PR

中国に怯えて「原神」をプレイしないのはもったいない

かもしれない。

中国産ゲームのくせに情報周りの配慮が薄くて「スパイウェア」だの「パクリ」だの騒がれている原神をプレイしたら見事にハマってしまったのでご報告ついでにレビューします。

スポンサーリンク
閑話休題、おすすめゲームの話

こちらは広告です。

今は特に紹介したいものはないので崩壊スターレイルのリンクを置いておきます。

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

原神ってどんなゲーム

まずは、原神の基本的な情報をお届けしながら「パクリ」なのか、「スパイウェア」なのか、ただの神ゲーなのかを判断していきます。

パクリなの?

私のレビューの場合、だいたい(脳死でかける情報)リリースしている会社はどんな感じか、とかそういうところから書き始めるのですが、今回はパクリとスパイウェアについて書いていきます。まずは、パクリ。

ニーアのパクリ?

物議はあると思いますが、私は似ているなと思いました。

似ていないという人もいます。個人的には、似ていると思いましたけども。

パクリかどうかはさておき、モーションに悩んだら多分、他の作品を参考にすると思いますが、その範囲なような気がします。

ちなみに、私はニーアは積みゲーされていて手が出せません。あれ、いつになったらできるんだろう。

ゼルダのパクリ?

ゼルダのパクリかどうかはなんとも言えませんが、ゼルダのようなプレイ体験はできると思います。つまり、その時点で良ゲー体験はできると。

ゼルダらしさって何よ?

ゼルダのようなプレイ体験というと、この辺りはそれぞれの肌感覚もあると思いますが、以下のような要素かと思います。

  • RPGのようなストーリー展開
  • キャラクターの成長
  • ダンジョンなどにある宝箱の探索
  • 謎の仕掛けと解けない暗号
  • 待ち人の依頼などお使いに走りまわる
  • ただただ眺めていられるワールドマップ
  • 目標を見失って道に迷う
  • 壁は立ち塞がるものではなく、登るものだ
ぶちくま
ぶちくま

まぁ、私はゼルダ未プレイですけどね。私のゼルダは、スーパーファミコンだったし、リンクのことをゼルダって読んじゃうくらいですよ。

とにかく、ゼルダの面白さはわかりませんが、ゼルダのような面白さを「スマホ」で体験できるのは、原神の優位な点だと思います。

どこが運営しているの?

運営会社について、簡単に説明します。もう、みんな飽きてると思いますのでサクッといきます。

miHoYoとは

miHoYoの組織構図と企業情報

miHoYoは2011年ごろに、IT分野を専攻していた3人の上海交通大学大学院生によって、日本のオタク文化を取り入れたモバイルゲームを制作するために立ち上げられた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/MiHoYo

いや、もう普通に日本で日本向けのゲーム作ってくれよ、とお願いしたくなる来歴じゃないですか。ちなみにエヴァに感銘を受けたらしい。エヴァ好きくらいならオタク未満な気はするが。

とにかく「日本の会社」としてローカライズとかやってるなら、土の国の住民の翻訳をもう少し頑張ろう。あれはもうバグレベル。

もちろん、中国の会社

中国云々でだいぶ揉めたけど、パクリに関しては中国本土の民たちが怒っていたらしい。

原神以外のゲーム実績

miHoYoのゲームについて。崩壊3rdは耳には入っている。

崩壊3rd

美少女ゲームらしい。

『崩壊学園』シリーズの第3作。キャッチフレーズは「立ち上がれ!美しい世界を守るために!」。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%A9%E5%A3%8A3rd
崩壊3rd

崩壊3rd

株式会社miHoYo無料posted withアプリーチ

崩壊学園

その、崩壊学園。

数百年に一度の周期で発生する「崩壊現象」により、人々がゾンビ化した世界でソンビ化を逃れた少女たちの戦いを描く横スクロール型アクションゲームである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%A9%E5%A3%8A%E5%AD%A6%E5%9C%92
崩壊学園

崩壊学園

株式会社miHoYo無料posted withアプリーチ

中国系は色々怪しいのでは

では、パクリの話題について簡単に説明していきます。

中国だから悪いわけではない

私は、アークナイツやアートオブコンクエストという中華系のゲームをプレイしてきましたが、中華系に関して偏見はなくとも良心的ではないプレイ環境は、miHoYoの原神にもあるのではないかと不安していました。

中国系のゲームあるある
  • ベータ版レベルの翻訳でリリースし、直さない
  • キャラクターのビジュアルを日本アニメに寄せておきながら、キャラ心象描写が中国の価値観
  • 集金体制が多角的でえぐい(ガチャ一辺倒ではない)
  • 情報系掲示板に色々湧きがち
  • アフィ広告報酬は割と高単価で短期間

最近は、日本に寄せるよりもワールドクラスのアプリリリースが増えたので、日本環境はより劣悪になる可能性はあります。(日本人相手にしても以前ほど儲からない)

ただ、集金体制が確立されていると、日本で過疎ってもイベント・ストーリーは更新されていくから、その点はリスクヘッジできますね。

スパイウェア問題(10月)

リリースすぐに、チート対策のために仕込まれたプログラムがスパイウェアなんじゃないかと疑われていました。利用規約にも怪しい文面があり、Twitterなどでも話題になりました。

中国の会社は、どうしても本土のお上には逆らえない社会情勢があります。中国はどうだか知りませんが、スパイ自体が産業化されて国家資金として充てられることもあるようですし、政府が「集めた個人情報よこせ」と言ったら逆らえないのが中国企業です。

国家ぐるみでユーザーの個人情報を集めているかどうかは疑問ですが、とにかくバックグラウンドが日本の常識からはかけ離れているので、少しでも怪しい点があると。

まぁ、気にし始めたらキリがないんだけど、とにかく話題になって、miHoYoもその点について言及しました。

とはいえ、個人情報は利用されるかもしれないという意識は持っておいた方が良さそうですね。対応が早かったのは素晴らしいけど。

クリップボード抜き出し問題(10月)

miHoYoが大丈夫と言っているからプレイするか、と思った矢先にすぐに飛び込んできた「クリップボード監視システム」の情報。

しろくまさん
しろくまさん

言っていることは納得できますが、とはいえ、そのミスは中国系の会社がやっちゃいけないやつなのでは? リスクマネジメントできてないよね。

と信用問題になりそうですが、それでも原神プレイしているんですから、私はただのゲーム好きですわ。

スポンサーリンク

原神を始める際の注意点

注意点というか、まずはアカウントをどこに設定すべきか。散々プライバシーポリシーで揉めてるから、あまり大事な情報とつながっている端末やアカウントと連携してプレイはしたくないけど、みんなどうしたよ?

スマホでやるべきか、PS4か

まず、どの端末でプレイすべきかという問題に直面します。

環境が制限されているなら、自分の使用できる機体で遊べばいいので悩むことはありませんが、昨今、PCだって安く買えますし、スマホも然り。ただ、プレイ環境を整えるにはスペックの問題もあり、どの端末でプレイするかは課金要素にも関わってきます。

PS4ではない

まず、最初に申し上げるなら、クロスプラットフォームでプレイできる原神を「PS4」に制限されるのはもったいないということ。

しろくまさん
しろくまさん

PS4、コントローラーに慣れてるし、アカウント設定も簡単そうだからPS4でやりたいんだけど

PS4の場合、アカウントがPSNアカウントになり、プレイできる環境がPS4に限定されます。PS5でもできるようになりそうですが、そうなると話はややこしいので、PCやスマホでもできる利点が潰されるPSNアカウントはプレイ環境から除外した方がいいというのは、私の個人的な意見です。

スマホでのプレイは、しんどい

プレイ感の話として、真っ先にあげたいのは、原神のスマホプレイはかなりしんどいということです。

ぶちくま
ぶちくま

ただでさえ、マップの壁判定が甘く、スマホの操作パネルも固定位置で使いづらい。敵から逃げているつもりが壁をよじ登っている愚行を侵したことか。

しろくまさん
しろくまさん

あとあれね。ようやく登った御神木の頂上付近で、枝を渡ろうと少しずつ進んでいる時に、うっかり落ちた時の絶望感ね。

ぶちくま
ぶちくま

パーティーメンバーの切り替えもしんどい。ミスタッチで瀕死のバーバラ投入してなす術もなく殴られるのは、見ていて苦しかったね。

しろくまさん
しろくまさん

そもそも、弓でのプレイが重要なのに、弓のスマホ操作は実戦での投与はほぼ無理だよね。

不満は尽きませんが、不満が出るくらいにはプレイに没頭できるのは、スマホゲームではかなり久しぶりの体験だと思います。

スマホでのコントローラー対応

Q11:iOSデバイスはPS4®コントローラーに対応していますか?

A11:対応していません。

https://genshin.mihoyo.com/ja/news/detail/5551
ぶちくま
ぶちくま

いや、しようよ!

Android環境には詳しくないのですが、iOSに関しては私の所持する各サイトで割と細かな設定まで解説しているので、それなりに仕様に関しては把握しているつもりです。

ぶちくま
ぶちくま

iOS13から、PS4などのコントローラーを使用できるようになりました。ただ、原神は2020年10月現在は対応していません。

ただ、今後のアップデートでコントローラーが(快適に)使用できるようになれば、私は旅行先にiPadとコントローラーを持っていって、のんびり温泉に入りながら原神の(登場予定の)日本マップを堪能します。それくらい、世界観が好きですし、早くコントローラー対応してくれと願っています。

しろくまさん
しろくまさん

Q&Aの対応を見ると、今後も期待できなさそうな感じはあるけどね。予定があるなら、そう書くし。

ちょこちょこ交換コードが発行される

私も気付きませんでしたが、Twitterの神が教えてくださいました。傾向でいえば、日付とサーバー名に紐付けされたコードが発行されます。発行されますけど、やっぱり気づけないのでだいたいとり逃します。

10月のコード

  • Genshin0928A
  • genshin1006s

リセマラランキングなど、最初に知っておきたい攻略情報

攻略情報は、あまりまとめるつもりはありませんでしたが、メモしておきたいことが多すぎるので自分のブログをメモ帳がわりに配信していきます。内容はあまり期待しないでほしい。

スポンサーリンク

原神のレビュー

前置きがクソほど長くなりましたが、ちゃんとしたレビューを書いていきます。

原神のストーリー・世界観など

原神の魅力のひとつである「様々な世界観が入り混じったファンタジーワールド」をレビューしていきます。王道なので、オリジナリティとはいえないけど、好きが詰め込まれた世界は、やっぱり嫌いになれないんだよなぁ。

世界観

7つの元素が絡み合う幻想世界「テイワット」

遥か昔、人々は神々に信仰を捧げ、元素を操る力を手に入れた。

だが500年前、ある古の国の滅亡をきっかけに天変地異が起こる……

そして今、大陸を襲った災厄は収まったが、平穏な世界は未だ訪れていなかった。

7つの国と、元素という自然の力、そして神と災厄という、ファンタジーらしい要素はおさえています。龍も出ますし、剣と魔法で戦えます。王道ですね。

ぶちくま
ぶちくま

今のところ、2つの世界が解放されており、「風→土」と来ていて、リーク未満の拙い情報では、次は「雷」で日本風の世界(イナズマ)になるのではないかと情報が降りてきています。

ぶちくま
ぶちくま

新キャラは日本名風の女の子なので、日本でのガチャは捗りそうです。

しろくまさん
しろくまさん

イナズマという国名?はどうなのかと思うけど、翻訳でそれらしく仕上げてきたらmiHoYoの翻訳チームを見直します。下請けの仕事でしょうけど。

ビジュアル・グラフィック

最初の「モンド」という風の国は、中世ヨーロッパ、というよりど真ん中の西洋ファンタジーみたいな世界だったので、余計に「何かのパクリ感」が強かったのだと思いますが、それでも仕上がりに関しては「これは名作」と感じさせるものがあったと思います。

モンド
テイワット、モンド、原神の高いクオリティの世界観、アカツキワイナリー
アカツキワイナリー
テイワット、モンド、原神の高いクオリティの世界観、千風の神殿
千風の神殿
テイワット、モンド、原神の高いクオリティの世界観、清泉町
清泉町
璃月
テイワット、璃月、原神の高いクオリティの世界観、絶雲の間
絶雲の間
テイワット、璃月、原神の高いクオリティの世界観、軽策荘
軽策荘
テイワット、璃月、原神の高いクオリティの世界観、望舒旅館
望舒旅館

キャラクターの仕上がり

キャラは全く違和感ないですし、ドラガリっぽさが囁かれていますけどアニメテイストのグラフィックを3Dの世界に落とし込んでマッチした世界観に没入させてくれているんだから問題ないと思います。

ジン
原神のキャラクターはいいクオリティ、ジン

西風騎士団の(代理)団長。カメ好き。

アンバー
原神のキャラクターはいいクオリティ、アンバー

偵察騎士、モンドのイケナイ案内役。

リサ
原神のキャラクターはいいクオリティ、リサ

西風騎士団の気怠い図書館司書。

ガイア
原神のキャラクターはいいクオリティ、ガイア

ミステリアス担当兄さん。代理団長が最も信頼を置いているらしい。

バーバラ
原神のキャラクターはいいクオリティ、バーバラ

モンドのアイドルであり、絶世の配布ヒーラー。

北斗
原神のキャラクターはいいクオリティ、北斗

思ったよりもずっと美人さんだったので、とりあえず画像キープ。

刻春
原神のキャラクターはいいクオリティ、刻春

ビジュアルだけでリセマラ1位の座を勝ち取った。使い勝手はいいらしい。

ゲームシステム

コントローラの使い勝手はレビュー済みですが、その他ゲームプレイが楽しいかどうかを簡単にレビューしていきます。

育成要素

まず、育成はだるいです。だるいですが、しんどいほどでもないので、今後の限界突破次第でマゾに寄りそうな気はします。

この辺りは気が向いたら別記事に落とし込みます。

課金バランス

ゲームを始める際に気になるのが、「いくら使えばいいのか」ということ。もちろん、人それぞれ楽しみ方が違いますが、楽しめる最低限の課金額がどんなもんなのか調査した結果などレビューしていきます。

課金の必要性

課金は必須ではありません。配布文で星4が確定で、しかも初心者回数限定ガチャでキャラ確定しているので、とりあえず2体確保して十分にプレイアブルです。つまり、無課金でもOK

ぶちくま
ぶちくま

とはいえ、課金した方がスムーズなのは事実。また、スタミナ周りはやや厳しめなので、ある程度キャラが揃ったら育成側に石を砕いた方がいいかもしれません。ガチャしますけどね。

コストは高めだが良心的

あえて課金をするなら、割と底無しです。

ただ、ガチャに関しては天井設定があり、90連で最高レア確定。この確定枠以外で最高レアを出すのは確率的(0.6%)にしんどいので、地道に石を貯めて、欲しいキャラがリリースされたらぶっ放す。ぶっ放しの間に何も出ないのが普通。

キャラは重ねられる上に、覚醒を進めると結構強くなるので最高レアじゃなくてもうまく重なったキャラの方が使い勝手はいい、というバランスです。それでも、最高レアが出たら超嬉しいので、愛着は高レアに寄りがち。

適度に深めの覚醒要素なので、廃課金が底無しに課金する枠組みは用意しておきながら、無課金でもプレイは可能というバランスを今のところは考えられていると思います。

課金は「時短」の手段

当たり前っちゃ当たり前ですが、まだ世界が2つしか解放されていないので、全てのキャラクターが活躍できる難易度設定です。あえて課金してキャラを手に入れるなら、今のところは「時短」できるかどうかがキーかと。

移動の時短

時短というと、移動手段として優秀な「モナ」と、高いポイントに到達できるスキルを持つ「ウェンティ」がおすすめです。

戦闘の時短

元素という自然要素を敵に纏わせて、元素の組み合わせて反応を起こして大ダメージを当てるのが原神のバトルの面白いところです。単純な属性の相性だけではない面白さがあります。

しろくまさん
しろくまさん

戦闘面で時短するなら、シンプルに強いディルックや、重撃ダメージがエグい刻春、雑魚をまとめて処理できるウェンティあたりがおすすめ。

また、戦闘ダメージの回復が結構面倒。チーム変更がもっさりしているので、ヒーラーがいないパーティーだといちいちロード時間を使ってチェンジする必要があります。

ぶちくま
ぶちくま

その辺りを無視できる七七やジンは回復の手間なく敵を攻撃し続けられるので、この辺りも自担に貢献できるキャラだと思います。

キャラは多い方が、探索などに人員を回せるので良さそうですが、各元素さえ撒ければ少人数編成でも十分やっていけると思います。ただ、ギミック的に弓がいた方が、道中の元素付与が楽な場面が多いです。

この辺り、お決まりのリセマラ記事でやっつけにまとめていくので乞うご期待。

スポンサーリンク

総評、やる価値はあるけどリスクが大きすぎる

リスクは、前述の「中国関連」の疑惑。いくら運営が否定しても、運営が良心的でも、政府に良心がなければ従うしかない国は、やはりつらいです。miHoYoは日本に来て開発してください。

圧倒的に面白いスマホゲーム

少し皮肉だったりするのですが、少なくとも私がプレイしているゲームの中では抜群に面白いです。実際、他の周回ゲーはログインをやめるくらいに「原神」に時間を割きたくなっています。

ただ、前述の通り、コントローラーがないとイマイチ、戦闘も探索も爽快感がないというかストレスがたまるというのが正直なところ。まだプレイを悩んでいる段階なら、コントローラーでプレイできる環境が整ってからでも十分な気はします。

焦って始めるというよりは、時間をかけながら世界の探索をしていく感じです。ストレスを感じるくらいなら、環境が整ってじっくり楽しむ方をお勧めします。

コントローラー使うなら別のゲームやる

ただ、コントローラーが必須という環境になると、比較対象はスマホゲームではなくなります。(欲しくはなるけど)ガチャにそれほど縛られない原神ですが、コントローラー握りしめて課金してガチャして爆死した時に、「あれ、このお金でPS5買えばいいんじゃね」は、ずっと付き纏う課題だと思います。

それこそ、冒頭で出てきた評価の高いゼルダBotWをプレイする時間に費やせるわけで。ゼルダ飽きて原神くると物足りなく感じるのではないか、という気はします(未プレイ)

つまり、結論としては、同じ時間使うなら、現状はゼルダやればいいんじゃね、と思いました。今なら、中古で安く買えるはずです。

他に勧めるならどんなゲーム?

この、秋から年末に向けての期間は、ビッグタイトルが続きます。これは例年の動きなので、同時にプレイしているゲームもアニバーサリーを迎える時期。つまり、財布は空っぽです。

オクトパストラベラーまで繋ぐ

10月末に「オクトパストラベラー」がリリースされます。こちらは、パクリではないけどスクエニなので基本はガチャゲーなんじゃないでしょうか。あまり情報は取っていないのでなんともいえませんが。ただ、面白そうな雰囲気出すのは、スクエニ、得意なので。

オクトパストラベラー 大陸の覇者

オクトパストラベラー 大陸の覇者

SQUARE ENIXposted withアプリーチ

NieR Re[in]carnationまで繋ぐ

こちらも、少なくとも待機人口はかなり多いであろうNieRの新作アプリ。運営はアプリボットで、私がプレイする「ブレイドエクスロード」は割と痒いところに手がとどく対応をしてくれるので、結構期待はしています。

ブレイドエクスロードの攻略情報
ブレイドエクスロードの攻略情報をまとめています。
NieR Re[in]carnation

NieR Re[in]carnation

SQUARE ENIXposted withアプリーチ

今月のおすすめゲームを紹介

そろそろ、復帰してみる?

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

原神
スポンサーリンク
課金方法、工夫しない?

一番お得な課金は、コスパで言えば「課金しないこと」が一番です。とはいえ、ゲームは最大効率でプレイしたい。なんだったら、無課金を一掃するくらいのPowerが、欲しい。

そんなあなたに朗報です。もうみんな知っている情報ですが、安定して課金がお得なのは「ポイント還元サイト」でも「キャリア決済還元」でも「ストア系課金カードのキャッシュバック」でもなく、方法はただひとつ。

ぶちくま
ぶちくま

Amazonコインが、無難でお得!

大した情報ではないのですが、あまりにも普段から課金で損をしている方が多いので、一度情報共有しておきます。

しろくまさん
しろくまさん

タブレット端末としてもAmazon Fire HDは優秀。課金効率も最大級、この機会に、一度Amazonコインについて調べてみてはいかがでしょうか。

Amazonセールでポイントアップ!セール対象商品です!

Amazonコインについてもう少し知りたい!

シェアする
ぶちくまをフォローする

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ゼルダ ゼルダ 伝説 伝説」に関する最新情報です。

    2023年に発売されたNintendo Switch用ゲームソフト『ゼルダの伝説ティアーズ オブ ザ キングダム』のサウンドトラックCDが、全344曲を収録した9枚組CDとして発売される。収録時間は約11時間で、初回数量限定生産盤にはマスターソード型のオリジナルUSBが同梱される。CDの内容はハイレゾ音源や5.1ch音源も含まれており、ゲームの世界観をより深く楽しむことができる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003748.000019470.html

  2. buchikuma-info より:

    「switch コントローラー 調査」に関する最新情報です。

    2024年5月10日、ゲーム情報メディア「電脳ライフ」がSwitch所有者を対象にしたコントローラーに関するアンケート調査結果を発表。調査では、38%の人が本体に同梱されていないコントローラーを別途購入していることが明らかになり、Joy-Conの操作性に不満を持つ声が挙がっていることが分かった。操作性を重視する人が多く、価格よりもボタンやスティックの使いやすさが重要視されている。記事では、コントローラーの比較やおすすめコントローラーの紹介も行われている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000142416.html

  3. buchikuma-info より:

    「配信 アイドル 学園」に関する最新情報です。

    2024年5月16日に配信予定のiOS/Android向けアプリ『学園アイドルマスター』について、事前情報やゲーム内容が紹介されています。ゲームは学園アイドル育成シミュレーションであり、初星学園で個性豊かなアイドル候補生をプロデュースして育てる内容となっています。事前受付は3月5日から開始されており、特典がもらえるなど豪華な内容となっています。配信開始を楽しみに待ちましょう。

    https://appmedia.jp/newgame/77630401

  4. buchikuma-info より:

    「上海 ガニ 上海 ガニ」に関する最新情報です。

    池袋の雑居ビル2階にある店「新天地」では、上海ガニを楽しむことができる。中国ウォッチャーの近藤大介が紹介する「ガチ中華」シリーズの一環で、上海ガニの季節に訪れる価値があるお店として紹介されている。

    https://gendai.media/articles/-/129353

  5. buchikuma-info より:

    「pc psn アカウント」に関する最新情報です。

    『ゴースト・オブ・ツシマ』PC版はシングルプレイにPSNアカウントとの連携は不要という開発元の回答が報じられた。PC版ではPSNアカウントが必要ないことが明言され、オンライン協力マルチプレイモードや新機能も搭載されている。PC版は5月17日に発売予定で、既に販売が開始されている。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240507-292434/

  6. buchikuma-info より:

    「ゲーム 新作 switch」に関する最新情報です。

    サイバーステップが、Switch向け新作ノベルゲーム『救済!粛清サークル』を発売した。

    https://gamebiz.jp/news/385274

  7. buchikuma-info より:

    「対応 steam リリース」に関する最新情報です。

    4月26日にSteamで正式リリースされるオンラインゲーム風ボスレイドゲーム『TrinityS』が、PSとのクロスプレイにも対応し、レイドがさらに賑やかになる予定。3人パーティーでボス戦に挑むマルチプレイ対応の協力オンラインアクションゲームで、プレイヤーは3人の冒険者の中から1人を操作し、ボスとの戦いを楽しめる。Steam版とPlayStation版のクロスプレイが可能になるほか、大型アップデートやセールも予定されている。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240424-290982/

  8. buchikuma-info より:

    「住民 世界 ゲーム」に関する最新情報です。

    5月22日に早期アクセスが開始される『SYNERGY』は、街づくりシミュレーションゲームで、住民の幸福を重要視しており、動植物や土地を分析し知識を蓄えながら街を繁栄させることが目的となっている。ゲーム内では、周囲の領域を調査したり、新たな目的地を開拓したりする要素が用意されており、遠征中には様々なイベントが発生し、プレイヤーの選択が求められる。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240423-290723/

  9. buchikuma-info より:

    「探索 steam アクション」に関する最新情報です。

    2024年4月3日にリリースされた探索アクションシューター『Minishoot’ Adventures』がSteamで高評価を獲得している。プレイヤーは宇宙船でファンタジー世界やダンジョンを探索し、アクションアドベンチャーとシューティングが融合したゲームプレイが特徴。Steamレビューでは好評価を受け、プレイヤー数も盛況である。価格は4月10日まで10%オフの1530円で販売中。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240406-288794/

  10. buchikuma-info より:

    「自然 イベント テイワット」に関する最新情報です。

    HoYoverseは、『原神』においてディスカバリーチャンネルと共同で自然保護チャリティーコラボイベント「テイワット自然探索の旅」を開催することを発表した。このイベントは、破壊されやすい自然生息地への注目を高め、自然の美しさへの敬意を呼び起こすことを目的としている。イベントには有名な探検家も参加し、オンライン挑戦をクリアすると特別な調度品が獲得できる。

    https://gamebiz.jp/news/383169

  11. buchikuma-info より:

    「探索 steam 現象」に関する最新情報です。

    韓国のスタジオLOOIFEND GAMESが開発した夜の学校探索ホラーゲーム『SHADOW DETECTIVE』がSteam向けに発表された。プレイヤーは幽霊から身を守りながら夜の高校を探索し、怪現象を引き起こす霊に立ち向かうストーリー。ゲーム内では教室や職員室、トイレなどを巡り、幽霊との駆け引きが繰り広げられる。リアルタイムホラーアドベンチャーで、カットシーンがなく、室内を自由に動き回れる新感覚の恐怖体験が特徴。PC向けにリリース予定で、日本語にも対応予定。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240314-285949/

  12. buchikuma-info より:

    「ローカライズ ゲーム 対応」に関する最新情報です。

    ゲームのローカライズは言語だけでなく、各国や地域の習慣、価値観、文化にも配慮する必要がある。特定の地域で問題視される表現やテーマが含まれている場合、その表現を避けたり置き換えたりすることもある。ローカライズは開発国だけでなく幅広いプレーヤーに受け入れられるようにするために不可欠であるが、表現の変更はファンにとっては望ましくない場合もある。今後、より困難な作業となるであろうゲームのローカライズについて考察している。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2403/06/news039.html

  13. buchikuma-info より:

    「steam ゲーム ファン」に関する最新情報です。

    Paradoxのマルチ乱闘アクションゲーム『The Showdown Effect』が2018年に配信停止され、Steamから消えていたが、ファンの執念により3月6日に“公認ファンメイド”として復活することが決定した。開発者のGIII Holdings LLCがリバイバルし、基本プレイ無料の『ショーダウン・エフェクト:リローデッド』として再登場する。ファンの熱意によって実現したこの復活劇は、6年前にストアページが削除された作品が改良され、Steamに再び登場することを示している。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240220-283026/

  14. buchikuma-info より:

    「steam ゲーム ゲーム steam」に関する最新情報です。

    SCKR Gamesが手がけた『Only Up!』の名前を模倣した新作ゲームがSteamに登場。本家と似たゲームプレイで、主人公Jackyが構造物を登るアクションゲーム。開発元は以前にも同様のゲームをリリースしており、賛否両論の評価を受けている。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240220-283119/

  15. buchikuma-info より:

    「元素 google ゲーム」に関する最新情報です。

    バレンタインデーのGoogle Doodleは、化学元素のマッチングゲームとなっています。2024年のバージョンでは、自分が化学元素のキャラクターであるかどうかを診断し、どの元素と相性が良いかを探ることができます。ゲームは主にモバイルでプレイすることを前提としており、5つの質問に答えることで自分の元素が診断されます。診断が終わった後は、自分の元素と相性の良い元素をマッチングで調べることができます。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2402/14/news070.html

  16. buchikuma-info より:

    「ゲーム バグ アクション」に関する最新情報です。

    Bonefish Gamesは、2Dアクションゲーム『Miracle Corp.』を発表しました。プレイヤーはバグだらけのレトロゲームをプレイしながら、秘密を探求することになります。1987年の作中作では、バグにより主人公がスケルトンになっています。プレイヤーはスケルトンのアビリティを駆使してステージを進み、成長させることもできます。また、ミニプログラミングゲームをこなしてバグを修正する必要もあります。ストーリーはプレイヤーの選択によって分岐し、不穏な雰囲気が漂っています。プレイヤーは高難度でバグだらけの作中作をプレイし、Miracle Corp.の秘密を解き明かし、決断を下すことになります。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240211-282257/

  17. buchikuma-info より:

    「課金 原石 原石 集め」に関する最新情報です。

    原神はガチャに天井があるため、無課金・微課金プレイヤーにとって原石の集めが難しいゲームである。この記事では、無課金プレイヤーと微課金プレイヤー向けに原石の集め方をまとめて紹介している。無課金プレイヤー向けの方法として、デイリー依頼のクリア、魔神任務・伝説任務・世界任務のクリア、マップの探索、イベントのクリア、冒険ランクの報酬、見聞の達成、アチーブメントの達成、深鏡螺旋のクリア、シリアルコードの入力などが挙げられる。微課金プレイヤー向けの方法として、空月の祝福の購入と天空紀行の解放が紹介されている。空月の祝福の購入では、創世結晶と毎日の原石が入手できるため、コスパが高い。天空紀行の解放では、原石だけでなく、モラや経験値本などの素材も入手できる。

    https://chara.ge/genshin-impact/lack-of-taxation-small-amount-of-money-ore-how-to-collect-summary/

  18. buchikuma-info より:

    「レゴ ゼルダ ゼルダ 伝説」に関する最新情報です。

    レゴ(R)ゼルダの伝説「デクの樹(77092)」が2024年9月に発売される可能性があります。このセットには、リンクのミニフィギュアも付属しているという情報もあります。ただし、これは非公式な情報であり、現時点では確定情報ではありません。しかし、ゼルダの伝説ファンにとっては非常に期待が高まる製品化の可能性があると言えます。

    https://stds.jp/lego-legend-of-zelda-great-deku-tree-news/

  19. buchikuma-info より:

    「steam プレイ アクション」に関する最新情報です。

    『Dogs Club』は、約500円で販売されている犬パーティーアクションゲームで、Steamでプレイすることができます。マルチプレイにも対応しており、アスレチック競争を楽しむことができます。ゲームの特徴として、犬が主人公となり、アクション要素やおならなどのユニークな要素もあります。また、シングルプレイモードもあり、さまざまな犬種をアンロックしてプレイすることができます。開発元のMontee Gamesによると、Steamでの評価も高く、好評を得ています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240120-279646/

  20. buchikuma-info より:

    「mihoyo cognosphere 役割 hoyoverse cognosphere」に関する最新情報です。

    miHoYo、HoYoverse、COGNOSPHEREの3つの会社について説明します。miHoYoは、ゲーム開発会社であり、初期のプロジェクトから大ヒット作「Honkai Impact 3rd」と「Genshin Impact」を生み出しました。miHoYoはサブブランドとグローバル戦略を持ち、世界中のプレイヤーに人気のゲームを提供しています。HoYoverseはmiHoYoの子会社であり、国際市場での活動や他国の規制に対するナビゲーションや支援を行っています。COGNOSPHEREはmiHoYoの出版部門であり、ゲームやアニメ、マンガ、音楽などのエンターテイメントコンテンツの製作や出版を担当しています。これらの会社はmiHoYoの成功に貢献しており、世界中のゲーマーに高品質なコンテンツを提供するために連携しています。

    https://chara.ge/genshin-impact/role-and-relationship-of-mihoyo-hoyoverse-and-cognosphere/

  21. buchikuma-info より:

    「図書館 探索 ai」に関する最新情報です。

    富士通Japanと青山学院大学は、AIを活用した蔵書探索システムを開発しました。このシステムは、横浜市立図書館に導入され、2024年1月15日から稼働する予定です。このシステムは、図書館利用者がタイトルや著者などのキーワードを入力することで、関連する図書を見つけることができます。これにより、読書の興味や関心に近い図書を選ぶことができ、読書意欲を高めることが期待されています。富士通Japanと青山学院大学は、今後も公共図書館や大学図書館などの学習支援に向けた共同研究を推進していく予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAyMjEuMDAwMDkzOTQyLmh0bWzSAQA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「ゲーム 中世 マップ」に関する最新情報です。

    オープンワールド中世成り上がりゲーム『Medieval Dynasty』のSteam版が無料の大型アップデートを実施しました。このアップデートでは協力マルチプレイヤーモードと新しいマップが追加され、プレイヤーの数も増えました。プレイヤーはリアルな中世の生活を体験しながら、狩猟や農業などを行い、村を建設していきます。このゲームはSteamで好評を得ており、多くのプレイヤーに支持されています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231209-275520/

  23. buchikuma-info より:

    「ゲーム mihoyo mihoyo 新作」に関する最新情報です。

    中国のゲーム会社miHoYoが開発した新作ゲームが話題となっています。11月24日からクローズドβテストが行われ、プレイヤーたちのプレイ映像が注目を集めています。特にアニメーションのレベルが非常に高く、そのクオリティーについて「変態クオリティー」と称されています。このゲームは「原神」などの人気作品も手掛けたmiHoYoによって開発されており、プレイヤーからの期待が高まっています。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2311/30/news149.html

  24. buchikuma-info より:

    「コントローラー ゲーム steam」に関する最新情報です。

    Steamでは、PS4/PS5/Xbox向けのコントローラーの互換性情報をチェックすることができるようになりました。所有しているコントローラーが対応しているゲームを簡単に見つけることができます。Steamのアップデートにより、コントローラーの種類や対応情報を表示することができます。また、コントローラーのパーソナライズや設定にもアクセスしやすくなりました。さらに、コントローラー対応のゲームを絞り込むためのフィルターや検索オプションも追加されました。これにより、コントローラーを使って遊べるゲームを簡単に見つけることができます。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231121-272904/

  25. buchikuma-info より:

    「任天堂 ip ゼルダ」に関する最新情報です。

    任天堂が「ゼルダの伝説」を実写映画化する動きが注目されている。これは、任天堂がゲーム以外の分野でのIP活用に積極的に取り組んでいることを示している。任天堂は「理想像」を持っており、エンタメとビジネスを組み合わせた戦略を展開している。宮本茂氏もゼルダ実写化に向けた熱意を示しており、映画とゲームの共通点を指摘している。任天堂のIP戦略は、ITを活用して業務部門の課題を解決することも含まれている。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2311/16/news068.html

  26. buchikuma-info より:

    「任天堂 ゼルダ ゼルダ 伝説」に関する最新情報です。

    任天堂は、『スーパーマリオ』の実写映画化が大ヒットした後、『ゼルダの伝説』も実写映画化することを発表しました。この映画は、米国のアラッドプロダクションズと共同制作され、制作費用は任天堂とソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ)が共同出資します。また、任天堂はITを活用して業務部門の課題を解決する取り組みも行っています。これにより、任天堂のIP(知的財産)はさらに強化されることが期待されています。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2311/08/news187.html

  27. buchikuma-info より:

    「実写 ゼルダ ゼルダ 伝説」に関する最新情報です。

    任天堂は11月8日、人気ゲームシリーズ「ゼルダの伝説」を実写映画化するための企画開発を始めると発表しました。宮本茂氏が同社の代表取締役フェローとして実写映画の企画を進めており、アニメとCGを組み合わせたライブアクション映画になる予定です。ただし、実写映画の制作には長い時間がかかる見通しです。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2311/08/news088.html

  28. buchikuma-info より:

    「シリーズ 任天堂 ゼルダ」に関する最新情報です。

    任天堂と「スパイダーマン:スパイダーバース」シリーズの製作元がタッグを組み、『ゼルダの伝説』の実写映画化が進行中であることが発表されました。任天堂の代表取締役フェローである宮本茂氏もプロデューサーとして深く関与しており、映画の開発がスタートしました。また、ゼルダの伝説シリーズの最新作も発売され、大ヒットを記録しています。映画の公開は来年8月を予定しています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231108-271225/

  29. buchikuma-info より:

    「交通 シェア ライド」に関する最新情報です。

    2026年に導入される自動運転タクシーの議論が行われています。地理試験の廃止論も出ており、新しい交通サービスの形態が模索されています。一部の地域では地理試験がタクシー不足の要因と指摘されており、ライドシェア型の交通サービスの導入に向けた議論が進んでいます。また、2026年にはジャパンモビリティショーで注目されているホンダの自動運転専用車両も公開されました。さらに、相乗り型の交通サービスも人気を集めており、安い料金設定や自動ルートナビなどが利用客に利便性を提供しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vbmV3cy50di1hc2FoaS5jby5qcC9uZXdzX2Vjb25vbXkvYXJ0aWNsZXMvMDAwMzIxOTMxLmh0bWzSAQA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「ゼルダ 伝説 伝説 コラボ」に関する最新情報です。

    BOSS(ボス)と『ゼルダの伝説』のコラボキャンペーンが2023年11月に開催されます。限定缶やオリジナルグッズが登場し、店頭でおまけももらえます。また、特定のBOSS商品を購入するとランチボックスがもらえたり、6缶パックを購入して応募すると抽選で豪華な賞品が当たるキャンペーンも行われます。さらに、自動販売機でタッチすることで当たりが出るイベントもあります。

    https://puchipurabu.com/boss-zelda/

  31. buchikuma-info より:

    「実績 修正 不具合」に関する最新情報です。

    アーマード・コア6の最新アップデートでは、不便な武器の不具合が修正されました。また、コレクター系の実績が取れない問題も解消されました。アップデートパッチVer.1.03では、ゲームプレイの安定性の改善や不具合の修正が行われました。具体的な修正内容には、頭部パーツの挙動修正や武器のバースト射撃の改善などが含まれています。さらに、実績の取得条件やパーツの売却・購入に関する不具合も修正されました。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230922-265660/

  32. buchikuma-info より:

    「配信 steam アップデート」に関する最新情報です。

    まちづくりシミュレーションゲーム『きみのまち サンドロック』のSteam版が「アップデート:Act3」を配信開始しました。このゲームでは、荒れ果てた砂漠の街をプレイヤーの力で変えていくことが目標です。アップデートでは、新たなメインストーリーやサイドストーリー、恋人候補キャラクターの追加、新しいエリアの開放などが行われました。Steam版の価格も一部変更され、さらに麻雀ミニゲームも追加されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004377.000032953.html

  33. buchikuma-info より:

    「ゲーム github コード」に関する最新情報です。

    プログラマ向けの新しいゲーム「GitHub-Guessr」が登場しました。このゲームでは、GitHub上のパブリックリポジトリのコードの一部を見て、それがどのリポジトリのコードかを当てることが目的です。このゲームは、プログラマのスキルや知識を試すのに最適なものです。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2309/19/news079.html

  34. buchikuma-info より:

    「オブ ゼルダ ゼルダ 伝説」に関する最新情報です。

    『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』の新アプデで、不思議な素材である「エレベーターの柵」が普通に壊れるようになりました。しかし、その特性である超軽い素材の特性は健在です。このアップデートにより、エレベーターの柵を活用して新たな戦略を考えることができるようになります。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230823-261319/

  35. buchikuma-info より:

    「ゼルダ ゼルダ 伝説 伝説」に関する最新情報です。

    『ゼルダの伝説 ティアキン』では、前作『ブレワイ』からなくなったツールがあり、それが寂しいという声があります。そこで、代わりのツールを紹介する記事があります。『ティアキン』には『ブレワイ』の便利な機能が使えなくなってしまったため、代用ツールが必要とされています。この記事では、その代用ツールの紹介や、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』や『ゼルダの伝説ティアーズ オブ ザ キングダム』の続編に期待される機能についても触れられています。

    https://automaton-media.com/articles/videocontent/20230722-256617/

  36. buchikuma-info より:

    「報告 オブ ゼルダ」に関する最新情報です。

    新作ゲーム『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』において、プレイヤーが「ゲームを重くしすぎて懲罰房に飛ばされる」という奇妙な条件が重なり、謎の空間に辿り着く「量子結合」グリッチが報告されました。このグリッチはすぐに修正されましたが、その修正に使われた「幻のメカ」についても密かに発明されたと報じられています。また、他のゲームについても紹介されており、『Palia』や『LISA: Definitive Edition』などの注目作品が取り上げられています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230711-255322/

  37. buchikuma-info より:

    「オブ ゼルダ ゼルダ 伝説」に関する最新情報です。

    新作ゲーム『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』において、プレイヤーがゲームを重くしすぎると懲罰房に飛ばされるという奇妙な条件が発見された。この条件が重なることで、謎の空間に辿り着くことができるようだ。この現象については詳細な説明はなく、開発者も意図的に行ったものなのかは不明である。ただし、以前の作品『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』でも負荷をかけると特定の条件で赤い月が出現するなど、重い負荷による変化があったことが報告されている。今後の検証や実験によって、この謎の空間についての詳細が明らかにされるかもしれない。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230712-255445/

  38. buchikuma-info より:

    「オブ ゼルダ ゼルダ 伝説」に関する最新情報です。

    『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』には、新たな乗り物の素材として非常に軽量な素材が発見され、その挙動が推進力を生み出すという謎の現象が起こっています。この素材は空気抵抗をほとんど受けず、飛行機のパーツなどに使用されることで高い推進力を得ることができます。この新素材の発見は国内外のゲームコミュニティで話題となっており、ゼルダの伝説シリーズのファンにとっては非常に興味深いものとなっています。『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』はNintendo Switchで発売中のアクションアドベンチャーゲームであり、前作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編となる作品です。プレイヤーはリンクとなり、ハイラルという世界で起こる天変地異に見舞われた城や謎の遺跡が浮かび上がる空の世界を冒険します。リンクは右手に宿る「ウルトラハンド」という特殊な能力を使いながら、ハイラルの異変に立ち向かっていきます。ゲーム内では、ウルトラハンドを活用したビルドや攻略に役立つメカや装置のもの作りにも励むことができます。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230706-254698/

  39. buchikuma-info より:

    「ゼルダ ゼルダ 伝説 伝説」に関する最新情報です。

    『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』の「祠速解きチャレンジ」は、力技でゴールに飛び込むだけでクリアできるという内容です。知恵と運も必要な場合もありますが、基本的には力技が主な要素です。このチャレンジは、ゼルダの伝説シリーズの中でも特に人気があり、速解きの記録を競うプレイヤーも多いようです。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230701-254177/

  40. buchikuma-info より:

    『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』には、祠を探すのに便利なツールが登場している。スクリーンショットを使って未発見の祠をパパっと検出することができる。本作は、前作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の舞台であるハイラルを舞台にしたアクションアドベンチャーゲームであり、地上や地底に点在する祠を探し出すことが重要な要素の一つである。ツールの効果は立体的なマップ上に位置を表示することで、見落としやすい祠を見つけるのに役立つ。また、続編として開発されており、本作でも引き続き祠探しの要素が含まれている。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230624-253274/

  41. buchikuma-info より:

    AUTOMATONに掲載された記事は、『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』に登場する「役立たずマシン」について紹介しています。このマシンたちは、電力自動ドブ捨て装置など、無駄な機能を持っていますが、それがゲームプレイにとって楽しい要素となっているとのこと。また、記事では他にも、新作ゲームやアップデート情報などが紹介されています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230619-252559/

  42. buchikuma-info より:

    『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』には、レーザー光線で奏でる楽器が登場する。この楽器は物騒な見た目を持ちながらも、繊細な音色を奏でることができる。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230615-252161/

  43. buchikuma-info より:

    記事タイトルは、「『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』にて「矢を集める方法」がいろいろ考案される“孔明の奇策”から大量獲得法を閃く人あらわる」である。記事は、『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』において、孔明の奇策にちなんで矢を大量に集める方法が模索され、プレイヤーたちの間で情報が共有されていることを紹介している。また、記事では、本作の世界観やゲームシステムについても詳しく解説している。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230613-251711/

  44. buchikuma-info より:

    今週のゲーミングコーナーでは、筆者がプレイしたゲームのレビューを紹介している。その中で、『ゼルダ 伝説 ティアーズ オブ キングダム』や『ディアブロ 4』、『LoL』などのゲームが取り上げられている。『ゼルダ 伝説 ティアーズ オブ キングダム』は、ストーリー性が高く、要素も豊富で満足度が高いと評価されている。『ディアブロ 4』は、シリーズを知っている人には馴染みのある要素があり、ビルドのガイドも充実しているとのこと。『LoL』については、初心者でも安心してプレイできるように用語集が用意されている点が評価されている。また、『LoL』のアクションが苦手なファンにも取っ付きやすいシステムが用意されているとのこと。さらに、最新作の『ウォー クライ』についても、筆者がお気に入りのビルドを紹介している。ビルドを使いこなすことで、敵を倒す楽しさが味わえるとのこと。

    https://automaton-media.com/articles/now-gaming/20230604-250226/

タイトルとURLをコピーしました