Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!

ドラクエタクト、覚醒で完凸すべきか4凸で止めるか「イベントドロップ」

ドラクエタクト、課金すると強くなれるのは当然なのですが、イベントなどで取得可能なモンスターだけでも高難易度クエストが攻略できるバランスが大変に心地よく、無課金でも十分に(というか無課金の方がちょうどいい縛りとなって)楽しめるようになっています。

ぶちくま
ぶちくま

とはいえ、時間もスタミナも無限にあるわけじゃないので、どのユニット(モンスター・英雄)は完凸を目指すべきか知りたい!

このページでは、私の独断ですが、イベントなどで登場したユニットを「完凸」するか「4凸」で止めるかについて考えていきます。

スポンサーリンク

覚醒に関する基本的な情報

まずは退屈な情報になりますが、覚醒に関する基本的な情報をまとめていきます。先に言えばなぜ、完凸を目指すのか、4凸でいいのか、という話になります。

ドラクエタクトにおける「覚醒」とは

覚醒って何?、ドラゴンクエストタクトで完凸すべきか4凸でいいか

覚醒とは、ユニットを取得した際に手に入るポイントで能力や特性を身につけることができる育成要素のひとつです。

ぶちくま
ぶちくま

他のゲームでは限界突破など呼び方は様々ですが、「凸」と表現することが多く、覚醒回数によって「◯凸」とします。

いわゆる、「ガチャ被りの救済措置」と「やり込み要素」のためのシステムで、ユニットは取得するだけではなく、覚醒を進めることで本来の能力を発揮するようになります。

ガチャ被り措置がないと、課金者は取得した時点でガチャを回すのをやめてしまう。ガチャはソシャゲにおいて課金のための導線として設置しやすく、ガチャからの集金を促進させるためのものです。つまり、とにかくたくさんガチャを回してもらうための集金装置です。

覚醒のメリット

覚醒スキルで得られるもの、ドラゴンクエストタクトで完凸すべきか4凸でいいか

覚醒の段階によって、得られる特性や能力は異なります。

ステータスアップ

どの凸段階でもステータスアップなどの恩恵を受けることができます。基本的には各凸数において5%ずつアップしていきます。

耐性の獲得

加えて重要なポイントとしては、2凸、4凸の段階で一部の特性の耐性がつくことです。ドラクエタクトにおいては「相手の弱点特性をつく攻撃」よりも「相手の攻撃属性に対する耐性」の方が攻略においては重要視されます。

言い換えると、耐性を獲得して初めて戦場に立てるというクエストが多く、耐性面を考慮すれば「4凸まではあった方がいい」と考えられます。

特性の獲得

昨今のインフレの原因にもなっているのですが、覚醒により各ユニット固有の特性を手に入れることができる場合があります。記事執筆時では、1凸、3凸、5凸での特性がユニットを活用する上で重要な特性である場合が多く、ガチャ促進にも影響しています。

ぶちくま
ぶちくま

ダークドレアム、テリーあたりは3凸、5凸の特性が強いために廃課金仕様だと言われていましたが、凸数による特性の獲得を踏まえてガチャ回数を計算する必要があります。

また、今後、このインフレに対応するために有用なイベント産ユニットに関しても「完凸で得られる特性」などを強化してスタミナ課金への導線としてくる可能性があります。

この辺りをしっかりと見定めることで、「無課金でプレイするならこのユニットは育成すべきか」などを考えていくのがタクトとのちょうどいい距離感での遊び方になってくると思います。

覚醒するための方法

覚醒の方法は、ユニットの取得方法と覚醒アイテムの存在によって多少のばらつきがあります。基本的には、「ドロップ産」か「ガチャ産」かで覚醒ポイントの配分が変わり、「モンスター取得」か「覚醒アイテム=結晶」を使うかどうかで覚醒ポイントを上げることができます。

覚醒ポイントを手に入れる

まずは、ユニットの取得方法にも関わるところですが、「ドロップ産」か「ガチャ産」かで覚醒ポイントの必要数が異なってきます。

しろくまさん
しろくまさん

ドロップ産は入手がガチャに依存しないので無課金でも完凸は目指せますが、対価としてスタミナ(とプレイ時間)が要求されます。

完凸までに必要なドロップ数が40回なので、仮にドロップ確率が10%、スタミナ消費が20のクエストなら、周回数は大体400〜500回、スタミナ換算で8,000〜10,000ほど必要になります。

ぶちくま
ぶちくま

実際にはドロップ率はもう少し高いのと、必要なスタミナ数もクエストによるので一律に言える値ではありませんが、「案外犠牲になるものは多いな」ということを感じていただければいいのかな、と思います。

ちなみに、これが4凸で終わるとなると作業時間と消費スタミナが半分に抑えられます。この辺りが評価基準になってくるので覚えておいてください。

完凸、4凸までに必要な覚醒ポイント
覚醒ランクガチャドロップ闘技場・一部イベント配布
110P10P10P
220P40P20P
330P100P40P
440P200P60P
550P400P100P
合計5体(+本体)40体(+本体)10個(+本体)
ヤンガス、ドラゴンクエストタクトで完凸すべきか4凸でいいか

ちなみに、闘技場メダルで手に入るユニットや、Sランク配布ユニットなんかは、結晶との交換で覚醒します。覚醒ポイント100で完凸するようになっています。

スポンサーリンク

4凸と完凸の違いって何だ?

ここからは、4凸と完凸の違いについて解説していきます。

ステータスアップの恩恵

まずは、大きく異なるのはステータスの違い。1凸ごとに全ステータスが5%アップします。

しろくまさん
しろくまさん

仮に闘技場などでユニットを活用する場合には、このステータス差(特に素早さ)が命運を分ける可能性があるので、4凸と完凸は大きな違いがある、とすることもできます。

ぶちくま
ぶちくま

ただ、ステータスが高ければ強いかと言われれば、あくまでも相性に依存する部分がありますし、場合によっては素早さが低い方がいい時もあるので、4凸から完凸の労力に見合うほどの恩恵があるかといえば熟慮が必要です。

特性は完凸が有利

ユニットによる覚醒スキルの違い、ドラゴンクエストタクトで完凸すべきか4凸でいいか

各ユニットによって、4凸、完凸で得られるものは違います。記事執筆の直近のドロップモンスターは「トラップボックス」ですが、覚醒スキルは以下のようなものになります。

ポイント覚醒スキル
10P【カオスパニック】
自分の特技で敵を混乱にした時、1ターンの間攻撃力・すばやさを大幅に上げる
40Pメラ耐性+25
100P混沌の一突き威力+5% 混乱成功率+5%
200Pギラ耐性+25
400P混沌の一突き威力+5% 混乱成功率+5%

ついでに、ガチャ産Aランクモンスターだと「クラーゴン」あたりが同時期の限定Aランクになりますが、覚醒スキルは以下の通り。

ポイント覚醒スキル/効果
10P【ジェット噴射】
偶数ターンの行動開始時、1ターンの間移動力と大幅に上げる
20Pメラ耐性+25
30P伸びる触腕威力+5% 移動封じ成功率+5%
40Pドルマ耐性+25
50P伸びる触腕威力+5% 移動封じ成功率+5%

1凸で固有特性、3凸、完凸で「モチーフ攻撃」と「状態異常などの付与効果」の割合が上昇するのが特徴的です。

最初期のドロップモンスターは「ドラゴン」ですが、こちらの覚醒スキルは以下の通り。

ポイント覚醒スキル
10Pメラ属性息消費MP-10%
40Pドルマ耐性+25
100Pはげしい炎威力+5%
200Pバギ耐性+25
400Pはげしい炎威力+5%

こうやってみると、もはや最初期のドロップ産なんぞは育成する理由を見つけるが難しいくらいなのですが、初期はステータス差だけで十分に価値があったのでこれくらいで良かったのです。

4凸と完凸の労力差に見合った特性か

特性のことだけを考えれば、モチーフとなる攻撃方法が強化される完凸に育成メリットがあるのは当然のことではありますが、「じゃあ、実際に状態異常攻撃をすることなんてあるのか」と聞かれるとなんとも言えないところではあります。

高難易度クエストにおいては状態異常無効がデフォルト。最新のAランクモンスターはドロップ産も状態異常などで既存モンスターとの差別化が図られていますが、同時に「才能開花」でこれらの状態異常付与に関しても優遇されるユニットが増えているので、「何もそこまで無理して周回しなくてもいいんじゃないか」という気はしてきています。

ぶちくま
ぶちくま

加えて、状態異常に関してだけ言えば、例えば高難易度で一部モンスターに有効な状態異常があったとしても、確率が上昇せずとも試行回数(リタマラ)で解決できる問題ではあると言えます。

大きく影響するとしたら闘技場などのPvPコンテンツですが、こちらはガチ勢にとっては状態異常を当てながら無傷で攻略するのがポイントを稼ぐ上で大事なので、確率アップは大きな違いであると言えます。

完凸特性を手に入れるべきか
  • 高難易度クエストはどうせ状態異常無効
  • 状態異常が通る場合は、確率アップよりも試行回数を増やした方が懸命
  • チャンスが一度きりの闘技場では利用価値が高まる

攻略動画を参考にするなら完凸

ユーザー側の完凸メリットには、「攻略動画の再現性を高めるために完凸する」ということも考えられます。

すごくわかりやすい例で言えば、ほとんどの攻略動画に出てくる「桜虎丸」に関しては、動画を真似して攻略する場合は完凸が求められることが多いです。ステータスに関しては装備などで多少の帳尻合わせはできますが、4凸と完凸のステータス差を埋めるのはそれなりに面倒。

素早さやHPなどの調整によってクエストでの立ち回りがだいぶ変わってきてしまうので、「攻略動画を参考にしたい」という方は特にイベントドロップ産のユニットに関しては完凸を目指すべきです。

落とし所は4凸

これは私のプレイスタイルですが、基本的に毎回完凸するのは面倒ですし、そもそも全てのモンスターを育成できるようにタクトの育成リソースの配分はできていないので、ほとんどのドロップ産のユニットは4凸でストップしています。

4凸で終われば、完凸よりも半分のスタミナ量で周回を終えることができます。かつ、耐性は必要分が確保できるので、「攻略でどうしても使いたい」というときには登用が検討できる強さには仕上がっています。

逆に、中途半端に3凸くらいで終わらせてしまうと、ステータス値が低いのはもちろんのこと、属性耐性がないためにアタッカーとして場に立ち続けることもできなくなります。最低ラインとしては、4凸はキープしておきたいところです。

スポンサーリンク

完凸、4凸の判断に迷った時の参考リスト

ここはイベントなどのドロップ産で「完凸」を目指すべきか、「4凸」で止めるべきかを悩んだときに情報をまとめておく場所です。

バラン

バランはおそらく完凸を目指すべきキャラですが、皆さんもすでに体感済みだと思いますが、それなりにスタミナ投資しないと手に入らない可能性があります。

バランって結局いくらの男なの?

まだ詳細な発表がないのでなんとも言えませんが、以下の友情石集めを完遂する必要があり、これは言い換えると手持ちのスタミナアイテムとジェム割との相談になります。

  • ダイ
  • ポップ
  • マァム
  • クロコダイン
  • ヒュンケル
  • ???

合計6人の友情石を集め終えて、結晶が6個。残りの4つの入手方法次第ではありますが、この時点で友情石は600個、仮にベリハのドロップ率20%(5回に1回)でスタミナ消費が15だとしてら、全部集めるのに45,000ほどスタミナが必要になります。

スタミナは1時間12回復しますので、24時間漏らさなければ288回復します。残り期間との兼ね合いですが、高い確率でジェム割は必要になります。

ただ、実際にはドロップ率がそこまで悪くない可能性と、追い込みクエストなどが実装される可能性(ミッションなどで配布)はなくはない。

だけど、こういう「最後のオマケ」みたいなことをすると「最初にジェム割したのがバカみたいじゃないか!」と怒り出す人たちもいるので、この運営は怒られ耐性低そうなのでやらない気はします。

最終的にはバランの強さ次第にはなるのですが、Sランクでデイン攻撃持ちで、多少は課金が必要な男だとすればそれなりの強さを落とし所としてくるような気はします。

ヒドラ

ヒドラを完凸すべきかどうかを考えていきます。

どうせ完凸する

バランの項目で書きましたが、ヒドラもどうせバランの結晶を手に入れるために完凸します。ヒドラが完凸しなければバランも完凸しないので、ヒドラを諦めるということはバランを諦めるということでもあります。

ヒドラの覚醒スキル

覚醒ポイント覚醒スキル/効果
10P自動HP回復
40Pバギ耐性+25
100乱れかみつき威力+5%、マヒ成功率+5%
200Pデイン耐性+25
400Pマヒ成功率+5%、乱れかみつき威力+5%

覚醒スキルだけを見れば、乱れ噛み付きの威力とマヒ成功率の補正ということになりますが、自動HP回復も考えると、耐久戦においては使えるところはありそうだな、という感じはします。悪くない投資ですね。

ガルーダ

ダイの大冒険コラボでドロップする「ガルーダ」について、完凸か4凸かで悩んだ時のための情報をまとめておきます。

マァム取得のためにどうせ完凸する

イベントドロップがもう一体、「じんめんじゅ」がいるので、スタミナ投資の分配の話からしていきます。

イベント期間中の優先順位として最も高いのが「マァム」の完凸であり、こちらは結晶の入手。結晶の入手は別枠のイベントミッションになるのですが、イベントミッションのためにはある程度のコラボイベントの周回が必要になります。

その周回先として最適なのは、第一選択としてはガルーダだと思います。

じんめんじゅはどうなの?

「じんめんじゅ」はサポーターとしてのとくぎ配置で、自身の特性に「まれにMP回復」があるので、どこかの場面では使いそうだな、という感じはしますが、ガルーダよりも優先されるかは悩みどころです。

覚醒スキル

ポイント覚醒スキル
10P【まれにみかわしきゃく】
行動開始時、まれにみかわし率を3ターン上げる
40Pバギ耐性+25
100Pファイアブレス威力+5%
すばやさ+20
200Pドルマ耐性+25
400Pファイアブレス威力+5%
すばやさ+20

ガルーダは凸が進むことで「すばやさ」が+20となります。完凸までに2回上がるので、移動4マスの機動力を活かした起用が期待されます。

「まれにみかわし脚」に関してはおまけ程度の性能ですが、自身の素早さも考えると、すばやさの低い相手の物理攻撃は案外かわせると思います。1手目の物理攻撃ミスのためのリタマラには都合がいいと思います。

マァム

マァムは完凸を目指したいユニットになります。

完凸を目指すべき理由

完凸を目指す理由は、シンプルに完凸が前提となっている性能だからです。

ただ、せっかくの追撃性能と、せっかくのMP消費をしない呪文技がいまいち噛み合っていないような気もするので、あくまでも「キアリクショット」起用を促される特殊なシーンという限定的な活躍に収まるような気はします。

覚醒スキル

ポイント覚醒スキル
10P【アバンの教え・慈愛】戦闘開始時、5ターンの間かしこさを上げる
20Pメラ耐性+25
40Pベギラマショット威力+5%
魔銃弾フルバースト威力+5%
援護射撃・キアリクショット
60Pバギ耐性+25
100Pベギラマショット威力+5%
魔弾銃フルバースト威力+5%
援護射撃・ベギラマショット

クレリア

クレリア、ドラゴンクエストタクトで完凸すべきか4凸でいいか

ストーリーで手に入り、かつ恐ろしく有能なので殿堂入りとして完凸を目指すユニットだと言えます。

スタミナ半減キャンペーンを狙う

クレリアは運営の意地悪としか思えない「結晶ドロップ」による覚醒なので、「仲間ドロップ確率アップ」キャンペーンの対象外となります。スタミナ消費1/2のタイミングを狙って完凸を目指す必要がありますが、このスタミナ消費1/2は滅多にありません。アニバでもやらなかったはず。

ぶちくま
ぶちくま

ストーリー追加などのタイミングに合わせてスタミナ消費半減キャンペーンが開催される可能性があるので、基本的にはタイミングを狙って覚醒ポイントを貯めていきましょう。

クレリアのドロップ率は?

