Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!(ここをクリックするとTwitterへ)

もう相手のカードだけでやりくり!鹵獲装置デッキ

 

どうもぶちくまです。

あと一件だけ記事を書くと心に決めました。

これだけは取り上げておきたい、鹵獲装置デッキ。

相手のカードを奪って、しかも相手に使い道のないトークンを送りつけるというえげつなさ。

慈悲のかけらもない傍若無人の極悪デッキ。

鹵獲装置デッキのご紹介です。

 

スポンサーリンク

こんな性格の悪い子、初めてだわ! 鹵獲装置デッキ creature seizure

モンスターカード

レア度枚数カード名
UR2古代の機械巨人
UR1ラヴァ・ゴーレム
UR3幻獣機ハムストラット
UR2クリボール
SR2幻獣士
SR1幻獣機ハリアード

魔法カード

レア度枚数カード名
UR1コズミックサイクロン
SR3鹵獲装置
SR1迷える子羊

罠カード

レア度枚数カード名
SR1ダブルマジックアームバインド

エクストラデッキ:5枚まで

レア度枚数カード名

スキル:暗黒?古代の機械

 

スポンサーリンク

デッキ構成

 

と、いうわけで、あまりの忙しさに、正直ランクマッチなんてやっている暇はなかったわけですよ。

んで、最終日がちょうど休みの日でして、

他に予定はあったんだけども、

ちょいと鹵獲装置を試したくなって、2枚交換したら思いの外面白くて、

頑張ってランクマッチ100勝しました。

3枚とも鹵獲に交換!つらかった!

 

鹵獲装置

自分フィールドにいる通常モンスター1体と、相手任意のフィールド場のカードを交換するというもの。

相手が1枚しかなければ、確定でそいつと交換ということになります。

ぜひ、相手が苦労して召喚した強力モンスターを、

攻撃守備ゼロの羊トークンとかと交換してやりましょう。

この時、必ずトークンは攻撃表示に変えておきましょう。

2000くらい削れれば、もうほぼ勝ちは決まったようなもんです。

それ以上、欲張ることはないので、あとはこちらの大型モンスター召喚を待つばかり。

トークン生成もできて効果ダメージも与えられる幻獣士は極めて相性がいいです。

幻獣士、、、なんで3枚取っておかなかったんだろう。。。

 

幻獣士

 

幻獣士は使い勝手がいいですね。

トークン生み出せるので、最初のターンに出して、相手を封じれば次のターン大型モンスターの生贄にできるし、

そのまま置いておいても、効果ダメージ生成できる。

さらに、トークン利用して鹵獲装置で相手のモンスターと交換できる。

もちろん、エネコンでもいいわけだし。

使い勝手がいいですが、イベント産なのでしばらく手に入りませんなぁ。

 

展開方法

 

とにかく、相手の攻撃をかわし続けます。

手札次第で、二枚交換狙えればマジックアーム。

相手が欲しいモンスターを召喚したら鹵獲。

トドメにエネコン。

とにかく、相手のモンスターを使い倒してやってください。

ダブルマジックアームはあまり警戒されていないのか、

相手は気にせず2体目のモンスターを召喚してきてくれるので、

頬が緩みっぱなしですなぁ。

以前、幻獣機ハムストラットの活用デッキを書いた時にも使ったけど、

今回はそれをさらにえげつなくした感じですね。

 

あと、こちらもトークン出しまくれるので、大型召喚を狙えます。

どれにしようかなとレベル8モンスターを眺めていたら、

今トレンドのアンティークゴーレムと目があったのでそのまま採用。

最初は、モザイクマンティコアとかも考えたのだけど、

アンティークゴーレムは貫通持ちなので、

フィニッシャーとして最高の役割を遂行してくれます。

 

また、ゴーレムつながりでネタのようにラヴァゴさんも仕込んであるけど、

相手に送りつけたトークンで2000くらい削ってあると、

あとはラヴァゴで勝手に倒せるし、

なんだったら最後はラヴァゴを奪って攻撃してもいい。

これはなかなか性格悪いですね(笑)

 

表示を変える札が多いので、これ以上防御札は入れず、ワンキル狙いやすくするコズミックサイクロンを差し込みました。

個人的には2枚でもいいかと思ったけど、手元で腐ったりするので、

1枚の方が勝率は良かった。

 

スポンサーリンク

環境では戦えるの?

 

今、ランクマッチでやって見てたんだけど、

まぁ勝つ時は勝つし、ダメな時は全然ダメだね。

こちらの手札の問題もあるけど、

相手の召喚も待たないといけないから、

細かくちょっかい出してくるデッキにも簡単に負けてしまうときがある。

かといえば、速攻勝利もできるので、回しやすいっちゃ回しやすいデッキとも言える。

機械天使は、あんまり当たらなかったのもあるけど、

横向きにはできるので、1ターン凌げば割とやり過ごせることが多かった。

忍者には見事に煙に巻かれましたよ(笑)

 

スポンサーリンク

メタカードってあるの?

まぁ、メタ張る必要もないほど、出会わないデッキではあるんだけども。

もし出会ったら、鹵獲装置出されたら、そっとエネコンで自分のモンスターを墓地に送って

破談にするのが一番シンプルですね。

あと、ホルスには勝てる気がしない。

 

スポンサーリンク

感想

 

まぁ、いわゆる性悪デッキですね。

相手から奪った武器で留めを刺すという、

完全に悪役の所業なんだけども。

もちろん、勝てれば爽快なんだけども、

多分、相手もこっちの意図を読み取ってかわし切った時は脳汁出てると思うの。

なかなか楽しいデッキです。

 

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました