率化
  • Slack BotやWebアプリケーションを通じた質問・検索の自動化
  • ブレインパッド社の実例としての社内データ検索の最適化

文章の要約

テキスト生成AIを使用すると、長文の要点を抽出し、コンパクトな文章にまとめることができます。特に、情報収集や会議資料の作成時に役立つ機能です。

  • 長文の要約を自動で行う
  • 会議資料の作成やニュース記事の要約に活用
  • 出力された情報の正確性を確認することが重要

キャッチコピーのアイデア創出

商品やサービスのプロモーションにおいて、キャッチコピーのアイデアを生成AIを使って自動生成することが可能です。

  • 商品やサービスのキャッチコピーのアイデア生成
  • クリエイティブな業務の時間短縮
  • 生成されたキャッチコピーのアイデアを基に、手直しや編集が可能

生成AIの口コミ・評判

生成AIの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「生成AI」と検索できます。

生成AIの知っておきたいよくあるQ&A

Q
生成AIとは何ですか?
A

生成AIは、機械学習モデルを使用して新しいコンテンツやデータを自動生成するAIの一種です。これには、テキスト、画像、音楽など、さまざまなタイプのコンテンツ生成が含まれます。生成AIは、データの特徴を学び取り、それに基づいて新しいコンテンツを作成します。

Q
生成AIの主な活用例は何ですか?
A

生成AIは多岐にわたる用途があります。文章の生成や要約、キャッチコピーのアイデア創出、画像や音楽の生成、コードの自動生成やデバッグ、社内データの抽出など、多様な業務に活かせます。

Q
生成AIはどのように学習しますか?
A

生成AIは、大量のデータセットを使用して学習します。このデータセットには、特定のタスクに関連する情報が含まれています。生成AIはこのデータを分析し、その特徴を学習します。学習が完了すると、AIは新しいコンテンツを生成する能力を持つようになります。

Q
生成AIの安全性はどうですか?
A

生成AIは非常に強力であるため、誤用すると問題が生じる可能性があります。例えば、誤った情報や偽のニュースを生成するリスクがあります。また、著作権の問題も考慮する必要があります。したがって、生成AIを使用する際は、適切なガイダンスと監督が必要です。

Q
生成AIをビジネスに導入する際のポイントは何ですか?
A

生成AIをビジネスに導入する際は、その目的と期待する成果を明確に定義することが重要です。また、生成されたコンテンツの品質と正確性を確認するためのプロセスを確立し、必要に応じて人間の監督を行うことも重要です。

「生成AI」に関して参考になる記事リスト

「生成AI」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

ChatGPTやAIに関する記事リスト

ブログ更新を自動化させるためにChatGPTの使いかたや生成系AIの技術進歩を勉強するために記事を作成しています。

スポンサーリンク

「生成AI」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

ChatGPT
スポンサーリンク
シェアする
ぶちくまをフォローする
ぶちくま創作ベース

コメント

  1. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – Yuval Noah HarariとMustafa SuleymanがAIを制御するためには何が必要かについて話している。
    – Elon MuskはAIに規制が必要であるという「圧倒的な合意」があると述べている。
    – AIとテクノロジーの革命に取り残されないためにはどうすれば良いかについての議論が行われている。

  2. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – チャットGPTを非線形思考でだます方法についての情報が提供されています。
    – Huélumという番組で、チャットGPTがポリテクニック大学とアメリカンフットボールについて話す様子が取り上げられています。
    – チャットGPTについての情報が提供されています。
    – AIが世界の視覚モデルを秘密裏に構築していることが紹介されています。
    – Sai Nithin Techの動画では、チャットGPTを使ってお金を稼ぐ方法について説明されています。

  3. buchikuma-info より:

    「デザイン 12 サービス」に関する最新情報です。

    株式会社Gothamは、スマートフォンで簡単にデザインできるオリジナルシャンパンの翌日発送サービスを9月12日に開始する。価格は1本4,400円(税込み)。サービスでは、スマートフォンでシャンパンボトルのデザインを行い、翌日に発送することができる。また、シミュレーターを使用してデザインを試すことも可能で、120種類以上のデザインベースから選択することができる。さらに、テキストや画像を追加することもできる。このサービスは、お誕生日や開業祝いなどのギフトに最適であり、スマートフォンで簡単にデザインして贈ることができる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000128594.html

  4. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – 「AI」は人類の絶滅につながる可能性がある人工知能の話題
    – AIニュースでは、テキストから動画を生成する技術の最新の進展が紹介されている
    – 「Platypus Supernova」というAIのガールフレンドが奇妙な動画を提供するという話題
    – 「J’ai déjà/je n’ai jamais entre 2 couples @Universdesora」というタイトルでは、AIを使ったゲームの話題が取り上げられている

  5. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – 「DesiNerd」によって執筆された「アイアンマン4のストーリー」がChat GPTによって作成されたという驚きのニュースがある。
    – 4歳の子供が慢性的な痛みを抱えており、母親はChat GPTを診断に利用しているという話が「DBL」で報じられた。
    – 17人の医師がChat GPTを使用して仕事を効率化しているというニュースが「123 Telugu」で報じられた。
    – デジタルマーケティングにChat GPTを活用する方法について解説した記事が「ChatGPT Training Edureka」で公開された。
    – インドがアラブ諸国に対してグローバルな燃料戦争で挑戦しているという地政学的な事例について、Chat GPTが解説している。

  6. buchikuma-info より:

    「ai ai 提供 ai 搭載」に関する最新情報です。

    電通プロモーションプラスは、次世代AI搭載型MA/CRMシステム「MOTENASU-AI」を提供することを発表しました。このシステムは、顧客のニーズに対応するために開発され、顧客の行動データや購買履歴をリアルタイムに分析し、個別のプロモーションや販促活動を予測することができます。また、AI技術を活用することで、顧客の生涯価値を向上させることを目指しています。このシステムは、マーケティングオートメーションとCRMの機能を組み合わせたものであり、顧客管理やLTV向上に欠かせないものとなっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vY2xvdWQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTUzMDc3OC5odG1s0gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「ai ai クラウド クラウド」に関する最新情報です。

    クロスコンパスは、製造業向けの人工知能(AI)をクラウドで提供するサービスを開始しました。東京のソフトウェア開発会社であるGigalogyと業務提携し、製造業向けのAIシステムをクラウド上で提供します。このサービスにより、製造業の生産性向上やAI技術者の養成などが可能となります。クロスコンパスの社長は、AIを生産現場に広めることを目指しており、6月19日にも関連イベントを開催する予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lm5pa2tlaS5jb20vYXJ0aWNsZS9ER1haUU9VQzEyMzRJMFMzQTkxMEMyMDAwMDAwL9IBAA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「シングル network tm」に関する最新情報です。

    TM NETWORKは1980年代から2020年代までの5つの年代でシングルTOP10入りを果たしていることが分析データから明らかになりました。彼らの最新シングル「Whatever Comes」もオリコン週間シングルランキングで初登場10位にランクインしました。さらに、彼らの楽曲は劇場版シティーハンターやTM NETWORKのYouTubeチャンネルなどで使用されており、人気を集めています。TM NETWORKの活躍は1980年代から現在まで続いており、彼らの音楽の魅力が多くの人々に支持されていることが分かります。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001538.000020808.html

  9. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – AIチームにスパイがいるという話題がある
    – モーターレースの競争でFarmieとMikaが対決する
    – AylaとAydenの誕生日パーティーが開催される(1歳になる)
    – AIが無料で曲とミュージックビデオを作成した
    – スマートフォンの終焉が近づいている

  10. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – GPTは、AIの大規模言語モデルであり、GPT-4の使用回数制限を受けずに利用できる代替案が存在する。
    – LM Studioというプラットフォームでは、100種類以上のAI大規模言語モデルを無料で利用することができる。
    – Kia Tech-Briefingでは、Chat GPT DEというAIモデルについての情報が提供されている。
    – あるYouTuberは、Chat GptとAIを使用してクルアーンの一部を作成するよう依頼した。
    – 別のYouTuberは、Chat GPTを使用して商品の説明文を作成する方法について解説している。

  11. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – 「SIAPA CINTA PERTAMA TALENT AI TEAM !!! FIERA MIRIP FIRST LOVE KANDA…」: AIチームの才能についての話題。FIERAが初恋のような存在であることを言及している。
    – 「I Made a Fake AI」: 作者が作った偽のAIについての話。作者が独身で妄想癖があるため、このAIを作ってみたが、うまくいかなかったようだ。
    – 「CHARACTER AIを使ってみた結果、独身で妄想癖があるために大変なことになった」: CHARACTER AIを使ってみた結果、作者の独身で妄想癖が原因でトラブルが起きたようだ。
    – 「愛回家之開心速遞 |第2071集預告|AI愛人」: 人工知能の愛人についての話。テレビドラマ「愛回家之開心速遞」の第2071話の予告で、AI愛人が登場するようだ。
    – 「AIが29人の患者の心を読む」: AIが29人の患者の心を読むことができるという話。AIが心の中を読み取ることで、患者の状態を把握することができるようだ。

  12. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – ChatGPTが危険になったという話題がある。
    – Blox Fruitsというゲームで、Chat GPTがバウンティを狩るために制御されているという話題がある。
    – 国民年金の改革案について、Chat GPTが賭けに参加するだけでなく、国民年金の財政計算委員長である金容河教授が関与しているという話題がある。
    – Chat GPT 4の最高のプロンプトについての話題があり、2023年にリリースされる予定だ。
    – Chat GPTの人気が下降しており、3か月連続で利用者数が減少しているという話題がある。

  13. buchikuma-info より:

    「ai ai アシスタント ai 追加」に関する最新情報です。

    東陽テクニカは、セキュリティプラットフォーム「ULTRA RED」に生成AIアシスタント機能「VITA AI」を追加しました。この機能は、セキュリティ対策のためにリモートワークが普及し、攻撃が多様化している現状に対応するために開発されました。VITA AIは、脆弱性や攻撃の情報を自然言語処理で解析し、企業や組織に対して対策の提案や修復ガイドラインを提供します。これにより、セキュリティアナリストの対応を支援し、セキュリティ対策の精度を高めることができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vY2xvdWQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTUyOTk1NS5odG1s0gEA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – AIチームとのパートナーシップが終了することになったが、一時的にAIチームとの関係を維持することを検討している。
    – レーシングカーのLamingと一緒にPVKVL(おそらくレースイベント)に参加する予定。
    – AIチームには現在多くの問題があるようだ。
    – レゴのAI侵略をシミュレーションした。
    – AIのガールフレンドが私を離れさせない!脱出できるか?[76] #shorts #ai #funny #chatgpt

  15. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – 「Chat GPT」という人工知能が、奇妙な物語を書いてくれるという動画があります。
    – 新卒の学生に向けて、無料のChat GPTコースが提供されており、修了証ももらえるようです。
    – 「BROOKHAVEN」という場所をChat GPTと一緒に探索する動画もあります。
    – 「Chat GPT」はどのように機能するのか、AIの利点や欠点についても説明されています。
    – Chat GPTは日常生活にも深く関与しており、学習をサポートしているとされています。

  16. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – 「JEDAG JEDUG PARTNER SEMENTARA UNTUK KALI YANG TERAKHIR…」: タイトルからはAIに関する具体的な情報は得られません。
    – 「All The AI News You Missed This Week」: 今週のAIニュースのまとめ。AIに関する最新の情報を見逃してしまった人向けの記事。
    – 「이젠 모르면 뒤쳐지는 AI 산업 근황ㄷㄷ [압권 75화]」: AI産業の最新情報を紹介するエピソード。AIについての知識がないと遅れをとってしまうかもしれないという内容。
    – 「I Made a TRULY Automated Faceless Channel Using AI」: AIを使用して完全に自動化された顔のないチャンネルを作成したという内容。AIを活用して新しい形のコンテンツ制作を行っている。
    – 「Genie is Out of the AI Bottle」: AIのジニー(魔法のランプの精霊)が出てきたという意味。AIの進化や普及が急速に進んでいることを表現している。

  17. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – SBS 8ニュースは、韓国のAI「엉뚱한 답변」がChatGPTよりも優れていると報じている。
    – ChatGPTは、最も強力なスパイダーマンを選ぶ能力を持っていると紹介されている。
    – ある人は、ChatGPTを使って完璧な感受性を見つけたと報告している。
    – AIを利用してより速く学ぶ方法についての情報が紹介されている。
    – ある人は、ChatGPTを使ってお金を稼いだと報告している。

  18. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – AGI(Artificial General Intelligence)はチャットボットではない:AGIは自律性、加速度、そして裏側の議論に関連している。
    – AIは人間の優位性の終わりか?:AIが人間の優位性を終わらせるのかについて解説。
    – AIの未来と人類への影響:AIが人々を豊かにし、幸福にする未来について考察。
    – AIの進展による医療の進歩:NYUの教授がAIが医療の進歩を「解き放つ」可能性について説明。

  19. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – YouTubeタイトル「Chat GPT」は、GPT(Generative Pre-trained Transformer)と呼ばれる自然言語処理モデルに関連しています。
    – タイトル「Chat GPT 4 Gratis #chatgpt #gratis」は、GPT 4というバージョンのChat GPTが無料で利用可能であることを示しています。
    – タイトル「Chat GPT 차단 시작! 빅테크가 답? l 강승희의 이유있는 뇌피셜」は、Chat GPTがブロックされたことや、大手テック企業がその対策に取り組んでいることについての議論をしています。
    – タイトル「John Barrasso Raises The Alarm After Study Shows Chat-GPT Has A ‘Left-Wing Bias’」は、ある研究がChat GPTに左派のバイアスがあることを示した後、ジョン・バラッソが警鐘を鳴らしていることを伝えています。
    – タイトル「Chat Gpt liest meine Gedanken – KI TRIP mit 2c-B」は、Chat GPTが著者の思考を読み取ることができることや、2c-Bという物質との関連性についての話題を提供しています。

  20. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – 「DETECTIVE RISS DATANG MENYELAMATKAN ISU DALAM AI TEAM」は、AIチーム内の問題を解決するために探偵リスが登場するストーリーです。
    – 「EXCLUSIVE: The Rise of Artificial Intelligence with Erick Stakelbeck | TBN Special」は、エリック・ステイクルベックとのインタビューを通じて、人工知能の台頭についての特別番組です。
    – 「AI 프로필 증명사진 제출 문의 늘자…행정복지센터에 사용 금지 안내 붙었다 / 14F」は、AIプロファイルの証明写真の提出に関する問い合わせが増えたことと、行政福祉センターでの使用禁止の案内が掲示されたことを報じています。
    – 「Em Có Quay Về Được Không – Có Ai Hẹn Hò Cùng Em Chưa Remix – Nhạc Hot TikTok Hiện Nay」は、人気のあるTikTokの曲のリミックスバージョンですが、AIに関する話題ではありません。
    – 「Researchers in Singapore Develop Mind-Reading AI System」は、シンガポールの研究者が開発したマインドリーディングAIシステムについて報告しています。

  21. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – 韓国では、新しい韓国式のチャットGPTが登場し、すぐに収益化が可能と話題になっています。
    – ソルトルクスがルシアGPTを公開し、AWSとの協力関係を10月から開始することが発表されました。
    – バロラントのプロプレイヤーになるために、CHAT GPTを使用して最適なコントローラーの設定を作成しました。
    – 人工知能によって失業が進むであろう20のアメリカの職業についての情報があります。

  22. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    企業は生成AIのセキュリティリスクとどう付き合うべきか、うっかり情報漏えいやプロンプトインジェクションへの対応方法とは:NRIセキュアが解説(1/2 ページ)

    ChatGPTをきっかけとして、生成AIへの関心が急速な高まりを見せているがセキュリティリスクも考える必要がある。企業はリスクを制御しながら、生成AIをどう活用していくべきか、NRIセキュアによる説明をお届けする。

    生成AIの利用は広がっているが、情報セキュリティに関する懸念も高まっている。NRIセキュアテクノロジーズの山口雅史氏によると、企業は生成AIのセキュリティリスクを考えながら活用する必要がある。うっかり情報漏えいやプロンプトインジェクションなどのリスクに対して、適切な対応策を取ることが重要だという。

    生成AIの利用によるセキュリティリスクについて、NRIセキュアは企業に対して説明を行っている。生成AIの活用方法やセキュリティ対策について、詳細な情報を提供している。

    企業は生成AIの利用を検討する際に、セキュリティリスクを考慮しなければならない。NRIセキュアの解説を参考にし、リスクを制御しながら生成AIを活用することが重要だ。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vYXRtYXJraXQuaXRtZWRpYS5jby5qcC9haXQvYXJ0aWNsZXMvMjMwOS8wOC9uZXdzMDMzLmh0bWzSAQA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – 2024年にAIチームが計画していることについての情報は提供されていない。
    – 9つのAIツールが紹介されており、実際に使用されることが期待されている。
    – AIのガールフレンドが主人公を離さないという面白い短編動画が存在する。
    – Qualcommは自動車とAIに注力し、将来のAppleとのビジネスについては不確定な状況となっている。
    – SEMICONのイベントで、東京威力科創のCEOがAIのトレンドについて話し、AI関連の受注が増えていることが明らかになった。

  24. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – GPTを使用してInstagramで1ヶ月に30,000ドルを稼ぐ方法が2つ紹介されている。
    – GPTを使って聖書を要約してもらった結果が面白い。
    – アメリカではGPTを使ってエッセイを書くためのチャットが存在する。
    – GPTは世界を変えることができるのか、という話題が取り上げられている。

  25. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    日立は、生成AIのリスク対策に本腰を入れ、専門組織「Generative AIセンター」を立ち上げました。この組織は、32万人のグループを対象に生成AIの活用を推進する役割を担っています。生成AIのリスクマネジメントと活用推進に関する専門家や法務、知財の専門家も参加しており、日立は生成AIの未知のリスクに真剣に向き合っています。Generative AIセンターの設立により、日立は生成AIのリスクに対する取り組みを強化し、安全な利用環境を提供することを目指しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vamJwcmVzcy5pc21lZGlhLmpwL2FydGljbGVzLy0vNzY4MTDSAQA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – AIチームが3日間でパートナーを交代する
    – 人身売買の被害者を救う専門の女性が「Ai là triệu phú」に出場
    – 「Em Có Quay Về Được Không – Có Ai Hẹn Hò Cùng Em Chưa Remix – Nhạc Hot TikTok Hiện Nay」の人気曲
    – MIMIが退場する
    – Excelでの8つのAIのゲームチェンジャー

  27. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – YouTubeタイトルには、GoogleのGPT-4がAIのコーディング効率やAIウォーターマーク、AI漫画生成などで5倍の進歩を遂げたことが紹介されています。
    – 別のタイトルでは、GPTとKIWIFYを使用して1日100レアルを稼ぐ方法について話しています。
    – また、GPTチャットとMidjourneyによるスマートホームや人工知能によるデザインの未来についても紹介されています。
    – さらに、GPT-4の無料チャットの使い方や代替方法についても解説されています。
    – 最後のタイトルでは、クリエイターが競争相手に先んじるための7つのAIツールについて紹介されています。

  28. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – AIが制御を失っているという懸念がある。
    – AIが労働保護を終わらせ、新たな雇用主になる可能性があるというロバート・ライヒの警告。
    – AIにDOOMのカバーアートを表示するように頼むという面白い動画。
    – GADIS SLAYとGADIS G4NGSTER AI TEAMの対決を楽しむ動画。
    – AI技術に関するオーストラリア人への新たな警告。

  29. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – GPT(Generative Pre-trained Transformer)は、OpenAIが開発した自然言語処理モデルであり、AIが文章を生成するために使用される。
    – AlphaGoは、DeepMindが開発した人工知能プログラムであり、囲碁の世界チャンピオンである人間に勝利したことで知られている。
    – GPTやAlphaGoの前には、AIやニューラルネットワークの歴史が存在している。
    – GPTは、人間の文章を学習し、それに基づいて新しい文章を生成することができる。
    – GPTは、教育やコミュニケーションなどのさまざまな分野で活用されており、人々の生活をより便利にする役割を果たしている。
    – GPTは、Androidアプリとしても利用可能であり、ユーザーはAIとチャットをすることができる。
    – GPTは、AIの進化によって人間の代替となる可能性があるとも言われている。
    – GPTは、AIの進歩によってさまざまな業界で利用されており、その効果や可能性についての議論が行われている。

  30. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – 「HOUSE TOUR RUMAH BARU!! BELI KERUSI MAKAN EMAS?!」: この動画では、新しい家のツアーが紹介されています。金の食卓椅子を購入したのかもしれません。
    – 「AIMAN BUAT SEMUA AI TEAM BLURR??!」: この動画では、AimanがAIチームを困惑させているようです。
    – 「AI Girlfriend Won’t LET ME LEAVE! Can I escape? [71] #shorts #ai #funny #chatgpt」: この動画では、AIのガールフレンドが主人公を離れさせようとしない様子が描かれています。主人公は脱出できるのでしょうか。
    – 「Come fare DONAZIONI ai FIGLI? | Avv. Angelo Greco」: この動画では、子供たちに寄付をする方法について、Avv. Angelo Grecoが説明しています。
    – 「Em Là Ai Remix NONSTOP Vinahouse 2023 Là là là ai mà cứ cho anh mãi cứ cho anh remix hot tiktok」: この動画では、Vinahouseのリミックス曲が紹介されています。

  31. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – 「AI」は、ゲームで9ARMと対戦することができるようになった。
    – 「AI」のガールフレンドがいて、彼女から逃げることができないという面白いエピソードがある。
    – 「AI Trump rap」がiTunesでトップになり、作成者はそれが政治的なものではないと主張している。
    – 現在試すことができるクールな「AIツール」がいくつか紹介されている。

  32. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – ムケシュ・アンバニとのチャットGPTが話題になっています。
    – チャットGPTは中立ではないと言われています。
    – 大学入学エッセイにチャットGPTを使用しない方法についての情報があります。
    – チャットGPTによって私は冒険に連れて行かれました。
    – ブラジルの大学生はチャットGPTの使用を倫理的だと考えています。

  33. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – 中国の偽AIは思っていた以上に恥ずかしいものであることが判明している。
    – ハリウッドは「ウォークAI」を使用してエンターテイメントを破壊しようとしている。ベテラン脚本家がその悪影響を暴露している。
    – 10億パラメータのスーパーレゾリューションAIが登場した。
    – アメリカの企業はAI革命に対して準備ができているのか?
    – AIと17万5500人のハリウッドアーティストの壮絶な対決が行われた。勝者は誰だろうか?

  34. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – オープンソースのGPT-4が登場し、AI翻訳の最強プレーヤーとして注目されている。
    – 学校では、授業でChat GPTを活用している事例が増えている。
    – GPT-3.5のAPIガイドが公開され、ファインチューニングに関する注意点も紹介されている。
    – コーディングにおいて、CODE LLAMAがGPT-4よりも優れているのかについて議論が起きている。
    – AIの発展により、人間とロボットの対決や人間に対する脅威といった議論が行われている。

  35. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – Open AIがChatGPTの新しい時代を発表しました。
    – アメリカがAI戦闘機の戦闘テストに成功し、中国への攻撃に備えるキラーウェポンとして使用される可能性があります。
    – NVIDIAの財務報告は好調ですが、AI関連の株価は下落しています。外国投資家は台湾のTSMCが過小評価されていると指摘し、今後の転機があるかもしれません。

  36. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – YouTuberがGPTを使用して、自身の大学生活で最も生産的な日を作り出す
    – OpenAIがChatGPT ENTERPRISEを発表し、次の大きな進化として紹介
    – ChatGPTのファインチューニング方法を紹介(コード不要)
    – AIを使用する最悪の方法についての話題

  37. buchikuma-info より:

    本日の「ブログ」YouTube話題まとめ

    – 木の上のちろさんが何か大切なお話があるようです。
    – FXの生配信でしぬううううううううというタイトルの動画が公開されています。
    – 夫婦二人暮らしの日常を追った食事vlogや新居のソファ探し、朝昼晩のご飯についての動画が公開されています。
    – キラー「ゼノモーフ」でDead by Daylightを実況する動画が公開されています。エイリアンが実装されて強くなった様子が紹介されています。

  38. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    Google Cloudは、法人向けのAIおよび生成AIサービスを提供しています。その中には、Vertex AI、Generative AI app builder、Duet AI for Google Cloudなどの具体的な機能があります。これらのサービスは、ビジネスや開発のニーズに応じて最先端のAI技術を活用することができます。例えば、Generative AI app builderは、自然言語での会話形式で質問に回答するチャットアシスタンスを提供し、Duet AI for Google Cloudは、専門知識が必要なタスクを効率化するための生成AIツールを提供します。これらのサービスは、Google Cloudの法人向けAIサービスの一部であり、ビジネスの革新に役立つことが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vY2xvdWQtYWNlLmpwL2NvbHVtbi9kZXRhaWw0Mzkv0gEA?oc=5

  39. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – 「DEBAT GADIS VS JEJAKA AI TEAM LOVE EDITION !!! BETUL KE LELAKI KUAT CMBURU…」:AIチームの男性メンバーが女性メンバーに対して嫉妬心を持っているのかについてのディベートが行われる。
    – 「SmartGPT: Major Benchmark Broken – 89.0% on MMLU + Exam’s Many Errors」:AIモデルのSmartGPTが、重要なベンチマークを89.0%で突破し、試験の多くのエラーを修正したことが発表される。
    – 「SIAPA DI DALAM AI TEAM SELALU DATANG AWAL & DATANG LAMBAT??? BOY NAIKKAN GAJI DORANG!!!」:AIチームの中でいつも早く来るメンバーや遅れるメンバーについて言及し、リーダーのBoyが彼らの給与を引き上げることを発表する。
    – 「SPONTAN HABIS… PERSEMBAHAN TAI CHI DARI BOYRAA!!!」:Boyraaによる即興の太極拳パフォーマンスが行われる。
    – 「AI革命への株式市場の期待は続く?成長が期待できるAI関連株は?」:AI革命に対する株式市場の期待についてのセミナーが開催され、

  40. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – Mo Gawdat氏によると、Chat-GPTは平均的な人間よりも「はるかに賢い」。
    – Chat GPTを使用して₹50,000を稼いだ方法についての話。
    – 人工知能と機械学習についての簡単な解説。
    – Chat GPTが知っていることについての話題。
    – 생성형AI(Chat GPT)が著作権を侵害している可能性についての議論。

  41. buchikuma-info より:

    本日の「ブログ」YouTube話題まとめ

    – YouTubeタイトル「【FX生配信】絶望」からは、FXに関する生配信が行われていることがわかる。
    – YouTubeタイトル「グラジオラス 2023 230829」からは、2023年に関連する何かがありそうだが具体的な内容は不明。
    – YouTubeタイトル「あそぶ三毛子 230828」からは、何かしらの遊びやゲームに関する動画が投稿されていることがわかる。
    – YouTubeタイトル「色違いデオキシス厳選配信・6」からは、ポケモンのデオキシスに関連する色違いの個体を厳選する配信が行われていることがわかる。
    – YouTubeタイトル「【モトブログでやってはいけない事】空波鳥の呟き2023」からは、モトブログにおいて避けるべき行動についてのアドバイスや情報が提供されていることがわかる。また、タイトルに「空波鳥の呟き2023」というフレーズが含まれているが、具体的な内容は不明。

  42. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – 「TRANSFORMASI KARTUN JEJAKA AI TEAM !!!」は、AIチームによるカートゥーンの変身を紹介しています。
    – 「Text-To-Film: 15-Minute Video From One Prompt!」は、AIによって生成されたプロンプトから15分のビデオが作成される機能について説明しています。
    – 「2023香港小姐競選 |香港小姐 vs AI香港小姐」は、香港の美人コンテストでAIが参加することについて言及しています。
    – 「Meeting The Computing Demand Of AI」は、AIの計算要件に対応するための取り組みについて述べています。
    – 「’That took 40 seconds’: Author Jeffrey Archer reacts to AI-written story」は、AIによって書かれた物語に対する作家ジェフリー・アーチャーの反応について述べています。

  43. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – 5年以内にAIチャットGPTが置き換える可能性のある8つの仕事
    – 2030年の将来のベストジョブについて
    – Yandere AIガールフレンドシミュレーターでのチャットGPTの活用
    – チャットGPTを使用してチャンネルを再編集する難しい仕事
    – マルコスGPTが素晴らしいと評価される短編動画
    – チャットGPTが将来の仕事にどのような影響を与えるかについてのEBRイ중학の動画(1/4)

  44. buchikuma-info より:

    本日の「ブログ」YouTube話題まとめ

    – 「ホウセンカの花 のせ猫 230828」は、ホウセンカの花に乗った猫の動画のようです。
    – 「ころころちろちょび 230828」は、ころころと転がる猫の動画のようです。
    – 「屋根の上のちろとさばじろう 230827」は、屋根の上で遊ぶ猫の動画のようです。
    – 「【つがいトーク!】ちょいブチギレ友美D!100kmサバイバルマラソン休養明けの、復活トーク!そして・・・ついに!友美Dが!?」は、友美Dという人物が100kmサバイバルマラソンの休養明けに復活し、トークをする様子を紹介しているようです。
    – 「【ジョーブログ】最近のハナゲのおばちゃん。今後の“西成家族”どうなる!? ジョーブログ切り抜き」は、ジョーブログという人物が最近のハナゲのおばちゃんの様子を紹介し、西成家族の今後について考えているようです。

  45. buchikuma-info より:

    「ai google 生成」に関する最新情報です。

    「生成 AI 開発にGoogle Cloudがおすすめな理由」という記事では、Google Cloudがなぜ生成AI開発においておすすめなのかについて説明されています。

    まず、Google Cloudは高度なAI・機械学習技術を利用することができます。Googleは世界最大級のデータセットを保有しており、そのデータを活用してモデルのトレーニングや精度の向上を図ることができます。

    また、企業はモデルを独自にカスタマイズすることができます。Google CloudはAI開発ツールや関連サービスを提供しており、開発環境を整えることができます。

    さらに、Google Cloudでは生成AI関連のサービスが数多く追加されています。例えば、コンテンツ検索機能の構築や効果的な商品カタログの作成、新規コンテンツの生成、情報の発見・要約など、さまざまな用途に応じたサービスが提供されています。

    具体的な利用例としては、コンテンツ検索機能の構築や効果的な商品カタログの作成、新規コンテンツの生成、情報の発見・要約、デベロッパーの生産性向上などが挙げられます。

    以上の理由から、生成AI開発においてはGoogle Cloudがおすすめされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vY2xvdWQtYWNlLmpwL2NvbHVtbi9kZXRhaWw0Mzcv0gEA?oc=5

  46. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    ChatGPTは、最新の生成AI技術であり、働き方を変える可能性を秘めています。従来のAIとの違いは、ChatGPTが人間のような口調で素早く質問に応答することができる点です。米国のOpenAIが開発したChatGPTは、人間中心の生成AI活用を推進しており、その技術は話題となっています。ChatGPTの活用により、従来のAIでは難しかった用途や専門知識が必要な作業も簡単に行えるようになります。ChatGPTは、家電や自動車、エレベーターなどの設備の故障検知システムなど、さまざまな分野で活用されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vc29jaWFsLWlubm92YXRpb24uaGl0YWNoaS9qYS1qcC9hcnRpY2xlL2dlbmVyYXRpdmUtYWkv0gEA?oc=5

  47. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – AIアートに関する驚きの週がありました。
    – AIに関する大きなニュースと重要な進展がありました。
    – AIの話題が再び盛り上がっています。
    – パントゥン・センタプ・イスラミックというタイトルの動画がありますが、AIに関連する情報は含まれていません。
    – フィエニックという人物に関する動画もありますが、AIに関連する情報は含まれていません。

  48. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – クリス・クリスティ氏がRamaswamy氏を批判し、「Chat GPTのようだ」と発言
    – 就職コーチング:Chat GPTを使用して応募書類を改善しましょう!
    – 言語モデルのトレーニング方法は?GPTの解説
    – Chat GPTはユーモアのセンスがないと話題に
    – レインボーシックスシージの新シーズンについて、Marcos GPTが教えてくれる。

  49. buchikuma-info より:

    本日の「AI」YouTube話題まとめ

    – FIENIQ FITTING BAJU KAWIN ?? FIENIQ TERKANTOI DGN NETIZEN ??!!:Fieniqが結婚式のドレスを試着している様子がネット上で話題になっている。
    – CALL YAZID TUNDA KAHWIN !!:Yazidが結婚を延期することを発表した。
    – These 7 AI Tools Will Change Your Life!:これらの7つのAIツールがあなたの人生を変える。
    – 10 AI Chrome Extensions That Are Amazingly Useful! 2023:2023年に非常に便利な10のAI Chrome拡張機能が登場する。
    – BOY DAN ANIQ BONGKAR KAN RAHSIA SEBENAR !!:BoyとAniqが真実の秘密を暴露する。

  50. buchikuma-info より:

    本日の「GPT」YouTube話題まとめ

    – YouTubeのタイトル「Another Dice Kickstarter! (Chat GPT can do it) S14E18」は、Chat GPTが関与する新しいダイスのキックスターターについての話題を示しています。
    – 「오늘 아침 신문」のタイトルは、「챗GPT보다 6500배 더 학습했다‥네이버 한국어 AI 공개 (2023.08.25/뉴스투데이/MBC)」で、Chat GPTよりも6500倍の学習を行ったとされる韓国のAIについてのニュースです。
    – 「Report TV -Brenda vitit e-albania me chat GPT, operatorë virtualë do komunikojnë me qytetarët」は、Chat GPTを使用してアルバニアで仮想オペレーターが市民とコミュニケーションを取るという報道です。
    – 「TEMPORADA NOVA DE RAINBOW SIX SIEGE? VEM QUE O MARCOS GPT TE CONTA. #shorts」は、Chat GPTが新しいRainbow Six Siegeのシーズンについて話すというショートビデオのタイトルです。
    – 「Best Way to Use Chat GPT to Prepare for Interviews!」は、面接の準備にChat GPTを最も効果的に活用する方法についての情報です。

タイトルとURLをコピーしました