Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!(ここをクリックするとTwitterへ)

個人ブログにSSLが必要な理由と最低限必要な7つの変更後の設定

サーバーがhttps、つまりSSLに対応しているのなら、
ブログを始めるならぜひ全力で取り組んでもらいたい。
開設前であればサーバーの方で勝手にやってくれる。
これが開設後だといろいろ設定があるのでまとめてみました。

SSL対応、すすんでますか?
2017年の古い記事ですが、参考になればぜひ。

スポンサーリンク

個人ブログなのにSSLが必要な理由

SSLなしではもはやサイトにあらず、とGoogleさんが言いますので、
個人ブログといえどSSL化が必要な時代となりました。
とはいえ、セキュリティ管理については我々も人ごとではないし、
なんだったら問い合わせとか設置しているなら個人情報を取り扱っているわけだ。
SSLにも積極的に挑戦しましょう!

GoogleはSSLサイトであることを評価している

これは、正直ぶちくまもよくわかっとらんのですが、
Googleさまが、httpsを優遇しますよ。
という施策を打ち出したそうです。
つまり、今後、どのようなページであろうと、
セキュリティ対策してください、
SSL化してください、
というお告げがあったのです。

SSLとはサイトが保護されているという証明

簡単に説明します。
これまでhttp というアドレスに、https というSがくっつき始めたのは、お気づきでしたでしょうか。
インターネットなしにはもはや買い物もできないくらいの時代になって、
ネット上のセキュリティ対策も問題になったわけです。
よりセキュリティを強化した、いわば保護されたサイトが必要になりました。
そして、誰でもみてわかるような証明も必要です。
安心して、物のやり取り、お金のやり取り、果てはデータのやり取りにも、ちゃんと保護された環境にはマークをつけましょう、ということになりました。
このサイトはちゃんと保護してますよ、っていうのが、SSL化された証として出るようになったのです。
ざっくりですが、こんな感じ。

それ、個人のブログでも必要なの?

実際にセキュリティが必要なやりとりは、個人程度のブログでは求められているわけではありません。
んが、「このブログは安心して閲覧していいですよ」というサインのひとつとして、
SSL化してあることは損するものではありません。
また、個人でも悪いことをしていないサイト、と太鼓判をおしてもらうことはいいことですし、
なにより、今後、「このサイトはセキュリティに難あり!!」とでかでかと表示されるようになるとのことですし、
個人のブログであっても、今後も運営していくのであれば早めにSSL可しておいたほうがいいということです。
スポンサーリンク

最低限必要な7つの設定とは

幸いなことに、私が利用しているレンタルサーバーは、
なんと無料でSSLに対応していました。
最初から知っていれば、SSL証明書をすぐに発行してもらえていたのですが、
まぁ情弱はおとなしく作業をこなすしかないのです。

1サーバーのSSL化

これはエックスサーバーの場合になってしまうのだけど、サーバーパネルにログイン、右側中段くらいのドメイン欄に「SSL設定」があるから
そこから自分の使用しているドメインを選択して、独自SSLの設定をしてくれい。
SSL化すると、1時間くらい待たされるが、あとはエックスサーバーのほうで、SSL化したサイトを用意してくれるぜ。

2wordpressに認証させる

今度はwordpressにログインして、ダッシュボード内にある設定から、これまでのサイトアドレス http から、https と
Sをつけ足すだけでOK。
これだけで、httpsアドレスからでもちゃんと認証してくれるようになる。

3google アナリティクスに認証させる

ここからはマストではない。
要は、これまでブログ開設した後に認証していった、あれやこれやのサービス、リンク設定などを修正していくという作業。
グーグル様にもサイトアドレスが変わったことを教えてあげてください。
これも設定の歯車マークから、アカウント設定で修正すればOK

4ついでにgoogle search consoleも変更

これはちょっと自分でもどうやったかは覚えていないのだけど、
google search consoleにもアドレス変更して認証させる作業があることだけ覚えておいてください。

5wordpress内の記事については、search regexで一括返還

今度は、wordpress内の記事にも、アドレス変更を反映させます。
今回はプラグインを使います。
search regex というプラグインをインストールし、
httpアドレス を httpsアドレス に変換するだけ。
便利です。
ぶちくまは何とか手作業でもいけるところだったけど、
見落としも考慮し検索かけて変換しました。

6アフィリエイト登録などしたサイトにも変更手続きを

これはぶちくまはやってないのでOK。

7うっかりhttpアドレスにたどり着いた人を、httpsアドレスへ誘導

これもプラグインでできますが、FTPでサーバーにログインして.htaccessファイルを編集する、というやり方でもできます。
んが、ややこしいです。
ぶちくまは、エックスサーバーのファイルマネージャにログインし、
自分のサイトファイルの中にある、「public html」ファイル内へ、その中に「.htaccessファイル」というのがあるので
それを直接書き換えました。
なんとか、誘導はできているみたいです。
ブログを起動させる重要なファイルなので、コピーなどしてバックアップを取っておくことを推奨します。
やることはおおむねこれくらいでしょうか。
スポンサーリンク

残念なことに、バグが起きた

ぶちくまのサイトはバグが起きました。
いまだに治っているのかどうかはわかりません。
バグを洗い出すには、ブラウザのgoogle chromeで該当ページを開き、
右上…の設定画面から「その他のツール」→デベロッパーツールを開いてください。
そこからバグを洗い出せるのですが、残念ながらぶちくまにはどれがバグかはわかりませんでした。
しかし、どうやらテーマの呼び出しに失敗している感じがあったので、
いったん別のテーマに変換し、また戻すと、正常に表示されるようになりました。
いったい何が起きていたかはわかりません。

なんだかんだで、SSL化はできた、ということにする

どうですか、ぶちくま創作ベース、アドレスバーにカギ付いてないですか?
皆さんも、これから長くサイト運営するようであれば、SSL可は必須です。
あるいは、これから始める方も、いろいろ設定をしていく前に、SSL可しておいたほうが無難です。
お金を出して専門の人にやってもらいたいくらい面倒な作業なので、
最初にやっておくとすこぶる楽です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました