PR

アークナイツ「明日方舟」のレビュー【やるべきTDRPG】

アークナイツをしばらくプレイしてみましたが、覇権の匂いがしたのでレビューしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

ん、これ、ちょっと面白すぎやしないかい?

スポンサーリンク
閑話休題、おすすめゲームの話

こちらは広告です。

今は特に紹介したいものはないので崩壊スターレイルのリンクを置いておきます。

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

アークナイツとはどんなゲームか

まずは、アークナイツを聞いたことがない、見たこともないというあなたのために、「プレイしていなかった時間を後悔する」ような情報をお伝えします。

アークナイツとは

天災がもたらした謎多き鉱石「オリジニウム」と、その影響により現れた「感染者」と呼ばれる特異体質者たちを巡る戦いを描いた本格戦略タワーディフェンスゲームです。3年もの歳月を費やし綿密に練り上げられた壮大で圧倒的なスケールの世界観を、美しいイラストと豪華声優陣によるキャラクターたちが彩ります。

https://www.yostar.co.jp/news-detail-111.html

というわけで、天災により終末観の漂う世界が舞台。みんな大好き異能キャラを題材としつつ、ストーリーはかなり重厚。難易度も高く、クリア方法は無限大。プレイスタイルに縛られず、ひたすら遊び尽くせるタワーディフェンスゲームです。

公式情報まとめ

アークナイツ公式HP

アークナイツの公式HPはこちら。

アークナイツ 公式サイト
Yostarより好評配信中のスマホRPG『アークナイツ』公式サイト。美麗なイラストと豪華声優陣によるキャラクターで彩られる本格戦略タワーディフェンス。

公式Twitter

公式Twitterはこんな感じです。

関連会社情報

株とか資産運用やってると、ついつい気にしてしまうのが関連会社情報。

HYPERGRYPH が開発

開発元のHypergrypは、まだそれほど大きくない会社のようで、発展途上とのこと。今のところ運営上の問題は聞かれていません。ただ、今後、開発のために人員を増設したりしていくようです。

https://www.hypergryph.com/#/

Yostar が運営

Yostarについては、すでに人気アプリを多数輩出しており、日本のゲームアプリの主軸に食い込む破竹の勢いを見せています。

Yostarの人気ゲーム

  • アズールレーン
  • Epic Seven 
  • 雀魂

アズレンもエピナナも、しっかりとファンをつかんでいます。大陸(中国発信)のゲーム好きがメインターゲット層だったのが、アークナイツあたりで日本のライトなゲーム層も取り込みたいところですね。

しろくまさん
しろくまさん

アークナイツは難易度高めだけど、しっかり育成すればクリアできるし、低レア低レベルでの攻略も楽しめるから、ライト層もいける、といいけど。

ぶちくま
ぶちくま

エピ7は少しアニメーションがこどもっぽい感じがして馴染めなかったけど、アークナイツはぐっさり刺さる美麗かつ可愛いイラストで愛せる。

エピックセブン

エピックセブン

Smilegate Megaport無料posted withアプリーチ

Yostar会社情報

  • 社名:株式会社Yostar(Yostar Inc.)
  • 所在地
    〒101-0022
    東京都千代田区神田練塀町300番 住友不動産秋葉原駅前ビル11階
  • 電話: 03-5846-8348
  • E-mail
    info@yostar.co.jp 
  • 代表者:代表取締役社長 李 衡達
  • 設立日:2017年1月16日
  • 資本金: 500万円
  • 事業内容: ゲームの開発・運営

https://www.yostar.co.jp

どんなゲームか

アークナイツのクエストシーン
キャラゲーとディフェンスがソシャゲ展開

ジャンルで言えば、タワーディフェンスになります。

タワーディフェンスってなんだ?

よめくま
よめくま

タワーディフェンスって、あんまりメジャーじゃない?

王道RPGのようなど真ん中ジャンルではありませんが、昔からある、一種の「パズルゲーム」です。手持ちのコマを使って、自陣に向かって突っ込んでくる敵を撃破して、相手のゴールを阻止するのが目的です。

個人的にはFF7

FF7は、皆さんご存知のとおりRPGですが、FF7といえば、優秀なミニゲームの宝庫でした。

その中のひとつに「コンドルフォート」というものがあります。これが、シンプルではあるがなかなか面白いミニゲームで、自分にとっては初めてのタワーディフェンスゲームだった、と記憶しています。

TD(タワーディフェンス)で似たような作品

千年アイギス

アークナイツをプレイすると必ず目撃するのが千年アイギスです。大元はブラウザゲームでしたが、まぁ、これは実際に見てみるのがよろし。

千年戦争アイギスA 【本格シミュレーションRPG】

千年戦争アイギスA 【本格シミュレーションRPG】

DMM GAMES LLC.無料posted withアプリーチ

ニャンコ大戦争

こちらも大人気アプリで、ゆるゆるな世界観が愛おしいニャンコ大戦争ですが、意識してみるとこちらもタワーディフェンス系のジャンルになります、。

にゃんこ大戦争

にゃんこ大戦争

PONOS無料posted withアプリーチ

中国での人気は不動

不動、というと少し語弊が出てくるレベルではありますが、少なくとも人気ゲームの一角には食い込んだのは間違いないようです。

中国のゲーム開発会社Hypergryphが『明日方舟』がApp Storeの総合セールスランキングで三度目の首位を獲得した。4月30日に中国本土でリリースした同タイトルは、5月30日と7月10日に首位を獲得している。同タイトルはTOP30(ゲームカテゴリー)圏内に留まっていることも多く、本年の中国での人気タイトルのなったと言って良いだろう。

https://gamebiz.jp/?p=247255

日本でも前評判の高い『アークナイツ』の初月売上は『CNG』の統計によるiOS、Androidの予測合算値で96億円以上と予測されている。

https://chinagamenews.net/market-info-175/
スポンサーリンク

アークナイツは、やるべきか否か

とりあえず、やるべきです。負担感は(今のところ)少なめで、体力回復が待ち通りゲームは久しぶりです。

まったり微課金が美味しいゲーム

とりあえず、課金要素は薄い。無課金でも遜色なく遊べると断言できるゲームは本当に久しぶりです。

課金要素はそれなりにある

持ち物検査はある

ガチャコンプなんかを目指すととんでもない額の課金が必要だし、タワーディフェンスの性質上「持ち物検査」クエストが出てくるのは必須でしょう。

低レア攻略すら面白い

ただ、今のところは「課金必須乙」のような話は聞かず、むしろ課金してても低レア攻略が進むような「クエストクリアをしっかり楽しむ」ことができるゲームです。

アークナイツの育成すべき低レアキャラ・オペレーター
課金上限がない場合は読む必要はありません。 ぶちくま 基本的には、最高レアリティが強いゲームなので、「最高レアは全部集める」覚悟があれば低レアの育成は必要ありません。 ただ、ガチャは渋めでリセマラ必須系ではあるので、課金額を抑えたい方は、ぜ...

幻影戦争に疲れてきてみたら、圧倒的に面白くて草が生えたし、幻影に投じた資金をアークに入れてればかなり長い時間楽しめたな、と思いました。

体力は回復しないとつらい

アークナイツは、「理性」というスタミナシステムで、かつ、キャラの育成にはそれなりの周回を要求してきます。ただ、理性の回復がまったりなので、いい意味では「束縛されない」し、悪い意味では「一日1時間もさわれない」とも言えます。

ぶちくま
ぶちくま

基地とかでまったりキャラ眺めてるだけでも楽しいんだけどね

タワーディフェンス初心者も安心

タワーディフェンスって、上述の通り、私には「ミニゲーム」くらいのプレイ感しかないと思っていたのです。

しろくまさん
しろくまさん

基本的には「製作者の意図」を組んで、相手の出したお題に対して、自分の手持ちのピースを組み合わせてクリアする感じです。ただ、ピースを嵌め込むタイミングも重要なので、時間軸のあるパズルのようなものですね。

簡単にクリアはさせてくれない

難易度調整が絶妙で、「リセマラしてればストーリーくらい余裕でしょ」と思っていたら大間違い。推奨レベル以上のキャラを詰め込んでもクリアできないことがザラにある。

クリアする要素としては、キャラの強さは大事だけど、以下の点がすごく大事でした。

  • キャラのCP(コスト)バランス
  • スキルの選択
  • スキル発動のタイミング
  • キャラの役割
  • 配置位置とタイミング

リセマラ的にいえば、低コスト高火力汎用対応が可能なキャラほど、持ち場では困らないのは確か。なんだけど、カバーできる範囲は限られるから、脇が甘くてやられたりする。

ぶちくま
ぶちくま

これ、逆に下手に課金して負けたりすると、「何くそ!」と思って、財布の紐緩まっちゃいそうだね。んで、無課金が低レアでクリアしてドヤれる珍しいゲームバランス。

ソシャゲ要素もうまく絡まっている

アークナイツ、最初は少しずつプレイできればいいかなと思ったのですが、これ、なかなかソシャゲの要素も上手につかんでいるんですよね。

ぶちくま
ぶちくま

つまり、キャラの魅力を使って、あえて好きなキャラだけで戦い、「レベルを上げてパワープレイ」もできる。

育成要素もあって、好きなキャラで攻略したいって気持ちが湧いてくるんですよね。

必要不可欠なクリアのためのパーツはある

ただ、好きなキャラもパーツの一つでしかないから、キャラだけでゴリ押ししてはクリアできない。クリアできないと悔しいから、なんとかクリアしたくなる。

クエストクリアの解決策は多彩

その解決方法として、あるひとはもっと強いキャラを手に入れるために課金するし、キャラに入れ込んでいる人はキャラ育成を進めてクリアを目指す。無課金は持ちキャラ・低レアを工夫して試行錯誤する。これ、いいバランスですよね。

PvP・オフェンス型への拡張も期待

もしかしたら、今後はPVP要素なんかも入れ込んでくる(つまり、責める側はユニットの配列・順番・進路を設定、防御側は別ユーザーが仕込んだクエストをクリアできるかどうか、みたいな)こともできるので、楽しみは広がってくると思うんだよね。

世界観とキャラが、いい

世界観について、改めて説明していきます。

荒廃した終末都市が舞台

いわゆる、「近未来」で「終末」が舞台の世界。天災で荒廃していく都市と、「感染」によって力を得た人、そして差別。まぁ、好きですね。

ぶちくま
ぶちくま

私は昔、「ぼくらの勇気未満都市」というドラマが好きで、なんとなく感染とかになると思い出す。全然、関係ないけど。

源石で分別された人間たち

ざっくりいえば、源石という力・エネルギーのもととなるもので力を手に入れたが、感染という問題もあり感染者・非感染者で争っている。レユニオンは感染者側で積極的に自分たち以外を排除しようとするけど、それは違うと解決に乗り出したのがロドス。

ぶちくま
ぶちくま

課金アイテムが純正源石なんだけど、そう言った意味では僕たちだって「格差」という世界の中で、収益で差別を受け

レユニオン

感染者を受け入れ、非感染者を駆逐しようとする組織。

ロドス

製薬会社。感染者の抱える問題を、感染者たちで解決しようと動く。

オリジニウム

源石。感染症の原因とされる物質。感染症「オリパシー(鉱石病)」の致死率は理論上、100%で、死に至ると感染リスクを広げる。エネルギー活用されてきた背景がある。

キャラデザインがいい

デザイン関連は好き嫌いがあり、個人の評価なんぞは当てになりませんが、個人的にはすごくよくできていると思います。必ず、好きなキャラが見つかると思います。

ぶちくま
ぶちくま

リセマラ必須でありながら、無課金でも楽しめるので、好きなキャラをしっかりと狙って引くのが大事!

アークナイツのリセマラ検討、欲しいのはエクシア【明日方舟】
エクシアが欲しくて爆死したので、賢明なる皆様はリセマラでしっかりと取得してもらいたい、と思い記事にまとめておきました。ピックアップすり抜けエイヤ狙いはハゲ上がるが達成感は半端ない。
アーミヤ
ウサギ耳のアーミヤ、アークナイツのキャラ
いや、ウサ耳をここまで馴染ませるとか

実質、主人公となる女の子。正義感強め。自身も感染者でありながら、世界のあり方に疑問を感じた系。

チェン
チェン、アークナイツのキャラクター
個人的に最も仲間にしたいキャラ

カッコよすぎ。近衛局という、特別警察のような組織の隊長。かなり手厳しいことを言うが、それ故に、ロドスとの関わりの中でどう変化していくのかが楽しみ。

レッド
レッド、アークナイツのキャラクター
デザインは豊富

メインストーリーではまだお会いできていない。楽しみ。

細かい設定がいい

ガチャ廃止してスカウトする

まず、ガチャじゃない。「スカウト」してこの世界のオペレーターを「雇用」していくのだ。

また、ガチャ要素である「公開求人」というものがあるのだけど、ネーミングがまず刺さる。しかも、ガチャとしてのシステムも優秀で「時間」でレアリティを選抜、「タグ」で好きなキャラの特性を選んで、求人募集できるのだ。

しろくまさん
しろくまさん

あくまでも、募集を出すだけだから、必ず欲しいオペレーターが応募してくれるとは限らないんだけどね

モンスターではなく「同族」

あんまり細かい設定はストーリー読んで欲しいんだけど、勧善懲悪的に「モンスター倒してやったー」「皮剥いで素材にして売ろう」とか、そんなシンプルな対立関係じゃない。主人公たちも「感染者」として区別される側でありながら、世界のために戦うことを選ぶわけなんだけど、敵ユニットも、つまりは同じ感染者なわけで。

ぶちくま
ぶちくま

いや、こんなストーリー、おもろいに決まってるやん

戦うことに葛藤を抱えながら、それでも前に進むしかないアーミヤさんとか、好きにならずにどうするわけ?

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ゲーム 26 事業」に関する最新情報です。

    3月26日の東京株式市場では、ゲーム関連株が注目された。ギークスは子会社のゲーム事業を撤退し、安定成長しているIT人材事業に注力することで株価が上昇した。円谷フィールズはパチンコメーカーのソフィアを買収し、株価が上昇した。他にも、ドリコムやマイネットなどの株価も上昇した。一方で、ワンダープラネットは利益確定の売りに押されて下落したが、移動平均線が支持線として機能していることが指摘されている。中小型株では、急落した銘柄が循環的に物色される動きも見られた。

    https://gamebiz.jp/news/383704

  2. buchikuma-info より:

    「ゲーム 開発元 資金」に関する最新情報です。

    インディーゲーム開発元が資金獲得の難しさを訴える中、大手企業の支援やヒット作の成功例から希望も見える。ゲーム業界ではレイオフが相次ぎ、資金競争が激化しているが、Steamなどのプラットフォームを通じて独力で成功する可能性もある。一部の開発元は資金難により活動停止や閉鎖を余儀なくされており、パブリッシャーの支援が不可欠との声もある。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240319-286617/

  3. buchikuma-info より:

    「epic epic games games」に関する最新情報です。

    Epic Gamesストアにて期間限定で無料配布中のPCゲーム『Deus Ex: Mankind Divided』は、2029年の近未来を舞台にしたサイバーパンクアクションFPS。オーグメンテーション技術を受けた主人公が巨大な陰謀に立ち向かうストーリーで、アクションやステルスのアプローチが可能。同時に無料で提供されているアクションパズルゲーム『The Bridge』も魅力的。期間は3月22日まで。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240315-286033/

  4. buchikuma-info より:

    「epic epic games games」に関する最新情報です。

    ハッカーグループMogilevichがEpic Gamesから189GBのデータを盗み出したと主張したが、Epic Gamesは証拠がないと否定。Mogilevichは攻撃を実行し、個人情報やソースコードを含むデータを入手したと主張しており、購入を促す声明を出したが、具体的な販売額や証拠は提示されていない。現時点ではサーバー攻撃の真偽は不明。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240229-284260/

  5. buchikuma-info より:

    「td タワー タワー ディフェンス」に関する最新情報です。

    EXNOAが運営するDMM GAMESは、『千年戦争アイギス』『御城プロジェクト:RE』『モンスター娘TD』の3タイトルで共通のコラボイベント『超タワーディフェンス祭り TD IDOL FESTIVAL』を開催。イベントではアイドルがテーマとなり、特別な衣装のアイドルキャラクターやストーリーイベントが楽しめる。イベント期間や報酬内容も詳細に記載されている。

    https://gamebiz.jp/news/382316

  6. buchikuma-info より:

    「epic epic games games」に関する最新情報です。

    Epic Gamesストアは2023年、売上が前年比16%増の1400億円以上となり、成長を遂げた。特に独占タイトルの好調なセールスが貢献し、サードパーティー製のゲームの売上は13%減少した。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240217-282899/

  7. buchikuma-info より:

    「epic epic games games」に関する最新情報です。

    ディズニーは、Epic Gamesの株式15億ドル相当を取得することを発表しました。この取引により、Epic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」とディズニーのキャラクターが連携し、新たなエンターテインメント世界が構築される予定です。Fortniteでディズニーや「Pixar」「Marvel」「Star Wars」「Avatar」などのキャラクターが登場し、一緒に遊んだり買い物したり、物語を楽しんだりすることができます。さらに、Epic Gamesの開発したゲームエンジン「Unreal Engine」を使って、自分自身のオリジナルストーリーを作成し、他の人と共有することも可能になります。

    https://japan.cnet.com/article/35215007/

  8. buchikuma-info より:

    「ゲーム 公開 描き」に関する最新情報です。

    ゲームクリエイターのChad Toprak氏が、ローカルマルチプレイお絵描きパーティーゲーム『Pirate Doodle-Doo』をPC向けに無料公開しました。このゲームは2人から5人でプレイし、指定された方法でお題に沿ったイラストを描き、正解を当て合うウェブブラウザゲームです。プレイするためにはホワイトボードや紙、筆記具の準備が必要です。各プレイヤーは30秒の持ち時間内にドローイング方法に基づき4つの単語を描き、他のプレイヤーはそれらが何の絵だったのかを予想し、ポイントを獲得します。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240205-281320/

  9. buchikuma-info より:

    「開発 games jp」に関する最新情報です。

    JP GAMESは、クオンタムソリューションズからの要請を受け、新しいRPGプロジェクト「SHALLAH」の開発を開始しました。このゲームは、千夜一夜物語をベースにした壮大な世界で、魔法の戦いと人と女神のラブストーリーが描かれます。JP GAMESは企画と開発を担当し、クオンタムソリューションズはIP保有とコンテンツ開発力のサポートを行います。このプロジェクトは、AIと量子コンピューティングの技術を活用し、よりリアルなゲームプレイと没入感のある体験を提供することを目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000043861.html

  10. buchikuma-info より:

    「周年 アイギス アリス」に関する最新情報です。

    株式会社コロプラは、スマートフォン向けゲーム『アリス・ギア・アイギス』が6周年を迎えたことを発表しました。この記念に、無料★4キャラクターの確定入手や新しいプレイアブルキャラクターの追加など、様々なキャンペーンが開催されています。また、公式Twitterでは、リツイート数に応じて復刻イベントのコスチュームやアクセサリーが手に入るキャンペーンも行われています。さらに、TVアニメ「アリス・ギア・アイギス Expansion」のファンイベントのプレイガイド一次先行申込が開始されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001437.000004473.html

  11. buchikuma-info より:

    「app app store epic」に関する最新情報です。

    タイトル: グーグルのアプリストアが違法な独占と判定され、陪審団がエピックゲームズに肩入れ
    見出し: グーグルのアプリストアが違法な独占と判定され、陪審団がエピックゲームズに肩入れ、関連記事もご覧ください…
    トピック1:
    トピックのキーワード: アプリ アプリストア エピック エピックゲームズ ゲーム グーグル グーグルアプリ 違法 独占 陪審団
    トップの段落:
    エンティティ: 2023年12月11日午後7時41分、カリフォルニア州でグーグルのアプリストアが違法な独占と判定され、陪審団はグーグルのPlayモバイルアプリストアにおける競争を抑制する取引を通じてカリフォルニア州の反トラスト法を違反したと判定しました。この判決は、グーグルにとって初めての重要な敗訴であり、裁判官はグーグルのAndroidオペレーティングシステムに対してどのような措置を命じるかを検討することになります。グーグルは、デジタルアイテムのダウンロードを許可するように強制され、競合他社のアプリストアへのアクセスを提供しなければなりません。グーグルはこの判決についてまだコメントしておらず、エピックゲームズとグーグルの

    https://www.wired.com/story/googles-app-store-monopoly-ruled-illegal-jury-epic/

  12. buchikuma-info より:

    「google epic games games」に関する最新情報です。

    タイトル: Fortniteの開発元であるEpic GamesがGoogleに対する独占禁止法の闘いに勝利
    見出し: Fortniteの開発元であるEpic GamesがGoogleに対する独占禁止法の闘いに勝利
    トピック1:
    トピックのキーワード: google epic games games epic antitrust antitrust fight fight fight google fortnite fortnite maker
    トップの段落:
    エンティティ: Fortnite antitrust fight against jury sided with
    キーワード: Fortniteの開発元であるEpic Gamesが独占禁止法の闘いに勝利した。月曜日、陪審団はEpic Gamesに味方し、GoogleがGoogle Playのようなアプリマーケットプレースを運営する方法を変える可能性があると判断した。

    エンティティ: 3年間にわたる法的闘争を終えたEpicは、人気のオンラインゲームの開発元であり、2020年にGoogleに対して連邦およびカリフォルニア州の独占禁止法に違反するアプリストアの取り扱いを提訴した。
    キーワード: 一致した評決は、3年間にわたる法的闘争を終えたEpicとGoogleの間の訴訟に関連している。Epicは人気のオンラインマルチプレイヤーゲームの開発元であり、2020年にGoogleに対して連邦およびカリフォルニア州の独占禁止法に違反するアプリストアの取り扱いを提訴した。

    エンティティ: ソフトウェアの独占的な

    https://techcrunch.com/2023/12/11/epic-games-google-antitrust-win/

  13. buchikuma-info より:

    「google epic epic games」に関する最新情報です。

    2020年8月、Epic GamesがGoogleを提訴した裁判で、連邦地裁はGoogleが独禁法に違反しているとの判決を下し、Epic Gamesが勝訴しました。しかし、Googleはこの判決に対して控訴する意向を示しています。この訴訟は、Epic GamesがGoogle Playストアの手数料に対して不当な取引条件を課していると主張したものです。Googleは現在、控訴の準備を進めており、今後の展開が注目されています。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2312/12/news126.html

  14. buchikuma-info より:

    「google epic epic games」に関する最新情報です。

    Epic GamesとGoogleの独禁訴訟において、陪審員は満場一致でEpic Gamesの勝利が判決された。この訴訟はGoogle Playストアの手数料30%の強制に関する争いであり、Epic GamesはGoogleの独占行為を主張して裁判を起こしていた。裁判は2020年に始まり、4週間にわたる証言の後、カリフォルニアの陪審員が2021年1月に判決を下した。この勝利により、Epic GamesはGoogle Playストアのモノポリーを問題視することが認められた。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231212-275802/

  15. buchikuma-info より:

    「battle blaze blaze battle」に関する最新情報です。

    新作ゲーム『ブルーロック BLAZE BATTLE』のテレビCMに山田涼介さんが起用されることが決定しました。このCMでは、山田涼介さんがブルーロックのキャラクターとして登場し、サッカー経験者としての熱い演技を披露します。CMは全6パターンで放映される予定であり、山田涼介さんのファンやブルーロックのファンにとって楽しみな内容となっています。このニュースは、ブルーロック BLAZE BATTLEの最新情報やリリース延期の情報と共に、株式会社BAELの公式ウェブサイトで詳しく報じられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKWh0dHBzOi8vYXBwLmZhbWl0c3UuY29tLzIwMjMxMTIwXzIxNTkwMTgv0gEA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「13 11 smile」に関する最新情報です。

    『F-style K•I DENTAL OFFICE』が『We Smile』に加盟し、2023年11月13日から提携を開始することが発表されました。『F-style K•I DENTAL OFFICE』は福岡市に位置し、西鉄福岡駅から徒歩5分の場所にあります。提携開始に伴い、11月13日から予約の受付も開始されます。『We Smile』は低価格のマウスピース矯正を提供するクリニックであり、口コミやSNSで話題となっています。提携により、『F-style K•I DENTAL OFFICE』は『We Smile』のクリニック情報を提供することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000070720.html

  17. buchikuma-info より:

    「epic epic games games」に関する最新情報です。

    人気サバイバルホラーゲーム『Alan Wake 2』の発売が話題となっていますが、その際にEpic Gamesストアの実績解除通知がうるさいという意見が盛り上がっています。実績解除通知はゲームプレイ中に表示されるもので、一部のプレイヤーからは没入感を損ねるとの批判もあります。一方で、通知の設定をオフにすることも可能です。Epic GamesストアはPC版の『Alan Wake 2』の独占販売を行っており、その話題性も注目されています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231031-270247/

  18. buchikuma-info より:

    「epic epic games games」に関する最新情報です。

    Epic Games Japanの岡田和也氏が同社を退職することが発表されました。これは、レイオフの影響によるものであり、Epic Games Japanも新たな時代を迎えることになります。岡田氏は約7年間にわたりEpic Games Japanで働いており、Unreal Engineの開発者サポートなどに携わってきました。彼の退職により、Epic Games Japanの活動には影響が出る可能性があります。岡田氏は個人としても、XアカウントやUnreal Engineコミュニティでの活動など、幅広い分野で活躍してきました。彼の退職により、日本のゲーム業界においても一つの時代が終わり、新たな展開が期待されます。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231025-269351/

  19. buchikuma-info より:

    「ゲーム hack knight」に関する最新情報です。

    「空手バカ異世界」の原作作家がゲーム事業に参入し、ハクスラ縦スクロールRPG/STG「KNIGHT HACK」を発表しました。このゲームは2023年の東京ゲームショウで株式会社ジュエルワンブースにてプレイアブル出展されます。また、合同会社輝井堂が開発中のゲームブランド「輝井GAMES」の第一弾タイトルとしても発表されました。詳細な情報は東京ゲームショウの公式サイトで確認できます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000129666.html

  20. buchikuma-info より:

    「本日 開始 rpg」に関する最新情報です。

    株式会社KADOKAWAは、『RPG MAKER UNITE』バージョン1.00.03のアップデートを本日配信開始しました。このアップデートでは、購入者向けに3Dキャラクターコンバーターも無料配布されます。アップデートの内容には、パフォーマンスの改善や不具合の修正が含まれています。また、株式会社Gotcha Gotcha Gamesも関与しており、RPG MAKER UNITEの最新情報についてもお知らせしています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000013249.000007006.html

タイトルとURLをコピーしました