PR

検索順位を上げるために私がやるべきこと「簡単SEO」

少しばかりサイトを見直していくことにします。そのために必要な情報をここに投げ込んでいくので、「ブログの検索順位を上げたい」と考えている方がこの記事を目にしたとき、おそらく私の施策は成功しているということ。情報共有させてください。

スポンサーリンク

2024年の「SEO対策」新着情報まとめ

SEO対策について調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

SEO対策に関する新着ニュース

SEO対策に関する新着ニュースをまとめています。

SEO対策の新サービス情報

SEO対策の新サービス情報についてまとめています。

CANALY SEOツールに新たな自動PDFレポーティング機能追加

2023年9月15日の、株式会社グランネットによる「CANALY」SEOツールの新機能リリースに関する情報をお届けします。

  • 株式会社グランネット(本社:大阪府大阪市、代表取締役:山本 真俊)が運営するデジタルマーケティングツール「CANALY」が新機能「CANALYレポート」をリリースしました。この機能はGA4のデータを基にサイト状況のレポーティングを行い、PDF資料を自動生成します。
  • 新機能は、GA4の利用方法や分析方法がわからない、分析資料の作成に時間がかかるというウェブ担当者の課題に焦点を当て、GA4とGoogleサーチコンソールを組み合わせた自動分析を行うものです。分析結果はPDFファイルとして出力可能で、社内報告資料として直接利用できます。
  • レポートの内容には、GA4とサーチコンソールの主要指標の概要、セッションやコンバージョンの月次推移、改善が必要なページの指摘、Googleの最新ニュースと業界動向が含まれます。
CANALYと株式会社グランネットの詳細
  • CANALYツール詳細
    • 誰でも簡単にデータ分析が行える無料のAll-in-One SEOツール
    • 競合分析が可能で、自社サイトとの差別化が一目でわかる
    • 効率化とコスト削減を実現する多様な機能を提供
    • 月額料金プラン: 無料、3万円、5万円
    • 提供開始日: 2022年11月1日
    • 公式ウェブサイト
  • 株式会社グランネットについて
    • ビジョン: 「デジタルマーケティングの常識を創る」
    • CANALYの企画開発と運営を含むデジタルマーケティング事業を展開
    • 新機能のリリースを通じてデジタルマーケティングの進化を目指す

1

プラン月額料金
無料0円
プラン13万円
プラン25万円

ミエルカSEOが「BOXIL SaaS AWARD Autumn 2023」で複数の賞を受賞

2023年9月19日の、「BOXIL SaaS AWARD Autumn 2023」に関する情報をお届けします。

  • 株式会社Faber Companyが提供する「ミエルカSEO」が、「BOXIL SaaS AWARD Autumn 2023」で「Good Service」、「サービスの安定性No.1」、「使いやすさNo.1」の3つの賞を受賞しました。このイベントはスマートキャンプ株式会社が主催し、優れたSaaSを表彰するものです。
  • 受賞基準は、2022年7月1日から2023年6月30日までの1年間で新たに投稿された口コミ約17,000件を審査対象とし、各カテゴリで総得点の高いサービスや、特定の項目(如「使いやすさ」)で高い評価を受けたサービスが表彰されます。
  • 「ミエルカSEO」は、Faber Companyが10年以上の経験を基にAIを活用して開発したSEOプラットフォームで、コンテンツ企画から評価、改善、そしてSEOパフォーマンスの計測が可能です。また、学習コンテンツや個別コンサルティングも提供しており、インハウスでのSEO・コンテンツ施策を支援します。
ミエルカSEOとFaber Companyに関する詳細情報
  • ミエルカSEOの特徴
    • AIを活用したSEOプラットフォーム
    • コンテンツ企画、制作、評価、改善が可能
    • 競合サイトを含むSEOパフォーマンス計測ツールの提供
    • セミナーや動画などの学習コンテンツと個別コンサルティングの提供
    • 2015年3月リリース、現在の導入企業数は累計1,700社を突破
    • ウェブアナリストである小川卓氏や筑波大学ビジネスサイエンス系の吉田光男准教授、明治大学理工学部情報科学科の髙木友博教授など、AIの権威が開発メンバーとして参加
    • ミエルカSEO公式サイト
  • Faber Companyの概要
    • 2005年創業、企業のWebマーケティングを支援
    • SEO施策やコンテンツ制作などの事業を展開
    • 2013年からSEOプラットフォーム「ミエルカ」の自社開発を開始、2015年リリース
    • 産学連携を活用したAIの応用研究に力を入れている
    • Faber Company公式サイト
  • 関連リンク

オルグロー株式会社がSEOチェックリストを無料公開

2023年9月14日の、オルグロー株式会社によるSEO対策の最新情報をお届けします。

  • オルグロー株式会社が自身のサービス「ホワイトリンク」を通じて、SEOの状況確認ができる「自分で確認するチェックリスト88」を無料公開しました。
  • このチェックリストは、8つのカテゴリでGoogleのWeb検索上位表示に必要な要素をリスト形式で整理しており、Webサイト運営者が自身でSEOの現状を確認し、運用方針やSEO対策の方法を検討できる資料となっています。
  • オルグロー株式会社は、SEO・MEO対策を中心としたWebマーケティングサポートを提供しており、「ホワイトリンク」はWebサイトの最適化とGoogle検索の上位表示対策をサポートするサービスとして展開しています。
チェックリストのダウンロード方法と利用対象者
  • チェックリストは、オルグロー株式会社の公式ウェブサイトからダウンロードが可能です。(ダウンロードページ)
  • このチェックリストは、以下のような方々にお勧めです:
    • WebサイトのSEO対策状態を確認したい方
    • Webサイトの構造がSEO対策に適しているか確認したい方
    • ユーザーニーズに適したコンテンツ提供が行えているか確認したい方
企業情報とその他の資料
  • 企業情報
    • 法人名:オルグロー株式会社
    • 所在地:東京都渋谷区神泉町10-10 VORT渋谷神泉ビル 6階
    • ウェブサイトオルグロー株式会社
    • TEL:03-5784-4330
    • FAX:03-5784-4331
    • 代表者:代表取締役社長 南 永一
  • その他の資料
    • SEOに役立つリンクの知識
    • テクニカルSEOチェック表
    • テクニカルSEOのポイントガイド
  • 関連リンク
スポンサーリンク

検索流入の必要性から見直す

まず、根本的なところから考えていきます。「検索」に依存した集客方法でいいのか。

検索至上主義は令和では時代遅れ

これまでは、ネットでの集客は「検索で上位をもぎ取る」か、「Google広告に出稿」するのが基本でした。SNSなども存在はしていましたが、情報収集の方法としては、Googleをはじめとする検索エンジンを利用したキーワード検索、が主流。

では、検索に頼らない場合は、どうやって集客していけばいいのでしょうか。この文章を打ち込みながら、iPadで表示している情報によるとこんな感じになりマス。

Google検索以外でのウェブコンテンツの集客方法

  • 次サイト以外のリンクから流入
  • SNSアカウントからの流動
  • 広告表示
  • Bing
  • Goolge サジェスト
  • Pinterst

検索に頼らない方法については、また別の機会で丁寧に解説するとして、今回の「検索順位」ばかりに頼るのはリスクが大きいと考えます。

検索順位を上げる方法ばかりではなく、いろいろな手法を取り入れておくことをお勧めします。お勧めしますが、私のようなコミュ障の場合は、作業詰でコンテンツ勝負した方が、ある意味では確実なので、できることを突き詰めていきます。

順位付けされる立場にあるのか

検索順位の話を始める前に、そもそも順位を付けられるに値するページ・サイトなのか、という問題があります。ランキング圏外のページについては一度、以下の要素についてチェックしてみてください。

検索インデックスされないコンテンツの特徴

  • 文字数が少ない
  • Googleが認知していない(no index)
  • オリジナル部分が少ない
  • 競合があまりにも多すぎる
  • ペナルティを受けている

とりあえず、Google Search Consoleで、「インデックス」という項目をチェックして、Googleのクローラーがチェックしてくれているかどうかは確認してみましょう。そして、クローラーが訪れているのに、ランキング圏外にいる場合は、ページ内の問題点を抽出していきます。

初心者に多い「文字数は多いけどコンテンツには満たない」現象

まず、コンテンツの内容が評価にも値しないほどに薄っぺらい場合は、内容云々ではなく「ページ」として成り立っていません。

文字数だけが問題ではありませんが、質の良いコンテンツを表現するためには、1500〜3000字(コンテンツとキーワードしだい)はあるのが最低条件と考えています。

また、初心者の場合、とかく日記のようなページになりがち。コンテンツとして成り立たせるためには、最低限、伝えたい情報について「自分の言葉で(オリジナル)」「論理的」に伝える必要があります。

Googleペナルティを受けるサイトの特徴「インデックス削除」
Googleのペナルティを受けたわけではないのですが、サイトの順位を上げることを突き詰めたら、ペナルティの逆張りという結論に至りましたので情報共有します。

ウェブコンテンツにおけるオリジナルという意味合い

Googleのクローラーは、コピーコンテンツも感知していると考えられています。

仮に、引用(blockquote)ばっかりのコンテンツであっても、そこに訪問者の検索疑問を解決する要素が多く含まれていればコンテンツとして認識します。ただ、やはりオリジナルコンテンツが多いに越したことはないと思います。

引用とコピーの違い

加えて、引用の場合は適切であれば効果的ですが、ただコピペして貼り付ける(blockquoteタグがないコピペ)場合は、他サイトとあまりにも内容が酷似していた場合はコピーコンテンツとして認識する可能性があります。

しろくまさん
しろくまさん

この場合は、検索順位を下げる要因となりかねませんが、被害者であるコピー元コンテンツの方が評価を下げる処理をされる可能性がなくはないです。

この辺り、オリジナルとしての評価は曖昧なポイントでもあり、アルゴリズムの変動で大きく評価を変える部分だと思います。

しろくまさん
しろくまさん

自分の持っているオリジナリティを発揮してこそ、Webサイト運営をする価値が見出されるものだと思います。

ぶちくま
ぶちくま

小手先よりも価値のあるコンテンツを作ろうという工夫が表れてくればいいのかな、とは常日頃、思っています。

スポンサーリンク

とっかかりやすいランキング対策

あくまでも検索順位を上げる上で取り掛かりやすい対策を列記します。

最初にやるべきSEO対策
  • タイトルの調整
  • メタディスクリプションの仕込み
  • 見出しの調整
  • リンクの調整
  • 外部リンクへのアプローチ
  • 順位のつきやすいタイトル

タイトルについては、ランキング要素としても大事なのですが、1ページ目に載った後に、さらに順位を上げる方法としても有効な場合が多いです。

「タイトル」だけでできるSEO対策

個人的には、あまりSEO対策は好きではないのですが、興味のある人は多いので、ざっくり「これだけやっときゃいいよ」ってのだけは書いておきます。

  • 左側のキーワードに優先順位がつく
  • キーワードは3つに抑える
  • 28文字以内に収める
  • わかりやすさと「煽り」の調整
  • クリックされやすいタイトルを考える

ゲームジャンルでタイトルの検索順位を考える

私のサイトの場合だと、例えば競合がゲーム攻略記事の場合、競合しているキーワード検索で上位に検索されるタイトルは「テンプレ(ライター外注レベル)」である場合が多いです。

「最強の〇〇」「△△の攻略法」など

ライターがマニュアルに沿って必要な情報を記入している場合が多いので、だいたい、どこの攻略サイトも似たようなタイトルをつけます。せいぜい、煽り部分で変えるくらいです。

プロじゃない我々は、競合しなければ消耗しない

「素人ブロガー」が記事を書く場合は、少なくとも最初はこういった大手サイトやテンプレ的な記事と「差別化」していく必要があります。キーワード次第ですが、上位サイトがテンプレ内容しか記載しておらず、検索者の意図が満たされていないで下位サイトを選択していく検索行動をアセスメントします。

情報の評価を変えてみる

ものすごくわかりやすく言えば、上記テンプレ記事に納得していない場合は、「実は弱い〇〇」や、「△△が攻略できずに泣いた」みたいな、逆を突くような記事の方が求められている場合もあります。

ぶちくま
ぶちくま

ゲームなら、大元のデータは一緒なので、表現を変えるというか、自分の考えを足してみるというか。その辺りでオリジナリティを出していくのがラクかなと思います。

コアなファン要素で差別化

あるいは、全く別の要素で、「〇〇のキャラが好きすぎてイラスト描いた」を探している場合もあります。

意味のある検索=CVを意識しているか

例えば、ただ検索されるだけでいいかと言われると、実はそうでもありません。

記事(ページ)が検索されるに値するコンテンツをではなくても、検索されることはあります。仮に価値がないのに検索されるラッキーパンチが当たっても、中身のないコンテンツでは成果(CV)につながらず、売り上げが伸びなかったり、相対的にサイトの評価を下げる可能性があります。

アルゴアプデから浮上できない案件

この辺り、闇雲にテクニックだけで検索上位され、かつうまくアフィリエイトへの誘導がうまくいって短期的に稼げたとしても、コンテンツの質を問われる上位検索を長期間キープすることができません。

ぶちくま
ぶちくま

挙句、アルゴリズムのアップデートで飛ばされる可能性もあります(コンテンツが良くても飛ぶ可能性はあります)

アフィリエイトへの導線は、いらない

アフィリエイトへの導線になっているだけでは、そもそもコンテンツとしての存在意義も問われるところ。

Googleとしては、誘導するなら自社のサービスであるGoogle広告へ繋がるサイトの方が評価を高くしたくなるところです(Google広告とアフィリエイトに関する検索順位に関してはまた別の機会に。)

しろくまさん
しろくまさん

自分の提携するアフィリエイトへの誘導に磨きをかけても、検索順位を飛ばされたら収益がなくなるので、何を目的に記事に誘導したいのかを見つめ直すことは大切です。

直帰率や周遊率、滞在時間などがどれくらい検索順位に影響を与えているかはアルゴリズムの解読の話になるので深くは突き詰めませんが、基本的にはユーザー本意に検索体験を向上させることを目指していくのがいいかと思います。

「検索体験を深める」とは

ちなみに、ユーザーが検索する理由は以下の通り。

  • Know
  • Go
  • Do
  • Buy

この辺りは有名な話なので説明は割愛しますが、クエリはこの4つの意図に沿って分類されたり、キーワードの組み合わせでどの検索意図なのか察知するような構造になっています。

意図に沿ったクエリが収益につながりやすい

物を売るサイトなら、Buyクエリで検索されると購入に繋げやすい。これがECマーケットの基本。例えば、「〇〇(商標)」や、「〇〇 価格」なら、ユーザーはもう購入まで考えていて、最終的に買うべき場所を探しています。

ブログなんかは「〇〇 お勧め」なんかの「〇〇が欲しいけど、先に情報が欲しいな」というKnowクエリを拾い上げる。適切な情報を提示し、その中に購買意欲を刺激するエッセンスをまぶした上で、Buyクエリを求めるメーカーなんかのアフィリエイトにつなげるとお金が稼げる。

見出しを調整する

タイトルと、検索意図についてお話ししました。もう少し、コンテンツの中に入っていきます。

コンテンツの中でも、取り掛かりやすい項目でかつ重要度が高いのが「見出し」です。初心者は適当につけがち、中級者でも「論理構造=情報整理」ができていないケースが多い。

ぶちくま
ぶちくま

私は面倒くさがりで中級者レベルなので、見出し整理が苦手です。

得意な人は少ないので、「上手な人の構造を真似してみる」のが最初はいいと思います。大手サイトに出稿している記事でも、きれいに整頓されているケースは少ないので、差別化できるチャンスでもあります。

見出しの意味を考える

そもそも、見出しについて知っていますか?

見出し (みだし、英語: headline)とは、新聞を始めとする様々な記事、文章において内容の要点を非常に短い言葉にまとめ、本文より大きな字で章(チャプター)や節(セクション)の最初に置かれる言葉。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/見出し

サイトという大きなコンテンツがあった場合に、(カテゴリという大きな属性わけはしますが)まずはページごとにまとまりを作ります。

ひとつの「街」を例に

考え方はいろいろあると思いますが、まずは街の中にいるあなたは、情報を求めて「本屋さん」やら「図書館」やらに入ると思います。あるいは「市役所」かもしれません。このお店という枠組みが、いわばひとつのサイトのまとまりになります。

次に、本屋さんに入ったら、コンテンツは「本」になります。本屋さんの場合は、取り扱っている本も多いので、探しやすいように「ジャンル」で分かれていますが、これがカテゴリの概念。まぁ、カテゴリはなくても成立するけど、顧客のためにはあった方がいいですね。

本を探すときに、のべつ幕無しに情報を求めてページをたぐるかといえば、そうではなく、一番大きな見出しである「本のタイトル」を目にします。これは、「情報群の大きなまとまり」として区別されます。

次に、本の中にも、情報が大まかに分かれています。ただの随筆であれば徒然なるままにひぐらしかもしれませんが、それでも作品ごとに、チャプター(章)だとかセクション(節)で区切りはあるはず。

ぶちくま
ぶちくま

本で言えば目次で表示されるのが、見出しですね。

というわけで、情報のまとまりをわかりやすく一文で表現したものが「見出し」になります。

これ自体は大して重要ではありませんが、ウェブコンテンツの場合は見出しという考えは割と重要です。

サイト、タイトル、見出しの箱属性
  1. サイト
  2. カテゴリ
  3. ページ(タイトル)
  4. 見出し(チャプター)
  5. 見出し(セクション)
  6. パラグラフ(意味のまとまり)
  7. センテンス(文)
  8. キーワード

見出しの構造を意識する

検索順位を上げるには、論理的な構造を意識することが大事です。

ロジックが整理されている方が読みやすい

シンプルにクローラーが読みやすいというのもありますが、書き手は書いていることを理解して書いてますが、読み手はまっさらな状態から情報を仕入れ始めます。

ぶちくま
ぶちくま

この、下準備の理解度の差を意識するのは大事。

めちゃくちゃに散らかった部屋から該当する情報・ページを探し出すよりは、綺麗にまとまった、先程の例で言えば本屋さんから情報を探した方が楽です。図書館だって、どこの図書館に行っても「分類番号」順に並んでいるので、論理的に情報が整理されている、とも考えられます。

見出しの並び方

しろくまさん
しろくまさん

見出しは、h1(タイトル)から、h2、h3、h4、、、と順々に降っていきますが、これはなるべくきれいに整頓されていた方がいいですね。

ゲームサイトで考えていきます。

ぶちくま
ぶちくま

私は見出しを意識せずに、手当たり次第に情報を書き込んでいきますが、これは論理的な構造とは言いません。

小説などはこれでいいのですが、ただ情報を読み取る場合には、「時系列に並べ替える」だとか「意味のまとまりを作る」だとか、「優先順位をつける」などで、とにかく似たような情報を寄せたり切り離したり、時には削除したりして整理します。

パラグラフごとに最も特徴的なキーワードを含めた見出しを作る

例えば、弊サイトの記事では、「アークナイツ(ゲーム)の買ってはいけない課金アイテム」という記事があります。

載せたい情報は色々あるのですが、記事を書いてみたところ、大きく分ければこんな情報があります。

  • 課金アイテムとは
  • 課金する必要性
  • 課金の額
  • 課金アイテム①
  • 課金アイテム②
  • 課金アイテム③

この場合、アイテム個々に情報があるので、それぞれ説明するとして、アイテムの説明をひとつのリストとして、大きな「課金アイテムの詳細説明」というh2にまとめた上で、各アイテムをh3、アイテムの詳細情報をh4、というように情報をおろしていきます。

また、「課金」という大枠についての説明は、アイテムリストからは少し情報の質が変わってくるので、別ジャンルにして、課金システムについての説明については、「課金アイテムとは」というh2から下ろして、「必要性」について説明するh3、「必要な課金額」をh4と、少しずつ情報の密度を濃くしながら下ろしていきます。

しろくまさん
しろくまさん

キーワードを見出しに混ぜ込むのではなく、パラグラフの意味のまとまりを見出しでラベル付する方がわかりやすいですね。

h5とかいるの?

検索順位を上げる場合、見出し構造はh4くらいまでしか読み取っていない、という意見を多く見ますし、私も同意です。ですが、私の場合は記事が長文化する傾向にあり、h5まで使用することはザラにあります。

この場合、h5まで下ろして情報を細分化することも考えますが、同時に、h2からのまとまりで1記事作れる可能性についても考慮します。必要に応じて、情報を入れ替えて記事を変えた方が、読者は一度に入れる情報を減らして濃度を高めることができるので、見出しで分割するよりも大元を分かつ方向性も検討します。

しろくまさん
しろくまさん

一度、長文の状態で記事をインデックスして、長文SEOで拾えるキーワードを吟味する、という手もあるけどね。

慣れていないと、見出しを切り替えるタイミングや、入れ子構造に悩む場面もあると思いますが、情報が一段落する度に「ラベル」をつけて情報をまとめる習慣を作るといいと思います。

スポンサーリンク

アルゴリズムのランキング要素

すぐに取り掛かれるランキング要素についてまとめておきます。

サイト構造を見直す

Googleのクローラーは日々進歩していますが、クローラーの読み取りやすい構造にしておくことがベターです。構造上のエラーなどは可能な限りなくし、以下のものを設置するといいとされています。

  • サイトマップ
  • パンクズリスト
  • SSL証明
  • モバイル最適化
  • YouTubeの埋め込み
  • サーチコンソール、アナリティクスとの連携
  • 見出しとタイトルを連動させる

記事を作る上でのテクニック的な話ですが、「書きたい内容」と「キーワード」に関しては、「卵が先か、鶏が先か」みたいな話になります。

検索順位を上げるためには、キーワード選定が大事なので、「このキーワードで記事を書こう!」となりがち。極論、キーワードから記事を書いた方が省エネです。

ぶちくま
ぶちくま

外注でライターに記事制作を委託する場合も、取得したいキーワードから発注されるケースが多いですよね。

コンテンツからキーワードを生み出す(願望)

ですが、私はブロガーで「コンテンツ優先」みたいなところがあるので、「まずは記事を書く、そこからキーワードを選定する」作業をしたりします。

この、「直感を信じて突き進む≒突き進んだら帰ってこれない」タイプのコンテンツメイカーの場合、見出しとタイトルでキーワードを意識しておくと、すんなりと記事が書けるようになると思います。

道標にキーワードを置いてもいい

記事を書き出す前に、だいたいどういう情報を出そう、という情報を道標に置いていきます。その道標が、「見出し」であり、見出しを箱に入れていき、最後にタイトルでラッピングして完成させます。

ぶちくま
ぶちくま

だいたい、記事完成後は体力使い果たしているので、「仮タイトル」でつけたタイトルのまま投稿したりしますけどね。

しろくまさん
しろくまさん

道標を置かれると、途端に書けなくなるライターもいるから、自分のやりやすい形がいいと思います。

リンクを見直す

リンクについては、「内部リンクを最適化する」場合と、「外部リンクの質を見直す」場合があります。

  • リンクの質を考える
  • 関連性が高い
  • 違反サイトからのリンク(報復)
  • SNSとのリンク
  • パブリックドメインのリンク
  • 競合サイトのリンク
  • リンク属性(no follow)
  • リンクの位置(文章内、かつ文章の初期、フッター、サイドバーは価値が低い)
  • 自然発生のリンク(リンクの売買はダメ)
  • 相互リンクの数(多すぎてもダメ)
  • リンク元のドメイン数(多様性)

外部リンクはサイトの質を決める

まず、外部リンクは、各サイトが持つ「投票券」のようなもので、多く投票が集まるサイトは、「優良サイト」として認定されます。あくまでも例えです。

ぶちくま
ぶちくま

しかし、中には、ペナルティを受けるような悪質なサイトもあり、そのような悪質サイトからの投票(被リンク)は、票を投じられたサイトの方も「悪い」と評価を受ける場合があります。

ペナルティについては、別記事にまとめました。

Googleペナルティを受けるサイトの特徴「インデックス削除」
Googleのペナルティを受けたわけではないのですが、サイトの順位を上げることを突き詰めたら、ペナルティの逆張りという結論に至りましたので情報共有します。

内部リンクは「サイト」循環を整える

内部リンクは、訪問者にとってもGoogle クローラーにとっても大切なものです。コンテンツとして成立させるためには3,000字くらいは必要だと書きましたが、ある情報を説明するのに必要なテキストは1万字かもしれませんし、あるいは10万字かもしれません。

ぶちくま
ぶちくま

だいたい、ひとつの情報群で読者が読み切れるテキスト数は、せいぜい8千字(原稿用紙で20枚分)ですが、だいたいのユーザーはできるだけ少ない時間で簡単に読み取りたいと考えています。

しろくまさん
しろくまさん

素人の書いた文章なんて読みたくないから、できれば原稿用紙1枚にまとめてくれって思うよね

必要な情報は厳選した上で提供するのが理想的ですが、検索してきたユーザーからすると、「いや、この情報じゃないんだよな」というミスマッチは起こりえます。

ぶちくま
ぶちくま

ミスマッチ自体は(Googleの手技なので)仕方がないのですが、サイト内に情報があるのに、検索順位が上がらないがためにユーザーの必要な情報が自サイトから提供できないのはもったいないこと。

そのため、各ページの情報をつなげて誘導するために、内部リンクは重要です。

コンテンツ内容を引き継ぐ

また、内部リンクであっても、引用元のコンテンツもサイトの評価として含まれるという見方が主流です。

単純な足し算ではないようですが、Aの記事内に、自分のサイトの他のページであるBの内部リンクを使って誘導した場合、Aの記事内にBの内容も含めるような検索結果が出る場合もあるということです。

ひとつのページに多くの情報を詰め込みすぎずに、検索ターゲットに沿った情報を適切に提示しつつ、どうしても起こりうるミスマッチに対しても、情報のあるページへの誘導が図れるのがベターです。

サイトの質を見直す

  • 表示速度(ページにも関連)
  • カテゴリ構造
  • ドメインパワー
  • サブドメイン、サブディレクトリ
  • サイテーション(引用に使われやすい)
  • スパム対策
  • ペナルティの有無
  • ドメイン年齢

ペナルティに関しては、要因が多いので別機会に。

ページ内容を見直す

  • URL(長さと内容)
  • 画像の設置(alt追記)
  • 動画の設置
  • ページタイトル
  • 見出しタグ(キーワードと構造)
  • 正しい日本語
  • コンテンツ量
  • メタディスクリプション
  • 更新頻度・古い情報・引用元の削除・訂正
  • リスト構造による説明(論理的構造と解釈されやすい、らしい)
  • リンクの見直し(質、リンク切れ、内容と整合)

動画の効果ってなんだ?

まず、結論から言えば、動画コンテンツを織り交ぜた方が、ページ評価が上がるのは間違い無いです。

ぶちくま
ぶちくま

ゲーム系で何個か記事に動画入れたけど、数週間で位置取りできたから、評価対象なのは間違い無いかと。

Googleサービスとしての親和性

YouTubeもGoogleのサービスなので、やはりアカウントを連携して動画を投稿していた方が、クリエイターとしての評価が上がるような気がします。Googleが公言しているわけでは無いので、何もYouTubeじゃなくても評価されるのかもしれませんが。

滞在時間を保てる

ユーザーの滞在時間も直接的にランク要因として関与しているわけでは無いのですが(容易に操作可能なので)、動画解説をページに入れることで、別角度からのアプローチが可能になり、コンテンツ利用者の満足度は高まると思います。

しろくまさん
しろくまさん

少なくとも、検索者が動画を再生していることはGoogleは感知しているわけで、セッションの同行から、コンテンツを積極的に利用しているかどうかで満足度の計測は指数化できそうだよね。

ユーザーの行動要因を見直す

  • 直帰率
  • 滞在時間
  • 流入元
  • 再訪問
  • ブックマーク(直接的な関与は不明だが、再訪問につながる)
  • 引用・コピペ(オリジナルが強化されるという考え方もある)
  • SNSシェア
  • トップページへのリンク

ユーザーの行動は、完全に制御できるものではありませんが、意図的に働きかけないことには改善もされないという項目です。

突き詰めればUX

最近は、User eXperienceに対しての働きかけがコンテンツの質を決めるという見方が多いようです。

しろくまさん
しろくまさん

特定のユーザーに対しての働きかけを想定するのか、全範囲全方向性に使い勝手の良いコンテンツを目指すのかで、方向性は変わってくると思いますが、この辺りは需要と供給を考えていきます。

少し面倒なのと、流石に情報量がパンクしそうなので、気が向いた時に別記事で補足しますが、「できないからやらない」ではなく、ユーザーのためにコンテンツを作っているということは忘れないようにしたいものです。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「saas boxil boxil saas」に関する最新情報です。

    株式会社CINCが提供する「Keywordmap」が「BOXIL SaaS AWARD Summer 2024」のSEOツール部門で「Good Service」・「カスタマイズ性No.1」の2つの賞を受賞。この賞は、SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」が優れたSaaSを表彰するイベントで、口コミを基に選考されたもの。CINCはビッグデータを活用したWebマーケティングツール開発やマーケティングコンサルティングを展開している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000304.000019378.html

  2. buchikuma-info より:

    「ai seo ツール」に関する最新情報です。

    株式会社BringFlowerが運営するAIライティングツール「BringRitera(リテラ)」が、ChatGPT、Gemini、Claudeの最新モデルに対応し、切り替えながら利用可能になった。このツールはSEOに強い記事を簡単に作成でき、AI画像生成や検索順位自動計測などの機能も備えている。Geminiの最新モデルであるGPT-4oは、ChatGPT-3.5よりも優れた性能を持ち、Antoropic社が開発するClaudeは自然な日本語を出力することで評価されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000122141.html

  3. buchikuma-info より:

    「ai 生み出す バークレー」に関する最新情報です。

    UCバークレーは大手IT企業と連携し、5年間の期間限定で運営するコンピューター科学の研究所を通じて、ユニコーン企業を次々と生み出している。過去にはRISCやRAIDなどの重要技術が生み出され、最新の研究所ではビッグデータやAIの研究に注力している。UCバークレーの研究スタイルは異なる領域の研究者が集まり、産業界と連携しながら1つのテーマに取り組むことで成果を上げている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9jb2x1bW4vMTgvMDA2OTIvMDQyNjAwMTMxL9IBAA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「award sony sony women」に関する最新情報です。

    今年3月に創設された「Sony Women in Technology Award withNature」に関するソニーグループ株式会社の副社長CTO北野宏明と編集長マグダレーナ・スキッパーによる対談動画の後編が公開されました。二人は自身のキャリアを振り返りながら、次世代の研究者に向けたメッセージを伝え、多様性を重視することがテクノロジーや社会をより良く変えていく重要性を語りました。

    https://www.sony.com/ja/SonyInfo/News/Press/info/202404/006.html

  5. buchikuma-info より:

    「award sony sony women」に関する最新情報です。

    ソニーが世界有数の科学雑誌とパートナーシップを組み、女性研究者を支援する「Sony Women in Technology Award with 」を立ち上げた。北野宏明氏とマグダレーナ・スキッパー氏がテクノロジー分野のダイバーシティや研究開発について対談し、女性研究者の貢献や次世代支援について議論した。

    https://www.sony.com/ja/SonyInfo/News/Press/info/202404/005.html

  6. buchikuma-info より:

    「ウェルビーイング アワード awards」に関する最新情報です。

    カードゲーム「from Me」が第2回ウェルビーイング・アワードでファイナリストに選出され、参加者が仕事や社会課題解決とのつながりを体感しウェルビーイング向上を促す点が評価された。ゲームはお金の使い方を通じてウェルビーイングとの関係性を疑似体験できるもので、参加者からは肯定的なフィードバックが寄せられている。ウェルビーイング促進に有効なワークショップの体験会も特別価格で提供される予定。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000059179.html

  7. buchikuma-info より:

    「seo seo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    2024年4月に株式会社ベクトルの子会社であるOwned株式会社が、SEOニュース特集レポートを無料公開しました。最新情報では、新しいカルーセルドキュメントの追加やGoogleのアップデート、INPのCore Web Vitalsへの組み込みなどが紹介されています。2024年3月には、Googleがコアアルゴリズムアップデートとスパムアップデートを同時にリリースし、大きな順位変動が予測されています。アップデートの特徴を正確に把握し、適切なSEO対策を検討することが重要です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000126079.html

  8. buchikuma-info より:

    「マーケティング 展開 セミナー」に関する最新情報です。

    2024年3月28日にソウルで開催されたマーケティングセミナーに、株式会社凸が参加し、「Playio(プレイオ)」日本版のマーケティング戦略を発表しました。セミナーでは、5つの注目企業が主催し、グローバル展開のトレンドやノウハウが紹介されました。凸は日本でのグローバル展開支援や「Playio」のマーケティング戦略に焦点を当て、広告運用やマイクロインフルエンサーネットワーク活用などの施策を紹介しました。また、「Playio」は日本初上陸のゲームプラットフォームであり、そのマーケティング戦略も紹介されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000102608.html

  9. buchikuma-info より:

    「ga seo 初心者」に関する最新情報です。

    GA4をSEOに活用するための導入方法や具体的な分析手法について、Web初心者向けに解説されています。GA4の導入メリットやデメリット、手順、SEO対策への活用方法などが詳細に説明されており、データ分析を通じて改善策を見つける方法も紹介されています。GA4は従来のアクセス解析ツールよりも詳細なデータを提供し、効果的なSEO対策を実行するのに役立つとされています。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2403/26/news044.html

  10. buchikuma-info より:

    「ga seo 初心者」に関する最新情報です。

    初心者向けにわかりやすく解説された記事では、GA4とSEOの関係や具体的な活用方法、データ分析の考え方、改善策の立案・実行方法が解説されています。GA4を導入することで、ニーズに合致したコンテンツ作成やWebサイト改善、内部リンク最適化、Webサイト構造改善などのSEO施策に役立つヒントを得ることができます。GA4は従来のアクセス解析ツールよりも詳細なデータ分析が可能であり、効果的なSEO対策を実行するための必須ツールとして紹介されています。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2403/26/news044.html

  11. buchikuma-info より:

    「アプデ 無料 追加」に関する最新情報です。

    オープンワールド戦国サバイバルゲーム『Sengoku Dynasty』が「Kintsugi(金継ぎ)」という大型アップデートを配信。新要素や調整が追加され、プレイヤーは村を運営し発展させることが可能。スタミナ無限化や瞬間建築などカスタム設定も可能になり、クマやオオカミも実装された。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240316-286213/

  12. buchikuma-info より:

    「資料 サイト ダウンロード」に関する最新情報です。

    中小企業向けのWebマーケティング会社が、SEOに強いサイト設計に関する資料を無料配布しています。資料にはサイトマップの重要性や作成方法、必要なページの選び方などが含まれており、自社や競合の調査方法も紹介されています。資料はダウンロード可能で、SEO対策に役立つ情報が提供されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000058782.html

  13. buchikuma-info より:

    「nature award award nature」に関する最新情報です。

    ソニーグループ株式会社とNature/Springer Natureは、「Sony Women in Technology Award with ネイチャー」を創設し、女性研究者3名を表彰する。この賞は、科学やエンジニアリング分野で地球や社会にポジティブなインパクトをもたらす研究を行う女性研究者を支援する取り組みであり、クリエイティブ業界やテクノロジー領域のダイバーシティ推進に貢献することを目指している。

    https://www.sony.com/ja/SonyInfo/News/Press/202403/24-0306/index.html

  14. buchikuma-info より:

    「saas boxil boxil saas」に関する最新情報です。

    「ミキワメ適性検査」が「BOXIL SaaS AWARD 2024」のBOXIL SaaSセクション適性検査部門で1位に選出された。この賞はSaaS比較サイト「BOXIL SaaS」が優れたSaaSを表彰するイベントであり、選考基準は口コミ評価の総得点などで行われる。部門1位は各セクションの基準に基づいて選考され、総合1位は「Best SaaS in Japan」として表彰される。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000173.000008701.html

  15. buchikuma-info より:

    「saas boxil boxil saas」に関する最新情報です。

    株式会社CINCが提供する「Keywordmap」が、「BOXIL SaaS AWARD Spring 2024」のSEOツール部門で「Good Service」などの6つの賞を受賞。この受賞は、SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」が主催するイベントであり、口コミ約18,000件をもとに審査された結果である。受賞基準は、口コミによるサービス評価9項目を対象に、各カテゴリで最も高い平均点を獲得したサービスに与えられるものである。CINCは今後もテクノロジーを活用したソリューションの開発と提供を通じてクライアントの利益最大化に取り組む方針を示している。Keywordmapは、2016年にリリースされた調査分析ツールであり、幅広い業種で活用されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000291.000019378.html

  16. buchikuma-info より:

    「saas boxil boxil saas」に関する最新情報です。

    販売・請求管理システム「Scalebase」が「BOXIL SaaS AWARD 2024」で2年連続で導入事例セクションスタートアップ部門1位を受賞しました。このシステムは、SaaSスタートアップの成長を支える役割を果たしており、請求業務の効率化やプライシング戦略の実現などに貢献しています。受賞は、企業の働き方改革やDX推進を支援したサービスに対する貢献度を評価して行われ、スマートキャンプが選出しています。 Scalebaseは、創業10年以内で従業員数が100名以下の企業の生産性向上に貢献した事例を対象としています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000050107.html

  17. buchikuma-info より:

    「チェルシー 明治 終売」に関する最新情報です。

    明治のロングセラー商品である「チェルシー」シリーズが53年の歴史に幕を閉じることが発表された。販売規模の低迷や顧客ニーズの変化により、3月で終売となる「バタースカッチ」「ヨーグルトスカッチ」「チェルシー」など全6品が対象となる。明治はファンに感謝の意を示し、今後も新たな価値ある商品を提供していく考えを示している。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65e512f9e4b013678e15c099

  18. buchikuma-info より:

    「anri 受賞 投資」に関する最新情報です。

    東京金融賞のESG投資部門でANRIが受賞し、「ANRI GREEN 1号」ファンドの取り組みが評価されました。ANRIは気候変動・環境問題に特化したファンドを運営し、新たな産業の創出に貢献しています。ファンドの特徴や運用内容も紹介され、ANRIの取り組みが高く評価されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000040191.html

  19. buchikuma-info より:

    「seo サービス 外部」に関する最新情報です。

    横浜市のデジタルマーケティングカンパニーが「SEO外部対策サービス」を提供開始しました。このサービスでは、被リンク獲得代行を行い、ホワイトハットSEO戦略に基づいたリンクビルディングを実施します。高品質なコンテンツと関連性のあるサイトからの被リンクを重視し、競合分析や戦略立案を行い、透明性のあるプロセスで進捗状況を共有します。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000075377.html

  20. buchikuma-info より:

    「団体 受賞 受賞 団体」に関する最新情報です。

    「スポーツPRアワード2023」では、オムロンピンディーズ、全日本スキー連盟、日本バスケットボール協会、久光スプリングス、モンテディオ山形の5団体が受賞しました。このアワードはスポーツ団体の広報・PR・情報発信を表彰し、競技・団体の垣根を超えて施策を共有することで、日本スポーツ界のDX化を推進することを目的としています。審査基準は入場者数や新規性、話題性、独自施策のユニークさ、コストパフォーマンスなどで行われました。川淵三郎氏や他の著名人が審査員を務め、各賞が授与されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000161.000077000.html

  21. buchikuma-info より:

    「19 50 セミナー」に関する最新情報です。

    株式会社emomeは、50歳以上の転職希望者を対象にしたWebセミナーを開催する。セミナーでは、ベテラン人材がベンチャー企業で働く魅力について話し合われる予定である。現在の超高齢化社会において、働き方の転換が進んでおり、50歳以上の人々が新たなキャリアを築くことが可能になっている。しかし、ベンチャー企業は人材採用において悩みを抱えており、どのような人材を採用すべきか判断することが難しい。セミナーでは、ベテラン人材の採用が企業に大きな価値をもたらす可能性についても議論される。セミナーの登壇者には、株式会社emomeの代表取締役である森山穂貴氏が参加する。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000121171.html

  22. buchikuma-info より:

    「ゲーム ファン ファン マーケティング」に関する最新情報です。

    株式会社ゲームエイトと株式会社HIKEは、2月28日にオンラインセミナーを開催します。このセミナーでは、ゲーム業界におけるDiscordを活用したファンマーケティングについて解説します。具体的な事例として、株式会社バンダイナムコエンターテインメントのゲーム『SYNDUALITY Echo of Ada』を取り上げます。セミナーは無料で開催され、オンラインで参加することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000058021.html

  23. buchikuma-info より:

    「ai 20 セミナー」に関する最新情報です。

    2月20日から東京ビッグサイトで開催される『AI World2024【冬】』では、マイクロソフト、サッポロ、富士通、ANAなどのトップ企業によるAI・DX・経営をテーマにした豪華セミナーが開催されます。注目の出展製品も多数あり、特に「モチベーションの可視化」や「消費者の感性・印象をAIで判断」などが注目されています。セミナーでは、各企業の活用事例や最新の製品情報が紹介されます。マイクロソフトはクラウド&AIを中心にお客様の変革を支援する戦略や技術について、サッポロはDX推進施策やオープンイノベーション強化策、ANAは中期経営戦略と新経営ビジョンの実現に向けた取り組みについて講演が行われます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwNTguMDAwMDc4MjMzLmh0bWzSAQA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「ai ai 活用 コンサルティング」に関する最新情報です。

    日本テラデータは、AIを活用したビジネス変革を支援するコンサルティングサービス「AI/MLイノベーションサービス」を提供開始したと発表しました。このサービスは、最先端のAI技術を活用して企業のデータを分析し、業務効率化や新規事業の創出などのビジネス成果を実現するデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援します。専門チームが顧客のAIプロジェクトを包括的にサポートします。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vY2xvdWQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2NjQ0OC5odG1s0gEA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「contentsquare awards best」に関する最新情報です。

    Contentsquareのデジタル顧客体験アナリティクス(DXA)プラットフォームが、G2の「Winter Best Software Awards」のエンタープライズ部門の10カテゴリーでリーダーに選出されました。この受賞は、ブランドが顧客体験を向上させ、ビジネスを推進するために必要なデータ主導のインサイトを提供するContentsquareのソリューションの有用性が評価されたものです。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000080319.html

  26. buchikuma-info より:

    「受賞 審査員 審査員 特別賞」に関する最新情報です。

    Herazikaは、「経済界Golden Pitch 2023」で審査員特別賞を受賞しました。この賞は、リスキリング市場におけるサービスの独自性を評価されたものです。Herazikaは、オンライン自習室を展開しており、ユーザーのやる気を引き出す環境を提供しています。株式会社Herazikaの代表取締役である森山大地氏は、経済界Golden Pitch 2023の審査員特別賞を受賞したことを喜んでいます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000073256.html

  27. buchikuma-info より:

    「受賞」に関する最新情報です。

    カプコンは、IR(投資家向け情報)の分野での受賞実績を持っています。その中には、第16回IR優良企業賞や2009年のIRベスト企業賞、2007年のIRベスト企業賞などがあります。これらの受賞は、カプコンが投資家向けに提供する情報の質と透明性に対して認められたものです。

    https://www.capcom.co.jp/ir/company/showcase.html?utm_source=capcom_top&utm_medium=web&utm_campaign=referer

  28. buchikuma-info より:

    「受賞 airdroid airdroid business」に関する最新情報です。

    MDMソリューションのAirDroid Businessは、世界中の専門家から高い評価を獲得しています。2020年以降、Gartner、G2、SoftwareSuggestなどのレビューサイトでトップクラスのソフトウェアソリューションとして認められています。AirDroid Businessは、企業向けのモバイルデバイス管理やリモートアクセス、デバイス監視などの機能を提供し、企業のモビリティと生産性の向上に貢献しています。また、AirDroid BusinessはAndroidデバイスに対応しており、有人・無人のデバイス管理を行うことができます。さらに、AirDroid Businessは無料のトライアル期間を提供しており、最大10台のデバイスを管理することができます。AirDroid Businessの受賞歴は、製品やサービスの革新と改善に対するモチベーションの源となっています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000133212.html

  29. buchikuma-info より:

    「スポーツ 受賞 2023」に関する最新情報です。

    北海道日本ハムファイターズが「HEROs AWARD2023」スポーツ団体部門を受賞しました。これはプロ野球チームとして初めての受賞であり、スポーツ・コミュニティ活動が評価されたものです。受賞式は2023年12月18日に東京都内で行われ、小村勝代表取締役社長や稲葉篤紀監督、清宮幸太郎選手などが出席しました。HEROs AWARDは公益財団法人日本が主催するイベントであり、スポーツにおける社会貢献活動を促進することを目的としています。過去には有森裕子氏や本田圭佑氏、千葉ジェッツなどのアスリートや団体が表彰されています。

    https://www.ssnp.co.jp/meat/532334/

  30. buchikuma-info より:

    「2023 スポーツ 受賞」に関する最新情報です。

    生理とスポーツの教育/情報発信活動「1252プロジェクト」のプロジェクトリーダーである伊藤華英氏が『HEROs AWARD 2023』を受賞しました。このプロジェクトは、生理とスポーツに関する教育や情報発信活動を行っており、伊藤氏はその活動において優れた役割を果たしています。受賞は2023年12月19日に行われたもので、一般社団法人スポーツの代表理事である野澤武史氏によって授与されました。伊藤氏は競泳オリンピアンでもあり、アスリート部門での受賞は素晴らしい成果と評価されました。今後も伊藤氏は、生理とスポーツの関連課題に取り組み、さらなる活躍が期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000062031.html

  31. buchikuma-info より:

    「apart awards awards apart」に関する最新情報です。

    タイトル: ゲームアワードを引き裂く争い
    見出し: ゲームアワードを引き裂く争い
    トピック1:
    トピックのキーワード: ゲームアワード 引き裂く 争い ゲーム
    トップの段落:
    主要なエンティティ: 12月18日午後4時、ゲームアワードの主催者にイスラエル・ハマス戦争に関する書簡が送られた。このイベントには有名人が多数出演し、ゲーム業界で最も注目されるイベントの一つとなった。しかし、イベントの後、何も言わなかったことに対して批判が起きた。この沈黙に対して、ゲームアワードの主催者は本当に関心があるのか、それとも単に利用しているだけなのか、という疑問が生じている。ゲーム開発者のYounès Rabiiは、このオープンレターを組織した人物であり、彼はまだ非常に不明瞭なゲームのオスカーとしてのゲームアワードについて話している。また、他の開発者たちもこの問題について話し合っており、ゲームアワードがマーケティングのために多様性を利用しているのではないかと指摘している。
    キーワード: 2023年12月18日午後4時、ゲームアワード、引き裂く、イベント、数百人、書簡、イスラエル・ハマス

    https://www.wired.com/story/the-game-awards-israel-palestine-open-letter-future-class/

  32. buchikuma-info より:

    「2023 awards awards 2023」に関する最新情報です。

    『ライフ イズ ストレンジ』制作陣の最新作『Lost Records Bloom&Rage』が2024年末に発売されることが発表されました。この作品はちょっぴりホラー要素も含んでおり、その映像も公開されました。この情報は2023年のゲームアワードで発表されました。また、日本のゲームメディアであるファミ通もこの作品に注目しており、2023年12月8日に受賞イベントが行われる予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMWh0dHBzOi8vd3d3LmZhbWl0c3UuY29tL25ld3MvMjAyMzEyLzA4MzI3MDY2Lmh0bWzSATRodHRwczovL3d3dy5mYW1pdHN1LmNvbS9uZXdzL2FtcC8yMDIzMTIvMDgzMjcwNjYucGhw?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「リズ 持っ 2023」に関する最新情報です。

    2023年の単語は「リズ」になる可能性があります。オックスフォード辞典が選ぶ2023年の単語は、「リズ」であり、その意味はカリスマや魅力などを表します。この単語は特にZ世代の間で広まっており、恋愛やパートナーの引きつけに関連して使用されます。また、俳優のトム・ホランドさんもインタビューでこの単語を使っており、注目を集めています。オックスフォード辞典の選定は一般投票やAIプログラムによって行われ、最終的な候補は8つから4つに絞られます。言語専門家によれば、「リズ」は若い世代の間で広まっており、恋愛や社会の影響を示す言葉として使われています。他にも「ベージュフラッグ」や「ヒートドーム」などの単語も候補に残っています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/oxford-word-of-the-year-2023_jp_656e68d8e4b07b937ff5c873

  34. buchikuma-info より:

    「デジタル 取得 株式」に関する最新情報です。

    株式会社しいたけデジタルが株式取得により子会社化することを発表しました。株式会社HIKEとの取締役会で決定されたこの取得により、しいたけデジタルはHIKEの株式を取得し、子会社として組み入れることとなります。HIKEは映像制作やアニメーションなどの事業を展開しており、しいたけデジタルはデジタルコンテンツ制作を手がけています。この取得により、両社の事業の連携や成長が期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000416.000051825.html

  35. buchikuma-info より:

    「東京都 受賞 タッチ」に関する最新情報です。

    ニュースリリース配信サービスのPR TIMESによると、テックタッチ株式会社が東京都主催の「東京都ベンチャー技術大賞」にて特別賞を受賞しました。テックタッチは、デジタルアダプションプラットフォームを開発・提供しており、東京都の主催するコンテストで革新的な技術と将来性を評価されました。また、テックタッチは過去にも日本DX大賞やグッドデザイン賞など、様々な賞を受賞しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000166.000048939.html

  36. buchikuma-info より:

    「企業 ランキング 働き」に関する最新情報です。

    11月7日に発表された「働きたい企業ランキング」で、39歳以下の若者による投票結果が発表されました。このランキングでは、2位にトヨタ自動車が選ばれ、1位はどの企業なのかが注目されています。20代と30代では、ランキングに変化があるのかも興味深いところです。また、総合ランキングの10位から4位までの企業も紹介されています。このランキングは、若者の働きたい企業に対する価値観の変化を反映していると言えます。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_654c6030e4b088d9a74d2800

  37. buchikuma-info より:

    「flexsim 受賞 連続」に関する最新情報です。

    ゼネテックは、3期連続で3Dシミュレーションソフト「FlexSim」の売上世界第一位を受賞しました。FlexSimは、サプライチェーンや物流などの分野で使用されるソフトウェアであり、世界81カ国で60,000以上のライセンスが導入されています。ゼネテックは、日本の代理店としてFlexSimを提供しており、その販売成績が高く評価されています。FlexSimは直感的な操作性と高い精度を持ち、工場や倉庫などのモノの流れを最適化するためのツールとして活用されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000094.000010332.html

  38. buchikuma-info より:

    「dx 2023 受賞」に関する最新情報です。

    有限会社ゑびやが「KANSAI DX AWARD 2023」の第1回グランプリを受賞しました。この受賞は、サービス産業の課題解決に繋がるDX推進事例に対して最優秀の評価がされたためです。また、DX人材育成の取り組みも評価されました。この受賞は、関西経済連合会、近畿総合通信局、近畿経済産業局など5つの機関によって選ばれました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000048800.html

  39. buchikuma-info より:

    「コンサルティング seo experience」に関する最新情報です。

    マーケティングのチーム組成やディレクション事業を行う㈱Experienceが、自社サイトでSEOコンサルティングのインハウスパッケージを公開しました。このパッケージは、ハンドスピードを維持しながら提案の数を増やすことを目的としています。株式会社Experienceは、東京都目黒区に本社を置く企業で、2023年10月28日にこのコンサルティングサービスを開始しました。また、サイトには画像一覧も掲載されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000061599.html

  40. buchikuma-info より:

    「コンサルティング マーケティング 施策」に関する最新情報です。

    マーケティングのインハウスチーム組成やコンサルティング・ディレクション事業を行う㈱Experienceが、カスタマージャーニー作成&施策立案プランをサイトに公開しました。これまでのマーケティングコンサルティングで実施していた内容をLP化し、画像一覧も掲載されています。株式会社Experienceは、マーケティングの専門知識を持つインハウスチームの組成やコンサルティング・ディレクション事業を行っており、カスタマージャーニーの作成や施策立案プランの提供を行っています。このサイトでは、カスタマージャーニーの重要性や具体的な施策の繋げ方などが紹介されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000061599.html

  41. buchikuma-info より:

    「コンサルティング マーケティング 施策」に関する最新情報です。

    マーケティングのインハウスチーム組成やコンサルティング・ディレクション事業を行う株式会社Experienceが、カスタマージャーニー作成&施策立案プランをサイトにて公開しました。これまでのマーケティングコンサルティングで実施していた内容をLP化し、クライアントのカスタマージャーニーを具体化する手法や施策を提案しています。このプランは、マーケティングの組織を持つ企業やクライアントのマーケティング戦略を支援するために役立つものです。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000061599.html

  42. buchikuma-info より:

    「コンサルティング マーケティング 施策」に関する最新情報です。

    マーケティングのインハウスチーム組成やコンサルティング・ディレクション事業を行う㈱Experienceが、カスタマージャーニー作成&施策立案プランをサイトにて公開しました。これまでのマーケティングコンサルティングで実施していた内容をLP化し、画像一覧も掲載されています。株式会社Experienceは、マーケティングの領域でインハウスチームの組成やコンサルティング・ディレクションを行っており、カスタマージャーニーの作成や施策立案のプランを公開しています。これにより、クライアントのバリューチェーンを理解し、効果的なマーケティング施策を実行することが可能となります。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000061599.html

タイトルとURLをコピーしました