PR

ドット勇者、友達招待を自演で達成するとどうなるの?

ドット勇者の「友達招待」に関する情報をまとめています。基本的には「ヘブバン」の自演招待方法まとめを簡易化してドット勇者の方法に置き換えただけの手抜き記事になります。

ヘブバン、自演招待はアカウント停止(BAN)されるの?最適な方法
ヘブンバーンズレッドが友達招待キャンペーンなんかをやるもんだから、一応、方法やメリット、アカウント停止になるリスクがどんなもんなのかを調べてみました。

友達招待は、実際に友達を招待することはまれで、SNSの捨てアカウントや攻略サイトの友達招待掲示板でひたすらコードを書き続けるだけの作業を要求するものになり、実態のないものとなっています。

かめ
かめ

友達招待コードにどれだけ新規参入プレイヤーの動線となる効果があるのかはわかりませんが、運営は喜んでやりがち。

しろくま
しろくま

プレイヤー側も報酬がもらえるので嬉しいはずなのですが、面倒な作業を増やされるストレスに加えて「俺、本当の友達っていないんじゃないの?」みたいなアンタッチャブルな疑問に気付かされる負の側面が大きすぎる。

我々の思いとは関係なく、そこに報酬があれば手に入れたくなるのは人間の心理。本来なかったはずのものでも、手に入るかもしれないと思うと「損した気持ち」にさせられてしまう。結果的に、「報酬欲しさに自演招待を繰り返すもの」と「自演招待を毛嫌いすることで作業をしない自分を正当化するもの」に二分されます。

しろくま
しろくま

ぶっちゃけ、作業内容に見合うほどの報酬が得られることはあまりないので、やってもやらなくても損するような話ではないのですが、自演招待はアカウント停止の対象となる可能性もあり、リスクほどの対価が得られるのかは疑問。

このページでは、「では、本当に自演招待をするとアカウントは停止されるのか」という点と、ついでにアカウント停止されない自演方法について考えてみたいと思います。

自演招待とアカウント停止の要点
  • アカウント停止の可能性はある
  • 可能性がある以上、一定のリスクは伴う
  • 当サイトでは責任は負わないし、私はやらない方がいいと思う

とりあえず友達招待コードだけほしい、という場合はこちらのコードをご利用ください。

もし、「私のコードをここに貼ってほしい」という希望があれば、コメントにでも残しておいてください。お一人ずつ数週間貼っておきます。(2024-01-16〜)

スポンサーリンク
閑話休題、おすすめゲームの話

こちらは広告です。

今は特に紹介したいものはないので崩壊スターレイルのリンクを置いておきます。

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

ドット勇者の友達招待イベントの概要

まずは、ドット勇者の友達招待イベントの概要から解説していきます。

ドット勇者の友達招待キャンペーン開催期間

友達招待キャンペーンの開催期間についてまとめます。

キャンペーン開催期間

情報なし

ドット勇者のキャンペーン参加方法

友達招待キャンペーンの詳細なやり方です。

友達を招待する人がやること

やること自体は、とにかく友達招待コードを利用してもらい、ゲーム進捗をすすめてもらいます。

  • プレイヤーレベルを30に上げる
  • ワールドチャットに招待コードを書き込む(連投注意)

達成条件と報酬

  • プレイヤーレベルを30に上げると、招待画面から自分の招待コードを確認できる
  • 招待コードを入力すると、ダイヤ500個、ガチャチケット10枚、星5キャラの欠片x50個を入手できる

招待コードの入力方法

  1. 報酬の招待パックから入力
  2. 先頭文字が全角の場合、半角に戻す
コード入力位置

報酬の招待パックメニュー内にあります。プレイヤーレベル30を超えると入力ページが「招待コード受け取りページ」に切り替わります。

キャンペーンの注意点

  • プレイヤーレベル30に到達すると、招待コードの入力ができなくなる
  • 連投すると削除される可能性がある

スポンサーリンク

ドット勇者の自演招待によってアカウントが停止される可能性

ドット勇者の友達招待キャンペーンにおいて、自演招待でアカウントは停止されるのか、という疑問について私の考えをお伝えします。

アカウント停止の根拠となる文章

まずは、ドット勇者の友達招待キャンペーンの注意事項欄に注目します。自演招待は実際にアカウント停止措置となるのでしょうか。

複数アカウントの利用は基本的にアウト

・複数アカウントを用いての悪質な行為は利用制限の対象となります。

複数アカウントを用いることはドット勇者の利用規約に違反する内容となります。

自演招待においてはメインのアカウントが発行した招待コードを、サブのアカウントが利用することで成立しています。

つまり、複数アカウントを利用していることになり、アカウントの利用制限を受ける可能性はあるということになります。

収集されている個人情報とその利用

基本的なゲーム系アプリでは、利用規約やプライバシーポリシーで「個人情報を収取する」という内容が記載されています。

ドット勇者においても同様の項目があるので確認してみてください。

  • IPアドレス(利用しているネット回線)
  • 利用している機種
  • アプリの稼働状況

これらの情報があれば、ひとつの端末で複数アカウントが起動していることは十分に特定は可能であると言えます。

そして、これらの情報を利用してもいいかどうか、という点においても、利用目的から「利用規約違反の是正」とあるので、複数アカウント利用を特定するために、これらの個人情報を利用することが明言されていると考えていいと思います。

利用規約の個人情報の取扱要項(抜粋)

例えば、ヘブバンの場合は以下のような情報が利用されています。これらの情報からユーザーが「特定の個人」であることは把握可能です。

お客様から直接ご提供いただく情報
  • ユーザーID
  • 生年月日
  • 引継ぎ時に設定するID、パスワード
  • お問い合わせの際にご提供いただいた情報
サービス利用時に自動的に取得する情報
  • 支払情報
  • IPアドレス
  • 利用機種名/利用OS
  • 本アプリの利用状況
  • Identifier for Vendor
  • Identifier for Advertisers

ドット勇者が利用する情報の目的(抜粋)

以下もヘブバンの利用規約になりますが、情報の利用方法についても記載されており、ユーザーはプレイする前に規約に同意したことになっています。

当社は、取得した情報を以下の目的で利用いたします。

  • 本アプリのサービス提供
  • 本アプリ利用状況の引き継ぎ
  • 年齢に応じた課金上限額の設定及び課金計算
  • 本アプリの利用状況及び各種施策の実施結果の測定、調査、分析
  • マーケティング調査、アンケートの実施
  • 本アプリの改善、不具合対応
  • 当社又は第三者が運営する各種サービス、プロモーション、キャンペーン、イベント等のご案内
  • 取得した閲覧履歴等の情報を分析し、趣味・嗜好に応じた、Webサイトおよびスマートフォンアプリケーションを通した、広告出稿およびその最適化
  • 利用規約違反行為の是正
  • お問い合わせ対応(本人確認を含みます)
  • 「3.第三者提供・情報収集モジュール」記載の第三者(共同利用者を含む)への提供

Appleのディベロッパー規約と友達招待(シリアルコードによる促進)の是非

次に、「友達招待キャンペーン」の妥当性について解説します。

昔は友達招待キャンペーンはよく目にする販促イベントでしたが、昨今ではAppleの利用規約が厳しくなり、ほとんど目にすることはなくなりました。

3.2.2 許容されない行為

(vi)Appでは、ユーザーが対価を支払ったコンテンツを、追加作業(ソーシャルメディアへの投稿、連絡先のアップロード、Appを特定の回数開くことなど)を実行しなくても入手できるようにする必要があります。Appは、ユーザーにAppの評価やレビュー、ビデオの視聴、他のAppのダウンロード、広告のタップ、トラッキングの有効化を求めるべきではありません。また、機能やコンテンツへのアクセス、Appの利用、(ギフトカードやコードを含むがこれに限らない)金銭やその他の報酬を受け取るために、同様のアクションを取ることもユーザーに求めるべきではありません。

これは、App StoreのReviewガイドラインからの引用です。レビューガイドラインは、簡単に言えば、AppleのAppStoreからアプリをリリースするための約束事です。

このレビューガイドラインの文言の前提として、「適正価格で出せよ」ということと、「評価の改ざんに繋がるようなサービスをするなよ」ということがあります。

シリアルコードを利用した友達招待キャンペーンはガイドライン違反?

今回の友達招待キャンペーンは、無償部分の課金アイテムがユーザーの報酬として提示されています。

これが有償アイテムの場合は、資金決済法の観点からもかなり面倒なことになるのでほぼアウトですが、無償石の場合は、若干微妙なところです。

友達招待系のイベントに終止符を打ったとされるのが、モンスターストライクのシリアルコード入力を促すことによるAppStore停止事件です。

この辺りの内容については、ヘブバンの友達招待記事を参照ください。

ヘブバン、自演招待はアカウント停止(BAN)されるの?最適な方法
ヘブンバーンズレッドが友達招待キャンペーンなんかをやるもんだから、一応、方法やメリット、アカウント停止になるリスクがどんなもんなのかを調べてみました。

結論だけ言えば、Appleの利用規約違反と断言できるようなものではないし、他のアプリでも同様のキャンペーンはやっていることもあり、友達招待キャンペーンが原因でAppStoreから締め出されるということはないと考えられます。

複数アカウント利用の悪質性

ドット勇者の運営が考える「複数アカウント利用の悪質性)」とは何なのでしょうか。

招待コードを利用した売買契約

  • キャンペーンを利用したRMTは禁止
  • サーバーに負担をかけるようなプログラムを利用した大量アカウント作成は対処
  • 複垢を個人で利用する分には即座に利用停止措置をとる可能性は低い

ネット上のトラブルに誘因する行為

  • SNSや掲示板で相互招待を促し、トラブルに発展したら運営も対処せざるを得ない
  • ユーザー間のトラブル対処は基本的には自己責任
  • SNSで問題が起これば、他のユーザーへの影響も考慮して対処する可能性が高まる

自演招待の対処は運営はやりたがらない理由

友達招待キャンペーンの自演によってアカウント停止になったという報告は「自演で達成した」という報告例に対して圧倒的に少ないです。つまり、多くの場合は自演で垢BANはされない。

  • 運営の目的は「既存ユーザーの定着」と「潜在ユーザーへの露出」
  • 運営側に利益が大きいキャンペーンで悪評につなげたくない
  • 自演までやるユーザーは太い客

端的に言えば、運営の都合でキャンペーンをして、上客となる熱心なユーザーを処罰するようなことをする可能性は低い、ということです。

アカウント停止になる確率、何%くらい?

実際にアカウント停止になる確率について考えてみます。

私が情報収集している限りでは2024/03/22時点では自演招待を理由とするアカウント停止事例は確認されていません。

過去のアカウント停止事例

ちなみに、ドット勇者では過去にアカウント停止措置を実行した事例はありません。

スポンサーリンク

BANされない自演招待の方法

基本的に、自演招待はアカウント停止措置を取られる可能性はあります。とはいえ、あくまでも販売促進のためのキャンペーンなので、運営が積極的にアカウント停止措置をとる可能性はそれほど高くはないとも言えます。

それでも、アカウント停止が怖いな、という方のために、BAN(アカウント停止措置)をされないで、かつ、簡単に自演招待できる方法について解説していきます。

自演招待の基本

自演招待をする際に、知っておきたいことをまとめておきます。

サブアカウントを作成する

まずは、サブアカウントを作成する準備をします。

メインアカウントのバックアップを作成する

ドット勇者のアカウント登録方法については簡単に説明します。

  1. 画面左上のユーザーアイコンをタップ
  2. 「設定」をタップ
  3. 「アカウント切り替え」をタップ
  4. コードを発行する

データを引き継ぐ際には、ここで発行した番号を、トップ画面の「データ引き継ぎ」に入力します。

サブアカウント用のバックアップ準備もする

端末をひとつでおこなう場合には、複数アカウントを保持するためにサブ垢用のバックアップの準備もしておきます。

アカウント作成に役立つ情報に関してはこちらにありますので参考にしてみてください。

リセマラで利用したい、iPhoneのApple IDで無限アカウント生成する方法
リセマラでネックとなるのが、キープしておきたいアカウントの分だけ、メールアドレスが用意できないこと。でも、iPhoneを使っているユーザーだとメールを非公開という機能で制限なくアドレスが作成できて、パスワードも保管できてとにかくお勧め、という話をしていきます。

労力の少ない自演招待のフローチャート

ドット勇者の友達招待キャンペーンにおける報酬に関しては前述のとおりですが、最低限達成しておきたい報酬ラインを決めておきます。

  1. メインアカウントのデータバックアップを行う
  2. メインアカウントの端末上のデータを削除し、サブアカウント作成する
  3. リセマラと同じ手順で、サブアカウントをある程度の基準でデータ作成する
  4. 招待用アカウントを「進めるところ」まで進める
  5. 招待用アカウントでメインアカウントの招待コードを入力する
  6. 目標ラインまで上記工程を繰り返す
  7. 自演完了

まぁしんどいです。

友達招待コード入力までの効率の良い進め方

要所のポイントを整理していきます。

ドット勇者では、招待を受けた人がゲームをプレイして進めれば進めるほど得点が豪華になっていきます。

そのため、本来はなるべくアクティブなプレイヤーに入力してもらうのが望ましいので、発信力のあるSNSなどで、おすすめのゲームとして紹介してそのまま招待コードを入力してもらうように促すのがベストかと思います。

自演招待の場合は投資可能な時間がどれくらいあるのか、ということに依存するわけですが、そもそも作業を嫌って放置ゲームをプレイすることを考えると、あまり一生懸命になりすぎては本末転倒な気もします。

自演招待のコスパを考える

ドット勇者の友達招待の自演を、どこまでやるか(目標)、そもそもコスパはいいのか、という話をしていきます。

友達招待人数を決める

目標となる友達招待の人数を決めていきます。

自分でできるのはせいぜい1〜2個

自由に使える端末にサブアカウントとしてドット勇者をインストールして、メインアカウントの招待コードを入力して時間があるときに少しずつプレイする、くらいでいいと思います。

時間当たりのコスパについて考える

自演招待、サブアカウントひとつ当たりにつき、だいたい「5分〜1時間」の時間が必要になっています。手に入る報酬が「ガチャチケット」だとすると、時給でいえば「まずまず」ということになります。

もちろん、プレイヤーが同じコスパ感覚でやっているわけではないのでこの時給換算で動くかどうか、お得と感じるかどうかは一概に言えるものではありません。

この数字を「自演招待作業をやらない言い訳」にしてもいいですし、普通に課金してもいいですし、あるいはモチベーションに変えてもいいと思います。

垢BAN対策にできること

アカウント停止の可能性はありますが、運営が確実にアカウントを停止できる要件は、「よほどの悪質性のある行為」に限られます。

意外とない、アカウント停止が即決できるシチュエーション

ざっくりと説明すると以下のような感じになります。

  • 運営が持つアカウント情報で複数アカウントと判定することは可能
  • ただ家族での利用などを鑑みて、「アカウント停止」を即決することも稀
  • 複垢利用を仄めかす情報をSNSで発信すると対処される可能性が高まる。
同一IP、同一機種だからアカウント停止、にはならない

例えば、家族でタブレットを利用していて、複数いる子供が交代で自分達のアカウントでドット勇者を遊んでいるとします。

この場合、同一IPから、同一機種で複数アカウントが作成されることになりますが、同一人物の複数アカウント作成には当てはまりません。

同一端末から、同一招待番号を利用する、でもBANされない

ひとつの端末から、ひとつのアカウントに対してだけ招待番号を利用している事例もいかにも自演招待な感じがしますが、これもアカウント停止の根拠にはなりません。

というのも、リセマラなどしているユーザーがいた場合に、掲示板やSNSにある招待番号を利用するケースはよくあります。この場合、リセマラ中に1回ごとに招待番号を変える人もいれば、同一番号を利用する方もいます。

さらに、アカウント停止を考えて、特定のユーザーが利用停止となるように、悪意を持って招待番号を利用する場合もあります。

つまり、基本的に、同一端末からアカウントを複製して自演招待したとしても、アカウント停止まで踏み切るのにはそれなりに理由が必要だったりします。

証拠を残すことが唯一のリスク

逆に、一発でアウトにできるような証拠があって、しかも他のユーザーから通報されていればアカウントが停止される可能性はあります。

SNSで複垢利用を仄めかしていたり、それを悪用できるように方法を流布していて、その利用アカウントがユーザーデータと特定できれば停止するには十分な条件であると言えます。

心配なら「相互招待」を

どうしてもアカウント停止が心配な場合、SNSなどで相互招待を募りましょう。

アカウント停止の条件は運営にしかわかりませんが、運営が収集して利用できる個人情報にも限りがあります。

複数アカウントを作成してすぐにアカウント停止になることはありません。そこで、上記の方法で友達招待キャンペーンの報酬を受け取れるアカウントを5つ以上作成し、そのアカウントの招待番号を利用して、他の方と相互招待をするように持ちかけます。

できれば、信用のおける相手を厳選して、DMなどでやり取りすれば、運営が複数アカウントの利用をしている証拠を掴むことはありません。

他の端末、他のIPからの利用である限り、運営があなたの本垢を停止するのを決定することはないと思います。

自演招待まとめ

  • アカウント停止の可能性はある
  • 運営が積極的に垢BANすることはない
  • でも、証拠を掴まれれば危うい
  • 他のユーザーから指摘されればアウト
  • 誰でもできる

実際のところ、アカウント停止までの措置をとるかどうかは運営次第です。心配ならやめましょう。

今月のおすすめゲームを紹介

そろそろ、復帰してみる?

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

ゲーム
スポンサーリンク
課金方法、工夫しない?

一番お得な課金は、コスパで言えば「課金しないこと」が一番です。とはいえ、ゲームは最大効率でプレイしたい。なんだったら、無課金を一掃するくらいのPowerが、欲しい。

そんなあなたに朗報です。もうみんな知っている情報ですが、安定して課金がお得なのは「ポイント還元サイト」でも「キャリア決済還元」でも「ストア系課金カードのキャッシュバック」でもなく、方法はただひとつ。

ぶちくま
ぶちくま

Amazonコインが、無難でお得!

大した情報ではないのですが、あまりにも普段から課金で損をしている方が多いので、一度情報共有しておきます。

しろくまさん
しろくまさん

タブレット端末としてもAmazon Fire HDは優秀。課金効率も最大級、この機会に、一度Amazonコインについて調べてみてはいかがでしょうか。

Amazonセールでポイントアップ!セール対象商品です!

Amazonコインについてもう少し知りたい!

シェアする
ぶちくまをフォローする

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ai ai アプリ ai サービス」に関する最新情報です。

    エクサウィザーズは、AIアプリ開発環境「exaBase Studio」のテンプレート「RAGOps」がAWSの生成AIサービス「Amazon Bedrock」に対応したことを発表した。これにより、顧客は最適なモデルを選択し、業務データをセキュアに連携して生成AI応用を開発できる。RAGOpsは回答品質を改善し、データ管理やAI処理の追加・組み替えが可能で、セキュリティも強化されている。Amazon Bedrockはさまざまな基盤モデルを利用可能で、RAGOpsの精度向上に貢献する。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vY2xvdWQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU5MTIwMS5odG1s0gEA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「パスワード ai ai 複製」に関する最新情報です。

    最近、AI技術を悪用した事件が発生し、パスワード管理ソフトウェアの従業員がCEOの声を複製されてだまされる事案が報告されている。2024年4月、LastPassの従業員がCEOを名乗る人物からWhatsAppを通じて詐欺の電話やメッセージを受け取った。この事件を通じて、ディープフェイク技術が経営者になりすまして詐欺に使用される可能性があることが示され、社内のコミュニケーションチャネルを通じて不審な接触を確認する重要性が強調されている。香港では、ディープフェイク技術を使用した詐欺事件が発生し、2億香港ドル(約39億円)が送金される事態も発生している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDA0MTgtbGFzdHBhc3MtY2VvLWFpLXZvaWNlL9IBAA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「adv adv ホルガ switch」に関する最新情報です。

    賈船が、Switch向けのクラシックスタイルの2DアクションADVゲーム『べホルガ―』のダウンロード版の予約受付を開始した。

    https://gamebiz.jp/news/384846

  4. buchikuma-info より:

    「2024 いす いれ」に関する最新情報です。

    英語攻略リズムゲーム「Risdom(リズダム)」が2024年3月12日より配信開始され、事前登録者数が10万人を突破した。人気歌い手グループ「いれいす」とのコラボも決定し、彼らのオリジナル曲がゲーム内で登場する。また、コラボ期間中はログインボーナスとして「いれいす」のミニキャラがプレゼントされる予定であり、3月19日にはTOKYO FM/JFN 38局ネットの生放送番組にいれいすがゲスト出演する予定だ。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001250.000000120.html

  5. buchikuma-info より:

    「ドット ゲーム ライク」に関する最新情報です。

    ドット絵好きによる、ドット絵好きのための面白いゲーム紹介「ローグライク編」では、ローグライクゲームの紹介が行われています。紹介されたゲームには「Death Must Die」と「Time Walker: Dark World」が含まれており、それぞれの特徴やプラットフォーム、価格、キャラクターについて詳細が述べられています。ゲームの内容や遊び方、おすすめキャラクターなどが紹介されており、ドット絵好きの方におすすめのゲーム情報が提供されています。

    https://chara.ge/matome/roguelike-game-review/

  6. buchikuma-info より:

    「怖い あっ あっ 怖い」に関する最新情報です。

    国内の創作同人サークルが制作した怪談ホラーゲーム『アパシー小学校であった怖い話 月曜日』がSteam版として2024年3月にリリース予定。プレイヤーは特殊なクラスで怪談を聞く転校生となり、クラスメイトたちが語る怖い話を体験する。ゲームはノベル形式で進行し、各話のプレイ時間は約1時間。制作者は『学校であった怖い話』シリーズなどで知られる飯島多紀哉氏が率いるサークルであり、本作はその関連作品として位置付けられる。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240222-283297/

  7. buchikuma-info より:

    「adv cthulhu cthulhu mythos」に関する最新情報です。

    クトゥルフ神話ADV『Cthulhu Mythos ADV 呪禍に沈む島』は、瀬戸内海の島を舞台にした2DADVゲームで、主人公が邪神の復活と呪いに立ち向かう物語。ストアページによると、能力値やダイスロールがストーリーに影響し、選択肢や行動でストーリーが分岐する要素もある。Gotcha Gotcha Gamesが手がける本作は2024年にリリース予定で、興味深いTRPG風のゲームプレイが期待される。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240220-283041/

  8. buchikuma-info より:

    「water bottles saved」に関する最新情報です。

    タイトル: 水補充ステーションの「節約ボトル」カウンターは大幅に誤っている。それは問題か?
    要約: Elkayの水補充ステーションの「節約ボトル」カウンターは、ボトルのサイズやフィルターの寿命など多くの要素によって正確性が損なわれる可能性がある。しかし、それでもプラスチックボトルの使用量は減っていることが分かる。このカウンターの正確性に疑問を持った著者は調査を開始し、エンジニアや元従業員に取材を行った。結果として、カウンターは容量や時間に基づいて計測されており、正確性には疑問が残るものの、プラスチックボトルの節約には一定の効果があることが分かった。したがって、プラスチックボトルの節約については続けるべきであり、その努力は環境に良い影響を与えると結論付けられた。

    https://www.wired.com/story/bottles-saved-counters-on-elkay-water-filling-stations-inaccurate/

  9. buchikuma-info より:

    「ドット ゲーム 紹介」に関する最新情報です。

    今回は、ドット絵好きによる面白いゲーム紹介「RPG編」を行います。最近はハイクオリティの3Dゲームが多く出されていますが、ドット絵のクオリティも高くて面白いゲームも存在します。今回はインディーゲームの中から3作品を紹介します。これらのゲームはクオリティが高く、長時間遊べるものです。筆者は基本的にドット絵ゲームを紹介していく予定です。また、低スペックPCでもプレイ可能なゲームもあります。この記事は6分で読み終わりますので、理想のゲームが見つかることを願っています。

    https://chara.ge/matome/pixel-art-role-playing-game-indie-games/

  10. より:

    2d79886d7696

    良かったら掲載お願いします

  11. buchikuma-info より:

    「adv steam qureate」に関する最新情報です。

    美少女メーカーqureateが、Nintendo SwitchとSteam向けに新作ゲーム4本を発売することを発表しました。その中には、お酒を飲みながら楽しめる紳士向けの恋愛ADVゲーム『バニーガーデン』も含まれています。また、高評価ADVシリーズ『OPUS』の最新作『OPUS: Prism Peak』や、メトロイドヴァニアアクションゲーム『Momodora: 月影のエンドロール』、サイバーパンクRPG『Citizen Sleeper(シチズン・スリーパー)』のNintendo Switch版も発売される予定です。さらに、新作DCゲーム『スーサイド・スクワッド キル・ザ・ジャスティス・リーグ』も発売後1年間は無料コンテンツアップデートが行われる予定です。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240115-278977/

  12. buchikuma-info より:

    「メディア last last us」に関する最新情報です。

    2023年、実写ドラマ版「THE LAST OF US」が最も違法にダウンロードされたテレビ番組として報道されました。海外メディアによると、このドラマは海賊版サイトやトレントサイトで非常に人気があり、ダウンロード数の記録を更新しているとのことです。この報道は、ゲーム文化のアクセスランキングでも注目を集めています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LmdhbWVzcGFyay5qcC9hcnRpY2xlLzIwMjMvMTIvMjcvMTM3MTY2Lmh0bWzSAQA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「den fantasy fantasy soundtrack」に関する最新情報です。

    タイトル:Den of Wolvesは「パワーファンタジー」サウンドトラックを搭載したSFハイストゲームになる予定
    見出し:Den of Wolvesは「パワーファンタジー」サウンドトラックを搭載したSFハイストゲーム、関連記事もチェック
    トピック1:
    トピックのキーワード:Den Wolves, ファンタジー, サウンドトラック, SF, ハイスト, パワー
    トップパラグラフ:
    エンティティ:2023年12月7日11時、Wolvesは受賞を受けました。架空の都市でプレイされるゲームで、プレイヤーは強力なアドレナリンを感じることが期待されます。Viklund氏は、ゲームの音楽がプレイヤーに素早い刺激を与えることを期待しています。ゲームは太平洋の異なる要素を取り入れており、WIREDによると、Steamで早期アクセスが予定されています。また、Viklund氏は、ゲームのデザインについても言及し、自由な発想でプレイヤーを驚かせることができると述べています。

    キーワード:2023年12月7日11時、Den Wolves、SF、ハイスト、パワーファンタジー、サウンドトラック、2023 Game Awards、co-op、PayDay、Pacific Ocean、Simon Viklund、10 Chambers、open world、Heat、Judge Dredd、Stallone、10 Chambers、Chinese tech entertainment conglomerate、GTFO、Steam early access、PC gamers、console counterparts、franchise

    https://www.wired.com/story/den-of-wolves-simon-viklund/

  14. buchikuma-info より:

    「ゲーム 位置 位置 情報」に関する最新情報です。

    位置情報ゲームに関する調査データから、外出目的において女性の方が位置情報ゲームの影響を受けやすいことが分かりました。株式会社アスマークが行ったマーケティングリサーチによると、20代から50代の男女を対象にした調査結果では、女性の方が位置情報ゲームのプレイ頻度が高く、ウォーキングなどの外出活動にも積極的に取り組んでいることが明らかになりました。また、位置情報ゲームのプレイによって女性の満足度も高まっており、ポジティブな影響を受けていることが示されました。さらに、別の調査では、位置情報ゲームのプレイによって女性の気持ちが楽しさや充実感などで高まる傾向があることが報告されています。これらのデータから、位置情報ゲームが女性にとって外出目的において特に影響を与える可能性があることが示唆されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDA0MjcuMDAwMDE4OTkxLmh0bWzSAQA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「mod サポート スカイリム」に関する最新情報です。

    『スカイリム』の1年以上ぶりのアップデートでは、Modの有料販売をサポートする新たな認証クリエイター制度などが登場しました。この変更にはメリットもありますが、一部では警戒の声もあります。アップデートにより、最新のバージョンが配信され、不具合の修正も行われました。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231206-274790/

  16. buchikuma-info より:

    「白菜 おかず メイン」に関する最新情報です。

    この記事は、白菜と豚バラ肉を使った味ぽん炒めのレシピを紹介しています。白菜と豚肉を一口大に切り、ごま油で炒め、おろししょうがやこしょう、ポン酢などの調味料を加えて炒め合わせます。最後にねぎを散らして完成です。このレシピはミツカンの白菜と豚肉を使っており、風味豊かで美味しい一品です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65697252e4b07b937ff43ce2

  17. buchikuma-info より:

    「ワールド 開催 キャンペーン」に関する最新情報です。

    北欧神話オープンワールドRPG『オーディン:ヴァルハラ・ライジング』のワールドダンジョン実装記念キャンペーン第3回が開催されます。キャンペーンでは豪華な報酬がもらえるゲーム内イベントも同時に開催されます。キャンペーン期間は2023年11月9日から11月22日までで、報酬にはAmazonギフト券やルーン召喚券などが含まれます。キャンペーンへの参加方法や詳細は公式Twitterアカウントをチェックしてください。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000073021.html

  18. buchikuma-info より:

    「メディア リテール リテール メディア」に関する最新情報です。

    大手企業のAmazonやWalmartがリテールメディアの標準化に取り組んでいるかどうかは不明だが、広告の仕様や効果測定指標の整理が期待されている。一貫性が重要であり、コミュニケーションの断絶が問題となっている。また、ウェビナーマーケティングSaaSのBizibl Technologiesへの出資や、ハンバーガーチェーンのCMOがテイラー・スウィフトから学んだことなど、マーケティング戦略やデータ分析に関する情報も含まれている。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2311/08/news006.html

  19. buchikuma-info より:

    「aurga aurga キャンペーン キャンペーン」に関する最新情報です。

    「AURGA」という軽量で持ち運びに便利なタブレットがサブモニターとして利用できるキャンペーンがもうすぐ終了する。AURGAをHDMI端子に挿すだけで、タブレットをサブモニターとして使えるため、出先での仕事効率がアップし、ゲームにも最適だ。AURGAはタブレットやスマホの操作もそのまま使えるため、タブレットを持ち出し、ソファなどで仕事をすることも可能だ。また、AURGAはNintendo Switchやプレイステーションなどのゲーム機や一眼レフカメラの画面にも対応しており、画面の遅延もなく、ゲームや撮影の効率も上がる。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-aurga-end-707877/

  20. buchikuma-info より:

    「海外 広告文 作成」に関する最新情報です。

    海外マーケティング支援数1,000社以上のLIFE PEPPERが、海外向けリスティング広告においてChat GPTを活用した広告文作成プロンプトを公開しました。このテンプレートを使用することで、即座に多言語の広告文が作成可能となります。LIFE PEPPERは、海外マーケティング支援において豊富な実績を持ち、Chat GPTを活用したAIによる魅力的な外国語広告文の作成を提供しています。この公開は、海外マーケティングの拡大に寄与するものであり、LIFE PEPPERの専門スタッフが月間100件以上の海外案件の相談を受けています。また、広告文の作成に関する知見を多数持つ声も反映されています。このプロンプトの公開により、海外向け広告文の作成における課題が解決され、企業は金銭的・人的リソースを活用しながら有益な情報を発信することができます。プロンプトのダウンロードや詳細については、LIFE PEPPERのウェブサイトで確認することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000066.000016992.html

  21. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – 「ヘブバン」の限界突破の器と万能SSピースは、誰に使うべきかについて解説されています。
    – 最新版のオススメの使い方が紹介されています。
    – 新アーさんとゆんゆんのガチャ配信が行われているようです。
    – ゆんゆんが新衣装を使って雷パを組んだ結果、スコアタで億越えのオーバーキルを達成したようです。
    – 「ヘブバン」のガチャに関する情報が掲載されています。
    – 音伽歩さんが夜更かしヘブバンの時計塔編の配信を行っているようです。ネタバレも含まれています。

  22. buchikuma-info より:

    「soracom 回線 iot」に関する最新情報です。

    IoTプラットフォームSORACOMの契約回線数が600万を突破しました。SORACOMは短期間での開発と効率的な運用を支えるプラットフォームであり、IoTシステムの内製化も支援しています。SORACOMは世界中の180以上の地域で利用されており、マルチキャリアのサービスを提供しています。また、SORACOMの契約回線にはセルラー、Sigfox、LoRaWANなどの種類が含まれています。これにより、さまざまなビジネスカテゴリでのIoT活用が可能となっています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000208.000034562.html

  23. buchikuma-info より:

    「自動車 講演 開催」に関する最新情報です。

    BlackBerryは2023年10月27日に第6回[名古屋]オートモーティブワールドで『ソフトウェア定義型自動車(SDV)が自動車業界にもたらす変化』という講演を開催することを発表しました。講演では、SDVの概念や自動車業界への影響について詳しく説明される予定です。また、BlackBerryのバイスプレジデントであるJustin Moonも講演に参加し、SDVの技術や将来の展望について話す予定です。講演は無料で参加できます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000060255.html

  24. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – 「ヘブバン」の限界突破の器は誰に使うべきかについて、おすすめキャラ9選が紹介されている。
    – 「ブルアカ」の超電磁砲コラボで、御坂美琴と食蜂操祈が出るまでガチャを回すという動画がある。
    – 「ヘブバン」の初心者向けに、オーブスキルの習得についてのオススメランキングが紹介されている。
    – シャドバのアップデートが完了するまで、カボチャゲーム(スイカゲーム)をしている動画がある。
    – 大島二以奈の専用スキルがスキル進化して強力になったことが紹介されている。

  25. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – 「ヘブバン」のガチャで引く動画。絶対に引くゆんゆんとアーさんが登場し、神引きか爆死かを追い求める。
    – Vtuber縁月えりかが「ヘブバン」のガチャを30連引く動画。少しずつ蔵っちに興味を持ち始める。
    – 「ヘブバン」のスコアタで2凸のアーさんを試す動画。拙者が目立って強いと自己紹介する。
    – 「ヘブバン」の完全初見プレイ動画。4章後編のストーリーを進める。
    – 「ヘブバン」の生配信。配信1周年を祝い、初めての生配信を行う。

  26. buchikuma-info より:

    「開発課 キャスト 開催」に関する最新情報です。

    株式会社セガは、擬人化RPG『404 GAME RE:SET -エラーゲームリセット-』の新キャスト「バーチャコップ(アノード)」を10月24日から開催する「開発課コロシアム」に登場させると発表しました。開発課コロシアムは10月30日までの期間限定イベントで、プレイヤーは4体のボスとバトルし、豪華報酬を目指すことができます。バーチャコップ(アノード)のCVは悠木碧さんが担当しており、彼女の登場により新たな戦略が生まれることが期待されています。『404 GAME RE:SET -エラーゲームリセット-』は2023年4月25日にセガから無料で配信されたゲームであり、CEROの15才以上対象です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005409.000005397.html

  27. buchikuma-info より:

    「位置 位置 情報 情報」に関する最新情報です。

    スマートフォン向け位置情報アプリ「NauNau」が、少なくとも200万人以上のユーザーの位置情報やチャット履歴が外部から閲覧可能だった可能性があると報じられました。この情報は、モバイルファクトリーという会社の子会社であるSuishowが発表したものであり、現在詳細な調査が行われています。NauNauは2022年10月にリリースされた位置情報アプリであり、友人との位置情報や歩数を共有することができましたが、2023年2月にサービスが終了しました。この問題が発覚したことにより、NauNauの代替として人気のある位置情報アプリ「zenly」が若年層を中心に獲得を進めています。また、NHKの報道によれば、NauNauのチャット履歴が一時的に一定の知識を持つ外部から閲覧可能な状態になっていたことが明らかになりました。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2310/23/news077.html

  28. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – 「ヘブバン」のキャラクター、神崎アーデルハイドの連撃持ちに超火力を与える方法について詳しく解説されています。
    – 「ヘブバン」の難易度HELLを攻略し、ハイスコア耐久を達成するために、大島二以奈と小笠原緋雨のダークマターのスキル進化を紹介しています。
    – 「ヘブバン」の第4章前編のプレイ動画が公開されており、新人VTuberが作戦本番に挑戦しています。
    – 新しい衣装を手に入れたいという内容で、新衣装のアーさんとゆんゆんの性能とガチャについて話しています。
    – 「ヘブバン」のストーリー第2章のプレイ動画が公開されており、最強デッキで戦いに挑んでいます。初見の方も大歓迎です。

  29. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – 新たなキャラクター、神崎アーデルハイドと李映夏が実装された
    – このガチャは雷パーティーに入れると火力が1.4倍上がる
    – 李映夏の新しいボイスに違和感を感じる人もいるようだ
    – アーデルハイドと李映夏の新スタイルガチャは引くべきか検討する動画もある
    – 時計塔の第2エリア(6F~9F)の攻略例と解説が紹介されている
    – 新しいSS衣装のアーさんとゆんゆんを狙って100連ガチャを引いた実況動画もある

  30. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – ゆんゆんが新しい衣装を披露!
    – 31Xコンビの実装が予定されている?
    – 緋雨っちの新声優がお披露目される予定?
    – ヘブンバーンズレッドの裏側で行われていた活動が明らかに!3章10日に関する情報も
    – 美人温泉物語の初見プレイが行われる予定。ネタバレに注意!
    – ヘブバンの第4章前編のプレイが行われる予定。新人vtuberによるプレイ動画。
    – 新作ハクスラゲーム「Tree of Savior M」のプレイ動画が公開される予定。リセマラはないとのこと。

  31. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – 「ヘブバン」の話題に関して、超強力な汎用デバッファーのオススメが紹介されている。
    – 公式から新しいSSスタイルの予告があり、アイリーンや緋雨っち、天然ちゃんの新衣装に期待が高まっている。
    – VTuberのままかりさんが「ヘブバン」の配信を行い、スコアアタックのプレイをしているが、ネタバレに注意が必要。
    – 新しいガチャの予想がされており、運営から新キャラのヒントが出されたが、誰が登場するのかはまだ不明。
    – 初めて「ヘブバン」をプレイする新人VTuberが、交流イベントを一気見している様子が配信されている。

  32. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – Vtuberの御園結唯が初めてヘブンバーンズレッドをプレイする動画が公開された
    – 火属性の無凸SS3人+S2人で異時層レッドクリムゾンをフルオートで討伐する方法が紹介された
    – ヘブンバーンズレッドのストーリーを進めながらメモストを読む動画が公開された(ネタバレ注意)
    – 新人Vtuberがヘブンバーンズレッドの第4章前編をプレイする動画が公開された
    – Vtuber縁月えりかがヘブンバーンズレッドの第三章をプレイしながら推しキャラとのストーリーを進める動画が公開された

  33. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – 「ヘブバン」の不遇役職である「ブレイカー」が復権する可能性についての話題
    – 声優VTuberが初めて「ヘブンバーンズレッド」をプレイする動画が公開される
    – 「ヘブバン」のキャラクターであるニーナと五十鈴について、ガチャを引くべきかについての話題
    – Vtuber縁月えりかが「ヘブバン」の第三章を読み進めながらゆっくりお話しする動画が公開される
    – 「ヘブバン」のキャラクターである大島二以奈のスキル進化が強力であることについての話題

  34. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – 「ヘブバン」の新しいガチャ「SP踏み倒し隊!」が実装された。このガチャの性能解説と引くべきかについて話している。
    – 「ヘブバン」の最難関コンテンツである異時層フラットハンドの攻略方法や編成、立ち回りについて解説している。
    – 31Xガチャを引く前に注意点や最強のバッファー、優秀なキャラクターについて話している。
    – 「ヘブバン/恒星掃戦線」のプレイ動画。高難易度であることが伝えられている。
    – 「ヘブバン」の初めての挑戦となる「フラハン」のプレイ動画。倒せるかどうかについて話している。

  35. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – 「ヘブバン配信」では、無課金プレイヤーがメインストーリーを進め、異時層フラハン4章を倒す様子が配信されている。
    – 「ヘブバン配信」では、無課金プレイヤーが新キャラクターの育成ができないため、メインストーリーを進めることになった。
    – 「ヘブバン」の恒星掃戦線に挑戦し、EXモードまで進めるために、有識者のアドバイスを借りて頑張る様子が放送されている。
    – 「ヘブバン 第1章DAY11~」では、ゲーム内のギャグ要素について話し合われている。
    – 「ヘブバン」または「ヘブンバーンズレッド」に関する情報が含まれている。

  36. buchikuma-info より:

    「27 wp wp 27」に関する最新情報です。

    Oukitel WP27は、シックな迷彩スタイルと軽量デザインが特徴のスマートフォンです。最新モデルであり、重さは328g、厚さは15.3mmです。カモフラージュスタイルのデザインやブラックカラーオプションなど、洗練された外観が魅力です。日常的な使用や冒険を求める人に最適な携帯電話として注目されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000127083.html

  37. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – ヘブバンの新イベントが開催され、ニーナが登場することが発表された。
    – イベントでは大島家で温泉物語が展開される予定である。
    – 新しいSSスタイルのキャラクターも登場するが、その詳細はまだ明らかにされていない。
    – ヘブバンのプレイ動画がVTuberによって公開され、初見プレイが行われた。
    – オートバトル機能の進化についての解説動画が公開された。
    – ヘブバンのフィギュアがクレーンゲームで手に入るか挑戦する動画が公開された。
    – ヘブバンのダメージチャレンジで7億ダメージを達成する方法が紹介された。

  38. buchikuma-info より:

    「27 wp wp 27」に関する最新情報です。

    Oukitel WP27は、シックな迷彩スタイルと軽量デザインが特徴のスマートフォンです。最新のモデルであり、重さは328g、厚さは15.3mmです。この携帯電話は、冒険や日常的な使用に最適であり、ビジネス志向の外観も持っています。ブラックカラーオプションも用意されており、デザイン全体が洗練されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000127083.html

  39. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – 「ヘブバン」のゲーム内でSS確定ガチャを2回引くことができるのか疑問が持たれている
    – 「ヘブンバーンズレッド」というゲームの配信で、時計塔をサブアカウントで爆破しながらSS確定10連ガチャを2回引いて優勝する様子が配信された
    – 「ヘブバン」のプライズフィギュアを獲得しようとしたが、沼にハマってしまい大変なことになったというエピソードがある
    – 「ヘブバン」のシーレジェ(シーレジェンド)というグループの解散理由について考察されている
    – 「ヘブバン」の第4章後編に突入することが発表されたが、ネタバレに注意しながら進めるよう注意が呼びかけられている
    – 「ヘブバン」はあてれこ系Vtuberの初雪セツナが好きなゲームであり、彼女の配信でも話題になっている

  40. buchikuma-info より:

    「27 wp wp 27」に関する最新情報です。

    Oukitel WP27は、シックな迷彩スタイルと軽量デザインが特徴のスマートフォンです。最新のモデルであり、重さは328g、厚さは15.3mmです。この携帯電話は、冒険を求める人や日常的に使う人に最適です。カモフラージュスタイルのデザインやブラックカラーオプションなど、洗練された外観が特徴です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000127083.html

  41. buchikuma-info より:

    「27 wp wp 27」に関する最新情報です。

    Oukitel WP27は、シックな迷彩スタイルと軽量デザインが特徴のスマートフォンです。最新のモデルであり、重さは328g、厚さは15.3mmです。この携帯電話は、冒険を求める人や日常的に使う人にとって理想的なデザインとなっています。カモフラージュスタイルのデザインやブラックカラーオプションなど、外観も洗練されています。また、Shenzhen Yunji Intelligent Technology Co. LTDが提供する画像一覧や関連URLもあります。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000127083.html

  42. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – 31C限定ガチャが実装され、性能解説が行われている。
    – 忍者マリーが入っていない新衣装ガチャについて微妙な評価がされている。
    – 31Cガチャには氷パや光パが必見とされている。
    – 31A縛りでプレイする動画が公開されており、オペレーションアルゴルの攻略が進行中。
    – スキル進化した流星+の強さが検証され、アイリーンとの比較も行われている。

  43. buchikuma-info より:

    本日の「ヘブバン」YouTube話題まとめ

    – ユッキーが新しい衣装を披露し、黒猫との共通点が見つかったことについて、ユーザーの反応が話題になっている。
    – Vtuberの御園結唯が「Requiem for the Blue」というイベントを開催し、ヘブバンの話題が盛り上がっている。
    – ユーザーがヘブバンの時計塔をプレイし、攻略方法や立ち回りを紹介している動画が公開されている。
    – ユッキーが新しい衣装でスーパーブレイク状態でプレイし、高得点を獲得した動画が話題になっている。
    – ヘブバンのアクセサリーガチャに挑戦する動画が公開されており、ユーザーの注目を集めている。

  44. buchikuma-info より:

    「27 wp wp 27」に関する最新情報です。

    Oukitel WP27は、シックな迷彩スタイルと軽量デザインが特徴のスマートフォンです。最新のモデルであり、重さは328g、厚さは15.3mmです。この携帯電話は、冒険を求める人や日常的に使う人に最適です。カモフラージュスタイルのデザインは洗練されており、ビジネス志向の外観にも合います。ブラックカラーオプションも用意されており、人目を引くデザインです。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000127083.html

タイトルとURLをコピーしました