PR

アクセシビリティとスイッチコントロール「困った事例と活用方法」

スイッチコントロールの「アクセシビリティ」に関する情報をまとめています。

このページでは以下のポイントを押さえて情報をまとめています。

  • スイッチコントロールのアクセシビリティとは
  • アクセシビリティの問題点
  • アクセシビリティの解決方法

少しでも情報収集に役立てば嬉しいです!

スポンサーリンク
閑話休題、おすすめゲームの話

こちらは広告です。

今は特に紹介したいものはないので崩壊スターレイルのリンクを置いておきます。

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

スイッチコントロール「アクセシビリティ」の解決方法が知りたい

スイッチコントロールの基礎知識や、アクセシビリティに関する情報をまとめています。

「スイッチコントロールのアクセシビリティとは?」

「スイッチコントロールのアクセシビリティとは?」

スイッチコントロールのアクセシビリティは、身体機能に制約のあるユーザーが、スイッチやマウスなどの入力装置を使ってiPhoneを操作できるようにする機能です。

「視覚に関するアクセシビリティ機能」

画面の表示をカスタマイズしたり、VoiceOverを使って画面上の要素を読み上げたりすることができます。

  • 画面のカラーやテキストのサイズを変更可能
  • 拡大や透明度の調整が可能
  • VoiceOverによる画面の読み上げ機能

「身体機能に関するアクセシビリティ機能」

ハンズフリー操作や声によるコントロール、入力装置の接続などが可能です。

  • ハンズフリーでの操作が可能
  • スイッチやマウスなどの入力装置を接続できる
  • ジェスチャや通知のカスタマイズが可能

「聴覚に関するアクセシビリティ機能」

騒がしい場所でのオーディオ調整や話された言葉のテキスト変換ができます。

  • 騒がしい場所でもオーディオ調整が可能
  • 話された言葉をテキストに変換できる
  • iPhoneにサウンドを聞き取らせることができる

スイッチコントロールはアクセシビリティの一部

スイッチコントロールのアクセシビリティ機能は、身体機能に関連する機能の一部であり、他にも多くのアクセシビリティ機能がiPhoneには備わっています。ユーザーのニーズに合わせて適切な機能を選択・設定することが重要です。

「アクセシビリティでできること(iOS17対応)」

iOS 17では、アクセシビリティ機能が強化され、すべての人が好きな人とつながり、好きなものを作り、好きなことをするための支援が提供されています。

「視覚向けアクセシビリティ機能」

視覚に配慮したアクセシビリティ機能には、拡大鏡、指差し読み上げ、ディスプレイ設定のカスタマイズ、VoiceOverなどがあります。

  • 拡大鏡機能で画面を拡大可能
  • 指差し読み上げで文字を読み上げ
  • ディスプレイ設定で表示をカスタマイズ
  • VoiceOverで画面上の要素を音声説明

「聴覚向けアクセシビリティ機能」

聴覚のアクセシビリティには、「Made for iPhone」ヒアリングデバイス、サウンド認識機能があります。

  • 「Made for iPhone」ヒアリングデバイスで補聴器と連携
  • サウンド認識で緊急時の音を視覚的に通知

「発話向けアクセシビリティ機能」

発話を支援するアクセシビリティ機能には、パーソナルボイス、ライブスピーチ、Siri待機時間があります。

  • パーソナルボイスで自分の声をカスタマイズ
  • ライブスピーチでタイプして会話
  • Siri待機時間で自分のペースで話せる

「身体機能向けアクセシビリティ機能」

身体機能をサポートする機能には、AssistiveTouch、背面タップ、音声コントロールがあります。

  • AssistiveTouchとApple Watchで簡単操作
  • 背面タップで簡単ショートカット
  • 音声コントロールで声だけの操作

「認知向けアクセシビリティ機能」

認知機能のサポートには、バックグラウンドサウンド、読み上げコンテンツ、アシスティブアクセスが含まれます。

  • バックグラウンドサウンドでリラックスをサポート
  • 読み上げコンテンツでテキストを聞く
  • アシスティブアクセスでアプリをパーソナライズ

「スイコン以外にできる身体機能補助」

「スイコン以外にできる身体機能補助」

スイッチコントロール以外にも、身体機能に障がいのあるユーザーがアプリを利用できるようにするための様々なサポート機能がAppleには用意されています。

「音声コントロール」

音声コントロールを利用することで、ユーザーは声だけでアプリのインターフェイスを操作することができます。

  • 「クリック」、「スワイプ」、「タップ」などのコマンド要素を音声で操作可能
  • iOS、iPadOS、macOSで利用可能

「キーボードのサポート」

キーボードショートカットの提供により、マウスを使用せずにアプリを操作できるようになります。

  • ハードウェアキーボードをサポート
  • macOS、iOS、iPadOS、tvOS、watchOSで利用可能

「触覚フィードバック」

Apple Watchの触覚フィードバックは、さまざまな障がいを持つユーザーにとって特に役立ちます。

  • Taptic Engineを利用してアプリに触覚フィードバックを追加可能
  • iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSで利用可能

「クイックアクション」

watchOS 9のクイックアクションにより、ユーザーはアプリ内で一般的なタスクをすばやく実行することが可能になります。

  • ダブルピンチジェスチャーで割り当てたアクションを実行可能
  • 電話の応答・終了、通知の閉じる、写真の撮影、ワークアウトの一時停止/再開などが可能

実際にアクセシビリティはどのように役立つの?

アクセシビリティは、どのような方に、どのようなメリットをもたらすのかを考えてみました。

  1. 音声コントロール:
    • 対象者: 手の動きが制限されている方や、手を使わずに操作したい方。
    • メリット: この機能により、ユーザーは声だけでiPhone、iPad、Macを操作できるようになります。例えば、手術後の回復中や障がいがあるために手が使えない方が、声でコマンドを出して電子メールを送信したり、ウェブを閲覧したりできるようになります。
  2. スイッチコントロール:
    • 対象者: 身体の特定の部分しか動かせない方や、従来のタッチスクリーン操作が困難な方。
    • メリット: スイッチコントロールを使用すると、舌や唇などの身体の一部や特殊なスイッチを使ってデバイスを操作できます。例えば、四肢の動きが制限されている方が、頭部に装着したスイッチを使ってテキストメッセージを送信したり、インターネットを閲覧したりできるようになります。
  3. AssistiveTouch:
    • 対象者: 特定のジェスチャーが難しい方や、画面タッチによる細かな操作が困難な方。
    • メリット: AssistiveTouchを使用すると、カスタマイズされたタッチジェスチャーや画面上のポインタを使ってデバイスを操作できます。例えば、関節炎で指の動きが制限されている方が、簡単なタップやスワイプの代わりに、カスタマイズされたジェスチャーを使ってアプリを開いたり、設定を調整したりできるようになります。

今すぐ活用したい、家族のためのアクセシビリティ

自分の困ったことはなんとなく「こうしたい」というのがわかるものですが、家族にとっての困難なことは本人以外の視点からは捉えにくいものです。

いくつかの事例で考えながら、iPhoneのアクセシビリティを使ってどのようなサポートが可能になるのかを考えてみました。

手が震えてスマホがうまく操作できない場合

高齢になったり、病気などで手に力が入らない、神経系の症状が出現すると、スマホの細かい操作が難しくなることがあります。

  1. タッチ調整:
    • 機能の説明: タッチ調整を使用すると、タッチの反応時間や感度を調整できます。これにより、意図しないタッチ操作を減らすことができます。
    • 設定方法: 「設定」>「アクセシビリティ」>「タッチ」>「タッチ調整」でオンにします。ここで、タッチの持続時間を延長したり、誤ったタップを無視する設定を行うことができます。
  2. AssistiveTouch:
    • 機能の説明: AssistiveTouchを使用すると、画面上に表示される仮想ボタンを通じて、デバイスの操作を簡単に行えます。これにより、画面のタッチ操作が難しい場合でも、簡単なタップで多くの機能にアクセスできます。
    • 設定方法: 「設定」>「アクセシビリティ」>「タッチ」>「AssistiveTouch」でオンにします。AssistiveTouchメニューをカスタマイズして、よく使用する機能に簡単にアクセスできるように設定します。

文字が見えにくくなってきたら

加齢によって視力は衰えますが、特にスマホの画面は目の負担が大きく感じるものです。白内障で視野が霞んだり、遠視が進んだりすることもあります。

  1. 拡大鏡: iPhoneやiPadのカメラを使って、メニューや標識などの物体を拡大して表示することができます。これにより、小さな文字もはっきりと見えるようになります。
  2. ディスプレイ設定とテキストサイズ: ディスプレイの設定を変更して、テキストサイズを大きくしたり、文字を太くすることができます。これにより、画面上の文字がより読みやすくなります。
  3. ズーム: 画面上のコンテンツを拡大して表示することができます。フルスクリーンで拡大することも、ピクチャインピクチャ表示で拡大した領域を別のウィンドウで表示することもできます。

声が出せなくなった時

気管を切開したり、声帯付近に病態の影響があると、声が出しにくくなったり、声そのものを失うこともあります。

また、脳血管障害においても、言語野に影響がある部分が損傷することで発語が困難になることもあります。

  1. ライブスピーチ: この機能を使えば、タイプした文字がデバイスによって読み上げられます。これにより、声を使わずに電話やFaceTime通話、対面の会話で気持ちやアイデアを伝えることができます。日常的なやり取りや、友だちや家族との会話で簡単に返事をしたい時にも役立ちます。
  2. パーソナルボイス: 発話ができなくなるリスクがある方のために、自分に似た声を作成することができます。この機能は、あなたの声を録音して、あなたに似た声を生成します。これにより、コミュニケーション時により自然な感じを出すことができます。
  3. メッセージ: メッセージアプリを使って、絵文字、ミー文字、ステッカー、リアクションを使ったコミュニケーションが可能です。これにより、言葉を使わずに感情を表現したり、写真やリンクを共有したりすることができます。
しろくま
しろくま

もし、大切な方が声を失うことになった場合、パーソナルボイスという選択肢があることで発生はできなくても「その人の声で再現できる」ことがiPhoneだけでできるようになりました。

かめ
かめ

家族だけではなく、医療従事者もこのような機能を知っておくことで患者のサポートができることを知っておいてもらいたいです。

物覚えが悪くなったら

認知症は早期に治療を開始することで進行を遅らせることができるようになってきました。とはいえ、限定的なものでもあるため、認知症状と付き合っていく必要があります。

スマホの操作はなかなかとっつきにくいものではありますが、これまでの携帯電話とは違い、より直感的に操作することができます。

iPhoneでは、さらにアクセシビリティを高めるための機能が用意されているため、スマホの操作が苦手という方でもシンプルな操作でやりたことができるように調整できます。

  1. アシスティブアクセス: この機能は、認知障がいのある方がiPhoneやiPadをカスタマイズして認知的負荷を減らし、特定のニーズや好みに合わせて調整できるようにします。例えば、メッセージアプリに絵文字のみを表示するキーボードや、ビデオメッセージを録画して共有できるオプションなどがあります。
  2. アクセスガイド: この機能は、作業中のタスクやアプリに集中できるようサポートします。デバイスで一度に使えるアプリを1つに制限したり、キーボードへのアクセスや画面上の特定エリアでタッチ入力を制限することができます。これにより、不要なタップやジェスチャーが学習を妨げることを防ぐことができます。
  3. 「ピープル」アルバム: 写真アプリは、写真に写った人やペットの顔を認識し、「ピープル」アルバム内で分類します。これにより、写真内の人物や動物を一度特定すると、その後は自動的に「ピープル」アルバムに追加され、ライブラリ内のそのほかの写真でも識別されるようになります。

スイッチコントロールのアクセシビリティに関する口コミ・評判

アクセシビリティの情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

X(Twitter)の情報

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「スイッチコントロール アクセシビリティ」と検索できます。

アクセシビリティの口コミ、レビュー、評判まとめ

口コミやレビュー、評判についての情報です。

年齢、性別、職業:20歳、女性、学生

やぁ、私は心理学を学んでいる大学生。iPhoneのアクセシビリティ機能について話すわ。最初に言っておくけど、これらの機能はめちゃくちゃ便利だと思う。でも、正直言って、もっと改善の余地があると思うんだ。

特に、視覚サポートの機能が気になるわ。ズーム機能や拡大鏡はいいんだけど、もっと直感的に使えるようにならないかな。友達の中には、設定が分かりにくくて使いこなせないって人もいるし。

でも、ライブスピーチ機能はすごくいいと思う!話すのが難しい人がいるグループで、これがあるとコミュニケーションが格段に楽になるもん。でも、もうちょっと自然な声のバリエーションがあったらいいのにな。

全体的には、iPhoneのアクセシビリティ機能はすごく進んでると思うけど、もっとユーザーフレンドリーになれば、もっと多くの人が使いやすくなると思うわ。

年齢、性別、職業:45歳、男性、ITスペシャリスト

こんにちは、IT部門で働く中年の会社員です。私自身、最近手指の震えが出てきて、スマホの操作が少し難しくなってきました。iPhoneのアクセシビリティ機能は、こういう時に本当に役立つんですが、正直言うと、もう少し改善が必要だと感じています。

特に、音声コントロール機能は使いづらいですね。声でコマンドを出すのはいいんですが、認識率がイマイチで、ストレスを感じることが多いです。もっと精度を上げてほしいです。

一方で、AssistiveTouchは素晴らしいですね。カスタムジェスチャーを作成できるので、手の震えがあってもスマホを操作しやすくなりました。

最後に、これらの機能は素晴らしいけど、もっと分かりやすく紹介されるべきだと思います。多くの人が知らずに苦労していると感じます。でも、全体的には、アクセシビリティ機能は良い方向に進んでいると感じます。

アクセシビリティに関連した当サイトの参考ページを紹介

「アクセシビリティ」に関連した私が取り扱うサイトの各ページへのリンクを紹介していきます。

iPhoneグッズに関連した情報

iPhoneを使う上で欠かせないのが、保護ケースや充電器、モバイルバッテリーなどの周辺グッズです。これらのアイテムは、デバイスを守るだけでなく、使用体験を向上させる重要な役割を果たします。

おすすめのiPhoneケース、保護カバーまとめ

iPhoneを保護するグッズについての情報をまとめています。 概ね、新着の保護カバーやケースなどのデザインを褒めてます。

iPhoneおすすめモバイルバッテリー新着情報

iPhoneを利用する際におすすめできるモバイルバッテリーに関する情報をひたすらまとめました。

iPhoneの便利機能に関連した情報

iPhoneには、日常生活を便利にするさまざまな機能が備わっています。ジャーナル機能やスキャン/OCR機能など、知っておくと役立つ裏技や活用方法を紹介します。

iPhone/iPad「ジャーナル」の知っておきたい裏技集

iPhone/iPadで知っておくと便利な「ジャーナル」に関する情報をまとめています。 裏技や知らないと損するジャーナルの活用方法、関連するiOS最新機能について解説します。

iPhone/iPadの意外と知らない「スキャン/OCR機能」の裏技集

iPhone/iPadで知っておくと便利な「スキャン/OCR機能」に関する情報をまとめています。 裏技や知らないと損する機能名の活用方法、関連するiOS最新機能について解説します。

スポンサーリンク

まとめ:アクセシビリティは「あなたの困ったをサポート」

最後までお読みいただきありがとうございました。

スイッチコントロールの「アクセシビリティ」の特徴をまとめました。

まとめ:アクセシビリティの解決方法

スイッチコントロール/アクセシビリティに関するページ内の情報をまとめていきます。

知っておきたい「アクセシビリティ」まとめ

  • アクセシビリティは、障害のある人々がデバイスやサービスを使いやすくするための機能や設計を指します。
  • iPhoneやiPadには、視覚、聴覚、身体機能、認知などの障害に対応する多くのアクセシビリティ機能が搭載されています。
  • 視覚サポートには、拡大鏡、VoiceOver、ズーム、ディスプレイ設定などがあります。
  • 身体機能サポートには、音声コントロール、スイッチコントロール、AssistiveTouchなどがあります。
  • 発話サポートには、ライブスピーチやパーソナルボイスなどの機能があります。
  • 認知サポートには、アシスティブアクセスやアクセスガイドなどがあります。

スイッチコントロールの「アクセシビリティ」の課題と解決方法

  • スイッチコントロールの設定が複雑で使いづらいと感じる人がいる。
    • 解決方法: よりシンプルで直感的な設定方法を提供する。ユーザーガイドやチュートリアルを充実させる。
  • 一部のユーザーは、音声コントロールの反応が不安定だと感じることがある。
    • 解決方法: 音声認識の精度を向上させる。ユーザーの声の特徴を学習する機能を強化する。
  • 認知障害のある人にとって、アシスティブアクセスのカスタマイズが難しい場合がある。
    • 解決方法: より直感的なインターフェースを提供する。事前設定されたカスタマイズオプションを増やす。

アクセシビリティの知っておきたいよくあるQ&A

Q
スイッチコントロールとは何ですか?
A

スイッチコントロールは、身体機能に制約のあるユーザーが、外部スイッチやジョイスティックなどを使ってiPhone、iPad、またはMacを操作できるようにするアクセシビリティ機能です。ユーザーはスイッチを使って画面上の項目を選択し、アクションを実行することができます。

Q
スイッチコントロールを設定するにはどうすればいいですか?
A

スイッチコントロールを設定するには、まず設定アプリを開き、「アクセシビリティ」を選択します。次に、「スイッチコントロール」を選び、「スイッチコントロールをオンにする」をタップして機能を有効にします。その後、使用するスイッチを接続し、スイッチの動作をカスタマイズすることができます。

Q
スイッチコントロールでどのような操作ができますか?
A

スイッチコントロールを使用すると、選択、スクロール、ホーム画面への移動、アプリの起動、テキスト入力など、さまざまな操作を行うことができます。また、カスタムジェスチャを設定して特定のアクションを実行することも可能です。スイッチの種類や設定に応じて、操作方法が異なる場合があります。

「アクセシビリティ」に関して参考になる記事リスト

スイッチコントロールや「アクセシビリティ」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

スイッチコントロール/自動操作の関連記事

スイッチコントロールや、ショートカット/Automatorを利用した自動操作に関連する情報をまとめています。

スポンサーリンク

「アクセシビリティ」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

今月のおすすめゲームを紹介

そろそろ、復帰してみる?

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

チート・裏技
スポンサーリンク
シェアする
ぶちくまをフォローする
ぶちくま創作ベース

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ゴルフ 機能 huawei」に関する最新情報です。

    2024年3月25日にファーウェイ・ジャパンが「ゴルフ新機能発表会」を開催し、スマートウォッチ『HUAWEI WATCH GT 4』にゴルフ機能を追加するソフトウェアアップデートを発表した。このアップデートにより、日本の2,200か所以上のゴルフ場に対応する「ゴルフ場モード機能」や「練習機能」が追加され、ゴルフシーンで活躍することができる。また、新緑のゴルフコースに似合う新カラーの『HUAWEI WATCH GT 4』も発表された。ファーウェイは、スポーツとヘルスケアに対応するためにスマートウォッチをシリーズ化し、日本のライフスタイルに合わせてゴルフのワークアウトも開発した。さらに、株式会社テクノクラフトとの協業により、『HUAWEI WATCH GT 4』を使用することで、日本国内のゴルフ場のデータをHUAWEI Healthアプリ上で確認できる「ゴルフ機能」も発表された。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000521.000024671.html

  2. buchikuma-info より:

    「アクセス 早期 早期 アクセス」に関する最新情報です。

    パブリッシャーの4DivinityとデベロッパーのPayload Studiosが『TerraTech Worlds』の早期アクセスを開始。最大6人の協力プレイに対応し、惑星探険やメカづくりが楽しめるオープンワールド・サバイバル乗り物クラフトゲーム。プレイヤーはテックと呼ばれる乗り物を設計し、自由にカスタマイズ可能。資源採掘や敵テックとの戦闘を通じてパーツを集め、拠点を発展させる要素も。3月23日に好調なスタートを切り、同時接続プレイヤー数はピーク時で約2300人を記録。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240323-287138/

  3. buchikuma-info より:

    「steam レビュー ドグマ」に関する最新情報です。

    『ドラゴンズドグマ 2』は絶好調なスタートを切ったが、Steam版のレビューはやや不評で、PC版の最適化不足など課題を抱えている。少額課金要素に対する不満やセーブファイルの削除が難しい点などが指摘されており、改善が求められている。カプコンも問題を認識しているとされているが、今後の対応やビジネスモデルについては未知数となっている。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240322-286989/

  4. buchikuma-info より:

    「merry プリクラ ピーチ」に関する最新情報です。

    セガは、プリクラ機「i my merry」で任天堂のNintendo Switch用ソフト「プリンセスピーチ Showtime!」とのイベント「i my merry with PRINCESS PEACH」を3月21日から開催する。ピーチ姫とプリクラを一緒に撮影できるイベントで、期間は3月21日から4月22日まで。イベントではスタンプやらくがきフレームなどが展開され、プリクラ機「i my merry」の特徴やメイクについても紹介されている。

    https://gamebiz.jp/news/383402

  5. buchikuma-info より:

    「skyleap アクセス 10」に関する最新情報です。

    DeNAは、『グランブルーファンタジー』の10周年を記念して、推奨ブラウザ「SkyLeap」で遊ぶと宝晶石がもらえるアクセスキャンペーンや最大10万モバコインが当たる「モバフェス」などのキャンペーンを開催している。さらに、SkyLeapでは特別デザインの「グラブル10周年モード」機能も追加されており、ユーザーは記念イベントを楽しむことができる。Mobageでも10周年記念キャンペーンが行われており、様々な特典やプレゼントが用意されている。

    https://gamebiz.jp/news/382977

  6. buchikuma-info より:

    「sale おき おき インナー」に関する最新情報です。

    カルバンクラインの定番ボクサーパンツがお買い得になっており、「COTTON STRETCH Low Rise Trunk 3pk」や「クロマティック ボクサーパンツ 3枚パック」などが人気です。これらは快適なストレッチ性やブランドロゴが特徴で、現在は10%ポイントバックのセール中です。

    https://www.lifehacker.jp/article/rakuten-supersale-2024-0309-1/

  7. buchikuma-info より:

    「tv sling games」に関する最新情報です。

    Sling TVは、新しいゲームプラットフォーム「Sling Arcade」を導入し、無料のアーケードゲームを提供しています。顧客はライブTVコンテンツを視聴しながらゲームをプレイでき、Sling TVやSling Freestreamの顧客は無料で利用できます。このサービスは広告休憩中にエンターテイメントを提供し、ホーム画面でアーケードゲームを拡張してより没入感のあるプレイ体験を提供しています。他の競合サービスのゲームオファリングは有料サブスクリプションのみです。

    https://techcrunch.com/2024/03/06/sling-tv-now-lets-customers-play-free-arcade-games-while-watching-live-tv-content/

  8. buchikuma-info より:

    「村人 アクション goddess」に関する最新情報です。

    2024年内にリリース予定のカプコンの新作ゲーム『祇(くにつがみ):Path of the Goddess』は、和風剣舞アクションで、村を襲う魑魅魍魎に立ち向かう戦略アクションゲーム。プラットフォームはPC(Steam/Windows)/PS5/Xbox Series X|Sで展開され、主人公「宗」と巫女「世代」が協力して村の穢れを祓い清めるストーリー。12の仮面に神の力が宿り、村を救うために穢れから浄化していく展開が予想される。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240307-284951/

  9. buchikuma-info より:

    「株式分割 お知らせ 一部」に関する最新情報です。

    当社は、株式分割と定款の一部変更を行うことを決議しました。株式分割の目的や概要、定款の変更内容についてお知らせしています。

    https://www.capcom.co.jp/ir/news/html/240306b.html?utm_source=capcom_top&utm_medium=web&utm_campaign=referer

  10. buchikuma-info より:

    「機能 プライム ウォッチ」に関する最新情報です。

    Amazonプライムビデオの同時視聴機能「ウォッチパーティ」が3月31日に終了することが公式サイトで予告された。この機能は2020年から提供され、最大100人で同じ映像を視聴できるものであり、ゲーム実況サービス「Twitch」上で提供されていたものがAmazonプライムビデオでも利用できるようになった。機能の廃止に対する反響が大きく、提供終了を嘆く声が見られた。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2403/06/news107.html

タイトルとURLをコピーしました