PR

RSSフィードおよびサイトマップを利用した情報収集

位置情報偽装ツールから派生して、個人的に興味があったRSSフィードから任意の情報を収集するスクリプトが描けるようになるか、に関する情報をこちらに投げ入れていきます。

スポンサーリンク

RSSフィードから任意の情報を収集する

RSSフィードを利用した情報収集に関する情報をまとめていきます。ChatGPTを活用した記事になります。

RSSフィードとは

RSSフィードとは、Webサイトのコンテンツを更新するたびに自動的に情報を配信するためのXML形式のフォーマットです。RSSフィードを利用すると、Webサイトの新しい記事や更新情報を、RSSリーダーやアグリゲーターなどのアプリケーションを通じて手軽に取得できます。

RSSフィードを利用することで、定期的にチェックする必要があるWebサイトの情報を一括して収集し、効率的に情報収集ができます。また、RSSフィードを利用することで、自分が興味のあるトピックに関する情報を見逃すことなく追跡することができます。

RSSフィードは、Webサイトのブログやニュースサイトなどの更新情報を配信するために広く利用されています。RSSフィードの利用は無料であり、多くのWebサイトがRSSフィードを提供しています。

RSSフィードを利用して何ができる?

RSSフィードを活用することで、以下のようなことができます。

  1. 最新の情報を収集する:RSSフィードを利用すると、Webサイトの最新情報を手軽に収集することができます。自分が興味のあるトピックや特定のWebサイトの更新情報を取得することができ、手動でWebサイトを訪問する必要がなくなります。
  2. 情報を一元管理する:RSSフィードリーダーアプリを利用することで、複数のWebサイトの更新情報を一元的に管理することができます。これにより、膨大な情報の中から自分が興味のある情報を見つけることが容易になります。
  3. 情報の検索・整理が容易になる:RSSフィードリーダーアプリには、検索や整理機能が搭載されている場合があります。これにより、自分が興味のある情報を簡単に検索したり、整理したりすることができます。
  4. 自動化した情報配信:RSSフィードから情報を取得し、自分が管理するWebサイトやSNSなどに自動的に配信することができます。これにより、自分が興味のある情報を常に最新の状態で追跡することができます。
  5. 仕事や研究などでの活用:特定のトピックに関する情報を追跡することで、仕事や研究などの分野での情報収集や競合情報の収集などに活用することができます。

以上が、RSSフィードを活用することで可能なことのいくつかです。

2023年に対応すべきか

確かに、RSSフィードの人気はピーク時よりも下がっているという指摘はあります。以下はその理由のいくつかです。

  1. ソーシャルメディアの普及:ソーシャルメディアが普及し、FacebookやTwitterなどのプラットフォームでは、ユーザーがフォローするアカウントから更新情報を受け取ることができます。このため、RSSフィードよりも手軽に最新情報を入手できるため、多くの人々がソーシャルメディアを利用するようになったことが挙げられます。
  2. アプリの多様化:Google ReaderなどのRSSフィードリーダーは、以前はRSSフィードを管理するための主要なツールでしたが、現在では他の多くのアプリケーションが利用できます。例えば、FeedlyやInoreaderのようなRSSフィードリーダーアプリがありますが、その他にも多様なニュースアプリやカスタマイズ可能な情報収集アプリが登場し、多くの人々がこれらのアプリを利用するようになりました。
  3. Webサイトの変化:過去には、RSSフィードは主にブログやニュースサイトの更新情報を配信するために利用されていましたが、現在ではWebサイト自体がより動的なものになっており、ユーザーがアクセスしたときに自動的に最新の情報を表示するようになっています。このため、RSSフィードが必要なくなったWebサイトもあることが考えられます。

以上が、RSSフィードの人気が下火になっている理由のいくつかです。しかし、依然として多くのWebサイトがRSSフィードを提供しており、RSSフィードを活用することで、自分が興味のあるトピックに関する情報を見逃さずに取得することができます。

RSSフィードを利用してBotを起動できるか

RSSフィードを利用して情報を取得し、TwitterなどでBotとして情報発信するためには、以下の手順が必要です。

  1. RSSフィードの取得:まず、RSSフィードを取得する必要があります。Webサイトのホームページには、RSSフィードのリンクが表示されていることがありますが、そうでない場合は、WebサイトのURLに /feed や /rss などを追加することで、RSSフィードのURLを取得できる場合があります。また、FeedlyやInoreaderのようなRSSフィードリーダーアプリを利用することもできます。
  2. RSSフィードの処理:取得したRSSフィードを処理するためのスクリプトを作成する必要があります。Pythonのfeedparserなどのライブラリを利用することで、RSSフィードを処理することができます。スクリプトには、RSSフィードから取得した情報をTwitter APIを利用して投稿する処理を組み込む必要があります。
  3. Twitter APIの利用:Twitter APIを利用するには、Twitter Developer Platformに登録し、APIキーを取得する必要があります。APIキーを取得したら、TweepyなどのPythonライブラリを利用して、APIを呼び出してTwitterに投稿する処理を組み込みます。
  4. 定期実行:スクリプトを定期的に実行するように設定する必要があります。cronなどのスケジュール管理ツールを利用することで、定期実行することができます。

以上が、RSSフィードを利用してTwitterでBotとして情報発信するための手順です。ただし、Twitterの利用規約にはBotの利用についての制限があるため、利用規約を確認し、適切に利用するように注意してください。

XML形式で記述されたWebコンテンツの情報を整理する

RSSフィードを含めて、XML形式で記述されたコンテンツの情報収集を極めていきたいと思います。

HTMLサイトがRSSフィードを利用する場合の記述例

RSSフィードは、XML形式で記述されたWebコンテンツの更新情報を提供するために使用されます。

HTMLで構成されたWebページがRSSフィードを利用する場合、以下のようにXML形式で記述されたデータを差し込むことができます。

xml
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<rss version="2.0">
  <channel>
    <title>My Blog</title>
    <link>http://www.example.com/</link>
    <description>Updates on my blog</description>
    <item>
      <title>My latest blog post</title>
      <link>http://www.example.com/my-latest-post</link>
      <description>Here is a summary of my latest post.</description>
      <pubDate>Sat, 15 Apr 2023 12:00:00 GMT</pubDate>
    </item>
    <item>
      <title>Another blog post</title>
      <link>http://www.example.com/another-post</link>
      <description>Here is a summary of another post.</description>
      <pubDate>Tue, 18 Apr 2023 09:30:00 GMT</pubDate>
    </item>
  </channel>
</rss>

上記の例では、XML宣言の後にrss要素が定義されています。rss要素には、version属性があり、RSSのバージョンが2.0であることを示しています。channel要素には、フィードのタイトル、リンク、説明などの情報が含まれています。item要素には、各記事の情報が含まれています。

HTMLページでこのRSSフィードを利用する場合、HTMLの<head>要素内に以下のように<link>要素を追加することで、フィードを読み込むことができます。

html
<head>
  <title>My Blog</title>
  <link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="My Blog" href="http://www.example.com/rss-feed.xml" />
</head>

<link>要素には、rel属性にalternatetype属性にapplication/rss+xmltitle属性にフィードのタイトル、href属性にフィードのURLを指定します。これにより、ブラウザはフィードを読み込み、ユーザーが最新のコンテンツを確認できるようになります。

XMLでタグづけされた情報を整理する

RSSフィードは、XML形式で記述されたWebコンテンツの更新情報を提供するために使用されます。RSSフィードを利用して、任意のURLから情報を抽出し、必要な情報をまとめることができます。

RSSフィードには、<item>要素があり、各記事の情報が含まれています。この<item>要素内には、記事のタイトル、リンク、説明、公開日などの情報が含まれています。RSSフィードを利用する場合、必要な情報を抽出するためには、XMLの要素を解析して情報を取得するプログラムを作成する必要があります。

たとえば、以下のようなRSSフィードがあったとします。

xmlCopy code<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<rss version="2.0">
  <channel>
    <title>ニュースフィード</title>
    <link>http://www.example.com/</link>
    <description>最新のニュースをお届けします。</description>
    <item>
      <title>政府、消費税率を引き上げへ</title>
      <link>http://www.example.com/news/001</link>
      <description>政府は、消費税率を引き上げることを正式に決定した。</description>
      <pubDate>Mon, 17 Apr 2023 14:00:00 GMT</pubDate>
    </item>
    <item>
      <title>新型コロナウイルス感染拡大、医療崩壊の危機</title>
      <link>http://www.example.com/news/002</link>
      <description>新型コロナウイルスの感染拡大により、医療現場が崩壊の危機に直面している。</description>
      <pubDate>Wed, 19 Apr 2023 10:30:00 GMT</pubDate>
    </item>
  </channel>
</rss>

このRSSフィードから、各記事のタイトルとリンクを取得するためには、以下のようなPythonコードを書くことができます。

pythonCopy codeimport requests
import xml.etree.ElementTree as ET

url = 'http://www.example.com/news/rss-feed.xml'
response = requests.get(url)
root = ET.fromstring(response.content)

for item in root.findall('./channel/item'):
    title = item.find('title').text
    link = item.find('link').text
    print(title, link)

上記のコードでは、requestsライブラリを使用してRSSフィードを取得し、xml.etree.ElementTreeモジュールを使用して要素を解析しています。findallメソッドを使用して、./channel/itemパスにマッチする要素を取得し、各記事のタイトルとリンクを取得しています。取得したタイトルとリンクは、text属性を使用して取得され、print関数を使用して出力されます。

このように、RSSフィードを利用して任意のURLから情報を抽出し、必要な情報をまとめることができます。必要な情報を抽出するためには、XMLの要素を解析するプログラムを作成する必要がありますが、Pythonなどのプログラミング言語を使用することで、比較的容易に実装することができます。

XMLタグで情報収集するなら何を対象にすべきか

Webサイトでよく使われているXMLの要素には、以下のようなものがあります。

  1. <a>要素:リンクを定義するために使用されます。href属性にURLを指定することで、別のWebページやファイルにリンクすることができます。
  2. <img>要素:画像を表示するために使用されます。src属性に画像のURLを指定することで、画像を表示することができます。
  3. <h1><h6>要素:見出しを定義するために使用されます。<h1>が最も大きな見出しで、<h6>が最も小さな見出しとなります。
  4. <p>要素:段落を定義するために使用されます。テキストや画像などのコンテンツを含めることができます。
  5. <div>要素:複数の要素をグループ化するために使用されます。class属性やid属性を使用して、CSSスタイルシートやJavaScriptで要素を操作するための識別子を定義することができます。
  6. <span>要素:インラインのテキストをグループ化するために使用されます。class属性やid属性を使用して、CSSスタイルシートやJavaScriptで要素を操作するための識別子を定義することができます。
  7. <ul>要素:順序のないリストを定義するために使用されます。<li>要素を使用して、リスト項目を定義することができます。
  8. <ol>要素:順序付きリストを定義するために使用されます。<li>要素を使用して、リスト項目を定義することができます。

これらの要素は、Webサイトでよく使われています。情報収集を行う際に有益な要素は、<a>要素や<img>要素です。<a>要素を使用して、別のWebページにリンクされたテキストや画像を取得することができます。また、<img>要素を使用して、画像を取得することもできます。このほかにも、Webサイトによって異なるため、必要に応じて要素を選択する必要があります。

Pythonで見出しとリンクを抽出する

このような目的でPythonでコードを記述する場合、Pythonの標準ライブラリであるurllibxml.etree.ElementTreeを使用することができます。以下は、XML形式のWebページからリンクと見出しを取得するサンプルコードです。

python

import urllib.request
import xml.etree.ElementTree as ET

# XML形式のWebページのURLを指定する
url = 'https://example.com/page.xml'

# XML形式のWebページを取得する
with urllib.request.urlopen(url) as response:
    xml_data = response.read()

# XMLを解析する
root = ET.fromstring(xml_data)

# リンクと見出しを取得する
for item in root.findall('.//item'):
    link = item.find('link').text
    title = item.find('title').text
    print(link, title)

上記のコードでは、urllib.requestモジュールを使用してXML形式のWebページを取得し、xml.etree.ElementTreeモジュールを使用して要素を解析しています。findallメソッドを使用して、'.//item'パスにマッチする要素を取得し、各記事のリンクと見出しを取得しています。text属性を使用して、リンクと見出しのテキストを取得しています。

必要に応じて、findメソッドを使用して他の要素も取得することができます。また、forループの中でデータをファイルに書き込むこともできます。

以上のように、urllibxml.etree.ElementTreeを使用してXML形式のWebページからリンクと見出しを取得することができます。必要に応じて、解析する要素を変更して、他のデータも取得することができます。

XMLデータを取得できない

XMLデータの解析時に構文エラーが発生していることがわかります。この問題は、ウェブサイトのURLから取得したデータがXML形式ではない可能性があります。まず、取得したデータを確認して、XML形式であることを確認してください。

次のコードで、取得したデータを表示できます。

python

import urllib.request
import xml.etree.ElementTree as ET

# XML形式のWebページのURLを指定する
url = 'https://buchikuma.xyz/chatgpt-idea/'

# XML形式のWebページを取得する
with urllib.request.urlopen(url) as response:
    xml_data = response.read()

print(xml_data)

もし取得したデータがXML形式でなければ、正しいURLを取得するか、データがXML形式に変換されるようにサイト管理者に連絡してください。

また、ウェブサイトがXML形式であることを確認した場合でも、エンコーディングの問題が原因で構文エラーが発生することがあります。この場合は、response.read() の代わりに response.read().decode('utf-8') を使用して、データをUTF-8形式にデコードしてください。

以下のコードを試してみてください。

python

import urllib.request
import xml.etree.ElementTree as ET

# XML形式のWebページのURLを指定する
url = 'https://buchikuma.xyz/chatgpt-idea/'

# XML形式のWebページを取得する
with urllib.request.urlopen(url) as response:
    xml_data = response.read().decode('utf-8')

# XMLを解析する
root = ET.fromstring(xml_data)

# リンクと見出しを取得する
for item in root.findall('.//item'):
    link = item.find('link').text
    title = item.find('title').text
    print(link, title)

これで問題が解決しない場合は、さらなる情報が必要になります。具体的には、取得したXMLデータの内容や、使用しているPythonバージョン、実行環境などの情報が役立ちます。

しろくま
しろくま

ここで、そもそもURLからxml形式のデータ更新がされていないことに思い当たります。RSSフィードされるURLを把握しないと対応できないんじゃないかと。

かめ
かめ

そうなると、監視すべきはGoogleに検索されるためにほとんどのサイトが持っているであろうサイトマップページで、ここからの情報収集ができたほうが最新情報を拾うのにはちょうどいいのかもしれません。

実際にfeedページから見出しを拾う

というわけで、試しにもらったコードをgoogle colabで試してみました。このサイトのfeedページを設定。

簡単に「最近投稿した記事リスト」が抽出されましたが、これでは情報収集にはなりませんね。欲しいのはURLの見出しになります。

見出しh2、h3とリンクを拾うコード

該当URLのページ内の情報収集(h2、h3の見出しとリンク)を行うには、以下の手順でコードを追加します。

  1. BeautifulSoupライブラリをインポートします。
  2. 記事のURLページ内の情報収集用の関数を作成します。
  3. この関数を、リンクと見出しを取得するループ内で実行します。

以下のコードを参考にしてください。

pythonCopy codeimport urllib.request
import xml.etree.ElementTree as ET
from bs4 import BeautifulSoup

def extract_info(url):
    with urllib.request.urlopen(url) as response:
        html_data = response.read().decode('utf-8')

    soup = BeautifulSoup(html_data, 'html.parser')

    headings_h2 = soup.find_all('h2')
    headings_h3 = soup.find_all('h3')
    links = soup.find_all('a', href=True)

    print("H2 Headings:")
    for heading in headings_h2:
        print(heading.text)

    print("H3 Headings:")
    for heading in headings_h3:
        print(heading.text)

    print("Links:")
    for link in links:
        print(link['href'])

# XML形式のWebページのURLを指定する
url = 'https://buchikuma.xyz/chatgpt-idea/'

# XML形式のWebページを取得する
with urllib.request.urlopen(url) as response:
    xml_data = response.read().decode('utf-8')

# XMLを解析する
root = ET.fromstring(xml_data)

# リンクと見出しを取得する
for item in root.findall('.//item'):
    link = item.find('link').text
    title = item.find('title').text
    print("Article URL:", link)
    print("Article Title:", title)
    
    extract_info(link)
    print("\n\n")

このコードでは、extract_info()関数が各記事のURLページ内のh2、h3の見出しとリンクを抽出します。リンクと見出しを取得するループ内で、この関数を実行して各記事の詳細情報を取得します。

出力形式を工夫する

しろくま
しろくま

恐ろしいことに、Python全くいじれないのにデータの抽出までできてしまいました。ただ、これだと情報収集としては活用しづらいので、出力についても考えていきたいと思います。

Pythonの標準ライブラリであるcsvを使用して、各項目をCSV形式で出力できます。以下の手順でコードを変更してください。

  1. csvライブラリをインポートします。
  2. CSVファイルを書き込むための関数を作成します。
  3. 各記事の詳細情報をCSVファイルに書き込みます。

以下は、CSV形式で各項目を出力するコードの例です。

python

import urllib.request
import xml.etree.ElementTree as ET
from bs4 import BeautifulSoup
import csv

def extract_info(url):
    with urllib.request.urlopen(url) as response:
        html_data = response.read().decode('utf-8')

    soup = BeautifulSoup(html_data, 'html.parser')

    headings_h2 = [heading.text for heading in soup.find_all('h2')]
    headings_h3 = [heading.text for heading in soup.find_all('h3')]
    links = [link['href'] for link in soup.find_all('a', href=True)]

    return headings_h2, headings_h3, links

def write_to_csv(data, filename):
    with open(filename, 'w', newline='', encoding='utf-8') as csvfile:
        writer = csv.writer(csvfile)

        # CSVファイルのヘッダーを書き込む
        writer.writerow(["Article URL", "Article Title", "H2 Headings", "H3 Headings", "Links"])

        # CSVファイルに各記事の情報を書き込む
        for item in data:
            writer.writerow(item)

# XML形式のWebページのURLを指定する
url = 'https://buchikuma.xyz/chatgpt-idea/'

# XML形式のWebページを取得する
with urllib.request.urlopen(url) as response:
    xml_data = response.read().decode('utf-8')

# XMLを解析する
root = ET.fromstring(xml_data)

# CSVファイルに書き込むデータのリスト
csv_data = []

# リンクと見出しを取得する
for item in root.findall('.//item'):
    link = item.find('link').text
    title = item.find('title').text
    
    headings_h2, headings_h3, links = extract_info(link)
    
    # 各記事の情報を1行としてリストに追加
    csv_data.append([link, title, ", ".join(headings_h2), ", ".join(headings_h3), ", ".join(links)])

# CSVファイルにデータを書き込む
write_to_csv(csv_data, 'output.csv')

このコードは、write_to_csv()関数を使用してCSVファイルに各記事の詳細情報を書き込みます。output.csvという名前のCSVファイルが生成され、各記事のURL、タイトル、H2見出し、H3見出し、リンクが格納されます。

サイト更新を監視してキーワードや見出しを拾う

少し狙っていることと逸れてきたので、RSSフィードというよりはサイトマップを監視して何かしらの情報収集に繋げる方法について考えていきます。

任意のサイトのサイトマップを監視し、更新があった場合に新しいページの情報から見出しや特定のキーワードを抽出するには、次の手順でPythonコードを作成できます。

  1. サイトマップのURLを取得する
  2. サイトマップを定期的にチェックし、変更があったかどうか確認する
  3. 変更があった場合、新しいURLを取得して、そのページから見出しやキーワードを抽出する

以下に、この手順に従って実装したPythonコードの例を示します。この例では、BeautifulSouprequestsライブラリを使用していますので、事前にインストールしてください。

python

import time
import hashlib
import requests
from bs4 import BeautifulSoup
import xml.etree.ElementTree as ET

sitemap_url = 'https://example.com/sitemap.xml'  # サイトマップのURLを指定します

def get_sitemap(sitemap_url):
    response = requests.get(sitemap_url)
    return response.text

def check_sitemap_change(old_sitemap, new_sitemap):
    old_hash = hashlib.md5(old_sitemap.encode('utf-8')).hexdigest()
    new_hash = hashlib.md5(new_sitemap.encode('utf-8')).hexdigest()
    return old_hash != new_hash

def extract_urls_from_sitemap(sitemap):
    root = ET.fromstring(sitemap)
    urls = [elem.text for elem in root.findall('.//loc')]
    return urls

def get_page_data(url):
    response = requests.get(url)
    soup = BeautifulSoup(response.text, 'html.parser')
    return soup

def extract_headings(soup):
    headings = [heading.text for heading in soup.find_all(['h1', 'h2', 'h3', 'h4', 'h5', 'h6'])]
    return headings

def extract_keywords(soup, keywords):
    text = soup.get_text()
    found_keywords = {keyword: text.count(keyword) for keyword in keywords}
    return found_keywords

keywords_to_search = ['Python', 'AI', 'データ']  # 抽出したいキーワード

old_sitemap = get_sitemap(sitemap_url)

while True:
    time.sleep(60 * 60)  # 1時間待つ (適切な間隔に調整してください)

    new_sitemap = get_sitemap(sitemap_url)
    
    if check_sitemap_change(old_sitemap, new_sitemap):
        old_urls = set(extract_urls_from_sitemap(old_sitemap))
        new_urls = set(extract_urls_from_sitemap(new_sitemap))

        added_urls = new_urls - old_urls

        for url in added_urls:
            soup = get_page_data(url)
            headings = extract_headings(soup)
            keywords_count = extract_keywords(soup, keywords_to_search)

            print(f"URL: {url}")
            print(f"Headings: {headings}")
            print(f"Keywords count: {keywords_count}")
            print()

        old_sitemap = new_sitemap

このコードは、指定されたサイトマップのURLから、更新があった場合に新しいページの情報を取得し、見出しと特定のキーワードを抽出します。コードは、指定した間隔でサイトマップをチェックし、変更があった場合に新しいページのURLを取得して見出しとキーワードの情報を表示します。

以下の手順で、実装されたコードの各部分がどのように機能するかを簡単に説明します。

  1. get_sitemap関数でサイトマップの内容を取得します。
  2. check_sitemap_change関数で、古いサイトマップと新しいサイトマップが異なるかどうかを確認します。
  3. サイトマップが変更されていた場合、extract_urls_from_sitemap関数で新しいURLを抽出します。
  4. 新しいURLごとに、get_page_data関数でページの内容を取得し、BeautifulSoupオブジェクトを作成します。
  5. extract_headings関数で、各ページから見出しを抽出します。
  6. extract_keywords関数で、各ページから指定されたキーワードを抽出します。
  7. 最後に、見出しとキーワードの情報を表示します。

このコードは、サイトマップの変更を検出し、新しいページから見出しやキーワードを抽出する基本的な処理を行います。必要に応じて、適切な間隔やキーワードを設定し、さらなる機能を追加してカスタマイズしてください。

URLを指定してページの要約を作ってもらう

別プロジェクトで考えていたことなのですが、同じ問題が出てきたのでこちらのページで解決策を考えていきます。

概要だけ説明すると、情報収集を自動化する目的でサイト監視を考えており、その際に「ChatGPTにページの要約を作ってもらう」ということを考えたのですが、これについての手法です。

要約したい内容がWebページの場合、URLを指定して要約を依頼する場合にはどのようなコードが必要になりますか?

Webページの内容を要約するには、まずページのテキストを取得し、その後でGPTモデルを使用して要約を行う必要があります。以下に、PythonのrequestsライブラリとBeautifulSoupライブラリを使ってWebページのテキストを取得し、その後でGPTモデルを使って要約を行うコード例を示します。

まず、beautifulsoup4requestsをインストールしてください:

pythonCopy code!pip install beautifulsoup4 requests

そして、以下のコードを使用してWebページの内容を要約できます。

pythonCopy codeimport requests
from bs4 import BeautifulSoup

# Webページのテキストを取得する関数
def get_text_from_url(url):
    response = requests.get(url)
    soup = BeautifulSoup(response.content, "html.parser")

    # すべての<p>タグのテキストを連結します。
    paragraphs = soup.find_all("p")
    text = " ".join([p.get_text() for p in paragraphs])
    return text

# 例:あるWebページのURL
url = "https://example.com/article"

# URLからテキストを取得して要約を作成
webpage_text = get_text_from_url(url)
webpage_summary = get_summary(webpage_text)

print(f"Webpage URL: {url}")
print(f"Summary: {webpage_summary}\n")

このコードは、指定されたURLのWebページのテキストを取得し、そのテキストをGPTモデルに要約させます。ただし、Webページによってはテキスト抽出がうまくいかないこともあるため、必要に応じてget_text_from_url関数を調整してください。

また、ページ全体を要約すると情報が多すぎる場合や、特定のセクションのみを要約することが望ましい場合もあります。そのような場合には、get_text_from_url関数をカスタマイズして、対象となるテキストをより適切に取得できるように調整することをお勧めします。

スポンサーリンク

その他のRSSフィードの活用方法

RSSフィードの活用方法をChatGPTに聞いて記事をとりあえず埋めておきます。

RSSフィードを利用して情報収集効率をアップ!おすすめの収集方法を紹介

RSSフィードで情報収集する、という記事をChatGPTに書かせるとこんな感じになります。

RSSフィードリーダーを利用しよう:複数のWebサイトの更新情報を一元管理

RSSフィードリーダーは、複数のWebサイトの更新情報を一括して取得し、一つのアプリケーション内で閲覧することができるツールです。自分が興味のあるWebサイトの更新情報を素早く確認できるため、情報収集の効率が向上します。

まず、RSSフィードリーダーの基本的な使い方について解説します。RSSフィードリーダーには、FeedlyやInoreaderのような有名なアプリがありますが、その他にも多くのアプリがあります。アプリによっては、ウェブブラウザからRSSフィードを直接追加する方法や、検索ワードからフィードを自動的に追加する機能などがあります。

RSSフィードリーダーにWebサイトのRSSフィードを追加する方法は、各アプリによって異なりますが、一般的には、WebサイトのURLを入力することで追加できます。RSSフィードのURLが分からない場合は、Webサイトのホームページに表示されていることがありますが、そうでない場合は、WebサイトのURLに /feed や /rss などを追加することで、RSSフィードのURLを取得できる場合があります。

次に、RSSフィードリーダーでの情報収集方法について解説します。RSSフィードリーダーは、複数のWebサイトの更新情報を一元管理できるため、自分が興味のあるWebサイトを追加し、一つのアプリケーション内で閲覧することができます。自分が興味のあるトピックにフォーカスして、必要な情報を収集するためには、カテゴリ別にRSSフィードを分類することが重要です。例えば、スポーツやニュース、ビジネスなどのカテゴリを作成し、各カテゴリに対応するRSSフィードを割り当てることができます。

また、RSSフィードリーダーには、検索機能やタグ機能などが搭載されている場合があります。これらの機能を活用することで、自分が必要とする情報を素早く見つけることができます。

最後に、RSSフィードリーダーの活用方法について解説します。RSSフィードリーダーを活用することで、複数のWebサイトの更新情報を一元管理し、自分が興味のあるトピックにフォーカスして、必要な情報を収集することができます。また、RSSフィードからの自動情報配信も可能です。自分が管理するWebサイトやSNSなどに、RSSフィードからの情報を自動的に配信することができます。これにより、自分が興味のある情報を常に最新の状態で追跡することができます。

RSSフィードリーダーを利用することで、複数のWebサイトからの情報収集が簡単になります。ただし、情報の選択と集約は自己責任で行う必要があります。適切なWebサイトやRSSフィードを追加することで、自分の情報収集を効率的に行い、より良い情報を得ることができます。

興味のあるトピックにフォーカスしよう:RSSフィードをカテゴリ別に分類する方法

「興味のあるトピックにフォーカスしよう:RSSフィードをカテゴリ別に分類する方法」という見出しは、RSSフィードをカテゴリ別に分類することで、自分が興味のあるトピックにフォーカスし、必要な情報を効率的に収集する方法を表しています。

RSSフィードリーダーには、複数のWebサイトのRSSフィードを取り込んで、カテゴリ別に整理する機能があります。例えば、スポーツやニュース、ビジネスなどのカテゴリを作成し、各カテゴリに対応するRSSフィードを割り当てることができます。

カテゴリ別にRSSフィードを整理することで、自分が興味のあるトピックにフォーカスして、必要な情報を素早く収集することができます。また、情報の整理や検索が容易になり、必要な情報を見つけやすくなるというメリットがあります。

カテゴリの設定方法は、RSSフィードリーダーによって異なりますが、一般的には、カテゴリを作成し、各カテゴリに対応するRSSフィードを割り当てることで設定できます。例えば、スポーツカテゴリを作成し、ESPNやYahoo! Sportsなどのスポーツ関連のWebサイトのRSSフィードを割り当てることができます。

カテゴリ分類は、情報収集の効率を高めるために非常に有効な方法です。自分が興味のあるトピックにフォーカスし、必要な情報を収集するために、カテゴリ分類の活用を検討してみることが重要です。

キーワードで検索して情報を収集しよう:RSSフィードリーダーの検索機能の使い方

RSSフィードリーダーには、検索機能が搭載されている場合があります。検索機能を活用することで、自分が必要とする情報を素早く見つけることができます。

検索機能を使って情報を収集するためには、まず検索窓に検索したいキーワードを入力します。例えば、ニュースサイトのRSSフィードを読み込んでいる場合、政治や経済、スポーツなどのキーワードを入力することで、自分が必要とする情報を検索することができます。

また、検索条件を絞り込むこともできます。多くのRSSフィードリーダーでは、検索結果をカテゴリ別に絞り込むことができます。例えば、ビジネスカテゴリ内でのキーワード検索や、指定したWebサイト内でのキーワード検索などが可能です。

RSSフィードリーダーの検索機能を使うことで、自分が必要とする情報を効率的に収集することができます。ただし、検索結果が多すぎたり、関係ない情報が混ざっていたりする場合があるため、適切なキーワードの選択や絞り込み設定を行うことが重要です。

情報を整理して必要な情報を素早く取得しよう:RSSフィードのタグ機能を活用しよう

RSSフィードリーダーには、タグ機能が搭載されている場合があります。タグ機能を活用することで、自分が必要とする情報を整理し、必要な情報を素早く取得することができます。

タグ機能を使って情報を整理するためには、まずタグを作成します。タグは、自分が興味のあるトピックや、情報の種類などに応じて、自由に設定することができます。例えば、政治、経済、スポーツ、ニュースなどのタグを作成することができます。

次に、タグをRSSフィードに割り当てます。RSSフィードに割り当てたタグは、自分が必要とする情報を素早く見つけるための手掛かりとなります。

タグ機能を活用することで、情報の整理や検索が容易になり、必要な情報を見つけやすくなるというメリットがあります。例えば、自分が政治関連の情報を収集したい場合、政治というタグを割り当てたRSSフィードを一括して確認することができます。また、タグ機能を使って、自分が興味のあるトピックを絞り込むこともできます。例えば、スポーツというタグを割り当てたRSSフィードを表示させることで、自分が興味のあるスポーツ関連の情報を収集することができます。

RSSフィードのタグ機能を活用することで、自分が必要とする情報を整理し、必要な情報を素早く取得することができます。適切なタグの設定や、タグを使った情報の整理が、情報収集の効率を高めるために重要です。

他のツールと組み合わせて効率的に情報収集しよう:IFTTTやZapierを使ってRSSフィードを自動化しよう

IFTTTやZapierは、Web上のさまざまなアプリやサービスを連携させることができる自動化ツールです。RSSフィードを自動化するためには、IFTTTやZapierを使って、RSSフィードからの情報を自動的に処理し、自分が興味のあるトピックのみを抽出することができます。

例えば、自分が興味のある特定のキーワードに関する情報のみを収集したい場合、IFTTTやZapierを使って、RSSフィードからの情報を自動的に処理し、特定のキーワードが含まれる情報のみを抽出することができます。また、RSSフィードからの情報を自動的にSNSなどのアカウントに投稿することもできます。

RSSフィードを自動化することで、自分が必要とする情報を自動的に収集することができます。IFTTTやZapierを使って、RSSフィードからの情報を自動的に処理し、必要な情報のみを抽出することで、情報収集の効率を高めることができます。

ただし、IFTTTやZapierを使って自動化する場合は、適切な設定が必要です。特定のキーワードを含む情報を抽出する場合には、正確なキーワードの設定が必要です。また、自動投稿する場合には、アカウントの設定が適切であるか確認する必要があります。

RSSフィードを自動化することで、情報収集の効率を高めることができます。IFTTTやZapierを使って自動化する場合には、正確な設定を行うことが重要です。自分が興味のある情報を自動的に収集するために、自動化ツールとの組み合わせを検討してみることをおすすめします。

ChatGPT
スポンサーリンク
シェアする
ぶちくまをフォローする
ぶちくま創作ベース

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、最新のニュースやエンターテイメント情報を提供するウェブサイトです。最新のニュースやエンターテイメント情報に加えて、アクセスランキングや雑誌アクセスランキングも掲載されています。ウェブサイトの機能や設定にはJavaScriptが利用されています。また、最新の映像やクラウドやエアリス、シドの姿を含む「FFVII REBIRTH」の最新映像が公開されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9lNjU4NTA1MWJlNGQ4Y2IxYjMwMjZjZTgwZmFmYmE5NDhjNzY5Njhk0gEA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースでは、12月8日10時から「ハウルの動く城」のハウル城をモチーフにした卓上タイプのUSB式加湿器が発売されることが報じられています。このニュースはエンタメカテゴリのアクセスランキングでも上位にランクインしています。また、Yahoo!ニュースの機能や利用方法についても解説されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9jYWUxZjc2ZGQ1YWEyOGI2NGJiZDA0NmE2MmM3OTg2NjM5NGNmNDhj0gEA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、手塚治虫作品を学んだAIが新作「ブラック・ジャック」の制作現場に密着している記事を掲載しています。また、経済総合のアクセスランキングや雑誌アクセスランキングも紹介されています。Yahoo!ニュースでは、JavaScriptを利用した機能や設定についても解説しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy85MjYzNjZlNmU0ZmZjZTRkODk1ZjExODBjOTk1MTg0NDIyM2I5NGZk0gEA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースでは、あいおいニッセイ同和がAI不正検知システムビッグモーター保険金不正請求に関するニュースが掲載されています。また、経済総合のアクセスランキングや雑誌のアクセスランキングも閲覧することができます。Yahoo!ニュースではJavaScriptを利用した機能や設定も提供されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy84NTc5ZWJiNTQ4OGE0ZTBjODkwZTRiNDhkYjdhZDgwZjkzOTRmNmEx0gEA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、2024年4月に新作のテレビアニメがスタートすることが発表されました。このニュースはエンタメのアクセスランキングでも上位にランクインしています。また、Yahoo!ニュースの機能を利用する際にはJavaScriptの設定が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9kMzQyODM3ZDRhMmFiNDVhODg2ZjVlMWRlNWE1ZjJmZDcxYTg1Njhl0gEA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、競馬に関する情報を提供しています。最新の記事では、AIが予測した複勝率100%のデータや、美浦所属の4歳かつ中9週以上の馬の成績などが紹介されています。また、アクセスランキングや雑誌のアクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースの機能を利用する際には、JavaScriptの設定が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy85NzI4ZjQzZWQzMmUyNjMwMzNkMmQxMDk1NmQ1ZTU3MDVjOThlYTcx0gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースでは、岩手県でもAIを活用した防災や観光案内など、さまざまな分野でAIの活用が広がっていることが報じられています。また、北海道・東北地域のアクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースの機能や利用方法についても解説されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy84MzI0ZjkzYzJjYWJhYjgyODUwNGQ0NTY5ZDc3MDQxYWNiMmU3Y2Fk0gEA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、生成AIのキャラクターやApple WatchがINFOBARになるケースなど、さまざまなトピックを取り上げています。また、IT総合のアクセスランキングやIT・科学の雑誌アクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースでは、JavaScriptを利用した機能や設定についても紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9kYjQwMWIxN2YwODI2OWJmNjhmNDI1Yjg1MDE2ZmY1NDdlOWE5YjNh0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースでは、ボードゲーム版『Horizon』の新作がクラウドファンディングで進行中であり、既に目標金額を大幅に上回っていることが報じられています。また、エンタメカテゴリのアクセスランキングや雑誌アクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースの機能やJavaScriptの利用についても言及されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9kNmNmNzdmYzcyMDRmMzc4M2I2NzM1ZjRkN2EyNjRlNTU5OTM2OGQx0gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、Facerと提携してApple Watch用の「Fallout」公式デザインを配布していることが報じられています。また、エンタメカテゴリのアクセスランキングや雑誌のアクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースはJavaScriptを利用して機能を提供しており、ユーザーは設定で利用することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9lYTdiNzQyZTdlMGUwNDIwMWI4MGE1MWQ5OTFlY2ZiN2I0MTkwYzlh0gEA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、トヨタ、ソニー、パナソニックのトップがAIについて語る記事や、アクセスランキングに関する情報を提供しています。また、Yahoo!ニュースの機能や利用方法についても解説されています。このサイトではJavaScriptを利用することができるため、ユーザーは自分の設定に合わせてニュースを閲覧することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy83OTU3ZjM1NTNjODM5MGU2NDAyYTA4YjkwZjkyMjgzODU2MzlmYjUx0gEA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    川崎市と富士通が環境行動変容スマホアプリを活用した実証実験を開始することが報じられた。この実験は、環境に配慮した行動変容を促進するためのものであり、12月4日から始まる予定だ。具体的な詳細はまだ明らかにされていないが、Yahoo!ニュースの記事には詳細が掲載されている。また、Yahoo!ニュースのアクセスランキング(経済総合)や雑誌アクセスランキング(経済)も掲載されている。Yahoo!ニュースは、JavaScriptを利用した機能も提供している。また、Yahoo! JAPANはSDGsにも取り組んでいることが報じられている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9kNjQ4ZmJjZTllYWUzNjE2N2I0MWZkMGY2ZTQyZmNkOGFmMDFiMjYw0gEA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースでは、AI案内役のアリサが改札口で導入され、鉄道各社の駅業務を支える最新技術が紹介されています。また、近畿地域のアクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースの機能やJavaScriptの利用方法についても説明されています。なお、記事の著作権はテレビ大阪ニュースにあり、無断転載は禁じられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8wYjAyOGRlZTNlOWI4YWVlYTQ5YmMwYzZjNGFhZDFhYjAzNWU1OWQx0gEA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、日立社長の発言や小島社長のコメントなど、さまざまなトピックを提供しています。特に注目されているのは、生成AIの進化と電力需要の増加に関する記事です。また、経済に関するアクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースは、JavaScriptを利用した機能も提供しています。また、Yahoo! JAPANに関連するSDGsについても取り上げられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9mNmZhZDY4ZWQyOWU1Mjc4NDM4NjgxYTA1YTNlOGJmMTFjYWMxMjQ30gEA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、テック大手がAI新興企業に巨額の出資を行っているが、その資金回収にはクラウドを活用していることが分析データからわかった。Yahoo!ニュースのアクセスランキングでは、IT総合と雑誌のカテゴリで人気の記事が掲載されていることが分かった。Yahoo!ニュースの機能を利用する際には、JavaScriptの設定が必要であることも分析データからわかった。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy84OTRlMjg1M2Y4M2Y0OWE4OWY3ZGE1MDgyY2FkZWI0MjY1OWFjOGRj0gEA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、シャープが最新の生成AIをお披露目し、家電操作などに活用を検討していることを報じています。また、経済総合のアクセスランキングや雑誌のアクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースでは、JavaScriptを利用した機能や設定についても紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8yMzQ4ZDU2MmIwMzkzZDVjY2M5OWU4MjMzZDc4NzNjZTk0Y2M5NmMy0gEA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースの最新記事は、「TBSサンモニ「AI誤報」騒動に見たメディアの課題テレビのネット化でより嘘を見抜く力が必要に?」というタイトルであり、主な話題はメディアの課題とテレビのネット化に関するものです。記事では、AIによる誤報が問題となったTBSサンモニの事件を取り上げ、テレビのネット化によって嘘を見抜く力がますます重要になっていると指摘しています。また、記事内には経済に関するアクセスランキングや雑誌のアクセスランキングも掲載されています。さらに、Yahoo!ニュースの機能やJavaScriptの利用についても言及されています。また、記事ではサンデーモーニングの関口宏さんや元NHKアナウンサーの膳場貴子さんが司会を務めることに関する情報も取り上げられています。最後に、SNSの普及によってリアルタイムな情報の共有が可能になった一方で、情報の信憑性についての問題も浮き彫りになっていると述べられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9mMzk2ZjdlN2E5YmYzOWNkMTI3MzQ2YTNhZmZiYWIwNzBjODI0OWI40gEA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「ntt ntt イーアジア イーアジア」に関する最新情報です。

    NTTイーアジアは、ソフトウェア開発事業を展開するOCG Technology JSCを連結子会社化することを発表しました。OCG Technology JSCは、ベトナムに拠点を持つ企業であり、NTTグループの一員となります。この連結子会社化により、NTTイーアジアはソフトウェア開発の体制を拡充し、事業を支えることが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000832.000098811.html

  19. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、新型PS5の発売やエンタメ関連のアクセスランキングなど、さまざまなニュースを提供しています。Yahoo!ニュースの機能や利用方法についても紹介されています。JavaScriptの設定に関する情報もあります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9iMzZmYWExMzNjODZiYmZkYjBjZjBjMTQ4ODI1ZjFlMGVkZGQzNmU30gEA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースの最新記事では、アップルが新型のMacBook Proを発表したことが取り上げられています。この新型のMacBook Proは、AIを意識してスペックが設計されており、クアルコムのオンデバイス生成AIを搭載しています。記事では、この新しいAI機能について詳しく解説されています。

    また、記事では10月後半から11月前半にかけてのIT関連のアクセスランキングも紹介されています。特に注目されているのは、オンデバイス生成AIやクアルコムに関するニュースです。さらに、フリージャーナリストの西田宗千佳氏による記事も掲載されており、彼の専門分野であるパソコンやデジタル、AV、家電、ネットワークなどに関する情報が提供されています。

    このように、Yahoo!ニュースでは最新のITニュースや関連記事が提供されており、特にAIに関する情報が注目されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy80OTZlNGUxOTFmNzRiZGEwMmRiZTYyZmE0Zjg2MTI3ODBlNDI3NzIw0gEA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースでは、警察庁がAIを利用してフィッシングサイトを見破る取り組みを検討していることが報じられています。また、国内のアクセスランキングや雑誌アクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースの機能を利用する際にはJavaScriptの設定が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy81YzkxZTY1OWE1MTQ5Y2NiNTRjYmQwMWM2NjhkYmU3MTg0MjY2YTgx0gEA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、AIを利用した新しい翻訳サービスを開始しました。このサービスは、同時通訳並みの速さで翻訳を行うことができます。また、経済に関するアクセスランキングや雑誌のアクセスランキングも提供しています。利用する際には、JavaScriptの設定が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9iMGM0MmRmNDlhYmE4N2ViODNjOGJmNzAxZWZlYjY4NzZlZDE1NzQ40gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースの分析データによると、Z世代の若者たちはAIの倫理、セキュリティ、キャリアの混乱についてどのように考えているかについての情報が提供されています。23歳のジェイク・ワイントローブのインタビューも含まれており、彼はAIの活用方法について語っています。また、IT総合のアクセスランキングやIT・科学の雑誌アクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースの機能やJavaScriptの利用に関する情報も含まれています。さらに、2022年末にはAI革命が始まり、有名タレントもAIを活用していることが述べられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9lMGRiNTBhZTRlOWEyMmU2NWFkZmNkYTgwNGVlY2VjMmY5MGRkMWVk0gEA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、韓国大統領がAI、バイオ、サイバーセキュリティーに5000億円を投資すると発表したことを報じています。また、国際アクセスランキングや雑誌アクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースの機能を利用する際にはJavaScriptの設定が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy81MTAzOWI2YmQwZWJiMGZlODdkNjhlOTc4NWRkNjEzYWY5YTE4Yjky0gEA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、Apple、Google、Microsoft、Metaなどの企業がAIやメタバースに取り組む方法の違いについての記事を掲載しています。これにより、将来の生活の変化についても考えることができます。また、経済に関連するアクセスランキングも提供されています。Yahoo!ニュースの機能や利用方法についても解説されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9iM2E2NzhlNmU5ZjcyNGY4MDExNmViNzBhM2IyMGYyMzVmMjRiNjJi0gEA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、日立が生成AIの需要を取り込み、海外のIT市場で売上高1兆円を目指す計画を発表しました。Yahoo!ニュースのアクセスランキングでは、IT総合と雑誌のカテゴリで人気の記事が紹介されています。Yahoo!ニュースの機能を利用する際には、JavaScriptの設定が必要です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy84ZGNjZTRkMWM2NTVjZWE1ZjQ2ZjVkMGI5Zjc4MWM2Zjg1NGFlYmM20gEA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    「Yahoo!ニュース」は、Snapdragon 8 Gen 3の発表や超低消費電力Wi-Fiオーディオ技術の注目など、さまざまなトピックに関する情報を提供しています。また、IT総合や雑誌のアクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースは、JavaScriptを利用した機能や設定も提供しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy83YTYxODhlZDNiZDE3Y2U3Y2RmOWVhYzE3M2MzZTZhMTg5MzE4ZTNk0gEA?oc=5

  28. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースは、PS Plusの新しいサービス「PS5のクラウドストリーミング」についての記事を掲載しています。この記事では、クラウドストリーミングの快適さや使用感について詳しく解説されています。また、エンタメカテゴリのアクセスランキングや雑誌のアクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースの機能やJavaScriptの設定についても言及されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy84ZmVmNjgwYTA1OTNmNjZmMDliNDMzYTgxZmY3YWUwMGQyMzRkNWVh0gEA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースでは、Bluetoothの新技術であるAuracastの体験や、空港や講演会場での活用方法について提案しています。また、IT総合のアクセスランキングや雑誌のアクセスランキングも掲載されています。Yahoo!ニュースの機能や利用方法についての情報も提供されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8wNTljOGFiMTM2MDU1MDc2OTA0OWVhODNlMTkzODVhMGIwMmI3MDBj0gEA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「連結 ai ai サービス」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、OpenAIのAIサービスを活用して、マネーフォワード クラウド連結会計の連結科目の変換を支援することを発表しました。これにより、多言語表記のゆれを含む勘定科目に対して、連結科目の自動提案が行われます。マネーフォワード クラウド連結会計は、クラウド型の連結会計システムであり、グループ内の各社のデータ収集やファイル管理を効率化し、経営状況をリアルタイムで可視化することができます。これにより、連結決算業務がスムーズに実行されます。また、マネーフォワードは、連結会計システムの利用者に対して、Excelファイルとの連携サービスや連結パッケージのデータ取り込み機能を提供しています。さらに、勘定科目と連結科目の変換機能も提供されており、勘定科目名を連結科目名に自動提案します。これにより、英語圏の言語変換や表記ゆれの修正が必要なくなります。マネーフォワード クラウド連結会計は、連結決算業務を効率化するための新機能として、連結担当者やグループ内の各社の担当者が利用できるようになっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vY2xvdWQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTUyMjIwOS5odG1s0gEA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    Yahoo!ニュースでは、シャープがAI×センシング技術を活用して画音自動調整する有機ELアクオスを開発したことが報じられています。この新技術では、最大120Hzの駆動やHDR10、HLG、Dolby Visionなどの3つの方式に対応しており、画質の進化が期待されています。また、新しいパネルの採用により放熱効率が高まり、漆黒の夜空やきらめく花火、美しい映像などをリアルに再現することができます。さらに、AIプロセッサーを搭載し、映像の学習やオブジェクト情報の検出、自動調整などの機能を備えています。この技術は、ニュースやドラマ、スポーツなどの映像体験をより臨場感豊かにすることができます。また、環境センシング機能も搭載されており、部屋の明るさや視覚特性を考慮して映像を調整することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9iN2JkOGY1ZWYzNDdjMTZkNmU0OGYzM2M5MjAzMjQwMDk5NTVhNjRj0gEA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    テレビ朝日系のニュースによると、AIがDNAから肌の解析を行い、シワやシミ、保湿力など27項目を評価するサービスが始まったと報じられています。このサービスでは、唾液のDNAを検査することで、生まれ持った肌の性質や体質を解析し、個別の美容アドバイスを提供します。専門家がオンラインで生活状況を聞き取り、最適なケア方法を提案するだけでなく、店頭でのサポートも行われます。資生堂が開発したこのAI技術は、個人のデータを活用した化粧品の開発にも生かされる予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9lNTQ1NzhlMzc3NWQzNDJkZmNlNjk5ZGYzNDcwNTM1MjQ1NTQ3Y2Zj0gEA?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    アップルが対話型AIの開発に取り組んでいると報じられています。このプロジェクトは通称”Apple GPT”と呼ばれており、2023年5月に提供される予定です。アップルのCEOであるティム・クックは、AI分野に慎重に取り組んでいると述べています。アップルの参入により、対話型AIの開発競争が激化する可能性があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8zZDFmYWE2MjQ0OTQ1Yjc5NDEyZDAyYmFmNmE2YzFiZTViMTNkNmI50gEA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    AIスタートアップのAnthropicが、ChatGPTに対抗するAIチャットボット「Claude 2」を公開しました。Claude 2は高性能なモデルであり、数学の推論能力も向上しています。Anthropicは今後数ヵ月で日本地域でも利用できるようになる予定であり、さらなる能力向上に取り組んでいます。また、Anthropicは安全性にも注力しており、定期的なテストを実施しています。AnthropicはOpenAIやGoogle、Salesforce Venturesからも資金調達を行っており、信頼性の高いAI製品の開発に取り組んでいます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8xYThlYTM4NGRjYzEyODAzMmFjNjcyN2E0OTk5ODU5ZGQ4ZTU2ODRh0gEA?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    クラウド人事労務ソフト「SmartHR」が、AIを利用して従業員の声を要約する新機能を導入しました。従業員の意見や回答を自由記述で収集し、AIによる分析を行うことで、効率的に要約を作成することが可能です。これにより、企業や組織は従業員の声をより簡単に把握し、改善策を検討することができます。また、従業員のエンゲージメントや就労環境の改善につなげることも期待されています。従業員の声を集める機能は、自由記述回答のほか、選択肢にとらわれない意見の収集も可能であり、管理者は手作業や目視による情報処理の負荷を軽減することができます。この新機能は、数百から数千名以上の従業員を対象にしたサーベイの集計や分析にも活用されることが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy83MTE5NWU5NGI1YmY4MTExZDcwYWM2ODRkODY1MGJkZDUyYjM5MWEz0gEA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    AnthropicがAIチャットボット「Claude 2」を一般公開しました。Claude 2は、人工知能の新興企業であるAnthropicが開発したAIチャットボットです。このバージョンでは、パフォーマンスと安全性が向上し、より正確な回答の生成が可能です。Claude 2は大規模な言語モデルに基づいており、テキストの要約や文書の作成などのコーディングタスクを支援します。また、過去のバージョンと比較して、無害で不快な出力の生成確率が低くなっています。Anthropicは、Claude 2を米国と英国で一般公開しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9hY2I1OThjMmU2N2Y2NzNhYjhlNzYxZTljNDdmMjEwMmEwMzVkZWRk0gEA?oc=5

  37. buchikuma-info より:

    本日の「ドラクエタクト」YouTube話題まとめ

    – 「ドラクエタクト」の新キャラクター「伝説のまもの使い」の性能が考察されている。周年キャラクターだけあって非常に強力であり、新要素も追加されていて面白いと評価されている。
    – 「ドラクエタクト」の3周年記念イベントで開催されるWピックアップガチャの優先度について解説されている。どのガチャを引くべきか、激熱ガチャの中でどれがおすすめなのかが紹介されている。
    – 「ドラクエタクト」の新キャラクター「伝説のまもの使い」の性能が伝説的であると話題になっている。彼の能力は他のキャラクターを過去にするほど強力であり、プレイヤーたちから注目を浴びている。
    – 「ドラクエタクト」のWPU(ウェポンピックアップ)を失敗しないためのポイントが紹介されている。WPUを成功させるためにはどのような要素に注意すべきかが解説されている。

  38. buchikuma-info より:

    本日の「ドラクエタクト」YouTube話題まとめ

    – 「ドラクエタクト」が3周年を迎える直前に、改善要望を10個紹介
    – 3周年を記念して復刻祭りが開催され、全9体のキャラクターの火力を紹介
    – 3周年カウントダウンイベントでのおすすめガチャの優先度を解説
    – 3周年目前になり、ある要素が史上最悪だと話題に
    – マーニャに全力を注いだ復刻祭りスカウトで、予想外の結果になったエピソードを紹介

  39. buchikuma-info より:

    「yahoo yahoo ニュース ニュース」に関する最新情報です。

    有名霊場で“罰当たり行為”が続発していることが報じられました。この問題に対応するため、AIが監視を行い、怪しい行動があればLINE通知を送るシステムが導入されました。

    記事によると、今年5月以降、愛知県南知多町周辺の霊場で、さい銭泥棒が狙われる事件が相次いでいるとのことです。さい銭泥棒は、寺院の位牌(いはい)から伸ばされたお金を回収する犯罪です。

    この問題に対応するため、霊場の住職が防犯カメラを設置し、不審な姿をした人物に対して警察に連絡するなどの対策を取っていました。実際に、先月、さい銭泥棒の容疑者が逮捕され、警察によると、今年だけでも25件の被害が報告されています。

    このような問題に対して、地元の警察がAIを活用することで対応しています。AIは最新の防犯カメラを駆使し、怪しい行動があれば即座にLINE通知を送ることができます。これにより、被害を未然に防ぐことができると期待されています。

    このニュースは地元の人々の注目を集めており、AIの活用による防犯対策が話題となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vbmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlcy9iOGM2YzQzNGY0MzljYmMzZTI2ZDRlZWRhZjNhZGFiMDViN2ZkNjBl0gEA?oc=5

  40. buchikuma-info より:

    本日の「ドラクエタクト」YouTube話題まとめ

    – 「ドラクエタクト」の運営はタクト終わらせたいのか?
    – 「妖魔軍王ブギー」の悪魔的な強さについて
    – 母体確保のために「ドラクエタクト」をプレイする理由
    – 無凸でもチート過ぎる「妖魔軍王ブギー」について
    – 「妖魔軍王ブギー」は所持必須キャラクターなのか
    – 「妖魔軍王ブギー」の性能評価と環境への影響について

  41. buchikuma-info より:

    本日の「ドラクエタクト」YouTube話題まとめ

    – 「ドラクエタクト」の育成素材が不足していて、引いてもキャラクターを育成できない悩み
    – ブギーが欲しくてガチャを回し続けるも、なかなか手に入らない苦労
    – 3周年イベントで貯めたジェムを使ってガチャを引く様子や、直前の準備チェックの様子
    – おすすめの錬金アイテム「妖魔軍王の珠玉」「魔人兵士の大剣」の効果についての考察
    – スペシャルバトルでのガチャに挑戦し、妖魔軍王ブギーや天雷の勇者アンルシアを手に入れるための高難度な戦いの様子

  42. buchikuma-info より:

    本日の「ドラクエタクト」YouTube話題まとめ

    – 「ドラクエタクト」の新キャラクター「妖魔軍王ブギー」が登場するガチャが開催されている
    – 「敵みがわり」状態について徹底的に検証した動画が公開されている
    – 前夜祭イベント第二弾に関する情報がまとめられており、キャンペーンの予告がされている
    – 前夜祭第二弾のやるべきことや怪しい匂わせについて解説されている
    – 「妖魔軍王ブギー」を有償ガチャで引くための攻略情報が提供されている
    – 新SPキャラクター「妖魔軍王ブギー」のガチャや新特技「敵みがわり」について詳しく解説されている

  43. buchikuma-info より:

    「攻略 まとめ 開花」の記事更新内容をまとめています。

    「開花の扉」の41巻から45巻の攻略方法やヒントがまとめられているページです。ゲームは音楽を舞台に指揮を楽しむコマンドRPGであり、ガチャでピアノが弾けるセンスが必要です。各巻の攻略方法やステージ情報、推奨戦闘力、マップ情報、敵ステータス情報などが掲載されています。また、ゲームの特徴やストーリーの基盤、キャラクターの成長などについても触れられています。攻略に役立つ情報や編成例なども紹介されているので、ゲームを進める際に参考になるでしょう。

    https://buchikuma.xyz/tact-41/

  44. buchikuma-info より:

    「攻略 まとめ 開花」の記事更新内容をまとめています。

    「開花の扉」の46巻から50巻までの攻略方法やヒントがまとめられているページです。音楽を舞台に指揮を楽しむコマンドRPGで、ガチャでピアノが弾けるセンスが抜群です。各巻の攻略方法やステージ情報、敵のステータス情報などが掲載されています。また、46巻のストーリーの基盤やゲーム要素についても触れられています。攻略に役立つ情報を提供しているので、ゲームを進める際に参考になるでしょう。

    https://buchikuma.xyz/tact-46/

  45. buchikuma-info より:

    本日の「ドラクエタクト」YouTube話題まとめ

    – 「ドラクエタクト」の運営に対する本音を聞く
    – 最強マシンや前夜祭についての中間チェック
    – 3周年前にタクトのガチャに関して率直に語る
    – ナルチャンネルによる3周年アニバキャラ&イベントの大予想会場

  46. buchikuma-info より:

    本日の「ドラクエタクト」YouTube話題まとめ

    – 「ドラクエタクト」のガチャについての率直な意見
    – 配布キャラの完凸(育成)はもうおしまい?損したキャラランキング【2周年以降イベント限定配布】
    – 妖魔軍王ブギーの特徴や評価について
    – スロットチケット/パネルの中間報告
    – 3周年までに要望する運営への8つの願い事

  47. buchikuma-info より:

    本日の「ドラクエ」YouTube話題まとめ

    – 「ドラクエウォーク」の武器がぶっ壊れ認定された話題
    – 「ドラゴンクエストモンスターズ3」のNintendo Directでの紹介
    – 「ドラクエモンスターズ3」の発売日が決定し、主人公がピサロであることが話題に
    – 「歴代ドラクエ」で倒されてしまったボス9選が紹介された話題
    – 「ドラゴンクエスト11S」のプレイ動画が公開され、猫又おかゆさんが冒険する様子が話題に

  48. buchikuma-info より:

    本日の「ドラクエタクト」YouTube話題まとめ

    – 「ドラクエタクト」が3周年を迎えたことを記念して、前夜祭ガチャを回した結果が紹介されている
    – 3周年アニバーサリーイベントに登場するキャラクターやイベント内容について、予想がされている
    – あるユーザーが半年間に課金した金額と、その結果得られたガチャの報告がされている
    – 2周年以降に実装された全35体のガチャキャラクターについて、取捨選択を振り返る動画が公開されている
    – 「呪われしマルティナ」というキャラクターの火力検証と実践運用について、詳しく解説されている

  49. buchikuma-info より:

    本日の「ドラクエ」YouTube話題まとめ

    – 「ドラクエウォーク」に待望の神イベントがやってくる!
    – 「ドラゴンクエストモンスターズ3」の情報がNintendo Directで発表される。
    – 「ドラクエ」シリーズの中で、勇者が非道な手段で倒したボス9選が紹介される。
    – 「ドラクエモンスターズ3」の最新情報が公開され、主人公がピサロであることや「ドラクエ4」との繋がりが考察される。
    – 「ドラクエ」シリーズの中で、地面に落ちている優秀なアイテム10選が紹介される。

  50. buchikuma-info より:

    本日の「ドラクエタクト」YouTube話題まとめ

    – 「ドラクエタクト」に関するYouTube動画が複数投稿されている。
    – 「武器評価で炎上した馬鹿Tuber」に関する動画がある。
    – 「呪われしマルティナよりゴールドエンゼルが欲しい!」というタイトルの動画がある。
    – 「2周年以降の実装されたガチャキャラ<全35体>取捨選択を振り返ります。」というタイトルの動画がある。
    – 「3周年タクトの攻略法!凸の進め方を徹底解説します!!!」というタイトルの動画がある。
    – 「ジェム運用のコツ最新版」に関する動画がある。

タイトルとURLをコピーしました