Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!(ここをクリックするとTwitterへ)

竹光後のバーンデッキ変遷【キュアとロック】

バーンデッキで即リミット入りした「竹光」バーンのその後を追います。

ぶちくま
ぶちくま

2019年でもバーンで勝てるのか実験中です。

スポンサーリンク

2019年にバーンするなら

ロック軸で攻める

いわゆる「盤面を固定しちゃって相手に何もさせずに効果ダメージを積み上げる」のがロックバーンの攻め方になります。

防御札が豊富

盤面を十分に制圧できる防御札が揃っているのが2019年の特徴です。何より、SR・URチケットを投入すれば簡単に作れるのもメリットが大きいです。

ロックできる罠カード
  • 底なし落とし穴
  • 肥大化
  • 攻撃の無敵化
  • ドレインシールド
  • 次元幽閉
  • 炸裂装甲
  • 心鎮壺のレプリカ
  • つり天井
  • バージェストマ・カナディア
  • リジェクト・ボーン
  • 自由解放

いうても、2019年の新弾があまり入ってこないのは、バーンが期待されていない

ロックできる魔法カード
  • 呪魂の仮面
効果ダメージを与える
  • 黒いペンダント
  • ディストレイン・カード
  • 愚鈍の斧
  • アンティ勝負
  • ガムシャラ
  • 燃え盛る大地
  • シモッチによる副作用
  • 岩投げアタック
  • BF-マイン

キュアバーン

回復効果が起点となるバーンで、ライフアドバンテージをもぎ取っていくデッキ。大昔にOCGに流行った。

ビッグバンガール

効果モンスター 星4/炎属性/炎族/攻1300/守1500 このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、 自分のライフポイントが回復する度に、 相手ライフに500ポイントダメージを与える。

回復札

  • 黄金の天道虫
  • 神の恵み
  • 堕天使マリー

アロマと合わせる

ライフ回復と相性がいいので、アロマとの合わせ技もOK。

専用デッキ構築でもバーン

先ほど、とりあえず効果ダメージ系でうっすら使えそうなものをただ列挙したのですが、どうやら「バーン」を念頭に置いた上で、専用構築をすることで「狙いから逸れて効果ダメージで止めを刺す」みたいな使い方もできそうだと思いました。

BFバーン

BF-マインの効果で、止めを刺したいデッキ。

通常罠 セットされたこのカードが相手の効果によって破壊された時、 自分フィールド上に「BF」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合、 相手ライフに1000ポイントダメージを与え、 自分はデッキからカードを1枚ドローする。

ぶちくま
ぶちくま

1000ポイントダメージなんて、デュエルリンクス環境なら即死じゃないか!

さぞ、環境を荒らしているだろうと思ったら、よく見たら「相手効果」に限定されているので、ただひたすら待つしかない、というね。

岩投げバーン

耐久力の高い岩石族を守備表示にして耐えながら、なんやかんやバーンで削り倒せればいいなデッキ。

通常罠 自分のデッキから岩石族モンスター1体を選択して墓地へ送る。 相手ライフに500ポイントダメージを与える。 その後デッキをシャッフルする。

また、墓地活用がしやすい岩石族なので、バーン関係なしに墓地肥やしたいときに使える。

  • ブロックドラゴン
  • 地球巨人 ガイアプレート
  • ブロックゴーレム
  • メガロックドラゴン

以下は過去記事です。

スポンサーリンク

後攻で勝率アップ!マジックストライカー竹光バーン

マジックストライカー入竹光バーン
マジックストライカー入竹光バーン

デッキ構成

モンスターカード

レア度枚数カード名
UR2マジックストライカー
R3リーフフェアリー

魔法カード

レア度枚数カード名
UR2無の煉獄
UR1黒いペンダント
SR1凶暴化の仮面
N3妖刀竹光
N3黄金色の竹光
N3折れ竹光
N2カップオブエース

罠カード

レア度枚数カード名

エクストラデッキ:5枚まで

レア度枚数カード名

スキル

スタンバイorリスタート

展開方法

まず、リーフフェアリーを引くところから始めます。

このカードに装備された装備カード1枚を墓地へ送って発動する。相手ライフに500ポイントダメージを与える。

スタンバイかリスタートで確率をあげるといいでしょう。

リーフフェアリーに、ありったけの装備をつけて、かつ放出することでバーンしていく、というデッキです。竹光さえあればドロー加速もできるので、だいたい焼き切れます。

手順

一応、手順も書いておきます。ぶちくまはよく間違えます。

  1. リーフフェアリーを場に出す。
  2. 「竹光」を装備する。「妖刀竹光」でもいい。
  3. 「妖刀竹光」があればこっちを先に放出する。
  4. 「黄金色の竹光」を手札に入れる。
  5. 「竹光」装備してれば、「黄金色の竹光」が使用できるので、使用してドロー。
    ※竹光装備していないといけないので、妖刀竹光より先に折れ竹光を放出しちゃダメってことです。
  6. と、いう感じで、あとは「装備」&「ドロー」を繰り返していく。

まぁ、要は竹光装備している状態はキープしろっていうことですね。

ぶちくま
ぶちくま

今も失敗して相手のリーフにリンチされとる。

代用品を探す

まぁ、大体の無課金は、「無の煉獄」と「黒いペンダント」を同時に3枚ずつ持っている、という状況があまりないので、代用品を探す必要があります。

ドローソースとして「カップオブエース」を増やす手もあります。

んが、それではイマイチブログとしてオリジナリティがない、ということで、LP削りに走ることにしました。

マジックストライカー

このカードは自分の墓地に存在する魔法カード1枚をゲームから除外し、手札から特殊召喚する事ができる。このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。このカードの戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

攻撃力600ですが、削ることができるのはもちろん、このデッキならほぼ特殊召喚できるのでリーフフェアリーと並べて出せます。

「黒いペンダント」がもっと多く盛れているデッキならより光りそう。いや、1枚しか持ってないけどさ。

今回は、代わりに「凶暴化の仮面」を入れてみて、リーフで飛ばすか、場面次第ではマジックストライカーに装備させて止めさしたりしてます。

と、いいますか、多分この「竹光ばーん」したい方は、きっとある程度はこのパックを引いていると思うので、その中で相性の良さそうなURを使い込んでみたかった、ということなんですけどね。

いや、マジックストライカーは便利ですよ。

バーン系デッキはもちろんのこと、特殊召喚が容易なので、アドバンス主体デッキの採用もOK

地属性戦士族はたくさんいるので、サポートで固めてとどめに使用してもよし。

さらに、戦闘ダメージ0なので相手の攻撃を耐えるためにも使用できる。

、、、まぁ、現在のところは器用貧乏感も強いけども。

「戦士の生還」と相性がいいので、一緒に使ってもいいよね。

自分の墓地に存在する戦士族モンスター1体を選択して手札に加える。

墓地に送られた「戦士の生還」を除外して再び特殊召喚できるリカバリーりょくは素敵。

このままマジックストライカーの記事になりそうなので、それは後日。

「竹光バーン」の対策、メタカード

まぁ、先行されたらおしまいではあるんだけども。

こっちも竹光でいって、向こうがデュエルスタンバイのスキル使ってきたら、こっちのリスタートで一気に攻め込む、先行を取るのは願うしかない、というのが一番なような気がするが(苦笑)一応、向こうが後攻をとったときの対応として。

「エネコン」

相手がいい具合に装備し始めたくらいにエネコンで奪い取る。

相手は何もできずにターン終了。

その後、リーフを殴る。

これで勝てます。

「底なし落とし穴」

これも装備できなくさせられるので、有効です。
まぁ、いずれにせよ先行取られたら終わりじゃないか、という悲痛な叫びがこだましてるよ。

「森の精霊エーコ」

相手のカードの効果によって自分がダメージを受けた時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、受けたダメージと同じダメージを相手ライフに与える。さらに、このターンお互いが受ける効果ダメージは0になる。

完全なるメタカード。
ただ、問題はこのエーコさんをどう活用するか、ということですね。
植物デッキは組んでないので知らん。

デュエルリンクス
ゲームに飽きたら次はこれ

ブラウンダストが、変わる!

大人気RPGであるブラウンダストが、ついに、伝説キャラを配布(予定)です!

六魔星ドラフトイベントが始まる!

六魔星という最高レアリティのキャラのスキル強化に伴い、「(一体だけ)全員に配布」するイベントが計画されています。

しろくまさん
しろくまさん

イベント報酬になるから、今のうちに準備しておかないとね。

これまで敵が強くて勝てなかった人も、これから始める人も、この機会にぜひブラウンダストを楽しんで(あわよくば当サイトの記事を読んで)みてください!

ぶちくま
ぶちくま

期間限定ですので、終了してたらごめんなさい。

六魔生ドラフトイベントの詳細はこちらの記事をどうぞ。

ブラウンダスト

ブラウンダスト

NEOWIZ無料posted withアプリーチ

ブラウンダストのまとめ記事はこちらからどうぞ。

ぶちくまをフォローする
ぶちくま創作ベース

コメント

  1. […] 後攻でも強い!無(微)課金の竹光バーンデッキ https://buchikuma.xyz/bamboo-cord-burn/ […]

タイトルとURLをコピーしました