PR

2018年ブギーポップアニメ化が暗雲に【我々の青春と脱落】

どうも、予てからぶちくまです。

ブギーポップがアニメ化される、というアナウンスがあってから1ヶ月、未だ何の音沙汰なし。
そこで今回は我々陰キャラこと隠密グループの青春であったブギーポップについて語ります。
前半は1990年代という思い出についてまとめていますが、読み飛ばしを推奨します。
スポンサーリンク

1990年代後半という時代

ONE PIECE世代、というと、今の20代が当てはまりそうだけど、
そもそもONE PIECEが連載を開始したのは、1997年。
その頃小、中学生だったのは、むしろ30代じゃないか。
この、1990年代というのは、本当に恐ろしい時代。
ジャンプはもちろん全盛期、黄金時代。
スラムダンクだってドラゴンボールだってやってた。
まぁ、それが終わる96年ごろに、一気に下火となるわけだけど。

ポケモン、たまごっち、デジモン

ポケモンの赤と緑が発売されてのだって1996年。
たまごっちだって1996年。
これらの携帯ゲームが先立ってしまったばかりに、
ポケモンとたまごっちのパチモンじゃねぇか、
と揶揄されつつも、そのゲーム性が世の男の子を虜にした、
デジタルモンスターは少し遅れて1997年。
先のONE PIECEだって、読み切りが出されたのが1996年で
「面白い読み切りだったな」と思ったのは覚えている。

ゲームハード三つ巴の時代に仁義なき戦い

どうでもいいが、Nintendo 64が発売されたのが、1996年。
その2年前にプレイステーションとセガサターンがリリースされており、
ここで3つ巴の戦いに。
1997年のFF7の発売で、プレイステーションに軍配があがる。
セガサターン派の阿鼻叫喚は凄まじいものだった。あの頃はゲームのハード機をいくつも買ったりなんかしてなかったもんね。
ぶちくまも覚えてる。
FF7がやりたくて、プレイステーションを1997年のお正月のお年玉で購入。
その時買ったアークザラッドが面白すぎてプレステの虜に。
正確に言えば、アークザラッド2が面白すぎたわけだが、
コンバートシステムでアークザラッドのキャラが、2で無双する姿に惚れた。

そして、とうとうゲームがコンビニで発売される

FF7はコンビニで買った。
田舎でも、家の近くのコンビニでゲームが買えるというのは、
マジで衝撃だった。
いつでも買えるコンビニなくせに、
ゲーム発売解禁は、確か7時だと記憶しているが、
つまり、学校に行く途中か前に、ゲームを買うことができるという、
なんだかよくわからん罪悪感に苛まされながら買ったような。

この辺りの話題に懐かしさを覚えて読んでくれている人がいるなら光栄だ。
盛大なる余談であった。

男の子に流行るアニメやおもちゃ、ゲームが世間を席巻しており、
本当に僕たちのお金は搾り取られていきましたね。
全ての流行に乗っかれた金持ちたちを尻目に、
いつまでもポケモンにハマってみたり、
ハイパーヨーヨーの技に磨きをかけたり。
「お前、いつまでそれやってんだ」みたいな空気感はあったろうが、
それでもなんとなくみんな何かに夢中になって、楽しかった、あの時代。
とにかく、金がなかったあの頃。

スポンサーリンク

お金のない陰キャラは何をしていたのか

陰キャラ(インキャラ)とは、Wiki的に言いますと、

インキャラとは、陰気なキャラ(性格)の人のこと。陰キャラ・インキャとも。スクールカーストでは下位に属し、ともすればいじめ(ネットいじめ)の対象になりうる。対義語として陽キャラという言葉も定着している。

とのこと。
まぁ、いわゆるクラスの中心グループから外れた、
トレンドとは無縁の、ある種キャラクターとしては特徴的かつ濃ゆい、
マイノリティなご趣味に率先してのめり込んでいた
そういった人種のことでございますね。
特に趣味もなく、友達づきあいでやりたくもないゲームや、
みてもないテレビの話題に何と無く付き合っている、
取り巻きグループよりはよっぽどゴーイングマイウェイしていて
いいと思うんですけどね。
ここでは敬愛を込めて「隠密」と呼ばせてもらうよ。

さて、この隠密たちが、1990年後半の幼少期に何をしていたかというと、
ライトノベルを読んでましたね。
異論はあるだろう。
偏見もあるだろう。
でも、これだけは言いたい。
あの頃、ラノベほどコスパが良く、かつ時間が潰せるエンターテイメントはなかったね。
まだ、ラノベが「萌え」とは無縁だったあの頃。
ゲームを買うほどのお金はなく、漫画は買っても1時間も時間を潰せない。
だけどファンタジーにのめり込みたかった、
そんな僕たち隠密たちは、こよなくラノベを愛していました。

電撃文庫が電撃的に創刊

それまでは角川スニーカーなんかが、いわゆる少年少女向けのファンタジー系の文庫を出してくれていた。
ぶちくま的に言えば、もう、深沢美潮女史の「フォーチュンクエスト」は青春だった。

今回はフォーチュンクエストの話は置いておこう。
本格的に本題に入れなくなる。

この、電撃文庫が創刊されて、フォーチュンクエストが引き抜きに遭いまして(どんな事情があったかは知らん)
電撃文庫に「新フォーチュンクエスト」が出版されることに。
当然、ファンはこれについて行く形になったのですが、
気になったのは、あれですよね。
毎回、巻末に出てくる、「電撃ゲーム小説大賞」の告知ですよね。
胸が踊りましたよね、「自分も小説を書いて、もしかしたらプロに!!」なんて淡い夢を、
我々隠密は思っていたものです。

その看板作品となったのが、第4回電撃ゲーム小説大賞を受賞した、
「ブギーポップは笑わない」でした。

ここまでが読み飛ばしポイントです!
スポンサーリンク

「ブギーポップは笑わない」とは

いやぁ、長かった。
盛大な寄り道から、途中でサブクエストが面白すぎて先に進めなくなるパターン。
FF7で言えば、ゴールドソーサーから出れなくなるやつ。

このブギーポップというのは、とある共通した世界があって、
いわゆる異能者たちがなんだかんだ戦って、
ブギーポップがふわっと現れて、なんだかんだ解決していく、
というのがかなりざっくりとした流れ。
だいたい1巻で一つのお話が終わるので、
1巻完結型と思いきや、
この世界の中でかなりキャラクター同士が繋がっているので、
結局全部読まないとよくわからない、
というか全部読んでもよくわからない、
という不思議なお話。

「ズッコケ3人組」とか「ぼくらのシリーズ」が好きな人は好きかも

「ずっこけ3人組」とか「ぼくらの7日間戦争」の、主人公が裏方に回って、
毎回ヒューチャーされる少年・少女の視線で、
世界を眺める、というような話。
そしてそれはもはやずっこけても何でもない。
きっと、こういった本はまだ図書館にあるんだと信じてる。

待て待て、かなりイラストが変わってるぞ!
未だ愛されているシリーズなんですね。

ブギーポップがこれほどまでに魅力的な理由

ぶちくまが思うに、ブギーポップの面白さは、先に書いた「ズッコケ」、「ぼくらの〜」シリーズのように、
ある愛すべきキャラクターが、長く安定してシリーズに登場してくれるところだと思います。
ズッコケやぼくらの、は合間に推理などを差し込んで物語を盛り上げていましたが、
ブギーポップは日常の退屈でやりきれない毎日に、
SFという要素を盛り込むことで、少年・少女の青春群像を盛り上げています。
今では、だいぶ当たり前の手法何ですけどね。
ただ、このブギーポップに関しては、毎回視点が変わるので、
少年漫画的に「主人公の成長を追う」のではなくて、
とある主人公がブギーポップに出会う物語、に近い。
さらに、魅力的なサブキャラクターがたくさんいて、
「このタイミングで、このキャラとの絡みが!」とか、
「今まであまり詳しいところまで深く掘り下げられていなかったあのキャラの、本当の姿とは」
みたいな楽しみ方ができるのが、一番のブギーポップの魅力でしょう。
広げた風呂敷が最後に畳まれるのかどうかは知らん。

ブギーポップの魅力まとめ

  1. 主人公が(視点が)変わるので飽きがこない
  2. 伏線はゆっくりと回収されていく(10年単位)
  3. キャラクターが魅力的でいつ出てくるかわからないワクワク
スポンサーリンク

昔好きだったけど結局最後まで読めないシリーズ第1位

このブギーポップは1998年に刊行されて以来、かなりゆったりとしたペースで本編が進みつつ、
さらに、サイドストーリーとして関連作品も展開していくので、
いわゆる「読む順番も迷宮入りする」という、
かなり読者を選ぶライトノベルだったりする。
そして、多分「昔好きだったけど途中で読むのやめた」という方がかなり多い。
というか現在進行形で脱落していく人がたくさんいることでしょう。
ちなみに、ぶちくまは本編は「化け猫のスキャット」、
サイドはビートは読んだし、ナイトウォッチ3部作も読んだ。
だけど「ヴァルプルギス」は途中までしか読んでない、ってところまでしか知らない。
でも脱落はしてないと信じてる。

読み方のポイント
まずはメインストーリーをできる限り読んで見て、
サイドストーリーは「ビートのディシプリン」と「ヴァルプルギスの後悔」を読むだけでいいです。
それ以外の関連作品については、本編を読んで「このお話、キャラクターが好き」となったときに、
関連作品を読めばいいでしょう。
というか本編読むだけでかなりの時間が必要なはずだ。
スポンサーリンク

2018年、ブギーポップがアニメ化に

最近、我々1990年代後半に青春を過ごした層をターゲットとした商品展開が多すぎて困る。
スマホゲームはスクエニはFFドラクエで集金体制。
ファミコン、スーファミのリバイバル、
FF7のリメイクだってそうだし。
我々がお金を稼ぐようになったので、毟り取ろうとする流れが明白で怖い。

さて、我々の青春であるブギーポップも再びTVアニメ化されます。
2018年に放送開始予定ということですが、
3月10日にアニメ公式サイトがオープンして以来、
すでに4月になって全く情報に動きがありません。(4月13日現在)
http://boogiepop-anime.com
心配ですね。
原作イラストの緒形先生が、アニメ化に関わっていない、といった旨の
Tweetもされているようです。
https://www.j-cast.com/2018/04/11325942.html?p=all
そういった連絡ミスや権利絡みのことで、
我々の楽しみにしているブギーポップのアニメ化が進まないのは、
少し、というかかなり残念ですね。
こういうのって、結局のところはコミュニケーションエラーみたいなもので、
相手に伝えておけばもっとスムーズに進むところを、
そこをおろそかにすることで、もっと自体が複雑化する、
という想像力が欠如した事態があまりに多すぎる。
というか、そういった事態が明るみに出ることが多くなった、
といったほうが正しそうですね。
いずれにせよ、双方にとって気持ちの良い制作になる事を切に祈っております!

ではでは。

小説
スポンサーリンク
シェアする
ぶちくまをフォローする
ぶちくま創作ベース

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「スケッチ ドーブル ポケモン」に関する最新情報です。

    ポケモンSVのDLC後編「藍の円盤」で追加されたドーブルは、種族値が低い代わりにスケッチで技を自由にカスタマイズできる。効率よく技を覚えさせる方法として、野生のメタモンでスケッチしたり特定の技だけ覚えたポケモンを用意する方法が紹介されている。ただし、一部の技はスケッチできない。

    https://chara.ge/pokemon/pokemon-sv-smeagle-sketch/

  2. buchikuma-info より:

    「ポケモン ミュウ ドレス」に関する最新情報です。

    『ポケモン ユナイト』のミュウのお姫様風スキンが注目を集めています。ミュウは美肌の幻ポケモンであり、ドレス姿が妖艶でセクシーと評されています。この新しいホロウェアの実装により、ミュウの魅力が再評価されています。『ポケモン ユナイト』では他のポケモンたちも個性豊かな装いで飾ることができます。ミュウのおめかしスタイルは、2023年2月に発売されました。この新しいバリエーションの登場により、さらなる注目を浴びています。ミュウのおめかしスタイルは、ドレス型のホロウェアであり、移動時には専用エフェクトも楽しむことができます。国内外からは、ミュウのかわいらしさや優雅さ、そしてドレス姿への称賛が寄せられています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240213-282322/

  3. buchikuma-info より:

    「スジモン バトル ポケモン」に関する最新情報です。

    セガが発売した「龍が如く8」には、ポケモンに似た要素を含んだミニゲーム「スジモンバトル」があります。プレイヤーは仲間の「スジモン」と共に戦い、倒したスジモンを仲間に加えて3対3のバトルに挑戦します。この他にも様々なプレイスポットやサブクエストがあり、メインストーリーを忘れて遊んでしまうほど面白いです。サブの要素をこなすことで街の人と親しくなったり、ハワイの土地勘が身についたりします。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2402/04/news051.html

  4. buchikuma-info より:

    「ポケモン 最強 エンペルトレイド」に関する最新情報です。

    【ポケモンSV】最強エンペルトレイド対策におすすめのポケモンを紹介

    2024年2月2日から期間限定で最強エンペルトレイドが開催中です。最強エンペルトレイドは通常のレイドと比べて難易度が高いため、適切な対策が必要です。この記事では、最強エンペルトレイド対策におすすめのポケモンを紹介します。

    最強エンペルトレイド対策には、以下の3体のポケモンがおすすめです。

    1. ラウドボーン(ソロ):タイプはほのお・ゴースト。特性はてんねん。持ち物はかいがらのすず。努力値はHP:4、とくこう:252、とくぼう:252。技はフレアソング、にほんばれ、なまける、まもる。

    ラウドボーンは最強エンペルトの特性「かちき」を持っているため、ソロレイドで味方のNPCに「いかく」持ちのポケモンが出てしまっても問題ありません。また、「フレアソング」は最強エンペルトの弱点を突きつつ、とくこうが上昇していくので強力です。立ち回り方としては、1ターン目にほんばれを使い、2ターン目以降はフレアソングを連打すると良いでしょう。

    最強エンペルトは開幕時に「ゆきげしき」で天候をゆき

    https://chara.ge/pokemon/pokemonsv-strongest-emperto/

  5. buchikuma-info より:

    「スクール 短期 短期 スクール」に関する最新情報です。

    東急Sレイエス フットボールスクールは、2024年の春に短期スクールを開催します。初めてのお子様でも楽しく上達できるトレーニングを行い、対象は新年中から新6年生までです。開催期間は3月24日から31日までで、複数の校舎で行われます。料金はスクールによって異なり、当日にフロントで支払います。入会特典や持ち物などの詳細は各スクールのホームページで確認できます。申込み方法は、希望のスクールのスケジュールを確認し、HPから申し込むことです。詳細はリンク先をご覧ください。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000383.000059271.html

  6. buchikuma-info より:

    「たまごっち たまごっち タイマー タイマー」に関する最新情報です。

    バンダイナムコグループの公式通販サイト「プレミアムバンダイ」で、初代たまごっちのレアモデルである「きゃらタイマーたまごっち 白 KH-CT82-TWH」の予約受付が開始されました。このたまごっちは、1996年に人気を博した「たまごっち 白」のデザインをそのままに、本体サイズを大きくしたものです。液晶画面やタイマー音も当時のたまごっちを再現しており、キッチンタイマーや勉強・仕事の管理にも使えます。価格は2,500円で、発売は2月1日です。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1565466.html

  7. buchikuma-info より:

    「スクール 短期 短期 スクール」に関する最新情報です。

    東急Sレイエス フットボールスクールは、2024年の春に「春の短期スクール」を開催します。初めてのお子様でも楽しく上達できるトレーニングが行われます。対象は新年中から新6年生までで、期間は3月24日から3月31日までです。開催校は複数あり、料金や入会特典はスクールによって異なります。参加希望の方は各スクールのホームページから申し込みを行ってください。詳細はウェブサイトで確認できます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000383.000059271.html

  8. buchikuma-info より:

    「たまごっち たまごっち タイマー タイマー」に関する最新情報です。

    バンダイナムコグループの公式通販サイト「プレミアムバンダイ」で、初代たまごっちのレアモデル「きゃらタイマーたまごっち 白 KH-CT82-TWH」の予約受付が開始されました。このたまごっちは、1996年に発売された初代たまごっちの人気モデル「たまごっち 白」をデザインに採用しており、本体サイズは約8cmに大きくなっています。液晶画面やタイマー音なども当時のたまごっちを再現しており、キッチンタイマーや勉強・仕事の管理にも使用できます。価格は2,500円で、発売は2月1日からです。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1565466.html

  9. buchikuma-info より:

    「ポケモン タテトプス 修正」に関する最新情報です。

    株式会社ポケモンは、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の更新データVer.3.0.1を配信開始しました。このアップデートでは、技の不具合やわざマシン作成の仕様の修正が行われました。特に注目すべき変更は、わざマシン「きんぞくおん」の作成素材からタテトプスのツメが除外されたことです。また、わざ「ドラゴンエール」の効果が継続するバグも修正されました。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240201-280942/

  10. buchikuma-info より:

    「睡眠時間 ポケモン 日本」に関する最新情報です。

    ポケモンが公開した睡眠ゲームアプリ「ポケモンスリープ」のデータによると、世界7カ国の国別平均睡眠時間のランキングが発表されました。1位はフランスで6時間47分、2位はイギリスで6時間40分、3位はカナダで6時間39分でした。一方、日本は最下位の7位で、平均睡眠時間は5時間52分でした。日本の平均睡眠時間は世界平均よりも36分短い結果となりました。ポケモンスリープの継続プレイによって、睡眠時間の改善が期待されています。

    https://japan.cnet.com/article/35214415/

  11. buchikuma-info より:

    「ポケモン 日本 睡眠時間」に関する最新情報です。

    ポケモン社が行った調査によると、睡眠ゲームアプリ「ポケモンスリープ」の配信開始後、日本の平均睡眠時間が3カ月で約1時間10分増加したことが分かった。以前は日本が最下位だったが、今では平均睡眠時間が7時間3分に延びた。アンケートによれば、約88%の人が睡眠習慣の改善を実感していると回答している。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2401/26/news129.html

  12. buchikuma-info より:

    「mod ポケモン パルワールド」に関する最新情報です。

    非公式Modコミュニティ「Palworld Modding Community」にて、『パルワールド』にポケモンを登場させるModの共有禁止が発表された。これは法的リスクを考慮した決定であり、特定のインフルエンサーが非公式Modの存在を報告して注目を集めていた。このModの配信に備えた対策として、共有やリソースの盗用が禁止されている。『パルワールド』はオープンワールドサバイバルクラフトゲームであり、プレイヤーはパルたちを捕まえながら冒険を進める。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240123-279809/

  13. buchikuma-info より:

    「ポケモン イラスト シャリタツ」に関する最新情報です。

    青の祓魔師の作者である加藤和恵さんが描いたポケモンのイラストが話題となっています。特にかわいすぎると反響を呼んでいるのは、シャリタツというポケモンの姿です。加藤さんはポケモンのラクガキを記し、その中でシャリタツとジバコイルの3匹のポケモンを描いています。このイラストはポケモンのアニメ第3期である青の祓魔師のジャンプスクエアに掲載されたもので、ファンからは神と称されるほどの反響を得ています。青の祓魔師は2009年に集英社の雑誌で連載されており、主人公の奥村燐が悪魔と戦うストーリーです。加藤さんのイラストはポケモンの可愛さと青の祓魔師の世界観が融合しており、多くの人々に喜びを与えています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65ac798fe4b041f1ce663cb5

  14. buchikuma-info より:

    「モモワロウ ポケモン モモワロウ 哀しき」に関する最新情報です。

    ポケモンの新作ソフト「ポケモンSV」のDLC番外編に登場するポケモン、モモワロウには哀しい過去があることが明らかになりました。モモワロウはポケモンの中でも特に悲しい過去を持つ存在であり、その物語が詳しく語られています。モモワロウの過去には、ポケモンの支配を思い描いていた存在や、モモワロウの欲望が関わっていることが示唆されています。しかし、モモワロウには悪意はなく、ただぬくもりを求めていた可能性もあります。また、モモワロウの過去に関する考察やスクリプト全文も公開されています。オーガポンというポケモンも登場し、彼らの正義と悪の思考が一転する展開もあります。モモワロウとオーガポンの物語は、ポケモンの世界に新たな展開をもたらしています。

    https://chara.ge/pokemon/pecharunt-has-sorrowful-episode/

  15. buchikuma-info より:

    「菓子 ポケモン デザイン」に関する最新情報です。

    七條甘春堂は、ポケモンとコラボした京菓子の第2弾を発売しました。ピカチュウ、ニャオハ、ジュナイパーなどの冬のデザインが特徴で、抽選限定のポケモン上生菓子やオンライン先行販売も行われています。ポケモン上生菓子は、ピカチュウ、アローラロコン、オニゴーリ、ダルマッカをデザインしたもので、七條甘春堂の職人が一つ一つ手作りしています。また、ポケモン京菓子の干菓子や麩焼きもオンラインで先行販売されています。

    https://www.ssnp.co.jp/snack/534709/

  16. buchikuma-info より:

    「ディンルー スコヴィラン ポケモン」に関する最新情報です。

    ポケモンSVのウェブサイトには、「ディンルー」と「スコヴィラン」の組み合わせで詰む面白い戦術が紹介されています。ディンルーは耐久力が高く、一撃で倒すのが困難なポケモンであり、スコヴィランは相手を強制的に交代させる技を持っています。この組み合わせは、ディンルーを起点として戦うことで、相手に苦労させることができます。さらに、カバルドンやブリジュラス、ラグラージなどのポケモンも紹介されており、それぞれの特徴や使い方が解説されています。また、スコヴィランに対する対策として、ディンルーの「みがわり」や「がんせきふうじ」、ブリジュラスの「ラスターカノン」や「ヘビーボンバー」、ラグラージの「テラスタル」などが効果的であることが述べられています。さらに、ポケモンの育成や技の選択についても詳細な解説があります。

    https://chara.ge/pokemon/pokemon-sv-scovillain-beats-tinglu/

  17. buchikuma-info より:

    「ポケモン ネモ 番外編」に関する最新情報です。

    ポケモンSVのDLC番外編では、ネモの育成が早すぎると話題になっています。ネモはバトル用のポケモン2体を育てることができる戦闘狂です。この番外編では、ネモが注目されている一方で、育成が早すぎるという意見もあります。また、ネモの育成に関連して、ポケモンのトレーナーやキャラクターの交流やストーリーの展開も楽しめるようです。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240113-278886/

  18. buchikuma-info より:

    「記録 rta ポケモン」に関する最新情報です。

    初代『ポケモン』のRTA(リアルタイムアタック)世界新記録に不正が発覚し、録画・切り貼りで作られた偽の記録が取り消されることが判明しました。検証班がこの偽記録を追い、詳細な調査を行っています。不正行為が行われたことにより、ポケモンRTAコミュニティではレギュレーションの見直しや厳格な対策が検討されています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240111-278672/

  19. buchikuma-info より:

    「ポケモン レギュレーション ポケモン 紹介」に関する最新情報です。

    ポケモンSVのレギュレーションFが開幕し、現在注目されているポケモンを紹介する記事があります。注目されているポケモンはポリゴン2、ラティオス・ラティアス、アシレーヌ、ウガツホムラ、ラグラージ、ブリジュラスなどです。また、過去作のポケモンであるスイクンも注目されており、その性能や使用率の伸びに期待が寄せられています。さらに、20位以降のポケモンにも注目が集まっており、特にジャローダが注目されています。ジャローダは特性や技の組み合わせなどが評価されており、今後の活躍が期待されています。

    https://chara.ge/pokemon/pokemon-sv-regulation-f-featured-new-pokemon-introduction-dlc-indigo-disk/

  20. buchikuma-info より:

    「ie スクール スクール ie」に関する最新情報です。

    個別指導塾のスクールIEが、新しいTVCMを1月13日から放映開始しました。このCMでは、俳優の藤﨑ゆみあさんと音楽グループのスキマスイッチが、頑張る受験生を応援しています。スクールIEは、親や講師、教室長のサポート体制と個別指導で勉強の悩みを解決し、受験合格に至るまでの心情と成長を描写しています。このCMは、受験生を応援するメッセージを伝えるとともに、スクールIEの特徴やサポート体制をアピールしています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000605.000028894.html

  21. buchikuma-info より:

    「ポケモン 色違い sv」に関する最新情報です。

    ポケモンSVの色違いポケモンの入手方法についての情報が紹介されています。色違いポケモンを入手する方法は2つあり、野生ポケモンを捕まえる方法と孵化厳選で入手する方法があります。さらに、色違いポケモンの入手確率を上げるための4つの方法も紹介されています。ひかるおまもりを入手する、大量発生イベントを活用する、サンドウィッチでかがやきパワーを発動させるなどがあります。大量発生イベントでは、通常の出現率よりも色違いポケモンの出現率が上昇するため、効果的な入手方法として活用できます。

    https://chara.ge/pokemon/pokemonsv-different-colors/

  22. buchikuma-info より:

    「リメイク 発売 予定」に関する最新情報です。

    2024年には『メタルギアソリッド3』と『サイレントヒル2』のリメイク版が発売される予定です。これらのリメイク作品は今年の傑作として期待されています。また、『League of Legends』には新しいチャンピオン「スモルダー」が追加され、グロテスク心理ホラーゲーム『Burnhouse Lane』が日本語対応されるなど、ゲーム界ではさまざまなニュースがあります。さらに、SteamストアページにはFPS向けの「Boomer Shooter」タグが登場し、『ULTRAKILL』や『DUSK』などのオールドスクール/ハイテンポ系FPSの類似作品を探しやすくなりました。また、オープンワールドサバイバルゲーム『Rust』では新しい装備や特殊な新モニュメント、複数マップを繋げる「Nexus」システムなどが追加される予定です。さらに、『龍が如く』の歌「ばかみたい」が日本の曲の週間チャートでトップ10入りし、狩猟アクションRPG『Atlas Fallen』が『モンハン』とは異なる砂塵狩りゲームとして紹介されています。他にも、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット ゼロの秘宝』や新作FPS『THE FINALS』、和風残酷ノベル『桃の華は鮮血に染まる』など、さまざまなゲームの情報があります。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240105-278117/

  23. buchikuma-info より:

    「ピカチュウ ポケモン sv」に関する最新情報です。

    【ポケモンSV】ピカチュウのみでストーリーをクリアしてみた【ピカチュウチャート】という記事は、ピカチュウだけを使ってポケモンSVのストーリーモードをクリアする方法についての分析データです。記事では、ピカチュウの個体やチャート、ストーリーの進行などが詳しく説明されています。また、ピカチュウ以外のポケモンの使用は不可であり、フリッジジムを除くすべてのジムを攻略する必要があります。さらに、記事ではピカチュウの個体育成や特性、努力値の振り方なども解説されています。この記事は、ピカチュウファンやポケモンSVのプレイヤーにとって役立つ情報が含まれています。

    https://chara.ge/pokemon/pokemon-sv-story-pikachu/

  24. buchikuma-info より:

    「ポケモン ボックス ミラクル」に関する最新情報です。

    この記事は、ポケモンHOMEのミラクルボックスでの交換記録をまとめたものです。ミラクルボックスはポケモンを交換するための機能であり、この記事ではその意義や交換記録について詳しく紹介されています。また、記事のまとめやライターの紹介もあります。

    https://chara.ge/pokemon/pokemon-sv-home-miraclebox/

  25. buchikuma-info より:

    「ハバタクカミ ポケモン sv」に関する最新情報です。

    ポケモンSVの記事によると、ハバタクカミの型が非常に多いことが悲報として報じられています。ハバタクカミはおくびょうやひかえめなどの性格や、ブーストエナジー型などの道具を持つことができます。記事では、ハバタクカミのさまざまな型が紹介されており、シングルバトルでの使用方法や特徴が詳しく解説されています。ハバタクカミの強みとしては、素早さを生かしたスタンダードな型や、耐久力を調整した型があります。また、ハバタクカミは特定の技を覚えることで相手を崩すことができるメリットもありますが、一方で耐久力が低いためデメリットもあります。特にずぶといな性格のハバタクカミは耐久力が低く、タイプ不一致の攻撃に対しても耐えることができないことが指摘されています。

    https://chara.ge/pokemon/pokemon-sv-sad-news-flutter-mane/

  26. buchikuma-info より:

    「ポケモン 交換 gts」に関する最新情報です。

    このウェブサイトは、ポケモンのGTS(Global Trade System)交換レートに関する情報をまとめたものです。ポケモンHOMEを利用してGTSで交換を成立させるコツや、各ポケモンの交換レートについて調査中の情報も提供しています。記事では、ポケモンのSV(個体値)や色違いポケモンの交換に関する情報も掲載されています。また、ポケモンの特性やボールの種類など、交換成立の条件についても解説されています。

    https://chara.ge/pokemon/pokemon-home-gts-rate/

  27. buchikuma-info より:

    「ポケモン 登場 番外編」に関する最新情報です。

    ポケモンの新しいDLC番外編が発表され、新しいポケモン「ピーチドン」についての妄想が盛り上がっています。このポケモンは桃のような外見をしており、実際に登場する可能性が高いと言われています。さらに、ポケモンSVのDLCについても詳細が発表され、新たな要素やポケモンとのバトルなどが楽しめることが分かりました。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231221-276940/

  28. buchikuma-info より:

    「ポケモン 番外編 dlc」に関する最新情報です。

    ポケモンSVのDLC「ゼロの秘宝」の番外編が発表され、1月に配信されることが発表されました。この番外編では、ペパー、ボタン、ネモの3人がキタカミの里へお出かけするストーリーが展開されます。また、新しいポケモン「ピーチドン」の妄想も盛り上がっています。さらに、国産サンドボックスゲーム「クラフトピア」の新アップデートや、Nintendo Switchのゲーム「桃太郎電鉄ワールド」の累計出荷本数が100万本を突破するなど、他のゲームの情報もあります。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231220-276830/

  29. buchikuma-info より:

    「どうぐ ポケモン どうぐ プリンター」に関する最新情報です。

    『ポケモンSV』のDLC後編「どうぐプリンター」では、ガチャ用の素材を集めるために努力するプレイヤーが増えています。このDLCでは、ポケモンたちが狩り狩られたり、おとしものを集めるために活躍します。また、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット ゼロの秘宝』の後編「藍の円盤」では、マシンを使ってポケモンとシンクロし、歴代伝説のポケモンとバトルするなど、ワクワクとノスタルジーが入り混じる内容となっています。さらに、Nintendo Switch版の和風残酷ノベル『桃の華は鮮血に染まる』や新作ボードゲーム「いかだの5人」など、様々なゲームの情報も紹介されています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231219-276613/

  30. buchikuma-info より:

    「カポエラー ポケモン 新宝」に関する最新情報です。

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』において、カポエラーが新宝島ステップを踏まないという話題が注目されています。しかし実際にはカポエラーはステップを踏むことがあり、時々ややこしい動きをするようです。この情報はポケモンの新作ゲームに関するものであり、カポエラーの動きについての詳細が紹介されています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231218-276468/

  31. buchikuma-info より:

    「タロ ポケモン タロ タロ」に関する最新情報です。

    ポケモンの新しいDLC「藍の円盤」に登場するキャラクター、タロちゃんの可愛い画像が公開されました。タロちゃんは初対面から笑顔で迎えてくれるキャラクターで、さらさらの髪や堂々とした姿勢が特徴です。また、タロちゃんのかわいいポーズやくちびるにも注目です。タロちゃんはポケモンSVの中でも人気のキャラクターであり、本格的なRPGの魅力を持っています。また、タロちゃんのデザインやストーリーには、全米脚本家組合主催の賞にノミネートされた作品「Mass Effect」と「ウィッチャー3」の影響が見られます。

    https://chara.ge/pokemon/pokemon-sv-lacey-photos/

  32. buchikuma-info より:

    「ゲーム アニメ 発売」に関する最新情報です。

    2025年に発売予定のレトロアニメ風FPSゲーム『MOUSE』の本格ゲームプレイ映像が公開されました。このゲームはネズミの私立探偵が悪者を殺りくするストーリーで、ほんわかとした雰囲気が特徴です。開発元のFumi Gamesは、12月12日にSteam向けに本作の配信を予定しています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231213-275929/

  33. buchikuma-info より:

    「よみうりランド ポケパーク ポケモン」に関する最新情報です。

    ポケモン社、よみうりランド、読売新聞東京本社は、よみうりランド内に「ポケパーク」を作ると発表しました。このポケパークは、世界中のポケモンファンが一緒に楽しめる空間を提供することを目指しています。ポケモン社は、ポケモンの魅力を通じて人々が自然に集まり、言葉の壁を超えて一緒に楽しめる場所をプロデュースすると述べています。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2312/12/news091.html

  34. buchikuma-info より:

    「世界 たまごっち 日本」に関する最新情報です。

    「たまごっち」は世界で大ヒットし、もはや日本発のおもちゃとは認識されていなかったことが明らかになりました。このおもちゃは世界中で人気を集めており、ブラジル、カナダ、アメリカ、ドイツ、オーストラリアなどの国々でも愛されています。また、たまごっちは日本で初めて誕生し、その後さまざまなバージョンが登場しました。このおもちゃは特に1996年に第一次ブームを起こし、2004年には3000万個以上が売れました。さらに、2008年にはカラーバージョンが発売され、2009年には30分のアニメ番組も放映されました。たまごっちは中学生や高校生の世代にも人気があり、2014年には新たなバージョンが発売されました。このように、たまごっちは日本を代表するおもちゃであり、世界中で愛されています。

    https://gendai.media/articles/-/119332

  35. buchikuma-info より:

    「写真 ポケモン 映える 写真」に関する最新情報です。

    ポケモンSVの写真撮影についての記事があります。カメラアプリの使い方や構図法を紹介しており、映える写真を撮るための基本編や応用編があります。ポケモンSVのゲームプレイや対戦に飽きた方におすすめの記事です。また、ポケットモンスタースカーレットやバイオレットの情報も含まれています。

    https://chara.ge/pokemon/pokemonsv-lets-take-photos-that-stand-out/

  36. buchikuma-info より:

    「kind kind words words」に関する最新情報です。

    Steamエモ匿名オンライン交流ゲーム『Kind Words 2』が発表され、圧倒的な好評を得ている。このゲームは、プレイヤーが匿名で手紙をやり取りすることができるコミュニケーションツールであり、世界中のプレイヤーと温かい言葉を交換することができる。前作からさらにパワーアップし、新たな要素や拡張されたソーシャルスペースが追加されている。また、開発者はアメリカのボストンに拠点を置くスタジオであり、前作でも好評を得ていた。『Kind Words 2』は、プレイヤー同士の交流や心温まるメッセージのやり取りを通じてリラックスできるゲームであり、特に英語圏で人気を集めている。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231207-274974/

  37. buchikuma-info より:

    「マイノリティ マイノリティ 新入社員 働く」に関する最新情報です。

    「マイノリティ」の新入社員が、働く上で感じている心理的安全性の重要性についての記事があります。この記事では、マイノリティの新入社員が働く上で感じる心理的安全性の必要性に焦点を当てています。記事では、マイノリティの新入社員が働く上で直面するさまざまな課題や障害について触れられています。また、企業がDE&I(多様性、公平性、包括性)推進活動を行うことで、マイノリティの新入社員が働く上での心理的安全性を高めることができると述べられています。さらに、ウェルフェアチームや社内DE推進活動など、さまざまな取り組みが紹介されています。この記事は、マイノリティの新入社員が働く上での心理的安全性の重要性を理解するための貴重な情報源となるでしょう。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6549925ce4b0e3ecaf8a8f26

  38. buchikuma-info より:

    「絵文字 アンノーン ポケモン」に関する最新情報です。

    ポケモン社は、ポケモン「アンノーン」をモチーフにした動くLINE絵文字を発売しました。この絵文字は、ポケモン金・銀の発売から24周年の日にリリースされました。アンノーン絵文字は、AからZまでのアルファベットをモチーフにした28種類の絵文字で、価格は250円です。ポケモンファンにとっては、懐かしいポケモンの登場に喜びの声が上がっています。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2311/21/news134.html

  39. buchikuma-info より:

    「ポケモン ポケサブレ アンケート」に関する最新情報です。

    ポケモンスリープのポケサブレ配布アンケートが殺到し、一時的に回答ができない状況になったため、ポケサブレの数を増やして配布することが発表されました。ポケモンスリープは11月16日にVer 1.0.13が配信され、新しい機能やアイテムが追加されました。また、ポケモンスリープの公式アカウントはGoogleフォームを利用してアンケートを実施し、回答者にポケサブレをプレゼントするキャンペーンも行っています。しかし、予想以上のアクセスが集まり、一時的に回答ができない状況が発生しました。そのため、ポケサブレの配布数を増やすことが決定し、後日詳細が案内される予定です。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231116-272448/

  40. buchikuma-info より:

    「ポケモン つながり つながり ヒモ」に関する最新情報です。

    ポケモンスリープの新アプデでは、捨てられていた「つながりのヒモ」に新しい用途が追加され、カンスト対策も行われました。アプデでは、ポケモンの進化に必要なアイテムをランダムで入手できるようになり、バッグの圧迫を軽減するために不要なアイテムを捨てることもできます。また、フレンドとの親密度が上がると特定のポケモンの進化に使えるアイテムをもらえるようになりました。このアップデートにより、ポケモンスリープの楽しみ方がさらに広がりました。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231115-272193/

  41. buchikuma-info より:

    「ポケモン アーシャム ティファニー」に関する最新情報です。

    ティファニーは、ポケモンとのパートナーシップのもと、コンテンポラリーアーティストのダニエル・アーシャムとのクリエイティブなコラボレーションアイテムを発表しました。このコレクションには、アーシャムの彫刻シリーズである「フューチャー レリック(Future Relics)」をモチーフにしたポケモンのペンダントやネックレスなどが含まれています。ティファニーとポケモンのパートナーシップは、世界的な人気を誇るポケモンシリーズとアーティストのクリエイティビティを結びつけたものであり、ポップカルチャーや現代アートの象徴的な結びつきを表しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000494.000010426.html

  42. buchikuma-info より:

    「ポケモン 手がける ネモ」に関する最新情報です。

    ポケモンSVの無料公式小説「きみと雨上がりを」が公開されています。この物語は、ネモが主人公であり、ユーフォニアムの原作者が手がけています。また、Nintendo Switchの『スーパーマリオRPG』の開発にはアルテピアッツァが参加しており、『ドラクエ』などにも関わったゲーム会社がUnityを用いて制作しています。さらに、『原神』の新キャラクターであるフリーナの登場により、初期のキャラクターも再び注目を浴びています。他にも、人気の骸骨ローグライクゲーム『Skul: The Hero Slayer』のPC向けDLCや無料大型アプデが11月16日に配信される予定です。さらに、映画スタジオ経営シム『Hollywood Animal』の発表や、PS5/Xbox/PC向けの一撃必殺アクションゲーム『ゴーストランナー2』の要素満載の新作なども話題となっています。また、『サイバーパンク2077』の拡張パックや大型アプデのレビューも行われており、このゲームはエッジの向こう側に到達し、新たなゲームとして生まれ変わることが期待されています。さらに、『アサシン クリード ミラージュ』やボクセル鉄道構築ゲーム『Station to Station』、『Starfield』なども注目されています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231110-271626/

  43. buchikuma-info より:

    「写真 ポケモン 癒さ」に関する最新情報です。

    ポケモンのSV/DLCに関連するWebサイトの分析データによると、癒される写真の15選が紹介されています。ポケモンと撮影場所にこだわった写真や、山や滝、草花、色違いのポケモンなどが特集されています。また、フィルターにこだわった写真もあります。これらの写真はポケモンの世界を癒しの要素として捉えたもので、ポケモンファンにとって楽しいコンテンツとなっています。

    https://chara.ge/pokemon/pokemonsv-dlc-15-soothing-photos/

  44. buchikuma-info より:

    「げんき ポケモン ポケモン げんき」に関する最新情報です。

    「ポケモンスリープ」のゲーム内で重要な要素である「げんき」についての解説記事があります。記事では、「げんき」が何なのか、どのように影響を与えるのかが詳しく解説されています。

    「げんき」は、おてつだいをするたびに1%ずつ減少していきます。また、「げんき」の数値が高いほどおてつだいスピードも速くなります。具体的には、おてつだいをするたびに「げんき」が減少し、その数値が81%以上の場合は約2.2倍のスピードでおてつだいを行うことができます。

    「げんき」の確認方法についても解説されています。ステータス画面やメイン画面から確認することができます。

    また、記事では「げんきエール」というアイテムや「げんきチャージ」というスキルについても触れられています。これらのアイテムやスキルを使用することで、「げんき」を回復させることができます。

    「げんき」はポケモンスリープの重要な要素であり、効率的にプレイするためには理解しておく必要があります。記事では、具体的な数値や使い方についても詳しく解説されています。

    https://chara.ge/pokemon/pokemonsleep-energy-explanation/

  45. buchikuma-info より:

    「ドーナツ ポケモン ミスド」に関する最新情報です。

    ミスタードーナツは、2023年に「ミスド ポケモン ドーナツ」を発表しました。このコラボレーションでは、ピカチュウドーナツ、コダックドーナツ、カビゴンのまんぞくドーナツなど、全5種類のポケモンドーナツが展開されます。さらに、ブランケットやランチボックス、おさんぽポーチが付いたセットも販売されます。また、クリスマスドーナツ「ポン・デ・リース」も3種類展開されます。これらの商品は2023年11月1日から販売されます。

    https://www.ssnp.co.jp/foodservice/525879/

  46. buchikuma-info より:

    「ポケモン nsd スキー」に関する最新情報です。

    日本スキー場開発株式会社は、NSDキッズプログラムの一環として、ポケモンデザインのスキー&スノーボードを数量限定で販売することを発表しました。NSDキッズプログラムは、12のスキー場で展開されており、リフトシーズン券を利用してポケモンデザインのスキー&スノーボードで雪山を楽しむことができます。また、NSDキッズプログラムの会員限定で販売されるため、お子様と一緒にポケモンと雪山を楽しむことができます。さらに、NSDキッズプログラムの参加者には、ポケモンデザインのスキー&スノーボードの他に、ビンディングも無料で提供されます。販売は数量限定であり、詳細な販売スケジュールや予約受付期間などは公式ウェブサイトで確認することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000096.000031800.html

  47. buchikuma-info より:

    「デジモン アドベンチャー デジモン アドベンチャー」に関する最新情報です。

    デジモンアドベンチャー02の新商品がDPショップで発売されることが発表されました。新商品にはデジモンアドベンチャー02のオリジナルグッズやプレミアムオルゴールが含まれており、2023年10月27日から通販サイトで購入することができます。また、東映アニメーション株式会社が画像一覧を公開しており、商品の種類やデザインが確認できます。さらに、デジモンアドベンチャー02の関連イベントも開催される予定で、子どもたちとデジモンが揃った写真や商品の詳細も公開されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000285.000059287.html

  48. buchikuma-info より:

    「ニョロゾ ポケモン ニョロトノ」に関する最新情報です。

    この記事は、ポケモンのニョロゾの育成論について徹底解説しています。ニョロボンやニョロトノではなく、なぜニョロゾを選ぶのかについて、その理由を説明しています。ニョロゾは素早さの種族値が高く、立ち回り方や使い方によっては非常に強力なポケモンとなります。記事では、ニョロゾを起点とする方法やオススメの道具についても解説しています。また、ニョロゾの対策や弱点についても注意点として紹介されています。

    https://chara.ge/pokemon/pokemon-sv-poliwhirl-not-poliwrath-and-politoed/

  49. buchikuma-info より:

    ニンテンドーは、2023年6月21日23時に「Nintendo Direct 2023.6.21」という番組を放送することを発表しました。この番組では、Nintendo Switch用のソフトウェアの中でも特に人気のある「ピクミン4」など、年内に発売予定のソフトウェアを紹介する予定です。番組は約40分間放送されます。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230620-252682/

  50. buchikuma-info より:

    任天堂は、2023年6月21日23時に約40分間の「Nintendo Direct 2023.6.21」を放送することを決定した。この番組では、Nintendo Switch用の年内発売予定のソフトを中心に紹介される予定であり、その中には『ピクミン4』も含まれる。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230620-252682/

タイトルとURLをコピーしました