Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!

ドラクエウォーク、位置偽装ツールって使っても大丈夫なの?

別ブログの仕事で「位置偽装ツールのレビュー」をしたわけですけど、もともとドラクエウォークプレイヤーの私としては、「これは間違いなく、ウォークでも悪用できるね」と感じました。

このページでは、実際に位置偽装ツールを使うとどんな感じになるのか、方法や悪用した際のリスクについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

結論としては位置偽装はラク

先に結論を書いておきますと、位置偽装ツールを使うとめっちゃラクです。

しろくまさん
しろくまさん

何せ、家にいながらPCに繋いだスマホで勝手に周回作業してくれていますから。これを一度やると、普通にプレイするのがバカらしくなります。

ぶちくま
ぶちくま

何だったら他の人たちはみんな位置偽装ツール使ってるんじゃないかって疑うくらいに、簡単で便利。ランキング上位者なんて、絶対に自分で歩いてないよなって気持ちになります。

でも、同じく結論としては、基本的には位置偽装ツールを利用することはリスクの方が高くなります。これは最大のデメリットであり、そもそも「チート使ってまで位置情報ゲームをする必要はあるのか」という命題にぶつかります。

この辺りの「不正行為によるアカウント停止=垢バン」についても後半で説明しますが、とりあえず使うかどうか悩んでいるという方のために、さっと読んだだけでわかるように情報をまとめておきます。

位置偽装と振り子、どっちがいい?

ドラクエウォークの振り子についても別記事でまとめました。他のページに移るのは面倒だと思うので簡単に結論だけまとめておきます。

ドラクエウォーク、卵の孵化に「振り子」を使うのってありなの?
「振り子」を使うことで、バックグラウンドで歩数を稼ぐことができるので、ドラクエウォークの場合は簡単にマイレージを貯めたり、モンスターの卵を孵化させることができます。チート行為として認められるのか、使い方などを解説しています。

「振り子で歩数稼ぎ」の特徴

  • 振り子はアカウント停止措置対象とはなりづらい
  • 振り子は卵孵化くらいにしか使えない
  • つまり、振り子はリスクは低いが得られるものも少ない

位置偽装ツールの特徴

一方の位置偽装については以下の通り。

  • 位置偽装はバレたらアカウント停止になる可能性は非常に高い
  • 運営としても公平性を保つために位置偽装は対処せざるを得ない
  • 位置偽装ツールもそれなりに値段がする

位置偽装ツールは、ハイリスクハイリターンなので、使用する価値は十分にあるとは思いますが、将来的にはどこかのタイミングで強く取り締まられることになると思います。

これがいつ処理されるかを考えて、ゲームプレイの効率化と終了するタイミングを天秤にかけて、割りに合うと思えば位置偽装ツールを利用することを検討される場合もあるでしょう。

しろくまさん
しろくまさん

アカウント停止措置はつらいけど、ソシャゲはプレイ期間も自分で設定しないとダラダラ続けるだけだから「アカウント停止されるまで楽しもう!」という気持ちでやるなら、デメリットはメリットに転じて悪くないかもしれません。

振り子も位置偽装も、アカウントは停止される

一方で、振り子なら大丈夫か、と聞かれると、振り子は振り子で自動ツールを利用したと判断されればアカウント停止措置をとらえる可能性はあります。得られるベネフィットが少ないのにアカウント停止したらなんだかバカらしく感じられるところですが、可能性としては0ではありません。

つまり、位置偽装と振り子、どちらが良いかといえばどちらも利用しないのが一番安全です。ただ、根本的にゲームに割かなければいけない時間を自動化することは、アカウント停止措置を回避することよりも有意義なことかもしれません。

いずれにせよ、やるやらないは自己判断ですが、昨今手に入れた「位置偽装ツール」の活用方法を考えたついでに皆さんとも情報を共有しておきたいと思います。

スポンサーリンク

位置偽装アプリって、どうやって使うの?

まず、簡単に位置偽装アプリ/ツールのことを説明します。

位置偽装ツール/アプリとは

位置偽装ツールは、スマホ(あるいはタブレットなども含めたモバイルデバイス)の位置情報(GPS)の数値を偽装して、本来スマホが存在する場所とは違う場所にいるかのようにデータを変換するツールです。

ぶちくま
ぶちくま

もっと簡単にいえば、マップ上に仮想の現在地を設定して、マップ上で自由に動かせばスマホの位置情報も連動して動かすことができる、という感じです。

しろくまさん
しろくまさん

大事なポイントとしては、ポイントを指定して瞬間移動するだけではなく、ポイント間をカーナビのように経路設定して、自分で指定した速度で移動させることもできる、ということですね。

位置偽装アプリでできること

実際には、位置偽装アプリ/ツールに寄る所はありますが、以下のような機能があったりします。

  • ジョイスティックで所在地を自在に移動させる
  • 特定の緯度・経度を指定して瞬間移動する
  • マップ上の指定した経路で移動する
  • 移動速度を調整する
  • 履歴・お気に入り地点の登録

位置偽装アプリって安全なの?

少し気になるのが、「位置偽装ツールって安全なの?」ということ。

私が別サイトでiPhoneのデータ管理ツールを紹介している都合、ソフトウェアも提供してもらったりすることもあるのですが、今回は使用感をレビューしてくれという依頼だったので、iPhoneのマップを眺めながら使ってみたところ。

しろくまさん
しろくまさん

あ、これは思ったよりもちゃんと偽装できるぞ!

ぶちくま
ぶちくま

こんな便利なツール、当然、私以外のゲーマーも知っているはず。つまり、ランキング上位者はみんなうまいこと位置偽装ツールを利用しているに違いない。

位置偽装ツールは使いようによってはゲームのチート行為に利用できそうな直感を得ました。まず、この点では安全ではありませんね。

個人情報は大丈夫なの?

率直に言えば、位置偽装ツールのユーザーが利用したログを開発元に送信するようにしていれば、だいたい知りたい個人情報は掴むことができるはずです。

iPhoneの移動に使用しているマップからも情報が取れるので、自分の家の近くの情報がバレるのは当然のこと、根本的にスマホをツールと接続している時点で個人情報が抜かれる可能性は十分にあります。

そんな危険な位置偽装ツール、本来であれば私も利用したりはしないのですが、今回は、私はもともと取引のあるメーカーのもので、言い換えると仕事で付き合いのある間柄、本名も住所もすでにバレているくらいの関係性です。

仕事を依頼してくれるのであれば、リスクがあっても引き受けてしまうのが貧民の切ないところ。

いずれにせよ、技術的には個人情報をいくらでも抜き取れるのが位置偽装ツール。いくら便利だからといって、どこのものとは知らないものを使用するのは危険だということだけしっかりと覚えておいてください。

位置偽装ツールのここが危ない
  • 自分の位置情報がツールに抜き取られる
  • スマホに入れている個人情報も抜き取られる
  • スマホで利用しているサイトやクレジットカードの情報も抜かれる

あくまでも、やろうと思えば、という所ではあります。

ぶちくま
ぶちくま

PCとスマホを繋いだ時点で、データをやり取りするかどうかを確認するアラートが出ますが、基本的にツールにスマホの情報を覗かせる時点で、かなりリスクの高い行動なわけですね。

試しに1ヶ月ほどポケモンGOを起動させてみた

先に申し上げると、本当に歩き回ったくらいでポケモンGetとかはあまりしていないのですが、とりあえず毎日1時間弱、1週間ほどを適当にマップ上で歩かせてみました。

結果として、ポケモンは適当にタップするだけでそれなりに手に入るし、マップ上でオートで取得できるものはなんだかわんさか手に入っていました。タップが必要なシーンはスイコンあたりと組み合わせることでさらに自動化できそうな予感はしました。

これをドラクエウォークでやるとすれば、ウォークならモンスターとはオートでの戦闘になるし、祠もルーラ登録できるし、ポケモンGOよりも位置偽装による周回のメリットは大きいと言い得るかもしれません。

とりあえず、一定期間起動させてみたのは、アカウント停止措置が取られるかどうかを知りたかったからです。1日1時間程度の利用だと、アカウント停止となるような異常検知にも引っかからないようで、アカウント停止措置を取られることはありませんでした。

ドラクエウォークの場合

ドラクエウォークもサブアカウントで位置偽装してみました。

結果から言うと、1日3時間ほどの起動ではアラートは出ませんでしたが、うっかり5時間起動させた時に警告が出て強制終了となりました。

このことから考えると、おそらく一定の利用時間で自動でチート検知が作動したものと考えられます。今回は明確にきっちり5時間のタイミングだったので、条件のひとつに「連続したプレイ時間」、というものがありそうです。

この文言を見る限り、アラートも「GPS情報の操作」を明確に指摘しているので、こちらのマップの移動情報も精査されている可能性があります。移動速度などは変化をつけていたのですが、「止まっている時間」を設定していなかったので、常人が歩くにしては「休み時間がない」というのが不自然でしたね。

しろくまさん
しろくまさん

普通に歩いていたら、信号があれば止まるし、ご飯を食べる時間もあるから、連続で5時間、一定速度で動きっぱなしってことはないよね。

ぶちくま
ぶちくま

でも、ちゃんと運営の不正検知と取り締まりはちゃんとやっているということがわかったので、普通にプレイしている方にとっては安心材料になると思います!

スポンサーリンク

位置偽装ツールの代表例

ここからは、実際にどうやって位置偽装していくのか方法などについて解説していこうかと思います。

Dr.Fone-GPS変更

私が利用したのはDr.Foneの「GPS変更」という機能です。

Dr.Fone自体は無料でもお試しで使えるのですが、GPS変更機能については有料機能になっています。しかも、Dr.Foneのフルバージョンセットの中には入っていないので、個別にGPS変更機能を購入する必要があります。

家族・会社に居場所を知られたくない時に位置情報を偽装する方法
スマホについているGPSによる位置情報は、さまざまなシチュエーションで利用されるようになってきました。そのため、家族や仕事などの都合で「今、居場所を知られたくない」というときに役立つ位置情報変更ツールが役立つことがあるので情報をまとめました。

iOSでも利用できる強み

Dr.Foneの一番の特徴は「iOS」に対しても利用できるということ。

ぶちくま
ぶちくま

私はMacとiPhoneを繋いでレビューを書かせてもらいましたが、比較的ハードルの高いiOSでチート行為を利用できるというのは、なんというかゲーマーとしては複雑な心境にはなります。

GPS変更の使い方

  • Dr.FoneのGPS機能を立ち上げる
  • iPhoneとMac/PCを繋げる
  • 「GPS変更」機能でiPhoneの現在地を調整する
  • iPhoneでドラクエウォークを起動させる
  • 経路を指定して目的地まで移動する
  • 終了時は必ずアプリを落としてから、接続を解除する
  • GPS変更情報が残っているので、場合によってはiPhoneを再起動させる

使い方としては、Dr.FoneのGPS機能を立ち上げて、Mac/PCとiPhoneを繋ぎます。

iPhoneのマップを開いて現在地を確認しながら、Dr.Fone「GPS機能」で開いたマップを任意の場所に指定します。iPhoneのマップで位置が変更されたことを確認してから、今回でいえばドラクエウォークを起動します。

ドラクエウォーク起動後にGPSで位置を指定すると、「人間の脚力ではあり得ない瞬間移動」となってしまい、おそらくウォーク側のチート検知に引っかかります。そのため、先に位置調整を行ってからドラクエウォークを起動するようにします。

