Twitterにてブログの新着記事更新情報をお届けしてます!

幻影戦争のステータス育成に悩んだ際の指針

散々、「課金運営」と皮肉っておきながら、毎日欠かさず「お知らせ」を読み込み、面白い要素がひとつもない周回をこなす日々です。

ぶちくま
ぶちくま

見事に、運営の犬になりました。

というわけで、本日はキャラ育成の重要な要素、ステータスについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

幻影戦争のステータス

ステータス一覧、幻影戦争WOTV

まずは、簡単にステータスについて解説します。

ステータス表

ステータス効果・意味
HP 0になると戦闘不能。
AP アクションポイント。攻撃スキルで使用。
TP タクティカルポイント。補助スキルで使用。
攻撃 物理攻撃が依存
魔力 魔法攻撃が依存
防御 物理防御
精神 魔法防御
素早さ CTの貯まる速度。回避率にも影響。
器用さ 命中率が依存。スキルによってはダメージ計算時に参照する。
披クリティカル、状態異常回避に影響
クリティカル 与/披クリティカル率に影響
Move 移動マス数
Jump 高低差の移動
Brave 物理アビリティの攻撃力やリアクション時に参照
Faith 魔法アビリティの攻撃力とリアクション時に参照
Cost 一部クエストで上限が設定。

情報収集の際に出会ったこっちのサイトを参考にしました。

https://jpneet.com/game/ffbe-stats-mean/

キャラのステータス表

やっつけステータス表です。Jovレベルなどで大きく変動するので、育成してみてのお楽しみですね。

ウルトラレアのユニットのステータス

ユニット名HP攻撃魔力素早さ器用さTPAPJumpMove
アイリーン 1955 287 69 49 162 136 135 127 1 3
アヤカ 1881 72 231 60 118 142 207 176 1 3
イェルマ 1993 279 65 53 178 135 126 119 1 3
エルデ・リオニス 2338 281 62 52 154 139 126 120 1 3
エンゲルベルト 3225 218 62 48 143 173 121 115 1 3
オルランドゥ 2336 281 78 55 147 136 123 116 1 3
キトン 1718 251 85 61 166 157 129 122 3 4
ギルガメッシュ 1698 235 196 56 138 120 138 131 1 3
クリスマスマシュリー 2442 259 64 52 151 122 135 127 4 3
クリスマスラマダ 1779 315 75 59 142 131 121 115 1 3
ジザ 2079 225 64 62 168 149 117 110 2 3
フェデリカ 1988 195 72 63 210 116 126 119 1 3
マシュリー・ホルン 2074 107 209 52 142 106 168 158 1 3
ミランダ 2090 188 208 54 135 141 157 149 2 3
ラムザ 2160 264 239 52 155 147 117 106 2 3

SSRキャラのステータス一覧

ユニット名HPTPAP攻撃魔力素早さ器用さMOVEJump
ヴィストラール 1174 99 94 188 66 53 140 153 3 3
エトア 1698 110 104 158 59 52 124 125 3 2
オー 1564 95 90 179 54 53 153 143 3 1
カディア 1421 146 127 63 194 48 132 121 3 1
クーリ・ウェズエット 1254 118 111 156 72 48 156 136 3 2
シャドウリンクス 1449 91 85 210 45 59 144 142 4 3
シュゼルト 1449 108 100 231 60 50 144 142 3 1
ドランド 1784 105 97 185 51 47 149 114 3 1
ナーシア 2202 117 104 164 59 45 111 134 3 1
フィーナ 1359 139 130 70 161 57 107 115 3 1
ヘレナ・リオニス 1309 156 141 58 213 53 115 146 3 1
マルグリット 1335 145 136 64 160 47 150 134 3 1
メリルーク 1920 110 104 192 59 52 127 144 3 2
ライリュウ 1410 106 99 178 64 59 136 133 3 1
ラマダ 1832 101 91 156 67 48 154 162 3 1
リリシュ 1808 108 100 200 55 48 144 160 3 1
ロレンツォ 1878 118 111 167 59 41 142 147 3 4
祈り 1084 154 130 66 161 53 126 133 3 1
スポンサーリンク

わかりにくいステータス要素

疑問に思ったことをここに投げていく所存。もっと詳しい方がいらっしゃればコメントくれれば追記します。

移動に関係する要素

シミュレーション系では、速度と同等に重要なパラメータである移動に関するステータスを見ていきましょう。

キャラによってはJumpが大事

あまりプレイしたことない方だと「Jumpなくてもよくね」とか思いがちですが、というか私も思ってましたが、Jumpは大事です。

狩人で狙い撃ち

弓攻撃は、高所からのメリットを存分に発揮できます。地形に依存するので特化して育成する必要はないにせよ、マッチバトルなんぞで役に立つので覚えておくといいよ。

高低差のダメージ計算

高低差により、攻撃力5%の増減があり、防御側にも5%の増減があります。例えば、高所から攻撃した場合は、5%攻撃力が増加し、低い方にいる受け手は防御が5%減で計算されます。

射程範囲が伸びる
高低差の処理で射程がのびる、幻影戦争WOTV

これは「武具の説明」にも書きましたが、弓など曲射攻撃の場合は、高所からの攻撃で射程範囲が伸びます。記憶では2hごとに1マス伸びたはずです。

ユニとソシア
しろくまさん
しろくまさん

現状、装備武器がメインジョブに依存するので、弓装備してJumpも高い、というキャラはRのユニくらいなもんでしょうか。

ぶちくま
ぶちくま

ソシアはJump4でサブに狩人があるので、曲射スキルは使えそうですが、どんなもんでしょうかね。

この辺りは、UR狩人の出現次第で評価されるべきところでしょう。

Moveは言わずもがな大切

Moveに関しては、「相手の攻撃範囲外」でステイしながら、タイミングを見計らって先制攻撃できる、というだけでメリットと言えるでしょう。

しろくまさん
しろくまさん

シャドウリンクスがMove4で縮地で補強されるから、めっちゃ動くね。

ぶちくま
ぶちくま

飛燕なんかの遠距離攻撃もあるから、戦術次第では全く攻撃を受けずに自分だけ攻撃する、なんてこともできそう。。。

ピックアップ期間に欠片買い占めた人は勝ち組ですね。

素早さやCTなどの行動回数

CTは100たまると行動できるようになります。このCTのたまりやすさが「素早さ」に依存します。

行動順番の特徴

  • CTはオーバー分は持ち越し
  • 行動・移動で消費
  • 何もしなくても消費
  • ヘイストで1.5倍補正
  • CT短縮は必要CTが減少
  • 詠唱速度はスキルに依存

だいたい、この辺りのことが分かれば速度についてはマスターしたも同然です。

詠唱速度がわからん

わかりませんねぇ。

私のマシュリーが皮肉なことに「バニシュ」が2つあるので、見比べてみます。

詠唱速度はスキルレベルで変わる、幻影戦争WOTV
  • バニシュ Lv1:詠唱速度160
  • バニシュ Lv10:詠唱速度254

すると、詠唱速度がそれぞれ250以上のものと、160くらいのものがあります。これだけの違いで、発動できるターンが異なるのがわかります。

1000になると発動
詠唱時間で発動ターンが変わる幻影戦争
先ほどのバニシュだけで発動タイミングが変わる

おそらく、ターン処理回数ごとに詠唱速度が掛け算になって1000を超えた時点で発動、といった趣旨のものかと思われます。

つまり、先ほどのバニシュの場合、初期値160のものは7回転分の処理回数を必要とするのに対し、Lv10バニシュは4回転で発動できるということになります。

しろくまさん
しろくまさん

回転って何よ。

ぶちくま
ぶちくま

処理数なんですけど、ターンって書くとややこしくなるので。

なので、仮に詠唱速度1000の魔法があれば即発動ですし、200だったら、あいだに5処理はいるので、割り込まれる可能性は高くなる、ということになります。わけわからんですね。

精神ってなんだ?

