Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!(ここをクリックするとTwitterへ)

アルカラストで最初に手に入れるべきオススメキャラクター【リセマラ】

とりあえず配信日からシコシコと夜長スマホ片手にアルラスを楽しんでおりました。

ぶちくま
ぶちくま

うん、楽しいんだけど、難易度高すぎるよね。

というわけで、課金までしましたがやり直すことにしたので、ついでにオススメキャラもまとめておきます。

スポンサーリンク

キャラクターの役割別の重要度ランキング

アルカ・ラストが思いのほか面白く、レビューまで書くくらいにはやり続けようと思ったので、そろそろ情報を少しずつまとめたいと思い。取り急ぎ、キャラクター編成に手をつけたところです。

ぶちくま
ぶちくま

アルカラストはリセマラがしやすいゲームだから、確実に「重要キャラ」を手に入れてスタートしたいところだね!

レア度よりも「育成しやすさ」と「役割バランス」が重要なので、まずはそのあたりの解説を始めたいと思います。

アルカラストのキャラ配置

まだゲームを始めたばかり、始めようと思っている方に向けて、簡単に「キャラの配置」について説明しておきます。

隊列と配置

アルカラストでは、パーティーを組む際に重要な要素として、「隊列(配置)」の概念があります。

ぶちくま
ぶちくま

配置が重要なゲームといえば「ブラウンダスト」ですが、オートでバトル進行する場合は、最初の配置がものを言います。

配置が大事な理由

配置は上から眺める

序盤から痛感するところですが、レベル差があるバトルだと、敵は味方をほぼ瞬殺してきます。しかし、唯一「防御」型のキャラクターのみ、攻撃を耐えることができます。

ぶちくま
ぶちくま

つまり、いかに攻撃を受けるキャラを配置しながら、攻撃を受ける回数を減らして敵を滅殺できるか、が攻略のカギとなるわけです。

列の概念

そして、キャラクターは列に並んで配置されます。列は「6列」あり、1列目は防御型のキャラクターに割り当てられています。キャラクターそれぞれ固有に配置列は決まっており、列の中でも順番が割り当てられています。

対象範囲

対象範囲は「一番近い敵」や「先頭から○列範囲」など、前から順に前方にいるほど攻撃を受けやすいので「誰が攻撃を受けるか」を考慮した上で編成する必要があります。また、バフに関しては自分を基準に対象範囲の列が決まるので、バフをかけたい味方が範囲内にちゃんといるのか確認する必要があります。

ノックバックと引き寄せ

ノックバックや引き寄せ効果で、対象の列を変更することができます。ストーリー攻略ではいまいちですが、アリーナではバフの対象範囲を乱すことが出来るので有効、、、な場合もあります。

ぶちくま
ぶちくま

例えば、私のエリク君は星3にしてほぼ使い道はありませんが、3番目、2番目の敵を引き寄せる(最前列に持ってくる?)ので、例えばバリーあたりの最前列攻撃が当たるようになります。なってるはずです。

しろくまさん
しろくまさん

引き寄せられる対象範囲が最後方の的であれば、かなり使い勝手がいいんだけどね。ちょこっとしか前に出せないのがつらいところだね。。。

キャラクター配置列早見表

1列目
  1. ミツキ[黄昏]
  2. トライゾン[凍土]
  3. アレクサンドラ[黄昏]
  4. ベルノルト[漆黒]
  5. エルネスト[黄昏]
  6. ノエミ[灼熱]
2列目
  1. シュカ
  2. リズ[灼熱]
  3. フォルカー[黄昏]
  4. フォルカー[漆黒]
  5. イネイド[漆黒]
  6. アンゼルム[黄昏]
  7. フェイ[東方]
  8. ブリッタ[黄昏]
  9. ディオーナ[漆黒]
  10. サナルサナイ[灼熱]
  11. バリー[降灰]
  12. ラドロ[灼熱]
3列目
  1. クロウ
  2. アレクサンドラ[漆黒]
  3. イネイド[灼熱]
  4. ジネット[凍土]
  5. ドルフ[黄昏]
  6. チトセ[東方]
  7. タスガタスタ[漆黒]
  8. アルヴァロ[漆黒]
  9. アカネ[漆黒]
  10. ボッツ[凍土]
  11. ラリサ[輪廻]
  12. バルタザール[漆黒]
4列目
  1. ヴァローナ
  2. ミツキ[灼熱]
  3. リズ[黄昏]
  4. ジネット[黄昏]
  5. オウィ[漆黒]
  6. シャルロッテ[黄昏]
  7. クルエラ[漆黒]
  8. オレリア[凍土]
  9. ヨアキム[凍土]
  10. ナディア[灼熱]
  11. エリク[灼熱]
  12. モニカ[凍土]
  13. カサドラ[凍土]
5列目
  1. コルネイユ
  2. トライゾン[黄昏]
  3. パスカル[凍土]
  4. ネクルネクア[凍土]
  5. オレリア[灼熱]
  6. コロネコロナ[凍土]
6列目
  1. イロンデール
  2. オウィ[黄昏]
  3. エルソル[漆黒]
  4. ロザリー[黄昏]
  5. エルオンズ[凍土]
  6. ウェル[凍土] 

キャラクターの役割

配置のことをお伝えしたところで、「攻撃を受ける最前列がとにかく重要なんだ」ということをご理解いただければ配置表なんかは読み飛ばしてOKでした。

ぶちくま
ぶちくま

そこで、1列目にどれだけ耐久性の高いキャラを置けるかどうかで、ストーリー攻略の難易度が雲泥の差となります!

役割(ロール)の種類

  • 攻撃型(物理)
  • 攻撃型(魔法)
  • 防御型
  • 支援型
  • 回復型
攻撃型

攻撃型はその名の通り、アタッカーとして敵をなぎ倒す役目を持っています。物理型と魔法型、さらに攻撃対象範囲が広域か単体か、によって使い分ける必要が出てきます。

ぶちくま
ぶちくま

アタッカーはクエストによって使い分けるのが一番ですが、今のところ敵の攻撃を受けずに敵を壊滅させることが難しいため、手持ちの絆スキルメンバーで埋めてもいいかな、というところです。

主なアタッカー
  • ネクルネクア
  • バルタザール
  • コルネイユ
防御型

後述しますが、一番重要なロールと言えます。全ての攻撃を受けきる耐久性が求められますが、ステータス云々よりも、「自己回復」「吸収」「バリア(シールド)」などのスキルを効率よく使用できるかがカギとなっています。

しろくまさん
しろくまさん

防御型は2枚置いておきたいところ。理論上は防御型は同じ列なので攻撃が分散されます。

ぶちくま
ぶちくま

でも、アレクサンドラとトライゾンを並べると、必ずトライゾンが秒速で溶けます。「もっとも近い敵」の攻撃を受けるキャラにはエルネストの「吸収」や、アレクサンドラの「無敵」が付与できるスキルがないと厳しいみたいです。。。

支援型

味方の攻撃力・防御力を高めたり、敵のステータスを下げたりする、いわゆるバフ・デバフが得意なロールになります。また、隊列を乱す「引き寄せ」「ノックバック」などの効果で撹乱することも得意です。

しろくまさん
しろくまさん

とは言え、レベル差が生まれると「瞬殺」されるため、バフやデバフよりも「シールド」「無敵」効果が付与できるかどうかが攻略のカギとなります。

回復型

正直、支援キャラと何が違うんだ、と思ってしまう「回復特化」の役割。ただ、イネイドは魔法無効スキルを持つなど有用性が高いキャラもいる。

ぶちくま
ぶちくま

回復ロールが少ないため「おすすめ」されがちだが、難易度が上がると悠長に回復している暇なんてないので、パーティーから最初に抜かれるのも「回復型」の特徴の一つ。

リセマラで集めるべきキャラの役割

役割の解説もいい加減うんざりしてきたので、この辺りでまとめていきます。

  1. 防御型
  2. 攻撃型
  3. 回復型
  4. 支援型

ランキングっぽく書きましたが、盾がいないと始まらないのでこのような順位づけとなっています。細かい解説をしていきます。

圧倒的に盾

ぶちくま
ぶちくま

私は、基本的にはどのゲームでも「耐久デッキ」が好きなのですが、対人戦など絡むと、どうしても「速攻勝利」の方が優先順位が上がってしまいます。なので渋々「最強」アタッカーで始めることが多いのですが。。。

アルカラストに関しては一にも二にも、まずは優秀な盾キャラが必要になります。

もちろん、ストーリーを進行させるためには、要所で色々な役割が必要になります。ですが、以下の理由によって「盾キャラ」だけは必須になります。

盾以外は紙装甲で一瞬で消し飛ぶ

中には盾を飛び越えて後列から攻撃してくる敵もいるので、そういった場合にパーティー組み直したりする必要があるのですが、何にせよ、攻撃を受ける役目がいないとすぐに瓦解してしまいます。

ヒーラーはいらない

ぶちくま
ぶちくま

それならヒーラーがいれば耐えられるんじゃないの?

そう考えてエルソルで始めてみた事もありました。しかし、エルソルをパーティーに入れたから切り抜けられた、という場面は今のところ存在しません。

しろくまさん
しろくまさん

イネイドを入れたら切り抜けられたので、回復役がいらない、というわけではないんですけどね

厳密にはヒーラー特化がいない

というよりも、回復役でありながら回復に特化したキャラがいない、というのもアルラスの特徴かもしれません。

耐久は冷遇

とはいえ、全ての対戦に「時間制限」があるので、盾ばかりいればいい、というわけでもありません。というより、盾以外はいかに「敵の攻撃を受ける前に殲滅するか」が問題となってきます。

盾以外のメンバーは絆で選ぶ

アタッカーやサポートに関しては、「絆」を基準に選ぶのがオススメです。絆ばかりは狙って引けないので、手に入れたキャラをいかに有効に使うかが攻略のカギとなっています。

育成メンバーは厳選

それと、育成の項目にも書きますが、育成メンバーはせいぜい8名くらいに厳選する必要があります。塔を登るためにはよりたくさんのキャラが必要になりますが、私のようなちょいプレイくらいであれば、メンバー厳選は必須です。

スポンサーリンク

最初のガチャ・リセマラで狙うべきキャラ

長々と書きましたが、結局、知りたいのは「リセマラキャラ」だと思うので、2019年8月段階でのリセマラおすすめキャラを書いておきます。

エルネスト

エルネスト、アルカラストのキャラクター
なぜこのアカウントで始めなかったのか。。。

エルネストが必須キャラとも言えます。

エルネストがいれば勝てる(耐えられる)という場面は多いようです。一時期だけピックアップされていたので所持している方も多いのではないのでしょうか。羨ましい限りです。

役割とスキルがマッチ

エルネストは色々と反則的でナーフされちまえばいいんですけど、まずスキルがとても優秀です。

業魔の盾
  • 自分と同じ横列味方を物理/魔法攻撃吸収状態にする。

自身と同じ列、ということでほぼ同じ防御型になると思うのですが、ここを物理ダメージでも魔法ダメージでも吸収状態にしてしまいます。エルネストの高い耐久性を支える異様なスキルといっていいでしょう。

オートスキルも優秀

癒しの光
  • 最もHPが低い味方のHPを回復する。

というわけで、回復まで自分でこなしてしまいます。絆相手の黄昏のアレクサンドラも自身回復効果プラス無敵を持っているので、この二人が並ぶと、とにかく倒れない。

絆スキルの利便性が高すぎる

そして、ただでさえ優秀な星2アレクサンドラとふたりで絆スキルを発動できます。

防御キャラふたりでの絆スキルなので継続使用に難が出そうなところ、絆スキル自体が「物理/魔法バリア」効果を付与するので、「絶対に倒れない盾役」が二枚並ぶことになります。

ネクルネクア

アタッカーはお前一人でいい、わけでもないが強キャラについて語るときにはなんだかんだ名前が出てくる「氷弓おば」。

アクションスキルは単体大ダメージ

単体ですがアクションスキル「鋭」で高ダメージが出せるのでボス戦で恐ろしく力を発揮してくれます。

オートスキルで回転率アップ

オートスキルは範囲攻撃に「攻撃力バフ」がついた「玲」と、自身のSPを回復する「凛」がうまく絡み合っています。

絆はジネットが引けるかどうか

ネクルネクアをお勧めしづらい点、としては絆スキルの敷居の高さですね。ネクルネクアもジネットも星3なので、リセマラの時点で狙って引く必要があります。

引き直しガチャは優先順位の高いエルネストを取得することになると思うので、さらにネクルネクアとジネットも引くとなるとリセマラは1週間コース。ネクネクさんを使用する場合は他の絆スキルを考慮する必要があります。

ぶちくま
ぶちくま

まぁ、現状エルネストとアレクで絆スキルを使っちゃうので、特に考慮する必要もないと思いますが。

ラドロ

ラドロ、アルカラストのキャラクター

ラドロはリセマラでスルーしやすいのでちゃんと書いておくことにしました。

吸収が強いって言ったでしょ

そもそも、引き直しガチャで「スキル」なんか確認できないのだから、サイト情報を参考にするしかないのだけど、「無敵」「吸収」がないとほぼ詰まります。というか必ず詰まるんだけど、「いつ詰まるか」と「いつまで詰まるか」が大幅に変わってきます。

トレジャーハント
  • 自分と前後1列範囲内を物理攻撃吸収状態にする。

トレジャーハントは、自分と前後1列が物理吸収にできる喉から手が出るほど欲しい、有効なスキルです。ラドロ本人が2列目なので、1列目と3列目に効果範囲が適応されますので、防御型に吸収付与できるのはありがたいところ。

絆スキルもイネイドと組みやすい

イネイドが使いやすいというのは何度か触れましたが、汎用性の高いイネイドと絆スキルを組めることも魅力の一つです。

ぶちくま
ぶちくま

ダメージは物足りないところですが、雑魚も強いアルカラストなので「スタン効果付与」が輝く時は必ずきます。

スポンサーリンク

アルカラストのリセマラ手順

リセマラについても簡単に触れておきます。

簡単なリセマラ方法

  1. アプリをインストールする
  2. オープニングバトルは右上のSKIP活用
  3. ガチャ場面までスキップ
  4. 最初の星3確定で「防御」キャラを手に入れる(引き直し可)
  5. ストーリー選択画面までSKIP
  6. ストーリーは選ばずに「戻る」をタップ
  7. 1500個以上のベリルがプレゼントされているのでボックスを開封
  8. 10連ガチャにトライ(ここで終了でもいい)
  9. 単発ガチャを引けるだけ引く
  10. やり直しは「オプション」の「最初からやり直す」を選択する
ぶちくま
ぶちくま

最初からやり直すでデータ飛ばせるのはありがたいですね。ダウンロードせずにサクサクリセマラできます。

しろくまさん
しろくまさん

なのに、1日やってもゴールにたどり着けないから覚悟はしておいたほうがいい。

リセマラのゴール

リセマラのゴールを示しておきます。何かの参考にして下さい。

最低でも星3一体を手にいれる

まず、ゴールの一つとしては星3キャラはなるべく多く確保しておいてください。ストーリー報酬のベリルはそれほど多くない上に「そもそもそんなにストーリーが進められない」ので、育成に値するキャラがいない時点で詰まります。

絆キャラは必ず入れる

星3が多ければいい、というのがアルラスのいいところでもあり、最低に悪いところでもあります。私は課金してなんとか星3キャラでパレードできるようになりましたが、ほぼ関係なく雑魚キャラにも蹂躙されます。

絆スキルが使えないだけでかなり厳しい戦いが強いられます

というわけで、最初から「この絆は限界まで育てる」という組み合わせを持っておくと育成の軸にできるので良いと思います。

オススメの絆キャラクター

私の手持ちがそもそも多くないので、この辺りは随時更新しますが、以下に「組み合わせやすい」絆キャラをあげておきます。

絆のポイント

ふたりで組めるのがいい

まず、絆スキルに関しては、ふたりで組めるものを選ぶのが最優先です。というのも、絆メンバーが一人でも倒れると絆スキルが使えなくなるからです。

盾はいない方がいい

というわけで、「最初にやられる」盾役は絆メンバーに含まれていない方が絆スキルが長く使えるので勝手が良かったりします。

ぶちくま
ぶちくま

バルタザールの4人絆は強力ですが、トライゾン氏がすぐに床に伏せてしまうので見る機会はほとんどありません。。。

また、後衛が先にやられる場合には、絆スキルを調整することで攻略できるパターンもあります。

例外は「エルネスト」と「アレクサンドラ」

ただ、絆スキルで「防御面」までカバーされるエルネストとアレクサンドラの組み合わせだけは例外です。

ぶちくま
ぶちくま

あいつらはちょっとずるい

ダメージよりも「効果」

ダメージは多いに越したことはないのですが、絆スキルに関しては付与効果にも着目してください。バフがついて助かった場面はあまりなかったのですが、無敵・吸収効果などはかなり重宝します。

絆ランキング

  • アレクサンドラとエルネストの「黄昏の騎士道」
    ・近くの敵1体に物理ダメージ13034を与える
    ・絆関係の味方を物理攻撃無効状態にする(1800ダメージ無効)
  • ジネットとネクルネクアの「ドッペルゲンガー」
    ・近くの敵1体に魔法ダメージ13236を与える
    ・近くの敵1体の物理防御力を54下げる
  • タスガタスカとアルヴァロの「預けた背中」
    ・小範囲の敵に物理ダメージ11662を与える
    ・絆関係の味方の物理攻撃力を1680上げる
  • イネイドとエリクの「灼熱の好敵手」
    ・小範囲の敵(先頭から2列範囲内)に物理ダメージ6278を与える
    ・小範囲の敵をスタンさせる
  • ラドロとイネイドの「トレジャーハンター」
    ・小範囲の敵に物理ダメージ6885を与える
    ・小範囲の敵をスタンさせる
  • ナディアとサナルサナイの「砂漠のジプシー」
    ・味方全体の物理攻撃力を1200上げる
    ・味方全体の魔法攻撃力を1200上げる
    ・敵全体の物理攻撃力を2400下げる
    ・敵全体の魔法攻撃力を2400下げる
  • ラドロとミツキの「隠し味はお宝」
    ・敵全体に魔法ダメージ1458を与える
    ・敵全体の物理攻撃力を1890下げる
    ・敵全体の行動速度を下げる

敵全体の行動速度を下げるのは貴重です。

ガチャの確定演出

8月15日のアップデート以降、オーロラ4本が星3キャラ確定演出となりました。

玉の色

玉の色は各シナリオと呼応しています。

天体(色)種類(世界)
黄昏
漆黒
凍土
灼熱
東方
降灰
輪廻
アルカラスト
11月のお勧めゲーム

Twitterでも精力的に告知されており、話題沸騰中の超美麗3DRPG「ブレイドエクスロード

ぶちくま
ぶちくま

10月にリリースされたばかりですが、速攻で100万ダウンロード(リセマラ)突破し、すでに「確定最高レアチケット」を配り始めているところ!

リセマラは格段にやりやすい上に、「旨味」が他のゲームとは違うので、確定チケットがあるうちに始めるのがお得です!

ブレイドエクスロード

ブレイドエクスロード

Applibot Inc.無料posted withアプリーチ

ぶちくまをフォローする
ぶちくま創作ベース

コメント

タイトルとURLをコピーしました