あとは、マップの好きなポイントを指定すれば、カーナビのように勝手に経路が設定されて、指定した速度でiPhoneの現在地を移動させることができます。

NoxPlayer

Androidはあまり詳しくないのですが、エミュレーター関連でも位置偽装が可能なソフトがあるようです。

PC上にAndroidエミュレータを立ち上げて、ドラクエウォークをインストールできます。ただ、エミュレータだけの昨日では、「座標の指定」くらいしかできないと思うので、位置情報を利用したゲームのプレイという点では満足のいくものにはならないと思います。

次に紹介する「JoyStick」の機能も併せて使うことで、PC上でもドラクエウォークが利用できるという感じになります。

Fake GPS Location -JoyStick

同じく、Androidの使用環境には詳しくないのですが、ジョイスティックで簡単にGPSの位置情報を移動させることができるアプリもあるようです。女医とか呼ばれているんですかね、これは知りませんでした。

Androidのディスプレイに「仮想ボタン(ジョイスティック)」を出現させて位置情報を操作するもので、JoyStickを起動させたまま、他のアプリを利用することができるのが特徴です。

アンドロイド側でも操作・設定する項目があるようですが、今回は私もいじれる環境にないので説明は割愛します。開発者向けオプションとかを簡単にいじれるのはAndroidらしいですね。

ドラクエウォークを起動したまま、好きな位置にボタン操作をして移動できるのがJoyStickの魅力ですが、それ以外にも指定したルートで自動歩行する、などの機能もあるようです。

スポンサーリンク

ドラクエウォークで位置偽装するとバレる理由

ここからは、アカウント停止される可能性についても検討していきたいと思います。

アカウント停止の危険性は?

まず、実際にドラクエウォークでは利用規約に明確に「位置偽装を利用したチート行為の禁止」を記述しています。

チートやツール等の使用禁止

チート行為、自動ソフトウェア、GPS・位置情報の改変(位置偽装)など、ゲームを改変することを目的とするソフトやツール等の利用は禁止事項です。

https://www.dragonquest.jp/walk/news/view.php?id=27

利用規約遵守のお願い

言い逃れのしようがなく、位置偽装ツールの利用はアカウント停止の対象となります。バレればアカウント停止になりますし、利用していることを匂わせるようなことをSNSで発言すれば、これを理由にアカウントを特定して停止措置を取らざるを得なくなります。

ぶちくま
ぶちくま

ちょうど、記事更新のために起動させていた時にアラート通知で強制ノックアウトされたので、運営の検知ツールはちゃんと機能しています。

これから、運営のチート検知システムについての解説もしますが、基本的にこの辺りは運営が如何様にも設定を変えることはできるのと、他のプレイヤーからのタレコミ情報などで目視で確認される可能性もあります。

基本的に、目視での確認になった時に位置偽装ツールの利用は痕跡が残るので、アカウント停止になるものだと思っていた方がいいと思います。

ツールを使用したら即BANというわけではない

とはいえ、先に実験したポケモンGOのアカウントもツールを利用したから即時停止、という措置にはならず、運営によって「アカウント停止措置の一線」を設定していることは考えられます。

ドラクエウォークも、1週間ほど試しプレイしている時に関してはコーションアラートも出ませんでした。基本的にはプレイ時間やアイテムやモンスターの取得量で異常値を叩き出さない限りはウォーク運営の目視チェックには至らないと考えられます。

しろくまさん
しろくまさん

ただ、一度アラートが出たアカウントのチェックは厳しくなると思うので、潮時だと思って利用を控えることをお勧めします。

では、具体的にどのような条件が重なると、アカウント停止になりうるのかを考えてみました。

ちなみに、スイコンなんかもアカウント停止の対象となりそうなものですが、スイコン利用でアカウント停止された事例は滅多にみませんね。位置偽装はどうなのでしょうか。

スイッチコントロールで無限周回できるようになる方法
スイッチコントロールを無限ループさせるためにiOS標準のショートカットを駆使して何とかできないものか考えた記事です。

位置偽装ツール利用からアカウント停止になるまでの順序

運営も全てのアカウントを監視できているわけではありません。

基本的には「不正行為」を自動で察知して、察知したアカウントに対して不正行為の内容を評価し、悪質な場合に「アカウント停止」となる流れになります。

例えば、スマホ端末側で不正にデータ内容を書き換えた場合、サーバー側で異常値として検出して、これをみて明らかに故意なデータ書き換えが行われた、と運営が目視で判断してアカウント停止になるわけです。

目視じゃなくても、不正行為と見做される行為が短期間に複数回、あるいは警告した上で長期間同内容の不正が繰り返された場合にはアカウント停止となる可能性があります。

しろくまさん
しろくまさん

いずれにせよ、基本的にはアカウント停止は突然に行われるわけではありません。該当する行為を繰り返し行なっているために、アカウントの利用を停止せざるを得なくなるわけです。

ユーザーの中には、「何もしていないのにアカウントが停止された」という場合があります。本当に何もなければ運営に説明すれば解除される可能性はありますが、基本的にはそのアカウントで複数回「不正と思われる記録が残っている」場合がほとんどです。

不正利用が検知される

  • 本来立ち入ることができない場所にいることがある(横断できない川、海の上、山の中、線路・空港などの立入禁止区域)
  • 移動経路があまりにも直線的
  • 移動速度があまりにも単調(継続した同一速度)
  • 移動速度が速すぎる
  • 移動する時間が長すぎる
  • ゲームの開始位置、終了場所がまちまち・不自然

まず、どうやって運営が位置偽装を察しているかを考えます。

やろうと思えば、運営はアプリ起動中は常時通信させてスマホの移動を線として把握することもできなくはないですが、基本的には通信機会は「一定時間経過による自動通信」と「戦闘・マップ上のアイテム取得などのタイミング」に限定し、通信のタイミングをマップ上で点として記録していると考えられます。

ぶちくま
ぶちくま

これらの通信タイミングによって取得したログをつなぎ合わせて、大体のユーザーの移動経路を把握するというわけですね。

加えて、これらの移動経路は基本的に「テキストデータ」として保持されるだけです。つまり、座標点を含めた戦闘ログがデータベースに蓄積されているだけ。このデータだけをみて運営が「チートだ」と疑うことはほぼあり得ません。(何万人も居るプレイヤー全員のデータを閲覧するのは無理です)

しろくまさん
しろくまさん

全てのユーザーの移動経路を逐一確認することはできないので、基本的には運営が設定したチート検知(網、釣り針)に対して引っかかるデータ(魚)がいないとアラート(ウキ)確認はしないと思います。

ぶちくま
ぶちくま

異常値の発生などがない限りはアカウントが即時停止されるようなことはないと考えていいと思います。

例えば、上記のような「高速移動(瞬間移動)」や「人間には無理な長時間プレイ」などでチート検知された場合も、即座にアカウントを停止するわけではなく、必ず目視でチートかどうかを検討することになると考えられます。

しろくまさん
しろくまさん

誤ってアカウントを停止することは運営に対する信用に関わることですからね。

ぶちくま
ぶちくま

でも、目視で確認する前にアカウントに目印をつけたり、「警告」を出すことはできるので、同じタイミングで運営も「警告されたプレイヤー」の行動履歴くらいは確認すると思います。

この目視での作業の際に初めて、移動データをログからマップなどに可視化して不正行為なのかどうかを判断することになります。この時の判断材料として、マップ上で不自然な移動になっていないかを確認するわけですね。

アカウントへのチェックが厳しくなるケース

  • 上記の不正利用が検知される回数が多い
  • ランキングに関わる異常値(上位ほどチェックは厳しくなる)
  • 過度に育成が促進されていないか(強すぎるデータはチェック)
  • 他のプレイヤーとの交換などに使用される(ドラクエならお土産など)
  • SNSで不正を疑わせる発信がある
安心して利用できるプラットフォームを維持する

ソーシャルゲームは、基本的にはプラットフォームを提供することで、ユーザーがゲームをプレイする環境を提供することで運営していきます。コンテンツはゲーム人口を維持するためのもので、プラットフォームが存在し続けることが大事だったりします。

運営にとって、チート行為の対処をしなければいけないのは、このプラットフォームの健全性が害される時。

チーターがランキングに入ってくることは避けたいし、チーターがいることを一般ユーザーに知られてしまうのが良くない。不正が行われれば、プラットフォームから人がいなくなってしまうし、不正のあるプラットフォームにある自分のデータにお金をかけようとは思いませんからね。

他のプレイヤーへの影響力も考慮

簡単に言えば、有名なSNSアカウントやYouTuberの不正は、他のプレイヤーへの影響も考えて早めに対処される可能性があります。

同様に、ランキングは上位であるほど不正は目立つのでアカウント停止となる措置が取られやすい。

課金しているアカウントはお得意様だから停止されづらい、と考えるかもしれませんが、よほどの廃課金者でもない限りはプラットフォームの存続の方が大事。声の大きな不正者は早めに処理される可能性があるということです。

ネットに証拠が残されている場合

目立たないアカウントであっても、不正の証拠が残ってしまう場合にはアカウント停止措置を取らざるを得ない場合もあります。SNSでガチャ結果などを載せていれば容易にユーザーーアカウントの特定はできますからね。

不正行為でアカウントが停止されるということ

少し長くなりましたが、つまり以下のようなことが言えます。

  • 基本的にはよほど悪いことをしない限りは即アカウント停止となるようなことはない
  • アカウント停止される場合には、第一に「データの異常値」が発見されている
  • データの異常値が複数回繰り返されている
  • ユーザーの他のプレイヤーへの影響力も加味される
運営にとってもアカウント停止はリスク

基本的には、一度でアカウント停止までされることはありません。垢BANされるというのは、運営としては少なくとも確信が持てるような異常値の連続・継続性が確認された時くらいにしかやりたくないものです。

垢BANされて「身に覚えがない」と主張する方もいますが、本人が認識していないだけでアカウント停止措置の対象となる行動をしている可能性はあります。

高速移動で検知される場合、道路の上だとどう考えても危険行動に繋がりますからね。電車の移動なら、移動経路は線路の上だけになって移動速度も一定の高速移動になりますが、車の場合はログを辿ればわかるものです。

助手席で利用していた、という言い訳は立つかもしれませんが、これも通常のプレイ時間を超えるようなやり方であれば、少なくとも健全ではないプレイと言えますし。仮に本当だとしても、例えば一日8時間も位置情報系のゲームをプレイしていることは常軌を逸していますからね。(たまにやっちゃうけど)

安全な位置偽装ツールの利用方法とは

まず、位置偽装ツールがチートでありアカウント停止措置の対象であると明言されている以上、ツールを利用して安全ということはありません。

ある意味では、自宅内で落ち着いてゲームをプレイしている方が、車や自転車でスマホを操作するよりもよっぽど安全なんですけどね。

あくまでも私の見解ですが、以下のことに注意してプレイすれば早々はアカウント停止とはならないと思います。

  • 1日1時間程度の利用にとどめる
  • 自宅から一定区間(散歩、ランニングのコースを想定)の利用にとどめる
  • 利用時間は健全な時間帯にする(夜中の利用を避ける)
  • ランキング要素に関わるものには利用しない
  • RMT(お金のやり取り)に関わるようなことはやめる(交換できるレアアイテムの取得など)
  • 地域巡りのアイテム(お土産)の取得はしない

簡単に言えば、普通の徒歩プレイヤーの動きを想定して、それを超えるようなデータは作らない、と意識すればいいと思います。これを守れば目視のデータチェックまで引っかからないと思います。

ぶちくま
ぶちくま

ただ、偽装ツールは使ってみると、本当に楽ちんなので、「やっぱりもうちょっと、あと少しだけ」なんてやっているうちについつい長時間の周回プレイになってしまいがちです。

また、偽装ツールも途中でツール側が落ちたり、接続が悪くなると、突如自分の自宅にワープしてしまうことがあります。これが繰り返されると異常検知されてアウトになります。

しろくまさん
しろくまさん

本当はズルして他の人より優位に立つために位置偽装ツールを使いたいけど、ズルのために使ったらやっぱりアウトだってことは考えておかないとね。

余談:本当に取り締まるべきこととは

これは余談ですが、私もゲームが好きなので、チート行為については適切に取り締まられるべきだと思っています。

ただ、どうしてもデータのやり取りでしかないのがソシャゲ、チート行為が横行してしまう環境が整いやすいのも避けられない事態です。

運営も想定プレイ時間を見直すべき

根本的に、運営が要求するプレイ時間が長くなりすぎると、ユーザーも不正に手を染めざるを得なくなってきます。

もちろん、ほとんどのユーザーにとっては、どこかで見切りをつけてゲームと向き合う必要があるけど、その「見切り」をつける訓練を受けていない若い子たちには「ゲーム依存」に陥るリスクがどうしても出てきてしまうよね。

ゲームプレイには、「優先順位」を決める機能と「報酬系」という前頭前野の機能が深く関連しています。ゲーム運営会社は、意図的にこの「依存」を利用して、課金を促したりプレイヤーを縛りつけたりするわけですが、これも考えようによっては悪質な行為だとも言えます。

今回、GPS偽装ツールを使ってみて、「ゲームから解放される時間」が作れることは有意義なことだと思いました。私はおじさんなので失う時間は大したことありませんが、将来有望な若者たちがゲームプレイに多くの時間を割きすぎているのではないかと不安に感じることがあります。

ドラクエウォーク、なんだかんだで画面を注視する必要がある時間が多いので、これを歩行しながらやるのは結構大変なんじゃないかって思うときはありますね。

本当に危険な行動は何か

ドラクエウォーク、移動を強いられるのは位置情報ゲームなので仕方がないのですが、いわゆるレアモンスターを取得したりするためにそれなりの距離を移動する必要が出てきます。

当然、ユーザーとしては少しでもラクがしたいので、自転車や自動車を使って移動するユーザーが出てきます。これは、仮に操作のタイミングでは車を止めていたり、同行者が操作をしたりすることで回避しているんだと思いますが、やはり危険行動を誘発するゲームシステムであるとは言えると思います。

愛知・ポケGO事故2年 遺族「ながらスマホやめて」

人間の意思は本当に弱い

実際、GPSで位置偽装してもネットで見るような上級プレイヤーのデータには到底敵わないって感じましたね。あの人たちは、投資している時間が異様に多いか、同様にチートを利用しているかのどちらかですよね。

その人たちの時間の使い方まであれこれ言うことはしませんが、人間、やっぱりそういうデータを見ちゃうと「自分でも作ってみたい」「追いつきたい」と思ってしまうものなんですよね。

結局、この競争意欲は焦りを生みますし、「少しくらいならいいか」で自分でルールを曲げて、だんだん車の移動をしながらスマホをいじったりをしてしまうのです。

しろくまさん
しろくまさん

きっと、本当に取り締まるべきは車や自転車での移動を疑われるユーザーなんだけど、ここを放置して課金導線に支障が出るツールの利用だけは厳しくなるのは少し疑問が湧くところですよね。

ぶちくま
ぶちくま

もちろん、位置偽装ツールを利用することを肯定するわけではなく、チートはチートとして取り締まられるべきです。

一番いいのは、適度なプレイスタイルで、ドラクエの世界を旅しているという緩い気持ちで楽しめることだと思います。ただ、運営もお金を稼がないといけないので、ガチャも入れるし収集欲は刺激するし、対人要素で競わせたりもする。

自分のペースを見失わずに「どうやって楽しむか」を考えて、ドラクエウォークと付き合っていけるのが一番ですね。

今回、私も位置偽装で警告受けたのはいい教訓だったので、おとなしくドラクエタクトのプレイに戻ります。

ドラゴンクエストタクトのプレイ日記と情報置き場
ドラゴンクエストタクトの攻略情報やプレイ日記をまとめたカテゴリページです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました