Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!(ここをクリックするとTwitterへ)

即環境入りのお手軽剣闘獣デッキ Gladiator Beast

どうも、ぶちくまです。

まだ年末も序盤(不思議な日本語)なのですが、すでに怒涛の忙しさのために、

全く更新できていませんでした、恥を知れ!

そういうわけで、ちょいと溜まっていたデッキを整理しつつ、

デッキ紹介していきますよ。

今回は、すでに環境入りしているのであまり真新しさはありませんが、

かなり強い剣闘獣デッキをプレイバック!

 

スポンサーリンク

とにかく耐えて選手交代! 剣闘獣デッキ Gladiator Beast

モンスターカード

レア度枚数カード名
SR3剣闘獣ラクエル
R3剣闘獣ベストロウリィ
R2剣闘獣ムルミロ
R2剣闘獣ディカエリィ

魔法カード

レア度枚数カード名
UR1ハーフシャット
SR3エネミーコントローラー

罠カード

レア度枚数カード名
UR3底なし落とし穴
SR3攻撃の無敵化
R1イタクァの暴風

エクストラデッキ:5枚まで

レア度枚数カード名
UR1剣闘獣ヘラクレイノス
SR2剣闘獣ネロキウス
R2剣闘獣エセダリ

スキル:天使の加護orマインドスキャン

 

スポンサーリンク

デッキ構成について

 

見事なまでに剣闘獣ですね。

先に六武衆の記事を書いて、どうせだから剣闘獣も書いておくかといった次第なのですが、

六武衆使った後に剣闘獣使うと、展開が楽しくて病みつきになっちゃいますね。

相手にしている方は展開の長さに焦らされるんですけどね(苦笑)

 

下級剣闘獣場に出して、とにかく攻撃して、かつ場に残すことが展開の軸となっています。

そのため、相手を横向きにしたり、あるいは破壊耐性をつける札をかなり多めに採用しています。

何がいいって、大型モンスターはエクストラなので、手札事故が少ないことですね。

故に、多めの防御札を仕込んでおくことができます。

まぁ、逆に言えば、防御札ばっかり来る事故もあり得るわけですが。。。

 

防御札には、相手の展開を止めつつ横向きにできる好相性の「底なしの落とし穴」を3枚入れるという

見事な課金っぷりですが、引けてしまったものは有効活用しよう。

さらに、「攻撃の無敵化」で、攻撃を受けた時にも場に残せるようにしておきます。

エネコンは、相手が処理しにくい大型モンスターを出したときに奪い取ってワンキルします。

ハーフシャットも自分にバトル破壊耐性をつけたり、相手の攻撃力を下げたり小回りが利くので採用。

今回は分断の壁は入れていませんが、銀幕や分断で相手の攻撃力を下げてしまうのもありでしょう。

有用な防御札を採用しやすいですね。

融合のタイミングが難しいところですが、

実際のところ、あんまり融合したことはないですね。

融合しておけばよかった、と後になって後悔することはあるのですが、

相手の札をうまく読んで、融合できたときは気持ちがいいですね。

手札があまりないので、ヘラクレイノスは正直あまり使いませんが、

ネロキウスは攻撃後に、融合を解いて2体の剣闘獣を出せるので、使い回しがいいですね。

 

スポンサーリンク

環境について

 

まぁ、すでに環境に入っているのであえて語ることは何もないのですが。

忍者、機械天使はやっぱり強い。

初手剣闘獣が除去されたり、こちらの攻撃を交わされたりして、

やっぱり環境トップは環境トップなんですねぇ。

幸いにして、落とし穴とエネコンが自然に採用できているので、

機械天使は割合勝てます。

忍者は、伏せカードをデッキに戻されるので、割と負けます(笑)

相手の伏せカードを先に割れれば勝てるのだけど。

 

意外と安い気もするんだけど

 

防御札が軒並みメインBOXのURなので入手しづらいのだけど、

分断の壁とかは安く手に入るので、好きなものを組み合わせる楽しさはあるよね。

メインパックなので、全部弾ききるのが高くつくことを考えると、多少の運は必要かもしれない。

微課金なら簡単に組めそうですね。

 

スポンサーリンク

剣闘獣をメタするには

 

これは伏せカードを発動させなくすればいいので、

軍曹や壺なんかで伏せカードを封印しちゃえば、

それほど打点の高くない剣闘獣なので割と簡単に倒せます。

あとで鹵獲装置デッキについても書くのだけど、肝心の剣闘獣を奪ってしまって

展開の軸を崩すという技もある。

 

スポンサーリンク

感想

 

相手の札を読みながら、次に何を出すかを考えて剣闘獣を展開させていくのは

結構楽しいですねぇ。

ここぞというところで大型モンスターを展開してドカンと一発かませる爽快感もある。

さっき書いた六武衆よりもちょこちょこ相手にちょっかいできるので、

細かいチャンスがいっぱい転がってるし、選択間違えて負ける悔しさもある。

剣闘獣出た時から結構好きで使ってるんだけど、

今後もサポートカードが増えてくれるといいなぁ、とは思ってる。

 

 

ではでは。

 

 

 

コメント

  1. […] 剣闘獣デッキについても記事を追加しました。 […]

タイトルとURLをコピーしました