PR

ポータブルゲーム機、スマホゲーを楽しむならどれ?

「ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイス」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイス」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク
閑話休題、おすすめゲームの話

こちらは広告です。

今は特に紹介したいものはないので崩壊スターレイルのリンクを置いておきます。

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

2024年の「ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイス」新着情報まとめ

ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスに関する新着ニュース

ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスに関する新着ニュースをまとめています。

ソニーが新モバイルゲーム機「Project Q」を発表 – PS5が前提のリモートプレイデバイス

2023年05月25日の、ソニーの新ゲームデバイス「Project Q」に関する情報をお届けします。

ソニーの新モバイルゲーム機「Project Q」はPS5必須 SNSでは「大爆死の予感」の声も
SiEは24日(米国時間)、新ゲームデバイス「Project Q」(仮)を発表した。PS5と連携することが前提のリモートプレイ用デバイスで、SNSでは多くのユーザーがそこに注目している。
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメントが新ゲームデバイス「Project Q(仮称)」を発表。年内の発売を予定しており、8インチ液晶ディスプレイと高性能コントローラーを搭載。PS5との連携が前提とされる。
  • 「Project Q」はWi-Fi環境下でPS5の対応ゲームをリモートでプレイ可能。通信速度は最低5Mbpsが必要で、推奨は15Mbps以上。PlayStation 5本体とPlayStation Networkのアカウントが必要。
  • SNSでは期待の声とともに、価格や独立した特徴に関する懐疑的な意見も見られる。
ソーシャルメディアでの反応
  • Twitter上では、新デバイスの利便性を称賛する声や、ソファやベッドでリラックスしながらのゲームプレイを楽しみにする声が挙がっています。
  • 一方で、リモートプレイ専用である点や価格、独立した革新的な特徴の不明確さに関する懐疑的な意見も多く見られます。
  • 一部のユーザーは、デバイスがPS5を必要とする点を指摘し、その価格が2万円を切るべきだとの意見も見られます。
今後の予定とCEOのコメント
  • ソニーは今後数カ月以内に詳細を発表する予定です。
  • ジム・ライアン社長兼CEOは、PlayStation VR2や「Project Q」などの新ハードウェアへの投資を続けるとともに、PCやモバイルへの拡大を通じて、多様な方法でPlayStationのコンテンツを楽しめるようにするとの方針を示しました。

中国企業が2023年8月のモバイルゲーム市場でトップ3を独占

2023年9月16日の、2023年8月の世界モバイルゲーム売上高ランキングに関する情報をお届けします。

  • 米調査会社センサータワーが2023年8月のモバイルゲームパブリッシャー売上高ランキングを発表。上位100社中、中国企業が40社がランクインし、売上高の合計は約3000億円、市場の39.3%を占めた。
  • トップ3の企業は変わらず、1位:騰訊控股(テンセント)、2位:網易(ネットイース)、3位:米哈遊網絡科技(miHoYo)の順となった。
  • miHoYoは「崩壊:スターレイル」と「原神」の好調な売上げを背景に、前月比で16.7%の売上高増を記録した。
トップ3企業の詳細

以下は、2023年8月のモバイルゲームパブリッシャー売上高ランキングのトップ3企業の詳細です:

これにより、中国企業がモバイルゲーム市場での強固な地位を維持していることが明らかとなりました。また、miHoYoは特に注目される企業として位置づけられ、その強力なゲームラインアップが売上増の要因となっています。

日向市の「スマカフェ」が2周年を迎える: 携帯電話とゲーム機の修理カフェ

今日の日付の、日向市の携帯電話・ゲーム機修理カフェ「スマカフェ」の2周年記念に関する情報をお届けします。

  • 日向市にある「スマカフェ」が10月1日にオープン2周年を迎えます。このカフェでは携帯電話の修理依頼や料金相談ができるとともに、飲食も楽しめます。
  • カフェは夫婦、大山佳苗さんと司さんが運営しており、様々な料理やドリンクがメニューに揃っています。佳苗さんはカフェを地域の居場所として活用してほしいという願いを持っています。
  • カフェでは地域の人たちに向けたスマホ教室も行う予定があり、緊急の修理依頼については営業時間外でも受け付けることが可能です。
カフェのメニューと営業時間

カフェ「スマカフェ」では、以下のようなメニューと営業時間が設定されています:

メニュー
  • 食事:野菜たっぷりタコライス, ドライキーマカレー, 鉄板焼きナポリタン (各850円)
  • サンドイッチ:ホットサンドハムチーズ (450円)
  • ドリンク:レモンスカッシュ (250円), クリームソーダ (350円), コーヒー (400円), カフェラテ (450円), シェイク各種 (500円)
  • 子ども用メニュー:フライドポテト (160円), チーズはしまき (200円)
営業時間
  • 営業時間:10時~19時
  • カフェタイム:11時~18時
  • 定休日:木曜
  • 緊急の修理依頼:営業時間外でも受け付け可能

このように、「スマカフェ」は携帯電話とゲーム機の修理サービスとカフェを組み合わせたユニークなスポットとして地域の人々に支持されています。

2023年の日本のモバイルゲーム市場の動向と予測

2023年9月15日の、日本のモバイルゲーム市場の最新動向と予測に関する情報をお届けします。

  • 2023年の日本のモバイルゲーム市場は前年に比べてわずかに増加し、ダウンロード数は6.2億回、通年収益は約140億ドルに近づくと予想されます。
  • 日本のダウンロードあたりの収益(RPD)が世界トップであり、2023年1月から8月の間に21ドルを突破し、アメリカ市場の4倍に達しました。
  • モバイルRPGカテゴリーが日本市場のIAP収益の約48%を占めており、アドベンチャーテーマのモバイルゲーム収益が最も多く、二次元キャラクターをテーマにしたゲームの収益も増加しています。
追加情報: 人気ゲームとパブリッシャーの実績
  • モバイルRPGカテゴリーでは、「モンスターストライク」が代表的なタイトルであり、2023年1月から8月までの収益は約43億ドルです。
  • テーマ別収益では、「Fate/Grand Order」がアドベンチャーテーマのモバイルゲームでトップであり、同期間の収益は約16億ドルです。
  • 日本市場で海外からのモバイルゲームの収益増加が顕著であり、特にモバイルストラテジーゲームカテゴリーで海外パブリッシャーのゲームが多くトップ10にランクインしています。
ケーススタディ: 日本発モバイルゲームのグローバル展開
  • BNEとKAYACは日本発モバイルゲームのグローバル展開をリードしています。
  • BNEの「ドラゴンボール レジェンズ」と「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」は、2023年1月から8月までの海外収益がそれぞれ1.3億ドルと1.2億ドルで、海外での収益が最も多い日本のゲームとなっています。
  • KAYACの「Number Master: 足し算ランゲーム」と「Ball Run 2048」は海外のプレイヤーに広く支持され、グローバル展開の成功例となっています。

レノボが新携帯ゲーム機『Legion Go』を海外で発表

2023年9月5日の、レノボの新製品発表に関する情報をお届けします。

  • レノボが新たなハンドヘルドゲームデバイス『Legion Go』を海外で発表。11月に欧州で発売予定で、価格は799ユーロ(約12万6000円)。日本での販売は未定。
  • 『Legion Go』はAMD Ryzen Z1 Extremeを搭載し、メモリは16GB、ストレージは最大1TB。ディスプレイは8.8インチQHD+で、144Hzのリフレッシュレートを持つ。
  • 本デバイスには脱着可能なコントローラーが付属し、マウスのような操作が可能な“FPSモード”を搭載。
新製品の特長と仕様
  • コントローラーはNintendo Switchのように左右が脱着可能であり、10個のマッピング可能なショルダーボタンやトリガー、グリップボタンが搭載されている。
  • “FPSモード”ではコントローラーの底面に搭載された光学センサーを利用して、マウス操作に似た感覚でゲームの照準を合わせることができる。
付随製品との連携
  • レノボはこのほかにもウェアラブルデバイス『Legion Glasses』を発表。このデバイスはマイクロOLEDディスプレイ技術を採用し、リフレッシュレートは60Hz。WindowsPCやAndroidスマホとも接続可能で、価格は499ユーロ(約79000円)、10月に発売予定。
  • USB-C接続のヘッドフォン『Legion E510 7.1 RGB』も発表され、価格は49.99ユーロ(約8000円)、10月に発売予定。
主要仕様
項目仕様
サイズ210x131x20mm (ベースモジュール), 299x131x41mm (コントローラー装着時)
重さ640g (ベースモジュール), 854g (コントローラー装着時)
ディスプレイ8.8インチ QHD+ (2560×1600) IPS, 144Hz, 10点タッチ
プロセッサーAMD Ryzen Z1 Extreme
メモリ16GB 7500MHz LPDDR5X
ストレージ最大1TB PCIe 4.0 NVMe M.2
OSWindows 11 Home
バッテリー49.2Wh, 急速充電対応
接続ポートUSB Type-C, microSDカードリーダー, 3.5mmオーディオジャック
オーディオ2W スピーカーx2, マイク搭載
接続性Wi-Fi 6E (802.11 ax), Bluetooth 5.2
市場での位置付け
  • 新製品『Legion Go』は『ROG Ally』や『Steam Deck』と競合する可能性があり、どの程度ゲーム体験を差別化できるかが注目されています。

モバイルゲーム業界の変革: IPホルダーとの協業と新しい収益源の模索

2023年9月14日の、モバイルゲーム業界における最新動向に関する情報をお届けします。

  • アニメ製作会社や出版社といったIPホルダーがゲーム業界への進出を強化しており、特定のアプリケーションがその成功例として挙げられる。
  • ゲームの成功がIPの認知拡大につながり、新たなファン層の開拓やSNSとの相性の良さから、爆発的な拡散が見込まれる。
  • ゲーム会社はリスク分散を図りつつ、アニメ放送と連動したプロモーションやゲーム内施策の実施がスムーズに行えるメリットを享受している。
IP利用の進化と市場の変化

IPホルダーはかつては利用許諾とライセンス料の受け取りを主な目的としていましたが、『Fate/Grand Order(FGO)』の成功をきっかけに収益の安定化と認知拡大の機会を追求するようになった。この変化は、アニプレックスの利益が10倍以上に拡大するなど、アニメ製作会社の収益の安定化を実現した。

ゲーム企業の戦略変化: Aimingのケーススタディ

AimingはかつてはIPを使用せず、オリジナルのモバイルゲームを重視していたが、市場の成熟化や競争の激化を背景に、IP利用と積極的な作品展開へと戦略を転換した。これにより、新しいゲームのリリース時の集客が向上し、さらなる成功が期待されている。

グローバル展開と今後の課題

アニメや漫画作品のグローバルな人気拡大を背景に、IPタイトルのゲームはリリース初期においてプロモーションの利点があるとされ、さらなる市場拡大が期待される。一方で、海外市場での収益獲得はモバイルゲーム企業の長年の課題であり、海外の有力タイトルの増加と競合による危機感も存在する。中国を中心とする海外ゲーム企業の台頭が続く中、日本のゲーム企業は開発力の維持と新しい進出方法の模索が求められている。これには、コンソールゲームへの進出やWeb3、IPプロデュースなど新しいアプローチが考慮されている。

このように、モバイルゲーム業界は現在、新しい方向性を模索している段階にあり、どのアプローチが最も効果的かは今後の結果次第となります。

ソニーの「Project Q」: 携帯ゲーム機のリスクを克服する新デバイス

2023年5月25日の、ソニーの新型デバイス「Project Q」に関する情報をお届けします。

  • 「Project Q」は2023年に発売予定で、価格と正確な発売日は未発表です。このデバイスはPS5とネット環境(最低5Mbps、推奨15Mbps)を必要とし、PS5のコントローラーと同様の機能を提供します。
  • デザインは携帯ゲーム機を思わせるものの、実質的にはPS5のコントローラーの延長線上に位置します。これにより、ユーザーは遠隔でPS5のゲームをプレイできますが、PS5本体とインターネット接続が必要という制約があります。
  • この新デバイスは、携帯ゲーム機市場の現在のリスクを克服する戦略を取り入れており、PS5の「周辺機器」として位置づけられています。これにより、ビジネスのリスクが大幅に削減され、利益の取れる価格設定が可能となります。
携帯ゲーム機市場の現状と「Project Q」の戦略

携帯ゲーム機の出荷数は近年、特に欧米で激減しています。例えば、任天堂の「ニンテンドー3DS」は前世代機に比べて世界の販売数が半減し、ソニーの「PS Vita」も前世代機「PSP」に比べて出荷数が大幅に減少しています。しかし、ソニーは「Project Q」を通じて、携帯ゲーム機のリスクを抑制しながら、ユーザーに携帯ゲーム機のような経験を提供しようとしています。

ブランディングとビジネス戦略

「Project Q」は、携帯ゲーム機のような機能を持ちながら、ビジネスのリスクを排除するという観点から、PS5の周辺機器として位置づけられています。このアプローチは、コアユーザーが価格よりもデバイスの性能と使い勝手に重点を置くという傾向を利用しています。このデバイスの導入は、プレイステーションブランドへのロイヤリティの強化と外出先でのPS5ソフトの宣伝効果をもたらすと見られています。

以上のように、「Project Q」は、携帯ゲーム機の不利な点をカバーしつつ、携帯ゲーム機のようなイメージを提供する戦略を取っていると言えます。この戦略は、もし失敗しても携帯ゲーム機のような大きなダメージを受けずに済むという点で、賢明なアプローチと言えそうです。

ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスの新製品情報

ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスの新製品情報についてまとめています。

新製品:ROG Ally(RC71L-Z1512)

2023年9月19日時点でのASUS JAPAN株式会社のROG Ally(RC71L-Z1512)について紹介します。

ROG Ally(RC71L-Z1512)の特徴
  • 軽量でコンパクトなデザインで、どこでも自由にゲームを楽しめる(約608g、7型フルHD液晶搭載)
  • AMDの最新Ryzen™ Z1プロセッサー搭載で強力なゲーミングパフォーマンス
  • 拡張性の高さを誇り、別売りのアクセサリーを使用して据置型ゲーム機のような体験が可能
価格

未公表

ROG Ally(RC71L-Z1512)のおすすめポイント
  • 業界をリードするAMDの技術を導入し、ポータブルゲーム機としては未到達のパフォーマンスレベルを実現
  • Xbox Game Pass Ultimate利用権付きで、数百の高品質ゲームを3ヵ月間無料でプレイ可能
ROG Ally(RC71L-Z1512)の気になるところ、注意点
  • 別売りの拡張アクセサリー(ROG Gaming Charger Dock、ROG XG mobile)が必要で追加のコストがかかるかもしれない
  • 価格情報が未公表であるため、購入前に詳細を確認する必要があります
ROG Ally(RC71L-Z1512)の購入時参考情報
  • 発売日は2023年9月21日(木)
  • 予約開始は2023年9月18日から、購入はASUSの公式オンラインストアや各種販売パートナー(Amazon.co.jp, ビックカメラ等)で可能
  • 「TOKYO GAME SHOW 2023」での展示も予定されており、実際の商品を体験することが可能

詳細な製品仕様やキャンペーン情報は、公式の広報サイト特設サイトで確認できます。

レノボが新携帯ゲーム機『Legion Go』を海外で発表

2023年9月5日の、レノボの新製品発表に関する情報をお届けします。

  • レノボが新たなハンドヘルドゲームデバイス『Legion Go』を海外で発表。11月に欧州で発売予定で、価格は799ユーロ(約12万6000円)。日本での販売は未定。
  • 『Legion Go』はAMD Ryzen Z1 Extremeを搭載し、メモリは16GB、ストレージは最大1TB。ディスプレイは8.8インチQHD+で、144Hzのリフレッシュレートを持つ。
  • 本デバイスには脱着可能なコントローラーが付属し、マウスのような操作が可能な“FPSモード”を搭載。
新製品の特長と仕様
  • コントローラーはNintendo Switchのように左右が脱着可能であり、10個のマッピング可能なショルダーボタンやトリガー、グリップボタンが搭載されている。
  • “FPSモード”ではコントローラーの底面に搭載された光学センサーを利用して、マウス操作に似た感覚でゲームの照準を合わせることができる。
付随製品との連携
  • レノボはこのほかにもウェアラブルデバイス『Legion Glasses』を発表。このデバイスはマイクロOLEDディスプレイ技術を採用し、リフレッシュレートは60Hz。WindowsPCやAndroidスマホとも接続可能で、価格は499ユーロ(約79000円)、10月に発売予定。
  • USB-C接続のヘッドフォン『Legion E510 7.1 RGB』も発表され、価格は49.99ユーロ(約8000円)、10月に発売予定。
主要仕様
項目仕様
サイズ210x131x20mm (ベースモジュール), 299x131x41mm (コントローラー装着時)
重さ640g (ベースモジュール), 854g (コントローラー装着時)
ディスプレイ8.8インチ QHD+ (2560×1600) IPS, 144Hz, 10点タッチ
プロセッサーAMD Ryzen Z1 Extreme
メモリ16GB 7500MHz LPDDR5X
ストレージ最大1TB PCIe 4.0 NVMe M.2
OSWindows 11 Home
バッテリー49.2Wh, 急速充電対応
接続ポートUSB Type-C, microSDカードリーダー, 3.5mmオーディオジャック
オーディオ2W スピーカーx2, マイク搭載
接続性Wi-Fi 6E (802.11 ax), Bluetooth 5.2
市場での位置付け
  • 新製品『Legion Go』は『ROG Ally』や『Steam Deck』と競合する可能性があり、どの程度ゲーム体験を差別化できるかが注目されています。

直近のポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスのセール情報

ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

Anbernic公式ストア:新春セール特集

2023年3月21日時点でのAnbernicの新春セールについて紹介します。

Anbernic新春セールの特徴
  • 全品が過去最安値で提供されています。
  • Windows搭載機やLinux搭載機、最新機種がセール対象です。
  • オススメ商品はRG505、RG353V、WIN600など。
価格
  • Anbernic RG505: 18,999円(税込)
  • Anbernic RG353M: 17,999円(税込)
  • Anbernic RG353VS/V: 10,499円〜(税込)
  • (他多数の商品もセール価格で提供中)
お得度
  • 各商品が数千円OFFで提供され、全品が過去最安値です。
  • 複数のレビュー記事がリンクされており、商品の詳細と共にお得な情報を確認できます。
セール期間

2023年3月21日(火) 〜 未定

Anbernic新春セールのメリット、注意したいポイント
  • 多くの商品が過去最安値で提供されているため、この機会に購入するとお得です。
  • 各商品の特徴やレビューは記事内のリンクから確認できます。購入前にレビューを確認して、商品の詳細を把握しましょう。

以上の情報を参考に、Anbernicの新春セールでお得な商品を見つけてください!

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイス」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスとは」的な内容になります。

ポータブルゲーム機の基本

ポータブルゲーム機、特にポータブルゲーミングPCは、その携帯性と高いパフォーマンスで近年大きな進化を遂げました。以下では、その基本的な特徴や選び方、そして現在の開発動向について詳しく解説します。

開発動向と市場の変遷

ポータブルゲーミングPCは、大幅な重量軽減と携帯性を実現しているのが特徴です。主にアメリカ、中国、台湾の企業やメーカーが開発の中心にあり、クラウドファンディングを通じて開発資金が募られることもあります。これらのデバイスは基本的にWindows OSを搭載しており、ゲームプレイ時以外にも通常のパソコンとして使用できます。近年、プロセッサーの性能が向上し、強力なグラフィック描画が可能となっています。

  • 市場の進化と開発動向
  • 主要な開発企業と地域
  • UMPCとしての利用と存在価値

ポータブルゲーミングPC選びの注意点

ポータブルゲーミングPCを選ぶ際には、使用されるプロセッサーの性能が重要となります。プロセッサーの性能はゲームのプレイ品質に直接影響を与えるため、低性能のプロセッサーを搭載したモデルを選ぶと後悔することになります。また、ディスプレイサイズや解像度も選定の重要なポイントです。一般的に、ポータブルゲーミングPCは6インチから8インチ程度のディスプレイを持ち、解像度はフルHDから2Kが主流です。ただし、ゲームをプレイする際には解像度を下げることが多いため注意が必要です。

  • プロセッサーの性能と選定
  • ディスプレイサイズと解像度の注意点
  • ゲームプレイの設定とバッテリー持ち

ポータブルゲーミングPCの拡張性と価値

ポータブルゲーミングPCは、その携帯性と高いパフォーマンスにより、様々な用途で使用できる価値があります。特に、外部デバイスとの接続可能性やコントローラーの分離機能など、拡張機能の利用によりさらなる利便性が期待できます。また、価格帯は約10万円〜20万円となっていますが、小型パソコンとしての価値を考えると、それほど高価な製品とは言えません。ユーザーがどのような利用スタイルを重視するかが、ポータブルゲーミングPCの価値を決定する重要なポイントとなります。

  • 拡張機能の利用と価値
  • 価格帯とユーザーの利用スタイル
  • 現在の製品ラインアップと推奨事項

以上の情報を参考にして、ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスの選定や利用を行いましょう。

ポータブルゲーム機とゲーム用スマホ、どう違って、どっちがいい?

ポータブルゲーム機とゲーム用スマホは、どちらもモバイルゲームのプレイを提供しますが、それぞれの特性と選択時に考慮すべき要因があります。以下では、ゲーム用スマホの特徴と選び方、そしてそれらをポータブルゲーム機と比較した際の利点と欠点を詳しく解説します。

ゲーム用スマホの特徴

ゲーム用スマホは一般的なスマホに比べてハイスペックな特性を持ち、ゲームプレイ時のフリーズや落ちが少ないことが特徴です。リフレッシュレートやRAMの容量が大きく、熱がこもりにくい冷却機能や横向きでも充電できる工夫がされています。これにより、動きが速いゲームでもスムーズなプレイが可能で、長時間の使用や多くのゲームのダウンロードが可能です。

  • 高性能なCPUとRAMを搭載
  • 熱がこもりにくい冷却機能と便利な充電ポート配置
  • リフレッシュレートが高く、高解像度のディスプレイ

ゲーム用スマホの選び方

ゲーム用スマホを選ぶ際には、バッテリー容量、映像と音質、メモリ量、ストレージ容量、CPUの性能など、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。これらの要因がゲームプレイの快適さと直結しているため、購入前にこれらの要素を慎重に調査することが推奨されます。

  • バッテリー容量は4000mAh以上を選ぶ
  • 解像度はフルHD以上、リフレッシュレートは120Hz以上が好ましい
  • メモリは8GB以上、ストレージ容量は128GB以上が理想的
  • CPUは動作周波数1.8GHz以上、コア数6コア以上が推奨される

ポータブルゲーム機との比較

ポータブルゲーム機は、ゲーム専用のデバイスとして、特定のゲーム体験に焦点を当てた設計がなされています。一方で、ゲーム用スマホは多機能性を提供し、強力なプロセッサや高解像度のディスプレイなど、先進的な技術を搭載しています。しかし、これらの高スペックな機能は価格が高くなる傾向があります。

  • ポータブルゲーム機は専用のゲーム体験に焦点を当てている
  • ゲーム用スマホは多機能性と高性能な技術を提供
  • ゲーム用スマホは一般的に価格が高い傾向にある

ポータブルゲーム機のおすすめメーカー

ポータブルゲーム機やモバイルゲーミングデバイスは、持ち運びが可能で高性能なゲーム体験を提供するデバイスとして人気があります。ここでは2023年の最新おすすめポータブルゲーミングPCをいくつか紹介します。

GPD WIN 4

中国企業Shenzhen GPD Technologyが展開する「GPD WIN 4」は、AMDの「Ryzen™ 7 6800U」プロセッサを採用し、高性能なグラフィックと最大2TBのストレージを提供します。さらに、指紋認証機能と高い冷却性を誇り、プレイの快適さを実現しています。しかし、6インチの画面サイズはプレイの快適さに影響を与える可能性があります。

  • 価格範囲: 140,000円〜193,000円
  • プロセッサ: Ryzen™ 7 6800U
  • 画面サイズ: 6インチ (1980×1080)
  • メモリ: 16GB/32GB
  • ストレージ: 最大2TB

AYANEO AIR Plus

「AYANEO AIR Plus」は、軽量かつパワフルなポータブルゲーミングPCとして人気で、最新のゲームタイトルからレトロゲームまで幅広くプレイできます。特に、ドリフトしにくいジョイスティックと高速通信をサポートするWi-Fi 6が魅力です。また、RGBライティングエフェクトや指紋認証機能も搭載しています。

  • 価格範囲: 132,000円〜191,400円
  • プロセッサ: Ryzen™ 7 6800U
  • 画面サイズ: 6インチ (1980×1080)
  • メモリ: 16GB/32GB
  • ストレージ: 最大2TB

ONEXPLAYER2

「ONEXPLAYER2」は、高精細な8.4インチディスプレイと着脱可能なコントローラーが特徴的なモデルで、ゲームプレイだけでなく映画鑑賞やインターネット閲覧にも適しています。さらに、eGPU接続に対応し、拡張性が非常に高いモデルとして注目されています。

  • 価格範囲: 166,000円〜198,000円
  • プロセッサ: Ryzen™ 7 6800U
  • 画面サイズ: 8.4インチ (2560×1600)
  • メモリ: 16GB/32GB
  • ストレージ: 最大2TB

ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスの口コミ・評判

ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイス」と検索できます。

ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスの知っておきたいよくあるQ&A

Q
ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイスとは何ですか?
A

ポータブルゲーム機またはモバイルゲーミングデバイスは、持ち運びが可能で自立して動作するゲームコンソールのことを指します。これらのデバイスは、高解像度のディスプレイと高性能なプロセッサを内蔵し、ユーザーがどこでも高品質のゲーム体験を楽しむことができます。

Q
2023年におすすめのポータブルゲーム機はどれですか?
A

2023年のおすすめポータブルゲーム機は、「GPD WIN 4」、「AYANEO AIR Plus」、および「ONEXPLAYER2」です。これらのデバイスは、高性能なプロセッサ、優れたグラフィック機能、そして広範なストレージオプションを提供します。

Q
ポータブルゲーム機の価格範囲はどのくらいですか?
A

2023年のポータブルゲーム機の価格範囲は、モデルと仕様によって異なりますが、おおよそ132,000円から198,000円の間で変動します。各デバイスの具体的な価格と仕様については、メーカーの公式ウェブサイトを参照してください。

Q
ポータブルゲーム機のバッテリー寿命はどれくらいですか?
A

ポータブルゲーム機のバッテリー寿命は、使用状況とデバイスのモデルによって異なります。一般的には、連続して数時間のゲームプレイが可能で、いくつかのモデルは急速充電機能を提供しています。

Q
ポータブルゲーム機でどのようなゲームがプレイできますか?
A

ポータブルゲーム機では、レトロゲームから最新のAAAタイトルまで幅広いジャンルのゲームをプレイできます。高性能なプロセッサとグラフィックスカードを搭載したモデルでは、高品質のグラフィックと滑らかなゲームプレイを楽しむことができます。

「ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイス」に関して参考になる記事リスト

「ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイス」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

ゲームアプリ復帰おすすめカレンダー

ゲームアプリの復帰のタイミングに相応しい時期と言える「リリース日/アニバーサリーリスト」を一覧にしてまとめておきます。

参考はこちらのサイト

1月に配信開始されたアプリ一覧

1月アニバの場合、7月がハーフアニバーサリーとなります。

  • ミニ四駆 超速グランプリ
    iPhone&Android…2020/1/15
  • アークナイツ
    iPhone&Android…2020/1/16
  • アサルトリリィ Last Bullet
    iPhone&Android…2021/1/20
  • ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト
    iPhone&Android…2014/1/23
  • ブレイブリーデフォルト ブリリアントライツ
    iPhone&Android…2022/1/27
  • 遊戯王マスターデュエル
    iPhone&Android…2022/1/27
  • ディズニーツムツム
    iPhone&Android…2014/1/29
  • ドラゴンボールZ ドッカンバトル
    Android…2015/1/29
    iPhone…2015/2/18

2月に配信開始されたアプリ一覧

2月アニバの場合、8月がハーフアニバーサリーとなります。

 

  • ディシディアFFオペラオムニア
    iPhone&Android…2017/2/1
  • ファイアーエムブレムヒーローズ
    iPhone&Android…2017/2/2
  • 逆転オセロニア
    iPhone&Android…2016/2/4
  • ブルーアーカイブ
    iPhone&Android…2021/2/4
  • ヘブンバーンズレッド
    iPhone&Android…2022/2/10
  • プリンセスコネクト! Re:Dive
    iPhone&Android…2018/2/15
  • 崩壊3rd
    iPhone&Android…2017/2/16
  • ニーアリィンカーネーション
    iPhone&Android…2021/2/18
  • パズル&ドラゴンズ
    iPhone…2012/2/20
    Android…2012/9/18
  • ウマ娘プリティーダービー
    iPhone&Android…2021/2/24
  • 黒い砂漠モバイル
    iPhone&Android…2019/2/26
  • テイルズオブザレイズ
    iPhone&Android…2017/2/28

3月に配信開始されたアプリ一覧

3月アニバの場合、9月がハーフアニバーサリーとなります。

  • 魔法使いと黒猫のウィズ
    Android…2013/3/5
    iPhone…2013/4/22
  • ブラウンダスト
    iPhone&Android…2018/3/7
  • グランブルーファンタジー
    iPhone&Android…2014/3/10
  • ディズニー ツイステッドワンダーランド
    iPhone&Android…2020/3/18
  • シンクロニクル
    iPhone&Android…2021/3/23
  • ヒプノシスマイクARB
    iPhone&Android…2020/3/26

4月に配信開始されたアプリ一覧

4月アニバの場合、10月がハーフアニバーサリーとなります。

5月に配信開始されたアプリ一覧

5月アニバの場合、11月がハーフアニバーサリーとなります。

6月に配信開始されたアプリ一覧

6月アニバの場合、12月がハーフアニバーサリーとなります。

  • ディアブロ イモータル
    iPhone&Android…2022/6/1
  • 最強でんでん
    iPhone&Android…2022/6/8
  • ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル
    iPhone…2013/4/15
    Android…2013/6/8★
  • ヴァルキリーコネクト
    iPhone&Android…2016/6/9
  • 二ノ国:Cross Worlds
    iPhone&Android…2021/6/10
  • ぷよぷよ!!クエスト
    iPhone…2013/4/24
    Android…2013/6/11
  • シャドウバース
    iPhone&Android…2016/6/17
  • 白夜極光
    iPhone&Android…2021/6/17
  • エターナルツリー
    iPhone&Android…2022/6/23
  • AFKアリーナ
    iPhone&Android…2020/6/30

7月に配信開始されたアプリ一覧

7月アニバの場合、1月がハーフアニバーサリーとなります。

8月に配信開始されたアプリ一覧

8月アニバの場合、2月がハーフアニバーサリーとなります。

9月に配信開始されたアプリ一覧

9月アニバの場合、3月がハーフアニバーサリーとなります。

  • ドラゴンクエストウォーク
    iPhone&Android…2019/9/12
  • アズールレーン
    iPhone&Android…2017/9/14
  • パズル&ドラゴンズ
    iPhone…2012/2/20
    Android…2012/9/18
  • ポケモンユナイト
    iPhone&Android…2021/9/22
  • ファイナルファンタジー レコードキーパー
    iPhone&Android…2014/9/25
  • マリオカートツアー
    iPhone&Android…2019/9/25
  • 原神
    iPhone&Android…2020/9/28
  • プロジェクトセカイ
    iPhone&Android…2020/9/30

10月に配信開始されたアプリ一覧

10月アニバの場合、4月がハーフアニバーサリーとなります。

11月に配信開始されたアプリ一覧

11月アニバの場合、5月がハーフアニバーサリーとなります。

12月に配信開始されたアプリ一覧

12月アニバの場合、6月がハーフアニバーサリーとなります。

  • グランドサマナーズ
    iPhone&Android…2016/12/1
  • ドラゴンクエストけしケシ
    iPhone&Android…2020/12/1
  • パニシング:グレイレイヴン
    iPhone&Android…2020/12/4
  • ロマンシングサガ リ・ユニバース
    iPhone&Android…2018/12/6
  • モンスターストライク
    iPhone…2013/9/27
    Android…2013/12/15
  • 実況パワフルプロ野球
    Android…2014/12/18
    iPhone…2014/12/23

 

スポンサーリンク

「ポータブルゲーム機/モバイルゲーミングデバイス」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

今月のおすすめゲームを紹介

そろそろ、復帰してみる?

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル

COGNOSPHERE PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

ゲーム
スポンサーリンク
課金方法、工夫しない?

一番お得な課金は、コスパで言えば「課金しないこと」が一番です。とはいえ、ゲームは最大効率でプレイしたい。なんだったら、無課金を一掃するくらいのPowerが、欲しい。

そんなあなたに朗報です。もうみんな知っている情報ですが、安定して課金がお得なのは「ポイント還元サイト」でも「キャリア決済還元」でも「ストア系課金カードのキャッシュバック」でもなく、方法はただひとつ。

ぶちくま
ぶちくま

Amazonコインが、無難でお得!

大した情報ではないのですが、あまりにも普段から課金で損をしている方が多いので、一度情報共有しておきます。

しろくまさん
しろくまさん

タブレット端末としてもAmazon Fire HDは優秀。課金効率も最大級、この機会に、一度Amazonコインについて調べてみてはいかがでしょうか。

Amazonセールでポイントアップ!セール対象商品です!

Amazonコインについてもう少し知りたい!

シェアする
ぶちくまをフォローする
ぶちくま創作ベース

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「吉野家 ジム ポケストップ」に関する最新情報です。

    吉野家は、ポケモンGOからの撤退を発表しました。ポケストップとジムは、2024年1月1日にゲーム内から消去される予定です。これにより、吉野家店舗はポケモンGOのプロモーションを終了することになります。吉野家ホールディングスの傘下にあるなまるうどんも、2022年末にポケストップとジムの運営を終了する予定です。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2310/30/news136.html

  2. buchikuma-info より:

    「周辺 周辺 機器 機器」に関する最新情報です。

    マイクロソフトがXboxで公式ライセンス未承認の周辺機器をブロックし始めたとの報告があり、エラーが表示された後2週間で使用が不可能になるという情報が出ています。これにより、一部のユーザーはゲームの体験に支障をきたしています。マイクロソフトは公式ライセンスプログラムを提供しており、周辺機器メーカーはこのライセンスを取得することでXbox対応の製品を販売しています。しかし、最近では未承認の周辺機器を使用するとエラーが表示されるという報告が増えており、マイクロソフトはこれに対応する方針を打ち出しています。具体的なエラーコードは0x82d60002で、2週間の猶予期間が与えられた後に使用が制限されます。これにより、一部のユーザーはゲームの体験に支障をきたす可能性があります。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231030-270086/

  3. buchikuma-info より:

    「スカイリム bethesda 開発」に関する最新情報です。

    Bethesdaの人気ゲーム『スカイリム』の元開発者が、開発中の壊れたバージョンを約950時間プレイしたと明かしました。彼は開発中のゲームではバグや問題が頻繁に起こるため、デバッグやQAのために繰り返しプレイする必要があると述べています。また、彼は『スカイリム』の開発に携わった経験や、新作ゲーム『Starfield』についても言及しています。この話題は海外メディアのインタビューで明かされました。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231030-270129/

  4. buchikuma-info より:

    「会場 11 arts」に関する最新情報です。

    11月8日に開催されるメタバースーツアー「未来の展覧会へようこそ」の会場案内が行われます。このツアーでは、スマートフォンからも参加することができ、自治体や企業の広報やマーケティング関係者などを対象に、メタバース会場をツアー形式で案内します。また、質問や意見交換の場も設けられています。会場はFujisawaメタパラダイス of Artsであり、藤沢市民活動推進機構が主催しています。このイベントは注目を集めており、昨年の調査では25%の人々がメタバースを利用していることがわかっています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000130033.html

  5. buchikuma-info より:

    「朝鮮 スポーツ 日本」に関する最新情報です。

    戦前の朝鮮サッカーは、「日本に勝てるスポーツ」として人気がありました。しかし、日本の植民地支配下にあった朝鮮では、スポーツが抑圧されていました。それにも関わらず、1920年代には朝鮮人によるサッカーが行われ、朝鮮総督府もスポーツの奨励を行いました。特に1936年のベルリン・オリンピックでは、朝鮮出身の選手であるソン・キジョンが日本代表で優勝し、ナム・スンリョンも銅メダルを獲得しました。この時代の朝鮮サッカーは、民族意識の高揚をもたらす重要な役割を果たしていました。

    https://gendai.media/articles/-/118415

  6. buchikuma-info より:

    「engine 開発 カプコン」に関する最新情報です。

    カプコンは、次世代版のREX ENGINEの開発に取り組んでいます。REX ENGINEは、バイオハザード7のアセットやコードの規模を約5倍に拡大するなど、さまざまな課題に対処するために開発されています。カプコンは、RE ENGINEをバイオハザードやデビルメイクライ5などのタイトルで活用してきましたが、REX ENGINEではさらなるパフォーマンスと安定性の向上を目指しています。また、REX ENGINEの開発には、外国籍の開発者や外注の利用、多言語対応など、さまざまな取り組みが行われています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231027-269719/

  7. buchikuma-info より:

    「リーグ 日本 シリーズ」に関する最新情報です。

    NPBとKONAMIは、2023シーズンのeBASEBALLプロスピAリーグのe日本シリーズを有観客で開催することを決定しました。開催日は12月23日で、東京ドームシティプリズムホールで行われます。この決定により、eスポーツの人気がさらに高まり、観客も楽しむことができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000155.000053820.html

  8. buchikuma-info より:

    「2023 ev japan」に関する最新情報です。

    日産自動車は、東京ビッグサイトで開催されている「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」で、次世代のEVコンセプトカー「ニッサン ハイパーフォース」を初披露しました。内田誠社長は、「まさにゲームチェンジャーとなるクルマです」と自信を示しました。この車は、高性能なスーパーカーでありながら、環境性能と快適性を追求したデザインを特徴としています。また、4灯の丸形テールランプは、GT-Rを思わせるものです。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2310/26/news165.html

  9. buchikuma-info より:

    「ケース リップ リップ ケース」に関する最新情報です。

    2023年10月23日頃に、カプセルトイ「ポケモン リップケース」ガチャが発売される予定です。このガチャでは、イーブイとその進化形の全5種類がラインナップされています。また、11月には第2弾も予定されています。このリップケースは、ポケモンのデザインが施された可愛らしいアイテムで、ポケモンファンには嬉しいアイテムとなりそうです。

    https://puchipurabu.com/capsuletoy-lipcase-pokemon/

  10. buchikuma-info より:

    「layoffs tech tech layoffs」に関する最新情報です。

    2023年のテック業界のリストには、Google、Amazon、Microsoftなどの大規模なレイオフから、小規模なフィンテックスタートアップやアプリまでが含まれています。2023年1月から3月までのデータによると、2023年のテック業界のレイオフの総数は224,503人で、2022年のレイオフの総数を上回っています。2023年1月には89,554人、2月には40,021人、3月には37,823人の従業員がレイオフされました。

    https://techcrunch.com/2023/10/24/tech-layoffs-2023-list/

  11. buchikuma-info より:

    「モバイル ネットワーク ソフトバンク」に関する最新情報です。

    楽天モバイルが上り速度で圧倒的な成績を収め、ソフトバンクはネットワーク品質やゲーム体験で高評価を得ていると、英国の調査会社Opensignalが発表した「日本のモバイル・ネットワーク・エクスペリエンス分析レポート」によると、楽天モバイルはアップロード速度で優れた成績を収め、ソフトバンクはネットワーク品質やゲーム体験で高い評価を得ています。ただし、全体的にはソフトバンクが高評価を獲得しており、楽天モバイルは上り速度において圧倒的な成績を収めています。また、ドコモやauも一部の項目で高評価を得ています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2310/25/news147.html

  12. buchikuma-info より:

    「bonx bonx work work」に関する最新情報です。

    現場コミュニケーションのワンストップソリューション「BONX WORK」の料金体系とWEBサイトがリニューアルされたことが発表されました。BONX WORKは、現場でのコミュニケーションをサポートするためのツールであり、リニューアルにより使いやすさが向上しました。料金体系も見直され、利用料金がわかりやすくなりました。また、BONX WORKは法人向けにも提供されており、専用のイヤフォン「BONX BOOST」を利用することで、さまざまな現場でのコミュニケーションニーズに対応しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000144.000020459.html

  13. buchikuma-info より:

    「16 ryzen gb」に関する最新情報です。

    デルの公式サイトで、Ryzen 5 7530Uと8GBのメモリーを搭載した16インチノートPCが5万9519円で販売されています。このノートPCはInspiron 16 5635と呼ばれ、256GBのSSDと1920×1200ドットのディスプレイを搭載しています。数量限定での販売となっており、売り切れ次第セールは終了します。このノートPCは普通の作業に適しており、8GBのメモリーを搭載しているため、複数のソフトウェアやWebページを同時に起動することも可能です。また、16インチの大画面も魅力的です。このノートPCは6万円を切る価格帯であり、お買い得な商品と言えます。

    https://little-beans.net/bargain/dell20231024-ins16/

  14. buchikuma-info より:

    「pc minisforum 搭載」に関する最新情報です。

    中国のメーカーであるMINISFORUMが、Radeon RX 6600Mを搭載した小型PC「Minisforum HX77G」を発売しました。この小型PCは、デスクトップPCにも引けを取らない性能を持っており、ゲーム用途にも適しているとされています。サイズは約205(幅)×203(奥行き)×69.3mm(高さ)で、手のひらに収まるほどのコンパクトさです。

    実機を手元に用意し、ベンチマークテストを行った結果、Minisforum HX77Gは快適なゲームプレイが可能であることが確認されました。また、このモデルはベアボーンキットとして展開されており、ユーザー自身がメモリやSSDを組み込むことができます。CPUにはAMD Ryzen 7 7735HSを搭載しており、自作PCにも興味がある読者にとっては聞き覚えのあるCPUかもしれません。

    Minisforum HX77Gは、小型ながらもゲーム用途に十分な性能を持つPCとして注目されています。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2310/24/news046.html

  15. buchikuma-info より:

    「360 360 方向 air」に関する最新情報です。

    「Air Seat」という新しいスポーツ自転車用サドルが終了間近となっています。このサドルは、固いサドルに伝わる衝撃を360°全方向に吸収することができます。また、約250gの軽量仕様であり、設置方法もシンプルです。このサドルは、一般的なスポーツ自転車のサドルに対応しており、サドルのシートポストや支柱に割り込ませることで設置することができます。これにより、サイクリストのお尻への痛みを解決することができます。このサドルは、設計者が自身の娘のために開発した独自のシステムを搭載しており、10年以上の歳月をかけて完成されました。

    https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-airseat-end-695148/

  16. buchikuma-info より:

    「nintendo nintendo switch switch」に関する最新情報です。

    クトゥルフ・ホラーRPG『恐怖の世界』がSteam版で日本語対応し、正式にリリースされました。また、国内ではPS4版とNintendo Switch版も発売される予定です。このゲームは1980年代の日本を舞台にしたコズミックホラーローグライトRPGで、プレイヤーは異形の存在や邪神と対峙しながら謎に立ち向かうことになります。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231020-268838/

  17. buchikuma-info より:

    「セール nintendo nintendo switch」に関する最新情報です。

    Nintendo Switchのオータムセールが開催され、『世界樹の迷宮』リマスターや冒険RPGなどが最安値で販売されています。セールでは、ニンテンドーeショップで9月26日まで対象のタイトルが多数紹介されています。特に注目のタイトルは、『ファイアーエムブレム 風花雪月』や『ゼルダの伝説』、『カービィのグルメフェス』などです。セールは初めてのもので、最安値でタイトルを購入することができます。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230926-265980/

  18. buchikuma-info より:

    「10 10 15 15」に関する最新情報です。

    Amazon Music Unlimitedが10月15日までの期間限定で4ヵ月無料で利用できるお得なお試しキャンペーンを実施しています。通常は月額1080円かかるサービスが、このキャンペーンでは4ヵ月間無料で利用できます。申し込みは特設ページから行うことができます。Amazon Music Unlimitedは、邦楽や洋楽、ジャズなど様々なジャンルの音楽を聴き放題で提供しているサービスです。また、ブラウザーやアプリ、デスクトップ版、FireやEchoデバイスでも再生することができます。このキャンペーンはAmazonプライム会員でも利用できます。

    https://little-beans.net/bargain/amzn20230922-music/

  19. buchikuma-info より:

    「2023 tgs tgs 2023」に関する最新情報です。

    2023年の東京ゲームショウ(TGS)は、リアル会場での開催が決定しました。会場は千葉県の幕張メッセで、一般公開は9月23日から24日まで行われます。新型コロナの影響で、TGSは3年ぶりのリアル会場開催となります。

    TGS2023では、多くの新作タイトルが展示される予定です。また、ゲーミング環境の向上に関する提案も行われる予定です。会場では、国内外の大型ゲームイベントとして知られるTGSの展示ホールや国際会議場が利用され、一般来場者を迎えます。

    TGSVR2023としても開催され、10月1日から11日間にわたってVR会場でのイベントも行われます。過去最多の381社が国内出展し、11社がオンライン出展、406社が海外出展し、30社がオンライン出展する予定です。

    TGS2023は、ゲーム業界の最新情報を知るための注目のイベントとなりそうです。

    https://japan.cnet.com/article/35209386/

  20. buchikuma-info より:

    「ayaneo 画面 ゲーミング」に関する最新情報です。

    携帯型ゲーミングPC「AYANEO SLIDE」が正式に発表されました。このPCは6インチの画面を採用し、画面の下から物理キーボードが現れるスライド式のデザインです。AYANEOは最新のモデルで、6インチのIPS液晶ディスプレイ(1080p)を搭載しています。従来のスタイルとは異なり、左右のコントローラーを挟み込むことができます。また、プロセッサにはAMD Ryzen 7 7840Uが搭載されています。AYANEO SLIDEはまだ発売時期や価格が未定ですが、クラウドファンディングサイトを通じて早期販売が予定されています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230922-265653/

  21. buchikuma-info より:

    「サイト 特設 特設 サイト」に関する最新情報です。

    講談社の科学新書「ブルーバックス」が創刊60周年を迎えるにあたり、特設サイトが作成されました。この特設サイトは人気コミックとのコラボレーションをテーマにしており、2023年9月21日に公開されました。特設サイトの制作には、講談社の凄腕デザイナーK宮さんが関わり、2ヵ月弱の期間で作り上げられました。この特設サイトは、創刊60周年を記念したキャンペーンの一環として展開され、多くのアクセスを集めています。特設サイトでは、児童局出身のM美さんの「もう一つの顔」やアクセスランキング、おすすめの記事などが紹介されています。

    https://gendai.media/articles/-/116235

  22. buchikuma-info より:

    「ayaneo pc ゲーミング」に関する最新情報です。

    リンクスインターナショナルは、高性能な8.4型WQXGA液晶を搭載したAYANEO KUNというモバイルゲーミングPCの取り扱いを発表しました。このPCは、AYANEO製であり、ゲーミングに特化した高機能設計となっています。PCには顔認証や指紋認証、microSDカードスロットなどの便利な機能も備わっています。また、Ryzen 7プロセッサやアナログコントローラ、タッチパッドなども搭載されており、ゲームプレイの操作性も向上しています。このPCの予約受付は12月から開始され、価格は17万6900円から20万6900円となっています。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2309/21/news125.html

  23. buchikuma-info より:

    「10 10 15 15」に関する最新情報です。

    Amazon Music Unlimitedは、10月15日までの期間限定で、4ヵ月間無料で利用することができるキャンペーンを実施しています。通常は月額1080円かかるサービスですが、このキャンペーンでは月額980円で利用することができます。申し込みは無料で行えるため、初めて利用する方にはお得な機会です。Amazon Music Unlimitedは、邦楽や洋楽、ジャズなど様々なジャンルの音楽を聴くことができるサービスで、アマゾンが運営しています。ブラウザーやアプリ、デスクトップ版、FireやEchoなどのデバイスでも再生することができます。このキャンペーンは、Amazon Music Unlimitedのページから申し込みができます。

    https://little-beans.net/bargain/amzn20230922-music/

  24. buchikuma-info より:

    「2023 tgs tgs 2023」に関する最新情報です。

    2023年の東京ゲームショウ(TGS)は、リアル会場での開催が予定されています。会場は千葉県の幕張メッセで行われ、一般公開日は9月23日から24日です。新型コロナの影響で、TGSは3年ぶりのリアル会場開催となります。

    TGS2023では、国内外の大型ゲームイベントとして、多数の新作タイトルが展示される予定です。会場では、ゲーミング環境の向上に関する提案も行われる予定です。

    また、TGSVR2023として、10月1日から11日間にわたってVR会場も設置されます。これにより、リアル会場とバーチャル会場の両方でイベントが行われるハイブリッドな形式となります。

    TGS2023では、過去最多の381社が国内で出展し、11社がオンラインで出展する予定です。さらに、海外からも406社がオンラインで出展する予定であり、合計で30社の出展が行われます。

    TGS2023は、ゲーム業界における最新のトレンドや新作タイトルを知るための注目のイベントとなります。

    https://japan.cnet.com/article/35209386/

  25. buchikuma-info より:

    「発表 ayaneo 画面」に関する最新情報です。

    携帯型ゲーミングPC「AYANEO SLIDE」が正式に発表されました。このゲーミングPCは6インチの画面を採用しており、画面の下から物理キーボードが現れる特徴があります。AYANEO SLIDEはAMD Ryzen 7プロセッサを搭載しており、スライド式のディスプレイや物理キーボードの仕組みも備えています。バッテリー寿命や拡張性などのスペックも優れており、操作性やパフォーマンスにも配慮されています。AYANEO SLIDEは今後の発売時期や価格は未定ですが、クラウドファンディングサイトを通じて早期販売が予定されています。また、東京ゲームショウ2023のゲーミングハードウェアコーナーで展示される予定です。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230922-265653/

  26. buchikuma-info より:

    「サイト 特設 特設 サイト」に関する最新情報です。

    講談社の科学新書「ブルーバックス」が創刊60周年を迎えることを記念して、特設サイトが作成されました。特設サイトの制作には、児童局出身のM美さんが関わっており、2ヶ月弱の期間でサイトが完成しました。特設サイトは人気コミックとのコラボレーションをテーマにしており、アクセスランキングやおすすめの記事などが掲載されています。サイトの制作には凄腕デザイナーのK宮さんも参加し、短時間で濃い内容のサイトが作られました。

    https://gendai.media/articles/-/116235

  27. buchikuma-info より:

    「ayaneo pc ゲーミング」に関する最新情報です。

    リンクスインターナショナルは、AYANEO製の高性能モバイルゲーミングPC「AYANEO KUN」の取り扱いを発表しました。このPCは8.4型のWQXGA液晶を備えており、ゲームプレイに最適な性能を提供します。AYANEO KUNには顔認証や指紋認証などのセキュリティ機能や、microSDカードスロットなどの便利な機能も搭載されています。また、Ryzen 7プロセッサやアナログコントローラ、タッチパッドなども備えており、快適なゲーム体験ができます。予約は12月から受け付けられ、価格は17万6900円から20万6900円の3つの構成が用意されています。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2309/21/news125.html

  28. buchikuma-info より:

    「2023 tgs tgs 2023」に関する最新情報です。

    2023年の東京ゲームショウ(TGS)は、リアル会場での開催が決定しました。会場は千葉県の幕張メッセで、9月21日から23日まで一般公開されます。このイベントでは、多数の新作タイトルが展示されるほか、ゲーミング環境の向上に関する提案も行われます。新型コロナの流行の影響で、TGSは3年ぶりにリアル会場を設置し、一般の来場者を迎える予定です。会場は幕張メッセの全館を利用し、展示ホールや国際会議場などが設けられます。また、バーチャル会場も同時に開催され、VR技術を活用した展示も行われます。TGS2023では、国内外の381社がリアル会場で出展し、11社がオンラインで出展する予定です。これは過去最多の出展社数です。また、10月1日から11日間にわたってTGSVR2023も開催され、406社がオンラインで出展し、30社が海外から出展する予定です。

    https://japan.cnet.com/article/35209386/

  29. buchikuma-info より:

    「発表 ayaneo 画面」に関する最新情報です。

    携帯型ゲーミングPC「AYANEO SLIDE」が正式に発表されました。このPCは6インチの画面を採用し、画面の下から物理キーボードが現れるスライド式のデザインです。AMD Ryzen 7のプロセッサを搭載し、IPS液晶ディスプレイで1080pの解像度を実現しています。バッテリー寿命も優れており、2つのM.2 SSDスロットやUSB 4 Type C端子などの拡張性も備えています。さらに、アナログスティックやトリガー、X軸リニアモーターなどの機能も搭載されています。AYANEO SLIDEは今後の発売時期や価格が未定ですが、クラウドファンディングサイトを通じて早期販売が予定されています。また、東京ゲームショウ2023でも展示されており、詳細な情報が期待されています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230922-265653/

  30. buchikuma-info より:

    「サイト 特設 特設 サイト」に関する最新情報です。

    2023年9月21日、講談社の科学新書「ブルーバックス」が創刊60周年を迎えることを記念して、特設サイトが作成されました。特設サイトの制作には、児童局出身のM美さんが関わっており、2ヶ月弱の期間でサイトが完成しました。特設サイトは、人気コミックとのコラボレーションをテーマにしており、アクセスランキングやおすすめの記事などが掲載されています。特設サイトの制作には、講談社の凄腕デザイナーK宮さんも関わっており、短時間で濃い内容のサイトが作られました。

    https://gendai.media/articles/-/116235

  31. buchikuma-info より:

    「ayaneo pc ゲーミング」に関する最新情報です。

    リンクスインターナショナルは、AYANEO製の高性能モバイルゲーミングPC「AYANEO KUN」の取り扱いを発表しました。このPCは8.4型のWQXGA液晶ディスプレイを搭載しており、ゲーミングに最適な性能を持っています。AYANEO KUNには顔認証や指紋認証、microSDカードスロットなどの機能も備わっており、利便性も高いです。予約受付は2022年12月から開始され、価格は17万6900円から20万6900円の3つの構成が用意されています。また、特価の予約もあり、16万8900円から19万8900円で購入することができます。AYANEO KUNは2560×1600の解像度を持つ8.4型液晶ディスプレイを搭載しており、Ryzen 7 7840Uプロセッサを搭載しています。さらに、アナログスティックやインテリジェントタッチパッドなどのコントローラーも付属しており、マウス操作やスクロールなどの機能も利用できます。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2309/21/news125.html

  32. buchikuma-info より:

    「10 2023 00」に関する最新情報です。

    日本のフレグランスブランド「EDIT(h)」が、新作香水「Cocktail Lane(カクテル レーン)」を発売することが発表されました。この新作香水は、メトロポリスのバーで出会ったカクテルの香りを再現しており、記憶を揺さぶる香りが特徴です。先行発売は10月12日から伊勢丹新宿店の「サロン ド パルファン 2023」で行われます。EDIT(h)は、創業118年の朱肉ブランド「日光印」から生まれたフレグランスブランドで、1年ぶりの新作となります。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000101918.html

  33. buchikuma-info より:

    「セール nintendo nintendo switch」に関する最新情報です。

    ニンテンドースイッチのオータムセールが開始されました。セールでは、『世界樹の迷宮』のリマスターや冒険RPGなどが最安値で販売されています。セールの一部を紹介すると、『ファイアーエムブレム 風花雪月』や『ゼルダの伝説』、『カービィのグルメフェス』などがあります。セールはニンテンドーeショップで開催されており、9月26日までです。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230926-265980/

  34. buchikuma-info より:

    「2023 tgs tgs 2023」に関する最新情報です。

    2023年の東京ゲームショウ(TGS)は、リアル会場での開催が決定しました。会場は千葉県の幕張メッセで、9月21日から23日まで一般公開されます。新型コロナの影響でリアル会場での開催が3年ぶりとなります。

    TGS2023では、多くの新作タイトルが展示される予定です。また、ゲーミング環境の向上に関する提案も行われる予定です。会場では、国内外の大型ゲームイベントとしては最多となる381社の出展があります。また、オンライン出展も11社と30社が行われます。

    TGS2023は、10月1日から11日間の会期で開催され、幕張メッセの全館が利用されます。会場では、リアルとバーチャルのハイブリッドイベントが行われ、来場者を迎えます。TGSVR2023としても開催され、VR技術を活用した展示も行われます。

    TGS2023は、ゲーム業界の最新情報を知るための注目のイベントです。多くの新作タイトルの展示やゲーミング環境の提案など、見どころが盛りだくさんです。

    https://japan.cnet.com/article/35209386/

  35. buchikuma-info より:

    「ayaneo 画面 ゲーミング」に関する最新情報です。

    携帯型ゲーミングPC「AYANEO SLIDE」が正式に発表されました。このPCは6インチの画面を採用し、画面の下から物理キーボードが現れる仕組みです。AYANEO SLIDEは、IPS液晶ディスプレイを搭載し、AMD Ryzen 7プロセッサを採用しています。また、東京ゲームショウ2023で展示される予定です。現在、価格や発売時期は未定ですが、クラウドファンディングサイトを通じて早期販売が予定されています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230922-265653/

  36. buchikuma-info より:

    「サイト 特設 特設 サイト」に関する最新情報です。

    2023年9月21日、講談社の科学新書「ブルーバックス」が創刊60周年を迎えることを記念して、特設サイトが作成されました。特設サイトの制作には、児童局出身のM美さんが関わっており、約2ヶ月弱の期間でサイトが完成しました。特設サイトは人気コミックとのコラボレーションをテーマにしており、アクセスランキングやおすすめの記事などが掲載されています。特設サイトの制作には、講談社の凄腕デザイナーK宮さんの協力もあり、短時間で濃い内容のサイトが作られました。

    https://gendai.media/articles/-/116235

  37. buchikuma-info より:

    「ayaneo pc ゲーミング」に関する最新情報です。

    リンクスインターナショナルは、AYANEO製の高性能モバイルゲーミングPC「AYANEO KUN」の取り扱いを発表しました。このPCは8.4型のWQXGA液晶を搭載しており、ゲームプレイに最適な性能を持っています。AYANEO KUNには顔認証や指紋認証などのセキュリティ機能や、microSDカードスロットなどの便利な機能も備わっています。また、Ryzen 7プロセッサやアナログコントローラ、タッチパッドなども搭載されており、快適なゲームプレイが可能です。AYANEO KUNは2023年に発売予定で、価格は17万6900円から20万6900円の3つの構成が用意されています。予約は12月から受け付けられており、特価での予約も可能です。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2309/21/news125.html

  38. buchikuma-info より:

    「ayaneo 画面 ゲーミング」に関する最新情報です。

    携帯型ゲーミングPC「AYANEO SLIDE」が正式に発表されました。このPCは6インチの画面を採用し、画面の下から物理キーボードが現れるスライド式のデザインです。また、VR/MRヘッドセット「Meta Quest 3」の発売日が10月10日に決定し、価格は128GBモデルが7万4800円、512GBモデルが9万6800円となります。さらに、PS StoreにてPS4/PS5向けゲームの「評価システム」が復活し、星5段階評価が利用可能となると報告されています。他にも、新作ゲームやゲーミングPCの情報などがあります。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230922-265653/

  39. buchikuma-info より:

    「サイト 特設 特設 サイト」に関する最新情報です。

    2023年9月21日、講談社の科学新書「ブルーバックス」は創刊60周年を迎えることを記念して、特設サイトを開設しました。特設サイトの制作には、児童局出身のM美さんが関わり、約2ヶ月弱の時間をかけて完成させました。特設サイトは人気コミックとのコラボレーションをテーマにしており、アクセスランキングやおすすめの記事などが掲載されています。特設サイトの制作には、講談社の凄腕デザイナーK宮さんの協力もあり、短時間で濃い内容のサイトが作られました。

    https://gendai.media/articles/-/116235

  40. buchikuma-info より:

    「ayaneo pc ゲーミング」に関する最新情報です。

    リンクスインターナショナルは、AYANEO製の高性能モバイルゲーミングPC「AYANEO KUN」の取り扱いを発表しました。このPCは8.4型のWQXGA液晶を搭載しており、ゲームプレイに最適な性能を提供します。AYANEO KUNには顔認証や指紋認証などのセキュリティ機能や、microSDカードスロットなどの便利な機能も備わっています。予約は2022年12月から受け付け開始され、価格は17万6900円から20万6900円の3つの構成が用意されています。また、特価として16万8900円から19万8900円で予約することも可能です。AYANEO KUNはRyzen 7プロセッサやアナログコントローラ、インテリジェントタッチパッドなどの機能も搭載しており、高品質なゲーム体験を提供します。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2309/21/news125.html

  41. buchikuma-info より:

    「2023 tgs tgs 2023」に関する最新情報です。

    2023年の東京ゲームショウ(TGS)は、リアル会場での開催が決定しました。会場は千葉県の幕張メッセで、9月21日から23日まで一般公開されます。このイベントでは、多くの新作タイトルが展示されるほか、ゲーミング環境の向上に関する提案も行われます。

    新型コロナウイルスの流行の影響で、TGSは3年ぶりにリアル会場を設置します。会場は幕張メッセの全館を利用し、展示ホールや国際会議場が設けられます。また、バーチャル会場も同時に開催され、VR技術を活用したイベントも行われます。

    TGS2023では、国内外の381社が出展し、11社がオンライン出展する予定です。これは過去最多の出展社数です。また、会期は10月1日から11日間にわたります。

    このイベントでは、ゲーム業界の最新動向や新作タイトルの発表が行われるだけでなく、ゲーミング環境の向上に関する提案も注目されています。ゲーム愛好者にとっては見逃せないイベントとなりそうです。

    https://japan.cnet.com/article/35209386/

  42. buchikuma-info より:

    「発表 ayaneo 画面」に関する最新情報です。

    携帯型ゲーミングPC「AYANEO SLIDE」が正式に発表されました。このゲーミングPCは6インチの画面を採用しており、画面の下から物理キーボードが現れるスライド式のデザインとなっています。AMD Ryzen 7プロセッサを搭載し、バッテリー寿命も優れています。さらに、アナログスティックやトリガーなどの操作ボタンも搭載されており、ゲームの操作性も向上しています。この製品はまだ発売時期や価格が未定ですが、クラウドファンディングサイトを通じて早期販売が予定されています。現在、東京ゲームショウ2023のゲーミングハードウェアコーナーで展示されており、詳細な情報は公式ウェブサイトで確認できます。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230922-265653/

  43. buchikuma-info より:

    「サイト 特設 特設 サイト」に関する最新情報です。

    2023年9月21日、講談社の科学新書「ブルーバックス」は創刊60周年を迎えることを記念して、特設サイトを開設しました。特設サイトの制作には、児童局出身のM美さんが関わっており、彼女の才能と努力が光ります。特設サイトは人気コミックとのコラボレーションも行っており、アクセスランキングやおすすめの記事などが掲載されています。特設サイトの制作過程では、編集長やデザイナーなどが様々な困難に直面しましたが、彼らの努力とチームワークによって成功を収めました。特設サイトは創刊60周年を祝うキャンペーンの一環として展開されており、多くの人々に喜ばれています。

    https://gendai.media/articles/-/116235

  44. buchikuma-info より:

    「ayaneo pc ゲーミング」に関する最新情報です。

    リンクスインターナショナルは、AYANEO製の高性能モバイルゲーミングPC「AYANEO KUN」の取り扱いを発表しました。このPCは8.4型のWQXGA液晶を搭載しており、ゲームプレイに最適な性能を持っています。また、顔認証や指紋認証、microSDカードスロットなどの機能も備えています。PCの価格は17万6900円から20万6900円で、予約は12月から受け付けられます。また、Ryzen 7プロセッサやアナログコントローラ、タッチパッドなども搭載されています。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2309/21/news125.html

  45. buchikuma-info より:

    本日の「ブログ」YouTube話題まとめ

    – アドビ公式のYouTubeチャンネルで、IBCレポートとして最新のビデオ製品情報が紹介されている。
    – 片付けのアドバイスをするYouTubeチャンネルで、70㎡の狭い部屋でも効果的な見せる収納と埋める収納のポイントが紹介されている。
    – 無職のボディビルダーが、スパチャ(視聴者からの投げ銭)が来た時だけ動く様子が撮影されている。
    – モトブログの動画で、ZX-6Rというバイクの魅力や動画投稿がストレス解消になることが話題になっている。

  46. buchikuma-info より:

    本日の「ブログ」YouTube話題まとめ

    – 「1日の充実感を決める夜。充実感上げる為に毎晩やってる独身ナイトルーティン紹介( 5pm〜)」: 独身の人が毎晩行っている夜のルーティンを紹介し、充実感を得る方法を教えてくれる動画。
    – 「バイク動画歴15年:YoutubeやTwitter(X)で「事故」を題材にする時の注意点教えます:モトブログガイドライン」: バイク動画を長年制作している人が、YouTubeやTwitterで「事故」を題材にする際の注意点やモトブログのガイドラインを教えてくれる動画。
    – 「まさかのルートミス発覚!?炎天下の城崎温泉ツーリング!」: バイクで城崎温泉に向かう途中で予期せぬルートミスが発覚し、炎天下の中でのツーリングの様子を紹介する動画。
    – 「トマトのせ猫 2023 230921」: 2023年のトマトのせ猫の様子を撮影した動画。
    – 「あそぶとらみ 230920」: 230920のあそぶとらみの

  47. buchikuma-info より:

    本日の「ブログ」YouTube話題まとめ

    – モトブログガイドライン: バイク動画歴15年の人が、YouTubeやTwitterで「事故」を題材にする際の注意点を教える。
    – 北海道までの移動距離1900万㎞!: 苫小牧港からRORO船で福井県への24時間フェリー生活を体験した動画。
    – 杉田水脈議員のブログ: 人権侵犯の事実が認定されたという記事について、本人の受け止めを紹介。
    – あのちゃんの熱血ブログ: AVIOT新WEBCMのメイキング&インタビュー記事で、ベッドの上で白目になる様子や「小さい世界」を満喫する様子が紹介されている。
    – 元ホームレスの67歳と鼻毛のおばちゃんのジョーブログ: 2人が人生初のシーシャに行った結果を報告している。

  48. buchikuma-info より:

    「天堂 2023 予約」に関する最新情報です。

    八天堂は、2023年のクリスマスシーズンに向けて、「八天堂クリスマスショコラ2023」の予約受付を開始しました。このショコラケーキは、くちどけの良い3層のチョコレートで作られており、2023年9月20日から12月13日まで予約が可能です。商品のお届けは2023年12月22日から24日の間に行われます。予約は八天堂オンラインショップや広島県内の八天堂直営店舗で受け付けています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000143.000061362.html

  49. buchikuma-info より:

    「2023 80 ゲーム」に関する最新情報です。

    グラビティゲームアライズ株式会社の2人協力プレイゲーム「River Tails: Stronger Together」が、東京ゲームショウ2023のインディーズ開発者向け企画「Selected Indie 80」に選出され、リアル出展が決定しました。ゲームのクローズドβテストも開催される予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000244.000071574.html

  50. buchikuma-info より:

    「id id tech tech」に関する最新情報です。

    『DOOM』『Wolfenstein』シリーズの開発スタジオであるid Softwareが次世代ゲームエンジン「id Tech 8」を開発しているとの噂が広まっています。開発元のスタッフがうっかり情報を漏らした可能性もあります。これにより、今後のゲーム開発に注目が集まっています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20230919-265004/

タイトルとURLをコピーしました