他のストーリードロップ産のAランクと大きくは変わらないと思いますが、体感としては一番ドロップ率が悪いです。

ちなみに、ドロップ率ですが、おそらく1%〜3%くらいで設定されていると思います。20回スキップを5セットやってドロップなしもありましたし、2個手に入る時もあった、そのくらいの感じです。

ランク 仲間になる確率

これは他サイトなども合わせた確率ですが、イベント難易度(スタミナ消費量)などによっても若干のばらつきがあることは確認されているので、あくまでも参考程度。

  • Aランク:約1~3%
  • Bランク:約5%
  • Cランク:約15%
  • Dランク:約30%
  • Eランク:約40%
  • Fランク:約50%

クレリアの覚醒スキル

覚醒スキルだけで評価すれば1凸までは必須で、以降は出陣するクエスト次第なところはあるのですが、小器用なマヒャド要因での登用で考えると、やはり完凸は狙いたいところですね。

ポイント覚醒スキル
10P【まれにMP回復】
行動開始時、まれにMPを回復する。
40Pドルマ耐性+25
100Pマヒャド威力+5%
200Pメラ耐性+25
400Pマヒャド威力+5%

ハロウィンキング

ハロウィンキングはハロウィンイベントでドロップするモンスターです。

お勧めは完凸

私は4凸で止めていますが、体技技のハロウィンプレスでの攻撃を考えて登用することを考えると、威力を上げる上でも、休み成功率を考えても完凸しておくべきユニットだと言えます。

ぶちくま
ぶちくま

物理攻撃とは異なり、体技ダメージを上げるのは割と面倒なので、ダメージ底上げができる凸効果は物理技よりも貴重だと考えます。

しろくまさん
しろくまさん

ただ、根本的に「ハロウィンプレス、使う?」という場合には4凸で止めてもいいと思いますけどね。

また、「てっぺきのまもり」に関しても、自身の呪文耐性と守備力を上げることができるので、ハロウィンプレスで移動した後に場に残る戦法は製作者としても意図して使わせやすいクエストが作れるので、完凸しておけば活躍する場面はあると思います。

覚醒スキル表

ポイント覚醒スキル
10P【ハッピーハロウィン!】
自分が攻撃をした時、追撃できる位置にいる場合攻撃対象にときどきスイーツドロップで追撃する
40Pイオ耐性+25
100Pハロウィンプレス威力+5% 休み成功率+5%
200Pデイン耐性+25
400Pハロウィンプレス威力+5% 休み成功率+5%

トラップボックス

トラップボックス、ドラゴンクエストタクトで完凸すべきか4凸でいいか

トラップボックスは、ナンバリングタイトル「Ⅷ」で獲得できるドロップモンスターです。

4凸でいい

私は4凸で止めました。役割としては「混沌の一突き」によるメダパニ付与要因となります。メダパニも持っているので、混乱を狙う場合にはこちらを使うことになると思います。

混沌の一突きについては、物理攻撃なので、ダメージが増える分にはいいのですが、同時にバフ・デバフなどを配慮しながら無属性のダメージをどこまで与えたいのか、というところが考察ポイントになってきます。

闘技場などで混乱に弱い相手を取るときには完凸していることが望ましいとは思いますが、おそらく初手では射程のあるメダパニが第一選択になると思います。どうせ、突きで積めるダメージはそれほどは期待できないので。

では、プラス5%がどの程度のものかといえば、「弱点」相手なのか「激減」相手なのかで異なりますが、おそらく使用シーンとしては「弱点」以上の相手になるので、倍率では優遇されるシーンでの利用になると思います。

状態異常の確率
  • 高確率が60%
  • ときどきが40%
  • まれにが20%
  • ごくまれにが10%

あたりがネットで検証されています。

ラリホー+5なら(40%+10%)*2=100%

耐性による補正が大きいのですが、補正が大きい故に、弱点でもない相手にメダパニを仕込む作業は考えづらい。となると、ダメージ底上げ効果も状態異常も5%では期待したほどは上がらない、と考えてもいいかもしれません。

覚醒スキル表

ポイント覚醒スキル
10P【カオスパニック】
自分の特技で敵を混乱にした時、1ターンの間攻撃力・すばやさを大幅に上げる
40Pメラ耐性+25
100P混沌の一突き威力+5% 混乱成功率+5%
200Pギラ耐性+25
400P混沌の一突き威力+5% 混乱成功率+5%

コメント

タイトルとURLをコピーしました