マシュリーを育成していると「精神アップ」があるので、気になった方もいらっしゃるはず。

精神はFF系では「魔法ダメージに対する防御力」として扱われることが多いです。回復魔法の回復量の計算にも参照されることが多いです。

BRAVEとFAITH

FFT経験者なら体に染み込んでいるであろうステータス値ですが、FFTほどシビアじゃないので、こだわらない方ならとりあえず上げておけばいい。

しろくまさん
しろくまさん

FFTでは、faithが95以上になると信仰に目覚めて仲間がいなくなるというシステムがありました。ちなみに、braveはチキンになる上に、下限を超えると逃げ出して離反という感じでした。

BraveやFaithを上げておくメリット

Braveが物理、Faithが魔法攻撃のダメージ計算で参照されることは表を見ていただければご理解いただけると思います。ですが、リアクションの発動率にも影響することは、意外と知らない。

シュテルが鶏になったら

別記事でも書きましたが、シュテルなど「よくやられる」キャラに関してはBraveが下がりやすく、一定値(30?)以下になることでチキン状態となります。

しろくまさん
しろくまさん

放っておくとそのバトル中は治りますが、braveを上げる根本的な打開策を取らない限り、またチキンになります。

ぶちくま
ぶちくま

ちなみに、借りたシュテルがチキンなのは一周回って愛おしく感じる。

Braveのあげ方
  • 兵舎に突っ込む
  • 戦闘中にクリスタル獲得
  • 特定のアビリティを使用(ターン制限ない上昇補正のもの)
Braveの下げ方
  • 戦闘不能になる
  • アビリティを使用する(敵に依存する)
Faithのあげ方

運営がTwitterで魔法キャラを兵舎に入れる画像を上げて炎上しておりましたが、そうでなくても間違えてFaith30のヤシュトラさんなんかを作ってしまった方も多いことでしょう。

ぶちくま
ぶちくま

フィーナの「はげます」がスキル修正されて「Faith上昇」効果も追加になり、実質的な救済措置となりました。

faithの下げ方

兵舎に入れるのが一番手っ取り早いですね。好んで下げる人はあまりいないと思いますが。兵舎システムはテコ入れすることが明言されているので、やり込まない方は放っておいてもいい。

ヘイト値について

ヘイト値というのは、「敵に狙われやすくなる」ことをいいます。ヘイトを集める、なんていいますね。

ぶちくま
ぶちくま

えっ、別に操作されたら関係なくね?

課金周りを整えすぎたらメインコンテンツがなんだかわかりづらくなりましたが、オート操作の時に役立つ、くらいに考えておきましょう。

ヘイトを操る術

自分が知ってる範囲になりますが。

  • ビジョンカード(愛の誓い)の効果
  • アビリティ(アトラクトブレード)の副効果
  • パーティーの先頭が高く、後ろほど低い

はげます運用で効果的

ヘイトを上げておくことで、特に何も考えずに「味方のバフ」の対象になりやすくなります。つまり、フィーナ「はげます」でFaithを上げる際には大変に有効です。

コメント

  1. any より:

    最初におすすめしているステータス関連のサイトは誰が為のアルケミストの仕様を全く真偽を確かめずに載せているに過ぎないためおすすめできません。
    例えば命中率の記事がありますが、幻影戦争の場合、側面は25%、背面は50%アップになりませんからすぐ確かめられると思います。

    • ぶちくまぶちくま より:

      anyさま。

      確認して参りました。攻撃位置から命中率に関して確認しましたが、背面・側面ともに変化はないようです。参考にしたのは事実なのでリンクは残しておきますが、「おすすめ」などの文言は削除しておきます。タガタメに仮面を着せた幻影戦争ですが、微妙にブラッシュアップ(?)はしているのですね!

タイトルとURLをコピーしました